FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「青春の思い出」第16話 盗み聞き

第16話 盗み聞き

 浴室には、沙羅がいた。
「沙羅さん。いたんですか…」智子は、鮮血で汚れた淫裂を押さえている。
それを見て(秀樹と、うまく結ばれたのね)「智子さん、いらっしゃい!」沙羅は智子を迎え入れる。

 「ここを、綺麗に洗わないと、後で困るわよ」淫裂を押さえている手を退かせ、シャワーを浴びせてた。
「恥ずかしいです…」
「恥ずかしくはないわよ。秀樹と結合したんでしょう?」
「は、はい!」真っ赤な顔の智子だ。

 「開いて。もっとよ!」顔を赤らめながら、沙羅の言われるまま、太股を広げていく。
智子の股間は、ヘアが手入れされており、はみ出しがない。
(綺麗に手入れしてあるわね)沙羅が、淫裂にシャワーを当てると、鮮血と精液が流れでてくる。

 「はい、終わったわよ」沙羅は智子の体を抱きながら、脱衣場にあがってバスタオルを掛けた。
「綺麗な肌ね」沙羅は濡れた智子の体を拭いていく。
(可愛いわ。このオッパイ…)濡れた乳房を。丁寧に拭いていくと(だめ、感じてしまう…)智子の乳首が、固く勃起していく。

 (膨らんでいくわ。智子さんの乳首が…)沙羅は、固くなった乳首を、バスタオルの上から摘んだ。
すると(だめ、だめよ!)智子の呼吸が乱れ、我慢できずに、沙羅の手を押さえる。

 それでも(次は、アソコよ!)バスタオルを股間に当てて、拭きだす。
(指が、性器に当たっている!)智子の淫裂に、タオルの上から指が押し込まれた。
(恥ずかしい…)恥ずかしさに、顔を赤らめ、沙羅の手を押さえるが(可愛いわよ、智子さん…)智子が気に入ったようだ。

 沙羅は、無防備になった乳房に気付き(乳首を吸って様子を見よう…)智子の乳首を吸った。
「だめ、だめ!」智子は崩れまいと、沙羅に抱き付く。
(思った通りに、敏感な子だわ…)沙羅は乳首を吸うのをやめ、足を拭きだす。

 「終わったわよ、智子さん」拭き終わると、沙羅は自分の体を拭こうとすると「私に、拭かせて下さい…」智子は、沙羅がしたように、タオルで乳房を拭きだす。
さらに、乳首を摘み、綺麗に剃られた淫裂を撫でて(そうよ、それでいいのよ…)呼吸が乱れる沙羅だ。

 体を拭き終えると、人は生まれたままの姿で浴室を出ていく。
「智子さん、秀樹をよろしくね」
「はい、沙羅さん」智子は秀樹の待つ部屋に入るが「もう遅いわ」沙羅は自分の寝室に入った。

 沙羅が部屋に入ると 「智子、いいだろう!」「秀樹さんがしたいならいいわ」2人の話し声が聞こえてくる。
「何だろう?」沙羅は壁に耳を押しつけた。
「秀樹さん。恥ずかしい」
「恥ずかしくはないよ。四つん這いも、普通なんだよ」
「で、でも!」「行くよ!」「あ、あん、あん!」智子の喘ぎ声が、沙羅の耳に入っていく。

 (四つん這いで、しているんだ…)壁に耳を押しつけていた沙羅だが、自然と股間が熱くなった。
沙羅の手が乳房と淫裂に伸び(欲しいわ…。秀樹…)指でクリトリスを撫でながら、もう片手は乳首を摘んでいる。

 「秀樹さん、きついわ。奥まで、おチンチンが!」隣から聞こえる智子の声に、沙羅の指が激しく動き回わり「ハア、ハア!」呼吸も荒くなって(突いて…。膣を突いて…)淫裂から淫汁が流れだし、指がベトベトになっている。

 「秀樹さん。きつくて、我慢できない…」「仕方ないな。智子が上だよ」ガサガサと音がした。
(騎上位でしてる!)沙羅が開脚して座り、淫裂を指で掻き回していくと「いいわ、いいわ!」智子の悶える声が聞こえてきた。

 「オッパイもいいよ、智子」(秀樹がオッパイを揉んでいる!)沙羅は、指で淫裂を掻き回しながら、乳房も揉んでいく。

onani2.jpg

 「でる。でそうだ!」
「いや、お腹はいや!」
「飲むんだ、口に入れろ。う、うー!」
(口の中へ、射精したんだ…)沙羅は、淫裂で濡れた指を口に入れ(苦い…)舌で自分の指を丁寧になめていく。

 「秀樹さん、よかった?」
「ああ、よかったよ。上手だよ」
「よかった。雑誌で知っていたけど、初めてなの」智子の声が、聞こえてくる。

 (秀樹、フェラさせて!)沙羅は、淫裂に指を入れながら、敷いてある布団に入った。
「欲しい、秀樹のおチンチンが欲しい!」沙羅は、秀樹に抱かれた想像をしながら、乳房と淫裂を撫でていく。

 (突いて、秀樹!)沙羅の腰が浮き上がり、淫裂からは淫汁が流れ出て、シーツを濡らしてる。
(いくわ。秀樹、いくわ!)沙羅の指が激しく淫裂の中を動き回り、そして、ぴたりと動きを止めた。
沙羅は「ハア、ハア!」荒い息づかいのまま、深い眠りに就いた。

 「朝だわ…」沙羅は目が覚めた。
沙羅はパンティ、ブラジャーを付け、普段着をまとっていくと「秀樹さん!」「智子!」隣から、また「あ、あっ、あー!」智子の喘ぎ声が聞こえてくる。

 (また、始めたんだ…)沙羅は、秀樹が智子を抱いているのを思い浮かべたが「それより、ご飯だわ」もっと聞きたいのを我慢して、ダイニングに向かう。

 沙羅が部屋から出ると、秀樹と智子は激しさを増し、智子は四つん這いで腰を押さえられ、ピストンされている。
「きつい!」首を振っても、肉竿が激しく、淫裂を突き刺していく。
「もうすぐだ。もうすぐでるから…」
「痛くて、我慢できない!」垂れ下がった、智子の乳房が揺れていると「でた、でた!」淫裂から、白い液体が流れ出てきた。
 
 「よかったよ…」秀樹が仰向けになった、智子の唇を吸うと「秀樹さん!」智子も吸い返す。
淫裂から漏れ出た液体は、シーツまで濡らしている。
しばらくしてから「お風呂に入ってくる」智子はタオルで、乳房と淫裂を押さえて、浴室に向かった。
 


 
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/665-9b70dcc8

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。
おことわり
 この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスランキング

カウントされない事もあり
   ますのでご承知下さい

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん