赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

「悲劇の女子アナ」第9話 番組降板  

 監督は演技指導と称してルミの乳房を揉んでいく。
「こうするんだ!」乳首を摘みながら揉んでいる。
「わかりました、こうですね」肉竿のピストンしながら乳房を揉んでいく。
マコは両手でルミの顔を押さえ、自分の乳房を押しつけさせられた。
(いや、こんなのいや!)演技とはいえ、レズをしたくはなかった。
ルミはマコが差し出した乳首を吸っていく。
(ポルノよ、こんなの放送できない!)そんな思いで演技をしていた。
「カット!」監督が声を掛け「今度はマコとの絡みだ。いいね!」「はい、いいです」マコはベ
ッドの上で仰向けに寝た。
その上に重なった中本が乳房を揉みながら淫裂に肉竿を入れていく。
濡れた肉竿はすんなりとマコの淫裂に吸い込まれて(いや、本番はないはずよ!)顔を赤らめな
がら悶え声をあげていく。
そして、その日の収録は無事の終わった。
 
 収録は毎日のように行われた。
「あん、あん!」ポルノビデオと同じようにセックスシーンが多いから、ルミは中本に乳房を揉
まれながら乳首を吸われ、そして本番をしている。
(ダメ、入れないで!)いくら願っても中本の肉竿がルミの淫裂を突き刺していく。
それはマコも同じで、マコも毎日、中本の肉竿で淫裂を突かれて「あん、あん!」悶え声をあげ
ながら収録されていった。
収録は3週間ほどで終わり「監督、最高にいいドラマですね。また出して下さい」機嫌良く言う
中本に「機会があったらまた頼むよ」監督も言う。
乳房と淫裂を晒した2人を前に「最高のオ○ンコだったよ」服を着込む中本だった。
ドラマが放送されると雑誌社が先を争ってルミとマコのヌード写真を載せている。
視聴率も常時30%を確保して好評で、2人が担当する番組の視聴率も上昇していた。
その番組で、ルミは相変わらずスケスケを着て乳房を晒している。
マコも乳首こそ隠しているが乳房の膨らみを晒していた。
後藤はドラマの視聴率が良かったの再び2人のドラマ出演を提案した。
それには中山も賛成で「どうでしょう、主役を交代でやっては?」中山の提案が採用された。
「まずは、白石ルミからいくか」後藤の決断でルミが先にドラマに出ることになった。
 
 今度も前回同様にポルノまがいのドラマだ。
相手の俳優は局に売り込みが殺到し「出演料はいらないから白石と絡ませてくれ!」ルミとのセ
ックスが目当てだ。
局も人選に悩んでいたが監督に任せ「俳優の出演料は本番をする女優に上乗せする」それで話が
まとまり、収録が始まってく。
ルミは自分から股間の絨毛を自ら剃り「スタート!」全裸のルミが乳房を揉まれていく。
「あん、あん!」俳優は膨らんだ肉竿でルミの淫裂を突き捲くり、淫裂からは淫汁が流れていた。
ルミのドラマが終わるとマコのドラマが放送されて、マコも乳房を揉まれ本番をさせられ、悶え
声をあげている。
このように、ルミとマコのドラマ出演でTVCのコマーシャル料が膨大に膨らみ、経営も順調に
進んだ。
当然、2人の収入も膨らみ、それが同僚のアナウンサーの妬みを買ってしまった。
「裸アナウンサーのくせに!」影では2人を「裸アナウンサー」と陰口をたたいている。
 
 しかし、順調に見えたドラマも2人のヌードに飽きたせいか、陰りが出できた。
それはドラマだけではなく、2人の番組の視聴率も落ちてきた。
このことは役員にも知らされて「何か、いい案はないかね」後藤が言う。
「SMでもやりますか。2人がレイプされ、吊されムチでぶたれるのはいかがでしょうか?」
「ドラマの中に入れるか…」
「だが、承知するだろうか?」
「かまない。その方がリアルでいいだろう」後藤の一言で計画が決まった。
 
 何も知らない2人は演技をしていると突然の豹変に叫び声をあげていく。
「いやー!」「やめて!」2人の衣服が切り刻まれて「やめて下さい」泣き叫ぶルミだが、衣服
を剥ぎ取られ下着だけの姿にされた。
「こんなのいらないな!」乱暴にパンティも切り刻んでいく。
「いや、いやー!」無毛の股間が露になったが「これもいらないな」ブラジャーも剥ぎ取られ乳
房を鷲掴みにされている。
「ひー!」苦痛で顔を歪めていると、マコも衣服を切り刻まれていく。
「いや、いやー!」泣き叫ぶが容赦なく下着だけの姿にされ、それも剥ぎ取られていく。
「やめて下さい!」マコも生まれたままの姿にされ「ギャー!」マコも乳房を鷲掴みされ、悲鳴
を上げているが、男達は容赦なく2人を仰向けにして犯していく。
「いやー、いやー!」乳房を鷲掴みにされての肉竿のピストンに悲鳴を上げている。
カメラは2人が犯される様子をしっかりと撮っていた。
 
 辱めはそればかりでなかった。
マコとルミを代わる代わる犯し終えると2人の両手首を縛り上げ、向かい合って吊していく。
その後、ルミとマコの淫裂を合わせるように太股を縛られていく。
「これが貝合わせって言うんだ。オ○ンコとオ○ンコを重ねるからだ」2人はYの字に吊り下げ
られている。
「そろそろ行くか!」「ヒュー!」ムチでルミの尻肉を打つと「ぎゃー!」悲鳴を上げる。
それと同時に赤い筋が走り「いや、いやー!」マコもムチが飛んでいく。
マコにも赤い筋ができていくが、ムチは背中も打っていく。
「ギャ~!」ルミは悲鳴を上げながら体をくねらせていく。
あまりの激しさに2人の意識が消えてしまった。
 
 それから数週間経ってドラマが放送された。
だが、2人へのレイプシーンのリアルさや、ムチで打たれるシーンに局へ賛否の電話が殺到した。
雑誌社も写真を載せて報道しているが、それを良くは思わないの人もいる。
競争の激しいテレビ界ではつぶし合うのが当然だから、2人の番組がやり玉にあげられ、倫理委
員会に訴えられた。
最初は抵抗したTVCだが業界が一丸となって向かってきたのではどうすることもできず、倫理
委員会で社長の後藤は2人のヌードを流さないことを約束させられた。
あまりのリアルなシーンに、普段は穏便な倫理委員会が杭を刺してきたからだ。
そのことは後藤から直接告げられ「2人は番組から降りて貰う。しばらくはレギュラーなしだ」
その言葉にうなだれる2人だ。
それと同時に、2人の立場も危うくなっていた。
「あら、今日はヌードにならないの?」あからさまに2人を馬鹿にした声が同僚から掛けられた。
(く、悔しいわ、好きでヌードになった訳じゃないのよ)唇を噛んで耐えている2人だ。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/67-49d4f71e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top