FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「秘密の学園」第2話 健康診断

第2話 健康診断

 翌朝、奈々は職員室に向かった。
まだ、春休みなのせいか職員室はまばらだが「何だ、もう勤務する気なんだ」奈々を見つけた真理が声を掛けた。

 「あら、新しい先生なんだ。私、竹田直美というの。よろしくね」
「夏樹奈々です、こちらこそお願いします」頭を下げて挨拶するが(ヌードでピアノを弾いていた人だわ)昨日を思い浮かべて見つめた。
「直美さんは、昨日いなかったから知らないけど、英語を教えるそうよ」真理が説明していると「あら、丁度よかった。奈々さん、制服が用意できました」事務の道代が入って来る。

 「わざわざ、済みません」奈々は道代と事務室に入り段ボール箱を受け取り寮に戻ると、慌てて道代が訪ねて来た。
「大事な事を言い忘れてました。午後1時から健康診断を行うそうです」
「健康診断って、私だけですか?」
「いいえ、職員全員ですよ」

 「道代さんもですか?」
「はい、職員の端くれですが」道代はそう言うと帰った。
「健康診断か…」呟きながら渡された箱を開けるとスーツが入っている。
「短くないかしら?」スカートを腰に当てて調べると真理と遜色はない。

 「あら、下着まで入ってる」白い生地のパンティとブラジャーが7着ずつ入っていた。
「着替えて受けた方がいいわ」規則を思い出したか服を脱ぎだし、ブラジャー、パンティと脱いで全裸になった。

 「まずはこれね」受け取ったパンティを履くと、狭い布地が膣に食い込みそうで、絨毛が露わだから、気になってしまう。
「ヘアを隠せないなんて…」役目のしないパンティを嘆きながら、ブラジャーを着けた。
「イヤだ、オッパイが大きく見える!」カップの布地が少ないから、膨らみが飛び出し乳房が大きく見えている。
「変だけど、規則だし…」その上に支給されたブラウスを着た。

 
 奈々はスーツを着込むと職員室へと向かい、職員室に入ると真理や直美がいない。
「どうしたのかしら?」不審に思いながら、自分の机に座り教科書を取りだし授業の準備を始め、教科書を読み、メモを取り始めて30分程してから「似合うわ、いい感じよ」真理が現れ言う。
「どこへ行ってたんですか?」

 「健康診断よ。次は純子さんね」真理が言うと「いつも同じ事なのに…」愚痴りながら「奈々も一緒に行こう」と言いだす。
「私は午後からと言われてますが…」
「そんな事、気にしなくていいのよ。私から言うから!」純子は奈々の手を引いて職員室をから保健室に入ると、下着姿になった同僚がいた。

 「あら、見慣れない顔ね」
「新任よ、今年から英語を教える夏樹奈々さんなの」純子が先輩気取りで言うと「夏樹奈々です。よろしくお願いします」頭を下げた。
「新入りか…。相原優香というの、よろしくね」新入りと聞いて目が一瞬輝いた。

 「優香さん。私、午後からと言われたけど、大丈夫ですか?」
「そんなの気にしなくていいわよ。先生達も滅茶苦茶してるし。とにかく準備だけはして!」優香に言われ、奈々はスーツを脱ぎだした。

 奈々は下着姿になると、純子の後ろで順を待っていたが「夏樹さんどうぞ」奈々が先に呼ばれた。
「純子さん、先にすみません」謝って、仕切りの中に入ると同僚が、乳房を揺らせながらパンティを引き上げていた。

 (下着まで脱ぐなんて…)驚きながら、なおも見ると、乳房はおろか股間の絨毛を晒していて「フルヌードだなんて…」声が続かない。
「奈々さん、初めてだから驚いたのね。これが普通なのよ。ほら、奈々さんも脱がないと」優香が催促する。

 「脱がないと迷惑だし…」覚悟を決めてブラジャーを脱ぎ、パンティも脱いだ。
「思った以上に綺麗よ。まずは、体重から」奈々は体重計に乗った。
「46キロか。やせ気味よ、もっと栄養摂らないと」優香は記入し「次は身長よ」両手を下げ、背筋を伸ばすと乳首が上を向き、目を輝かせた優香が見つめている。

 (オッパイを見てる。もしかして…)不安になるが「165センチね、次はバストよ」メジャーが乳房の下に巻かれた。
「バストは95センチで、カップは…」そう言うと両手で乳房を握りしめた。

57.jpg

「やめて、今は健康診断よ!」

 「だから、やっているのよ。奈々さんのオッパイはCカップね」
(オッパイを掴むなんて、聞いた事無いわよ…)逃げ出したいが「次はウエストとヒップよ」腰にメジャーが巻き付けられた。
そして、尻にもメジャーが巻き付けられ、絨毛をまともに見られる。

 「奈々さんのオ○ンコ綺麗ね。陰唇もピンクでいいわよ!」優香が言うと「どれ見せて!」同僚が集まり淫裂が覗かれ「こんなの見ないで。恥ずかしいわよ!」顔を赤らめ両手で淫裂を覆う。
「何も隠す事無いわよ。いずれは見せるんだから!」口を尖らせて同僚が言うと(いずれは見せるって、どういう事よ…)不安がよぎる。

 優香はヒップを計り終えると「奈々さん、次に行って下さい!」と言って純子の名を呼んだ。
奈々は脱いだ下着を持って、次の仕切に行ったが(男がいる!)両手で乳房と股間を押さえた。

 その男の前で、同僚が仰向けになり足を開いて淫裂を晒していた。
(出来ない…。私には出来ない…)体を震わせていると「奈々さん、震えているの?」足を開いた同僚が言う。
その声で男が振り返ったが「校長先生!」叫んでしまった。

 「言ってなかったけど、医師の資格を持っているんだよ。だから安心しろ」黒川は淫裂を広げ、膣穴に耳かきのような器具を入れて行く。
「子宮ガンの検診だ。細胞を採取してるんだ!」手を動かしながら引き抜くと、ガラス管にしまい込んだ。

「次は、乳ガンだから起きて!」同僚が起きあがると乳房を撫でながら「痛かったら言いなさい」なおも撫でた。
「何ともありません!」そう答えると「乳首にも出来るんだぞ!」乳首も摘むように撫でた。
「何ともありません」

 「大丈夫だ。次は奈々だな。仰向けになれ!」いくら医師の資格を持っていても、校長に性器を見せるのには抵抗がある。
躊躇していると、純子がパンティとブラジャーを手に持って入ってきた。
(これ以上迷惑掛けられないし…)黒川に言われるまま仰向けになって足を開いた。

 (性器を見られている…)恥ずかしさに両手で顔を覆うが、黒川に淫裂を広げられて「夏樹、お前まだ処女か!」叫ばれた。
「奈々さん、処女なの?」順番を待っていた純子が淫裂を覗くが(そんな事関係ないわよ…)顔から火が出る思いだ。

 「処女とあっては、慎重にやらないとな…」耳かきみたいなガラス棒を膣の中に入れて細胞を採取した。
「膜は破ってないぞ。後は自己責任だからな!」採取棒をガラス管に入れると、体を起こして乳房を触られる。

 「痛かったら言うんだ!」手で乳房を揉むようにしながら両乳房を撫でた。
「何ともありません…」
「ここはどうだ?」両乳首も指先で擦られ「何ともありません…」
「正常だ。それにしても処女だったとはな…」名残惜しそうに淫裂を見ながら、乳房をまた触った。

 それには「校長先生、次は私です!」嫉妬したのか機嫌悪く純子が言う。
「そうだった。夏樹、下着は着ていいぞ!」今度は純子を寝かせて淫裂を覗きだした。
奈々はパンティを履き、ブラジャーを着けると、元に戻ってスーツを着込み、血圧や視力など普段通りの検査を受けた。

 検査を受けると職員室に戻ったが「奈々さん、ナイスバディなんですってね!」同僚が寄ってきた。
「そんな、ナイスだなんて…」恥ずかしそうに照れると「謙遜しなくていいわよ。それに処女だし…」と言われた。
奈々には処女でいる事が犯罪者のように聞こえて(処女ではダメなのかしら?)罪悪感を覚えながら、新学期の準備を続けた。

 奈々は12時まで授業の準備をし、食堂で同僚と食時を摂っていると「新しい先生ですか?」生徒らしい男から声が掛けられた。
「はい、英語を受け持つ夏樹々奈々です」
「夏樹奈々さんか。奈々先生でいいですよね?」
「構わないけど、先に乗るのがエチケットよ」

 「そうでした、生徒会長の田村秀二といいます。こいつは写真部長の草刈政夫です」
「田村君に草刈君か。今後は挨拶に注意してね」
「はい、注意します。それから2時から里奈先生ですからね」
「私は2時ですか…」里奈の貌が強ばり、生徒は別な席に座ったが「新学期まで10日もあるのに、どうしたのかな?」奈々の問いに里奈は「どうしてだろう?」と宙を見て深く息を吐いた。

 食事を済ますと奈々はまた寮に戻り、洗濯、掃除と身の回りの事をしていくが、すぐに終わって暇をつぶす状態だ。
「そう言えば里奈さんは2時って言っていたわね」生徒が言ったことが気になった。
時計を見ると3時になろうとしている。
「邪魔にならなければいいことだし…」奈々は興味を持ったのか、校舎に向かった。
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/672-4cbf46eb

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。
おことわり
 この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスランキング

カウントされない事もあり
   ますのでご承知下さい

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん