FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「秘密の学園」第3話 撮られたヌード

第3話 撮られたヌード

 校舎に着くと職員室に入ったが「変ね、誰もいないわ」先程いた同僚はおらず、静まりかえっている。
「一体、どうしたのかしら。もしかして…」昨日の事を思い出し、静まりかえった廊下を歩いて昨日の教室まで来た。

 (ここで、真理さんがヌードになっていたけど…)周りに人がいない事を確かめて引き戸を開けた。
(やっぱり、ヌードになってる!)真理が昨日と同じく、産まれたままの姿を男に晒しているが、顔は隠れて見えない。

 真理が「モデルはこれ位にしてください…」泣き声いうと「わかってる、今日で描き終わるし。その代わり、やらせて貰うよ」男は筆を置き、ズボンを脱いで下半身を剥き出しにしたようだが見えない。
「直はイヤです。着け下さい…」
「だったら、お前がやれ!」真理が肉竿にコンドームを着けたようだ。

 「いくぞ!」立ったままの真理は、後ろから抱きつかれ「あ~!」声を上げた。
「入れただけだ。これからが本番だ!」両手で真理の腰を掴むと、自ら腰を振りだした。
「あ、あ、あ~!」声を上げ、髪の毛を振り乱しながら堪えている。
「気持ちいいな。言うんだ!」
「真理のオ○ンコがチンポで突かれてます…。もっと奥までチンポで突いて下さい…」相変わらず泣き声だ。

 「そんなに、オ○ンコが好きか?」
「はい。真理はオ○ンコが好きな、淫乱教師です…」後は泣き声になっている。
(セックスしてるわ。真理さんが校舎でセックスしてるなんて…)信じられないと言った顔で引き戸を閉め廊下を歩きだした。

 廊下を歩いていくと音楽室が目に留まる。
「もしかして…」音楽室を覗くとやはり、全裸になった同僚がピアノに合わせて踊っていた。
(一体、どうなっているの。教師がヌードになるなんて異常よ!)奈々は引き戸を戻すと廊下を歩きだし渡り廊下が目に留まった。

 「ここは、生徒の部室って言っていたけど…」興味を持って歩いていくと、クラブ名の書かれた看板がぶら下がっている。
「里奈さん、写真部から呼ばれてけど…」気になって写真部と書かれた看板を捜した。
「ここだわ。中は見えないね」覗くのを諦め、帰ろうとすると「教室はイヤ、ここだけにして!」声が聞こえる。

 「ダメです。皆がやってるんですから行きましょう」
その後「う、う、う!」と泣き声がし「泣いたってダメです、行きましょう」(出てくる、隠れないと…)奈々は用具入れの戸を開けて飛び込むと「ギ~!」度が開いて「大丈夫だ。誰もいないよ。行こう!」声と同時に数人が出てきて「バタン!」ドアが閉められた。

 「許して。教室はイヤ…」泣きながら言うが「ダメと言ったでしょう、ほら」歩き出したようだ。
奈々も、戸をそっと開けて覗くと(ヌードだわ、フルヌードになってる!)2人に支えられ全裸の女性が歩いていく。
その女性の揺れ動く尻を見詰め(教室って言っていたけど…)気付かれないように、後ろを歩いていくと3年B組と書かれた看板の教室に入った。

 奈々が教室の廊下からそっと覗くと、教壇に立ち、全裸の里奈が乳房はおろか、絨毛まで晒し生徒の構えたカメラに収まっている。

(里奈さんだ。ヘアまで撮られるなんて…)授業のように黒板を背に教鞭を持って笑顔を作っている。
「先生。オナペット何だから、オ○ンコも見せないと…」
「イヤ、お願いだから、性器は許して!」
「そうは行かないよ、皆がやったんだから。そこに座って足を開いてください!」言われるまま教卓に座り足を開くと淫裂の中が覗いた。

 「これは撮らないで…。見るだけにして…」涙を流しながらも作り笑いをしてカメラに収まった。
その後も、いろいろなポーズを取ってカメラに収まっていき「先生、もういいです」終ったようだ。
奈々は気付かれないようにその場を離れて廊下を歩いていく。

 「里奈さんまでがヌードになるなんて、どうなっているのよ!」独り言を言いながら歩くと視聴覚室の前に来た。
「まさか、ここではないと思うけど…」そっとドアを開けて、覗くと人の気配はない。
「誰もいないんだ」ドアを閉めようとした時「う!」後ろから押されて中に飛び込んだ。

 「何するのよ!」と奈々は叫ぼうとしたが、ナイフが目に入り黙ってそれを見ている。
「おとなしくしてれば、殺しはしないよ」男はストッキングを被り誰だかわからない。
「何する気なのよ。タダでは済まないからね!」強がる奈々だが、両手を後ろにして縛りだし、それと同時に2人の男が入って来た。

 「見られたみたいだな。口封じをしないと…」
「そうだな、いずれやって貰うつもりだったし」
「そうと決まれば始めるぞ!」2人の男が奈々のスーツに手を掛けた。
(レ○プする気だ!)悟って「やめて。レ○プなんてイヤ!」叫ぶと「そんな事はしないさ。オ○ンコとオッパイを撮らせて貰うだけさ!」ナイフが顔に押しつけられ、スーツが脱がされた。

 それにカメラが構えられ「イヤ。ヌードはイヤ!」ナイフが顔にあるから、声だけしか上げられず、シャツも脱がされブラジャー姿にされた。
「静かにしないと、怪我をするからね!」顔のナイフがブラジャーの繋ぎ目を切ろうとしている。
「やめて。見てもいいから、撮るのだけはやめて…」言い終わらない内に、カップの繋ぎ目が切られて乳房が飛び出した。

 「先生、噂通りにいい形してるね」カメラで撮られる。
「ダメ、撮っちゃダメ!」
「そうは行かないよ。今度はオ○ンコだ!」スカートが脱がされ、小さな布地で出来たパンティが現れた。
「凄いや。こんなのを履いているなんて!」また撮られる。

 「それより、早くオ○ンコ見ようよ!」
「そうだな。素っ裸にしないと」パンティが引き下げられ、足から脱がされると絨毛が晒されている。

newmofu-39603696.jpg

カメラはそんな奈々を撮り続け「う、う、う!」屈辱に泣いている。
 「先生。泣くのはまだ早いよ、オ○ンコ撮るんだから!」両足が開かされ、肉襞や膣穴が見えた。
「撮らないで。イヤ~!」前にも増して声を上げるが、足を押さえられ、女性の一番恥ずかしい部分がカメラに収められ、涙が止まらない。

 「先生、処女なんだってね。見せて貰うよ」淫裂を更に広げられて「処女膜って、オ○ンコの入り口にあるんだ…」見つめている。
「そうだ。入り口の、垂れ下がったギザギザが処女膜だ!」
「俺にも見せてよ!」交代で淫裂が覗かれた。

 暫く見ていたが「先生、僕とオ○ンコやろうよ!」ズボンを引き下げた。
「イヤ。レ○プしないって、言ったじゃないのよ!」
「レ○プはしないさ。口でのオ○ンコだよ」パンツを脱ぐと肉竿が膨らみきっている。
(オチンチンが、カチカチになってる…)初めて見る大人の肉竿に怯えていると「座って!」正座させられ口に押しつけられた。

 (そんなの、イヤよ!)口を閉じたまま、首を振るとまたナイフが当てられ「怪我してもいいのかな?」(イヤだけどやるしかない…)口を開いて肉竿を迎え入れる。
「先生、凄くいいよ!」生徒は乳房を握りしめたまま、腰を振りだし「う、う~!」呻き声を上げ、首を振ることしかできない。

 (オチンチンをなめさせられた…)嫌々でも口の中に肉竿が押し込まれ、撮られる屈辱に涙は止まらない。
暫く口の中を肉竿が動いていたのに、突然動きが止まった。
(変なのが…。もしかして…)大きく首を振っても頭を押さえられ、喉奥にはベットリした精液が漂いだした。

 「先生、気持ちよかった!」満足そうに肉竿を抜くと、涎のように奈々の口から白い液体が流れ出る。
その様子もカメラに収めていくが奈々はもう抵抗する気力もない。
「交代だ、今度は僕がやる!」撮っていた男も、奈々の口に肉竿を押し入れ、腰を振っていく。
「気持ちい。これからもやって欲しいな」次第に登り詰めまた口の中に噴射された。

 奈々は3人から口の中に射精されて、やっと両手の自由が戻り、急いでパンティを履くとブラジャーをそのままにしてシャツ、スーツのボタンを掛けた。
その間に男達は出ていき「性器を撮られてしまった…」屈辱を味わいながらスカートも直すと校舎から寮へと歩いていく。

 寮に着くと郵便受けに手紙が入っており「誰かしら?」見ると名前が書いてない。
「名前がないなんて変ね」手紙を持って部屋に入り、封を切って中を取り出すと写真が入っている。
「ヌードだ、私のヌードが撮られた!」写真を見るなり叫んだ。

 写真は風呂場で撮ったらしく、浴槽が写っている。
「誰が私のヌードを撮ったのよ…」先程、淫裂を撮られた事が気がかりだ。
「あれを見られたら生きていけない…」手が震えだし、封筒も揺れて中からメモが出てきた。
「電話!」メモには電話番号が書かれてある。

 「どうしよう。このままでは知られてしまう…」写真が表沙汰になるのだけは、防がなければならない。
迷った末に、メモに書かれた番号に電話すると「よく撮れているでしょう」音声を変えた声で出た。
「どういうつもりなの、ヌードなんか撮って。タダじゃ済まないからね!」
「だったら、警察行きなよ。素っ裸の写真持って。警察も喜ぶぞ」それには黙り込んでしまった。

 「わかったようだな。騒いでも何にもならないぞ!」
「写真はどうする気なのよ」
「新学期に配ろうかと思ってる…」
「やめて。そんな事したらここにいられなくなる…」涙声になっている。
「泣くこと無いよ。言うことを聞いてくれるなら、秘密にしておくよ」

 「私に、何させる気なの?」
「明日の3時に、3年B組の教室で素っ裸になってよ!」
「馬鹿言わないで。私は教師よ、そんな破廉恥なこと出来ないわ!」
「やらないなら、この写真がどうなってもいいんだね。ほら、オ○ンコも見えるよ」
「それだけはやめて、ヌードになるから…」それだけ言うと声にならない。

 「ありがとう。レ○プは絶対しないから安心して素っ裸になってよ」電話が切れた。
「ヌードになるなんて…」泣いていると「そうよ、里奈さんもヌードになっていた…」校舎でのことを思い出した。
「それに、真理さんや他の人たちもヌードだった。私もいつかはヌードで…」怯えて身震いを始めた。
   
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/673-6e2d0b8e

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。
おことわり
 この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスランキング

カウントされない事もあり
   ますのでご承知下さい

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん