FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「秘密の学園」第7話 剃毛とレズ

第7話 剃毛とレズ
  
 奈々は入学式が無事終わると、寮に戻って泣いていた。
「レ○プされたなんて言えないし…」一人悩み、それに「妊娠したらどうしよう…」その方が心配だった。

 「とにかく、洗わないと…」着替えを持って浴室に入ると、幸いにも誰もいない。
「ヘアも剃られたし…」無毛の淫裂を見られたくないから、なおさら都合がいい。
シャワーのノズルを捻り、お湯が出てくると淫裂に当てるが、固まった血がを溶け、赤い筋となって流れていく。

 「丁寧に洗わないと…」指で膣穴を広げ、中にシャワーを浴びせると、また赤い筋が流れ、ドロドロした液体も流れ出た。
「精液だ。間違いなく射精された。どうしたらいいのかしら…」いくら考えても思いつかず、体も洗い出すと外が賑やかになってきた。

 「誰か来る。見られたくないし…」無毛にされた淫裂を見られる訳には行かず、タオルを腰に巻き座って洗うと「何だ、奈々さんか」直美と純子が入ってきた。
2人は絨毛を隠そうともせず、乳房を揺らせながら近寄ってくる。
(まずいわ、隠さないと…)無意識にタオルを押さえていると「奈々さん、背中洗ってあげる!」直美は奈々の腰に巻かれたタオルを引いた。

 「ダメ。自分でするから!」慌ててタオルを押さえ、逃れようとする。
「おかしいわ。今日の奈々さん変よ」
「変と言われても…」
「いつもなら、おとなしく背中を出したわよ。それとも、なんか理由あるの?」
「何もありませんが…」

 「だったら、素直に洗わせて!」今度は純子も加わり、2人でタオルを引いた。
「だめ、いや~!」タオルは腰から外され、股間が露わになると(見られたら困る!)タオルに変わって、両手で股間を押さえた。
「やっぱりおかしい。手を退けて見せなさいよ」

 「イヤ、絶対イヤ!」
「イヤなら、こうよ!」2人で奈々の腕を掴んだ。
「見ないで~!」叫ぶと同時に「ヘアがない…」「パイパンオ○ンコ…」驚きの声があがり、一瞬、静まり返ったが(性器を見られてしまった…)「う、う、う!」奈々の嗚咽が響いていく。

 「奈々さん、何があったの教えて。もしかして、レ○プ?」それには声を上げて泣き出した。
「やっぱりそうなんだ。避妊薬飲んだ?」それには首を横に振る。
「まずいわよ、出来たら困るでしょう。飲まないと。病院に行こう!」
「イヤよ、こんな性器を見せたくない。それに、知られたら困る…」

 「それじゃ、手の打ちようがないわね…。そうだ、優香よ、優香に頼めば何とかなるわ!」
「それは良い考えね。優香だったら、私から言えるしね」
「奈々さん。ここは純子さんに任せた方がいいわよ」
「はい、お願いします…」奈々は妊娠だけは避けられそうで、体を洗うと浴室から出たが「うまくいったわね、これで楽しめる」笑顔の純子だ。

 「私も手伝ったのよ、私も楽しみたいわ」
「勿論、直美も一緒よ。安心して」純子と直美が話しているが、奈々はそこに居ない。

 翌日、職員室で奈々は純子から薬が渡された。
「恥ずかしかった。苦労したのよ」
「純子さんには感謝してます」
「そう、感謝するなら今夜付きって欲しいな」

 「付き合うって、何をですか?」
「決まっているでしょ。これよ!」純子の手がスーツの中に入り乳房を掴んだ。
「そんな、レズだなんて…」
「イヤなら薬返して。妊娠しても知らないわよ」

 「付き合います。今夜だけでいいんですよね?」
「そう。今夜はタップリ楽しませて貰うわ」掴んだ乳房を揉み出した。
「わかりました。お付き合いします…」レズはイヤだが承知するしかない。
憂鬱なまま、授業の準備をするが「レズの相手だなんて…」ため息が何度も出ていく。

 しかし、逃げ出す訳にも行かず、校舎を出ると真っ直ぐ寮へ向かい、明日の準備を終えて浴室へと向かうと「あら、お風呂なんだ!」純子から声を掛けられた。
「はい、暇なものですから…」
「だったら一緒に行こう。直美も呼ぶから」直美を呼びに行き「一人で入りたいのに…」待つしかない。

 奈々が独り言を言いながら待つと「お待たせ!」純子と直美が現れた。
(来なくていいのに…)そう思いながらも、浴室に入り服を脱ぎだした。
下着を脱ぎ、全裸になってお湯で体を洗い出すと「私にさせて!」純子が石鹸を泡立てた手で首を撫で出す。

 手は首を撫でながら次第に下がり、乳房を撫でると腹、下腹部と下がって、淫裂を撫でだした 。
「奈々さん。この際だから、パイパンオ○ンコでいましょうよ」指が淫裂の中に入った。
「ヘアがないなんて、恥ずかしいです…」
「そんなことないわよ。何なら私も剃るけど」直美はそう言うと、淫裂の肉襞に生えている絨毛を剃りだした。

 (全部じゃないわよ。私は全部剃られたのに…)そう思いながら見ていると、絨毛は割れ目の上だけに生えており、割れ目が剥き出しになった。
「どう、これなら、お口でやれるでしょう」奈々の顔に淫裂を押しつけた。
「今やるんですか?」
「そう、試しにやって!」
(イヤだけど…)奈々は優香にされたように指で淫裂を開き、舌でクリトリスを撫でだした。

 「いいわ…。それでいいのよ…」奈々の頭を押さえ体を反らせていく。
「直美、それくらいにして。楽しみは最後にしないと」
「そうね、純子さんの言う通りだわ」直美は素直に退くと体を洗い出す。
(よかった。性器をなめるなんてイヤだし…)ホッとするが、それも束の間だった。

 体を洗い終えると濡れた体をタオルで拭き、ブラジャーを手に持つと「服はいらないの。ヌードでいいの」と言われる。
「ヌードなんてイヤです。ヘアのないのが知られてしまうし…」
「いずれ知られるわよ。私も剃るから我慢して!」純子も直美と同じく、割れ目が見えるように剃ったが、奈々のように全部ではない。

 「これで同じよ。行きましょう!」3人は脱いだ服と下着を持ち浴室を出た。
浴室を出て、廊下を歩いていくと「ヌードでなんて!」一人が声を上げると、その声で次々と同僚が集まってきた。
「凄いわ、ヘアを剃って!」

paipan_2019080615163847b.jpg

 「見て、奈々さんは全部剃ったわよ」
「綺麗だから自信あるのよ。私は自信ないから剃る気ないけど…」3人の恥丘を見ながら話していくが(ヘアのない性器を見られるなんて恥ずかしい…)奈々の顔が赤く染まっていく。

 「恥ずかしがることないわよ。それより行きましょう」純子と直美は乳房と淫裂を隠すことなく歩き、奈々もそれに倣って歩いていくと「羨ましいわ、私も奈々とやりたいのに」後ろから声が掛けられ(レズやるのを知っているんだ…)顔が更に赤くなった。

 3人は羨まれながらも純子の部屋に入った。
「奈々、まずは普通でしよう」奈々をベッドに寝かせると、足下に腰を降ろして股間に頭を埋める。
「ダメ、恥ずかしい!」逃げるが腰を押さえられ、淫裂をなめられていく。
「楽しそうね。後で使うから撮らせて」直美は純子の舌でなめられている様子を撮った。

 「ダメよ、写真は絶対ダメ!」叫ぶが何も出来ず、反対に純子の舌と指で快感を知り「あ~!」声を上げた。
「気持ちいいでしょう。ここはGスポットと言って、一番感じる場所なの」指が膣の壁を撫でていく。
それには淫裂も反応して、ネバネバした淫汁があふれ出す。

 「大部濡れたわね。あれでしよう」ペニスバンド腰に取り付けていくと「そんなのイヤよ、膣が避けちゃう…」樹脂の肉竿に怯えている。
「大丈夫よ。オ○ンコは広がるから」ペニスにゼリーを塗ると覆い被さった。
「入れないで。そんなのイヤ~!」拒んだが、膣穴を広げながら入り込んできた。

 「ほら痛くないでしょう。オチンチンと同じなのよ」根本まで押し込むと、ゆっくりピストンしていく。
「痛くない…。気持ちいい…」リズミカルに膣皮を擦り、乳房を揉み出すと「あ、あ、あ~!」喘ぎ声を上げだした。

 純子は頃を見計らい、抱き上げて仰向けになり「わかるでしょう。奈々がやるのよ」騎乗位でやらせる気だが「やったことないです…」首を振る。
「簡単よ。腰をこうすればいいの」奈々の腰を押さえて上下に動かすと、それに合わせて奈々も動かし出すが「あ、あ、あ~!」声を上げて体を反らした。

 (膣が気持ちいい。これがセックスなのかしら?)処女喪失したばかりの淫裂だが、快感に淫汁が前にも増して流れていく。
「凄いわ、これを逃す手はないわね」直美は撮りまくっていたが「純子さん、私もさせて!」催促する。

 「そうね、交代しようか」素直にベッドから降りてペニスバンドを外した。
「私はこれでしたいわ」やはり、ペニスバンドだが自分の淫裂にも入れ、相手を突き刺すタイプだ。
「それ楽しめそうね」
「そう。2人同時に行けそうだし…」直美は装着を終えると、奈々を四つん這いにする。

 「行くわよ!」ペニスを押し込むと「あ、あ、あ~!」前にも増して声を上げた。
「気持ちいいでしょう、オ○ンコの奥まで入ってるし」直美はゆっくり腰を動かすが(きつい…。膣の奥まで入ってくる…)首を振って喘いでいる。
「直美、あなたも気持ちいいんでしょう?」

 「そうなの。オ○ンコの中が、グジュグジュになってるみたい…」確かに直美の淫裂から淫汁が垂れている。
「奈々も気持ちいいみたいよ。もう漏らしてるし」
「それなら仕上げないと」直美は腰の動きを速めていき「ピシャ、ピシャ!」と音が鳴っていくが「ダメ、変になっちゃうからダメ…」淫裂からは淫汁が筋となって流れ出し「凄いわ、撮らないとね」純子もそれをカメラに収めが「行く、行く!」奈々が突然崩れた。

 奈々の淫裂からペニスが抜かれると、ベッドに俯せになっていく。
「ハア、ハア!」息を弾ませ荒い呼吸をしている。
「今度は、私を楽しませる番よ」純子は自分が使ったペニスバンドを奈々に付けさせた。
「疲れているから、私がやるね」奈々を気遣い、馬乗りになって腰を沈めた。

 (膣にあんな太いのが…)純子の淫裂に吸い込まれる様子を見ていると「オッパイにやるのよ」催促され、自分がされた通りに、乳房を撫でながら乳首を指で挟んで、つぶしていく。
「そうよ。上手よ…」腰を振る純子も満足そうに、淫裂から汁を流している。

 (あんなに濡らすなんて…)純子の淫裂を見ながら乳房を撫でていくと「一緒にさせて!」カメラを撮っていた直美も加わった。
「いいわよ。奈々に吸ってもらったら?」奈々の顔に乳房を垂らした。
(やりたくないけど…)舌で乳首をなで回し、乳首を吸うと「あ~!」声を上げ「気持ちいい、噛んで…」とせがむ。
奈々は乳首に歯を立てると「いいわ、いいわ!」喘ぎ声を上げ、3人は夜遅くまで声を上げ続けた。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/677-716fc136

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。
おことわり
 この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん