FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「秘密の学園」第9話 電話の指示 

第9話 電話の指示 

 翌日、奈々は3年の教室で授業をしているが(昨日、セックスした子だ…)生徒の顔をまともに見られなかった。
(この子ともやったし…)他の生徒は知らないが(セックスしたのを知られたらどうしよう…)気になって思うように授業が進まない。

 それでも、何とか授業を終えて、放課後になると明日の準備を始めた。
授業の準備をしていると、生徒達も帰りだし、静まり返るが「夏樹さん、ちょっと!」原田が呼びに来た。
(またヌードモデルをさせる気だ…)素直に後を付いて、美術教室に入ると昨日の生徒皆がいる。

 「わかっていますよね?」原田の言葉で服を脱ぎ、用意された脱衣籠に入れていく。
そして、全裸になると昨日と同じポーズを取り、淫裂を晒した姿をデッサンされ、それが済むと、2年生の3人とセックスをさせられた。

 「教頭先生。モデルはしますが、セックスだけは許して下さい…」モデルを終え服を着ながら言うが「1年生もいます。明日で終わりだから、我慢して下さい」取り合ってくれず、翌日も全裸になって1年生の4人とセックスした。
生徒達は避妊具を着けていたから心配ないが「教え子とセックスだなんて…」罪悪感で浮かない顔をしている。

 そんな奈々に、追い打ちを掛けるかのように、寮に戻ると電話が鳴った。
電話に出ると「手紙が届いているはずだ。開けて見ろ!」言われるまま封筒を開けると写真が入っていた。

 「何時撮ったのよ。タダじゃ済まないからね」声を震わせ怒鳴るが、排尿しているところを正面から撮った写真で、噴射しているのがよく見える。
それに、レズして玩具を膣に入れた写真もあった。

 「これをばらまいたら、面白いだろうな」
「そんな事やめて。ここにいられなくなっちゃう…」
「だったら、言う事を聞け!」
「何をさせる気よ。またヌードなの?」

 「それだけじゃつまんないな。明日の3時間目に…」長々と話していくが「イヤ、そんなの出来ない!」涙声で拒むと「写真がどうなってもいいんだな」と脅される。
「わかりました…」渋々承知すると電話が切れた。

 「どうして、恥ずかしい思いをさせるのよ。これならセックスの方がましよ…」嘆くがどうにもならない。
奈々は不安を抱きながら、翌日にはいつものように職員室でミーティングを済ますと教室での授業となった。

 本来なら、空き時間がないはずだが、週に2度程空き時間があり、今日は3時間目が空き時間だ。
2時間目の授業が終わると、職員室に戻って次の準備をするが、今日は空き時間だから4時間目の準備をしていく。

 そして、3時間目の始業ベルが鳴ると、一斉に同僚は教室に向かい、奈々だけ残されている。
「やるしかない…」顔を強ばらせたまま、スーツを脱ぐとスカートも脱ぎだした。
「あれを見られる訳には行かないし」昨日の写真を思い出しながら、シャツも脱いで下着だけになった。

 「フルヌードって言ったし…」背中のホックを外し、白いブラジャーを脱ぎ、同じ色のパンティを脱いで、乳房と股間を露わにするが、股間には短い絨毛が生い茂っている。
「こんな姿で行くなんて…」全裸になると、脱いだ服を椅子に置いて職員室から出た。

teacher_0052.jpg

 奈々は音を立てないように、周りを見ながら素足で歩いていくと、教室から授業している声が聞こえてくる。
(見られたら、どうしよう…)緊張した顔つきで、体を屈めると淫裂が丸見えになるがその姿で歩き出す。
 廊下を歩いていると、突然「ガラガラ!」と引き戸の開く音がした。
(隠れないと…)とっさにトイレに飛び込み、行き去るのを確認してからまた歩き出し「ここに入るんだ…」視聴覚室と書かれた部屋に入った。
「よかった。誰もいないし」安心しながら戸を閉め、中まで来るとなにやら置かれていて「本当にやらせる気だ!」顔が曇っていく。

 暫く考えて「やるしかないし…」用意されていたムースを生えかけた絨毛に塗ってからカミソリを持った。
「やっと、生えたのに…」独り言を言いながら、カミソリを動かして絨毛を剃っていく。
「ジョリ、ジョリ!」短い絨毛は簡単に剃られて、淫裂が剥き出しとなり、肉襞も露わになっていく。

 「剃ったけど…」タオルで丁寧に剃った後を拭くと、テーブルに仰向けになり足を広げた。
「見られたら恥ずかしいけど、誰もいないし」指で淫裂を撫でると、膣の中に入る。
指を入れ、乳房を撫でながら指を動かすと、自然に膣が濡れてきた。

 「気持ちよくなってきた…」目を閉じて、妄想しながら指を動かしていると「先生!」声が掛けられ、目を開けると写真部の草苅がいる。
慌てて指を抜き、手で淫裂を覆い「どうしてここに?」尋ねると「メールがありまして」携帯のメールを見せる。

 それを見ると(そんな。素っ裸の女がいるから撮れだなんて…)自分を撮れと書いてあった。
「先生、撮るから続けてよ」
(恥ずかしいけど、撮られないと…)昨日の電話指示通りに「綺麗に撮ってよ。エロじゃないからね」言い訳しながら、淫裂に指を入れて乳房を撫でてだすと、草苅はその様子を逃すまいと撮っていく。

 奈々は草苅の前で、10分も淫裂を弄くり回していたが「もう撮ったでしょう、戻らないと」机から降りた。
視聴覚室を出て職員室に向かうが、授業中の教室を横切らなければならないし、草苅がカメラで撮っているから、やっかいだ。

 体を屈めると、淫裂が剥き出しになり、かといって、手で押さえて指示違反となる。
(性器を撮られるけど、なだめれば済むし…)甘い考えで廊下を歩いて職員室に戻っていく。
「先生。ここでも撮ろうよ」
「少しだけよ。時間がないし」服を着たかったが、草苅の機嫌を取るため職員室でも全裸を撮らせた。

 「もういいでしょう?」5分ほど撮るとパンティを履きだしたが 「待って、その前にやる事が」草苅がカメラを置いてズボンを下げた。
「草苅君。やる事って、まさかセックスなの?」
「そうだよ。撮ったお礼もあるしね」もう、肉竿が剥き出しになっている。

 「イヤよ、セックスなんてしない!」
「それなら、これは返さないからね」椅子に置かれた奈々の下着とスーツが奪われた。
「返して、裸でいる訳には行かないのよ」
「だったら、オ○ンコやらせてよ。イヤなら素っ裸のままだよ」

 「そんな意地悪しないで。お願いよ」
「ダメだよ。やらせてくれるまでは返さないよ」草苅が引く様子はない。
「わかったわ。セックスしてもいいけど、誰にも言わないで」尻を草苅に向け、足を開いて屈んだ。

 「勿論さ。言っても何にもならないし…」草苅は肉竿を掴むと、淫裂に押し当てて突きだした。
すかさず「あ~!」喘ぎ声を上げ「痛いから、ゆっくりして…」頼むが精力に溢れる肉竿は一気に根本まで入り込む。

 「先生、我慢して。すぐ出すから」根本まで入れるとピストンを始めた。
「ゆっくり…。ゆっくり入れて…」痛みに堪えていると、次第に膣も濡れて痛みが快感に変わっていく。
「そうよ。奥まで入れるのよ…」喘ぎながら、深い結合を求め乳房も揉ませた。

 草苅は肉竿のピストンを速めていくが(早くして、見られたら大変なのよ…)奈々は気が気ではなかった。
時計を見ながら、淫裂を肉竿で突かせているが、授業の終わりまで10分しかない。
「早くして、お願いよ!」
「わかっている。今出す所なんだ!」動きが停まり、肉竿が膣奥で噴射した。

 「抜いて。時間がないのよ!」放出が終わると、草苅を退けてブラジャーを着けずにシャツを着た。
その上に上着を着け、淫裂を拭いているとチャイムが鳴った。
「時間がないわ!」パンティを履かずにスカートを履き、ブラジャーとパンティを引き出しに仕舞い込むと、それと同時に、廊下が賑わい同僚も戻って来る。

 (間に合ってよかった…)安堵していると、草苅に撮られた事が気に掛かり「お願いだから、誰にも見せないで!」小さな声で言うと「わかってます」そう言って職員室から出て行く。
「本当に大丈夫かしら?」奈々の不安は消えない。

 そして、4時間目のチャイムが鳴ると職員室を出て教室へ向かうが、乳首がシャツと擦れて痛みを感じている。
それに、パンティを履いてないので、淫裂がスースーする。
「ミニだから注意しないと」生徒に下着無しを、気付かれないように心がけて、授業していく。

 幸いにも気づかれず、残りの授業も無事に終えて下校時間となったが、職員室では会議が行われた。
議題は部活の事で、顧問を決める会議でもある。

 「私はよく知らないから…」奈々は新任だから自分から希望は申し出なかったが「奈々先生は新人だから演劇部がいいんじゃないかしら?」同僚が推薦する。
黒川も「そうだな、あそこなら無難だし」承知して奈々は演劇部の顧問と決まった。

 愛子は写真部、里奈は美術部と同僚の皆が顧問に選ばれ、顧問が決まると翌日の生徒会との会合で知らされる。
それを聞いた演劇部の目黒は「今度の顧問は新任か!」薄笑いを浮かべている。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/679-b161b716

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。
おことわり
 この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん