赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「悲劇の女子アナ」第10話(最終話) トークショー  

 仕事がないルミとマコは出社すると14階の部屋で待機するしかない。
生まれたままの姿で一つのベッドで休んでいる。
時折、手の空いた後藤や服部達が現れセックスの相手をさせられるが、毎日ではなく、たまにの
相手だ。
そのために欲求も溜まっていき、マコとルミは女性同士でセックスを楽しむようになっている。
仕事がないのを気遣った後藤は思わぬ事を提案し、2人にトークショーをやらせようと言う。
「やらせて下さい、どうせ暇なんですから」
「いいか、これは素っ裸でやるんだよ」
「そ、そんな!」乳房と淫裂を晒す2人は顔色が変わっていく。
「1回だけでいい。やってくれ」
「でも、ヘア写真を撮られてしまいます」
「それは心配ない。会員制のクラブだ一般は入れないから安心しろ」渋々承知する2人だ。
後藤に言われた2人は早速、クラブに向かうとクラブでは支配人が出迎えている。

 「早速ですがここでヌードをお願いします」
「わ、わかってます」ルミとマコは小さな部屋で衣服を脱いでいく。
上着を脱ぎ、シャツを脱ぐと乳房が露わになって揺れている。
その後、スカートも脱ぐと隠す物はなにもなく、一糸まとわぬ全裸になった。
「これでいいんですね」両手を後ろにして支配人に全裸を見せる。
「はい、それで結構です」支配人がルミの乳房を撫でだすと「お、オッパイだけですよ。アソコ
は触らないで下さい…」
「アソコって、オ○ンコですか?」もう片手が絨毛に包まれた淫裂を撫でていく。
「そ、そうです、オ○ンコは触らないで下さい…」
「ここはだめなですか?」指が膣の中に入った。
「抜いて下さい。オ○ンコから抜いて!」ルミの呼吸が荒くなっていく。
ルミに満足した支配人は今度はマコの乳房を撫でながら淫裂に指を入れていく。
「だめ、オッパイだけにして下さい…」マコも呼吸が荒くなっていた。
「そうですね、オ○ンコはダメですよね」淫裂から手を退け「そろそろ行きますか」支配人の言
葉で3人は店内に入ると「おー!」歓声と拍手が上がった。
「皆様お待たせしました。TVCのアナウンサーによるヘアヌード・トークショーをこれより始
めます」支配人が挨拶している。
「皆様、こんばんわ。白石ルミです」「菊池マコです」真っ赤な顔で挨拶していく2人だ。
その後は慣れたトークを2人でしていくが、客は絨毛の隠された淫裂が気になっている。
2人が足を動かす度に淫裂が見えないかと真剣に眺めている。
(いや、絶対に性器は見せないわ!)2人は性器が見えないようにしてトークをしていった。
 
 ショーは1時間ほどで終わった。
「ご苦労さんです。最後に性器を皆様に見せてあげて欲しいんですが」その言葉に黙ったまま、
俯く2人だ。
「見せろ、見せろ!」お客が合唱し「ちょっとだけですよ」恥ずかしそうに両手で絨毛に包まれ
た淫裂を広げていく。
「オ○ンコだ、オ○ンコだ」歓声が上がっていく。
「もう許して!」真っ赤な顔の2人が手を退けると「結構です。今日はありがとうございました」
ショーが終えると急いで衣服を着込み、走るようにクラブを後にする。
 
 翌日、2人は後藤に呼ばれ、後藤の前で着ている服を脱いでいく。
「いつ見ても綺麗なオッパイだね。実は今日もトークショーの依頼があるんだが」
「1回きりの約束でしたよ」
「給料をはずむよ。君たちだって支払いが大変なんだろう?」後藤の言う通りだ。
レギュラーを無くしてから収入が減っていて生活が大変なのだ。
「わかりました。どこですか?」
「昨日のクラブだ」後藤に言われ再びクラブに向かっていく。
店内は口コミで満員だった。
会員制なので全員がそろっていて(こんな大勢の前でヘアヌードになるなんて!)昨日とは違っ
て体が固くなっていて、乳首も恥ずかしさで大きく膨らんでいた。
それでも2人はプロだったから、トークが始まるとリラックスしていく。
乳房を揺らせながら話し(性器を見せろと言われていたけど恥ずかしい…)淫裂を晒すタイミン
グを見計らっている。
(今ね、行くわよ)何気なくルミは足をあげて淫裂をお客に見せた。
「オ○ンコだ、オ○ンコだ!」お客が歓声をあげている。
(私も見せる…)マコも淫裂を晒すと歓声が上がり、この日のショーも盛り上がって行る。
 
 これを契機に収入不足を補うために2人はトークショーを頻繁に行うようになった。
しかし、公安局が黙っているわけがなく、こっそり内偵して張り込んでいる。
何も知らない2人はいつものように全裸でトークをし、盛り上がったところで淫裂を見せた。
その瞬間「動くな!」公安局が2人を押さえて「公安局だ、猥褻物陳列罪の現行犯で告発する」
その言葉に顔が蒼白になってしまった。
2人は最寄りの警察署に拘置され、マスコミも2人の犯罪を一斉に報じている。
TVCでは緊急の役員会が開かれルミとマコの解雇を発表し、自分たちの保身を計った。
幸いにも罰金刑で済んだが、解雇された2人を雇うテレビ局などなく、2人は仕方なくヌードモ
デルとして仕事をしていく。
そのヌードも、見飽きられて長続きせず仕事を探していると、ビデオの出演依頼が殺到している。
2人はビデオで全裸になり、本番もしたが、それが裏に流れてしまい、マスコミの格好の餌食に
なってしまった。
 
 その事で2人の名前が完全に消え、マスコミ各社も必死に取材したが行方はつかめない。
そんなマスコミをあざ笑うかのように、とある田舎の温泉地に2人によく似た女性が現れた。
2人はお客の依頼があればお座敷ストリップもし、交渉次第ではセックスの相手もした。
今夜も2人の男性がペアで乳房を揉みながら淫裂を突き刺していく。
「いいわ、オ○ンコが気持ちいい」「感じるわ、気持ちいい」2人は足を絡めて悶えている。
悶え声をあげている2人の声はテレビで聞いたことのある声だった。
                  ~完~

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/68-38e6dae2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top