fc2ブログ

「秘密の学園」第11話 覗き見

第11話 覗き見

 「先生、もういいです!」やっと終わると、恥ずかしさが込み上げ、手で胸と股間を覆う。
「後は、義務を果たして下さい」目黒が言うと「この前やったばかりよ。皆とやったでしょう?」奈々は腑に落ちない。

 「義務は、男子ばかりじゃないです。女子も居ましてね」それを聞いた女生徒が恥ずかしそうに顔を赤らめた。
「女子って、まさかレズをしろと言うの?」
「その通りです、早速やって下さい」

 「イヤよ、あれは見られたくない。それに、この子だってイヤでしょう?」女生徒を指さすと「私達は構いません。ヌードも見られても平気です…」承知している。
「ホントにいいの。あそこも見られるのよ?」
「それくらい平気です。お尻でックスしてましたから」
「お尻でしていたなんて…」言葉が停まると「聞いての通りです。やって下さい」催促された。

 「わかった。やるけど、カメラは無しよ」
「先生、撮らせて下さい。先生とのレズを撮っておきたいんです。誰にも見せないと約束しますから」もう、奈々の逃げ道はなくなった。
「わかった。やればいいのね」諦めて言うと「助かります」女生徒も脱ぎだした。

 まだ、18歳前後の女生徒は華やかなパンティ、ブラジャーを着けており、白に統一された教師とは違っている。
見ている奈々も(いい柄ね、私も履いてみたい…)羨ましく見ていると全裸になって乳房と絨毛を晒していく。

 「本当にいいのね?」念を押して尋ねると「はい。お願いします!」奈々の乳房に顔を埋め乳首を吸い出す。
「まだ早いわよ…」言いながらも、生徒の膨らみきってない乳房を撫でていく。
「私にも、させて下さい」股間にも顔を埋めて、淫裂を指と舌で撫でだした。
「いいわ、凄くいい…」喘ぎ声を出し出すと、口も吸われる。

 暫く3人に乳房と淫裂を愛撫されると「私にもして下さい…」恥ずかしそうに女生徒がせがむ。
「してあげるわよ」小振りな乳房を撫でながら、乳首を吸うと「あ~!」大人と同じように反応して「あそこにも…」足を開いて淫裂を晒した。

 奈々は絨毛を撫でてから、指で割れ目を撫で出すと「入れて下さい」と催促され、指先を割れ目に入れて、膣穴の入り口を撫でてると(処女だわ。まだセックスしてない…)処女膜に気付いた。
生徒を気遣い「ここまでしか、入れないからね」断りを入れると、今度はクリトリスも撫でて「あ~!」喘ぐ声を上げ、淫裂から汁が流し出した。

 奈々が3人の女性と1時間程相手をしてると「我慢できません、先生お願いします」目黒が抱きついてきた。
「この前、やったでしょう?」
「我慢できません。この通りですから!」下半身を露わにしたから、膨らんだ肉竿がわかる。

 「仕方ないわね。着けてから入れて!」目黒はコンドームを肉竿に取り付けると「四つん這いでさせて下さい」奈々を四つん這いにさせ、後ろから挿入していく。
淫裂は女生徒とのレズで濡れているから、すんなり奥まで入ってピストンが始まった。
「あ、あ、あ~!」喘ぐ奈々に「俺もやりたいな。やらせろよ!」女生徒を四つん這いにして肛門に肉竿を入れていく。

 それは、奈々にも見えて「お尻に入れるなんて!」初めて見る光景に驚いて見ていると「俺にもやらせろ!」別な女生徒も肛門に肉竿を押し入れられた。
顔を歪め、痛みに耐える女生徒を見て「痛くないの?」と尋ねると「痛いけど、オ○ンコされるよりましです…」平然と言う。

 (私は、お尻はイヤよ。膣でやった方がいい…)釈然としないまま女生徒の結合部を見ていると、尻穴から性液が漏れ出てきた。
それには「射精もするんだ …」驚きの連続だ。
奈々は、女生徒と目黒の相手を済ますと服を着て部室か出ていく。

 廊下を歩いて、体育館の方へ歩いていくと「あら、奈々さんじゃないの」里奈から声が掛けられた。
「里奈さん、どうしてここに?」
「部活の顔合わせよ。それより奈々さんは?」
「私も、部員との顔合わせなの」

 「確か、演劇部だったわよね?」
「そうだけど、それがどうかしたの?」
「いえ、何でもないわ、大変だなと思って…」
それだけしか言わないから(ヌードの事が気になるんだわ。私もやったからそうは言えないし…)奈々も黙ったまま寮へと向かった。

 寮に戻って、くつろいでいると外から話す声がする。
「なにかしら?」部屋から出ると、愛子と香奈が泣きそうな顔で話している。
「どうか、したんですか?」
「何でもないわ。心配しなくていいわよ」その声で部屋に戻るが「おかしいわ、いつもの服と違うし…」2人は黒いストッキングを履いていた。

 「何かある。もしかして、ヌード?」気のなるのか、部屋を出ると2人は校舎へ向かっていく。
「悪いけど、確かめないと…」気づかれないように後ろを歩いていくと、校舎に入り3年生の教室へ入った。

 2人が教室に入ると、男の声が聞こえ「痛いのは許して」愛子の声が聞こえる。
奈々は中が気になり、引き戸を開けて中を覗くと2人は服を脱いでいる。
(やっぱり、ヌードを撮られるんだ…)自分がした事を思い出しながら見ていると2人は下着姿になったが、うっすら黒いブラジャーとパンティで乳房と絨毛が透けて見える。

 それに、太股までの黒いストッキングが卑猥さを漂わせていた。
(凄いわ、あんな下着があるなんて。渡しも着てみたい…)感心してみていると2人はカメラが構えるまで抱き合う。

 「そうだ、オッパイも出せ!」声に合わせ、相手のブラジャーを外して、乳房を露わにした。
「次は、オ○ンコ見せて」唇を重ねたまま、互いにパンティを脱がせていくと、黒い絨毛が露わになった。

 すると「マン毛が邪魔だ。剃らないと!」と言われ「イヤ、ヘアは剃りたくない!」拒んだ。
「奈々先生は綺麗にしていたぞ。剃らせないと言うなら、知らないからね」
「やめて。剃ってもいいから、それだけはやめて」泣き声で愛子が言う。
「わかったようだな、剃らせて貰うよ」

 男は机を並べてベッド代わりにすると、愛子と香奈を寝かせて足を広げる。
「見ないで。恥ずかしい!」両手で股間を覆うと「手が邪魔だよ、この手が!」2人は両手を机に縛られて、隠す事は出来なくなった。

 「先生。短くするよ!」ハサミで絨毛をカットし出すと「全部はやめて。性器が見えるだけにして」「私も全部はイヤ」2人が頼んだ。
「仕方ないな。その代わり、今日はオ○ンコの中に出させてよ」
「全部剃らないなら、我慢する!」2人は膣奥への射精を承知した。

 「それなら、全部はやめるよ」恥丘の絨毛を短くすると、割れ目に生えている絨毛を短くしていく。
それが済むと、ムースが塗られてカミソリが動き出した。
(ヘアを剃っている…)目を凝らしてみていると、絨毛が消えて、割れ目が露わになって肉襞が現れた。

 「先生のオ○ンコ綺麗だよ。これからも剃らせてよ」
「イヤよ、剃るのはこれっきりよ」
「奈々先生は剃らせたよ」
「私はイヤよ。その代わり、オ○ンコさせるから許して!」愛子と香奈は頼むが「全部はやらないよ、ここだけだから我慢して。それでもイヤなら知らないから」

 「わかったわ、性器だけ剃っていいわよ」ふて気味に言うと「ありがとう、早速始めるよ」2人の生徒がズボンを脱いで下半身を剥き出しにした。
「待って。手は解いて欲しいの」
「このままでやろうよ。先生をレ○プしてる感じだし…」

 「イヤよ。レ○プなんて、イヤ!」拒む2人だが淫裂に肉竿が押し込まれた。
「あ~!」「まだ早い…」声を上げるが、足を垂らして寝かされたまま、乳房を揉まれながらのピストンが始まった。

 「ピシャ、ピシャ!」淫裂から音が出ていくと「あ、あ、あ~!」喘ぐ声を上げだし(気持ちよそうだわ。膣から漏れていく…)淫汁が流れているのがわかる。
肉竿は休むことなく動き続けて「いいわ。凄くいい…」愛子と香奈の背中が浮いて乳首が尖っている。
「乳首を吸って…」「私のも…」乳首を催促し、別な生徒が4個の乳首を吸うと「あ、あ、あ~!」前にも増して声を上げた。

 それを見て(膣が濡れてきた…)演劇部員の3人とセックスしたばかりだが、奈々の手が自然とスカートの中に入り、淫裂を撫で始めた。
それに、シャツの裾を持ち上げ、乳房も揉んでいく。
(濡れている…。漏れないかしら?)手が割れ目に沿って動いていくと、パンティが淫汁で濡れていく。

 (気持ちいい。さっき、やったばかりなのに…)虚ろな目でオナニーをしているが、教室の中では「出る~!」膣奥への噴射が行われた。
2人の淫裂からは白い液体が流れていくが「今度は僕だよ」相手が入れ替わりまた淫裂に肉竿が入り込んだ。

 「あ、あ、あ~!」再び喘ぎ声が挙がり「ピチャ、ピチャ!」淫裂から音が鳴り出すと(気持ちいい…)見ていた奈々の手の動きを速まった。
(行きたい…。このまま行きたい…)目を閉じて妄想していると「う!」突然に口をふさがれ、手も押さえられた。

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
251位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に(15)
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター