FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「秘密の学園」第19話 性器コンテスト

第19話 性器コンテスト

 舞台から降りると淫裂を丁寧に拭いていく。
「飲んでいるからいいけど、飲まなかったら間違いなく出来た…」呟きながら拭き、下着を着けて服を着ると部員と話し合った。

 「恥ずかしかった。人前でのセックスはもう許して」
「でも、評判よかったよ。かなり受けたし」
「射精される身にもなってよ。妊娠したら責任取れるの?」
「それは考えます」暫く話し合ってから「次はどこなの?」「写真部です、一緒に見ましょう」奈々は見る方に回ったから気が楽になっている。

 部員達と一緒に並ぶと、すでに始まっおりなにやら話していた。
そこに、全裸になった愛子が登場し「愛子先生もヌードだなんて…!」愛子は泣き出しそうな顔をして、部員の言われた通りにポーズを取っていく。

 「これだと見えませんよね。こうして撮ります」愛子を寝かせて片足を持ち上げた。
「オ○ンコだ!」歓声が上がるが愛子は顔を背けている。
「次は挿入画像です」全裸になった部員が背中から肉竿を挿入していく。
「本番だ。写真部も本番やってる!」歓声が響いていくと、愛子の目尻から数滴涙が流れた。

 「愛子先生、泣いてる…」それでも容赦なく、結合したままポーズを取らされ、奈々のように淫裂に射精された。
「ほら、見えるでしょう」その淫裂が見えるように向きを変えさると「出したぞ、オ○ンコに出した!」「射精した!」また歓声が上がった。

 この日は、二つの部だけの成果発表会だが、職員室に戻った奈々と愛子は抱き合って泣き出した。
「悔しいわ。人前で射精までされたのよ」
「私もよ。射精だけはされたくなかった…」2人は泣きながら話すが(私だって、射精されるのよ)そう言いたげに他の教師は2人を見ていた。

 その通りで、純子や里奈、香奈というように女教師は部員のこじつけで全裸になり、淫裂を肉竿で突かれて射精された。
成果発表会は教師に屈辱を与える場となってしまったが、それで、生徒会が収まるはずがなかった。

 職員室にいる教師を前にして「ヘアですが、皆さん大部伸びてますね。これからは生徒会でヘアを管理します」と言い出す。
「待って、ヘアを管理するってどういう事なの?」
「生徒会でヘアを剃ると言う事です。ですから、勝手に剃らないで下さい」

 「だったら、ヘアを剃るなと言う事なの?」
「そう言う事です。明日検査します」今田は出ていくが「イヤよ、教え子に剃られるなんて!」
「私だってイヤよ、自分ならともかく教え子に剃られるなんて耐えられないわ」皆、嫌がっているが決まったからにはどうしようもなく、翌日からヘアのチェックが始まった。

 昼休みになると、教師達はパンティを脱いで生徒会室に入り、スカートを持ち上げ、下半身を晒していく。
「伸びてますね、早速始めますよ」絨毛にムースが塗られていく。
「セックスするから、剃らないで欲しいの…」

 「そうは行きません。セックスとは別次元ですから」聞き入れようとはせずにカミソリで剃りだした。
「動かないで下さい」肉襞を掴み、一本残さず根本から剃ってしまった。
「終わりました。これから、証拠の撮りますから動かないで下さい」

 「写真はイヤ。撮らないで!」
「ダメです。足を開いて、顔を向けて」足を開かせれ、無毛の淫裂を撮られていく。
(何も撮らなくていいはずよ、いつも見ているくせに…)屈辱に耐えながらスカートを戻して職員室に戻り、パンティを履いた。

 一方、絨毛を剃った生徒会では「オ○ンコって、いろいろな形してるんだな」カメラを見ながら話していた。
「そうだよな。ヒラヒラも違うし…」
「どのオ○ンコが一番綺麗かな?」
「わからない、好みだから」

 「だったら、オ○ンコのコンテストをやろうよ。受けると思うけど」
「いいね。女子もやるか?」
「イヤよ、ヘアを剃られるなんて。それにオ○ンコは見られたくないし…」
「それなら、先生だけにしよう!」生徒会では性器コンテストを決めてしまった。

その決定はすぐに教師達に知らされ「性器コンテストだなんて聞いた事ない!」「性器は見せ物じゃないのよ、赤ちゃんを産む大切なものなのよ」教師は説得した。
だが「予定通りに行います。1週間は下半身を出して授業して下さい」生徒会側が突き放して決まってしまった。

 コンテストが決定すると、学校新聞にも載せられて生徒達に知らされた。
「イヤだわ。性器コンテストだなんて…」顔を赤らめる女生徒だが「いいね、オ○ンコの見比べが出来るなんて最高だよ」笑顔の男生徒たちだ。

 翌日、女教師達は校長の訓辞を受けるとミーティングを行い、一斉にスカート、パンティと脱いで淫裂を露わにしていく。
「恥ずかしい。これならフルヌードの方がましだわ」上着が下がらないよう、紐で腰に結び無毛の淫裂を晒すが、恥ずかしさが増している。

kahanshin_zenra_096.jpg

 それでも、授業は行わなければならず教室に向かう。
教室に入ると「パイパンオ○ンコだ!」「やだ~、子供みたい!」股間を晒す姿に歓声が上がる。
「静かにしなさい、出席を取ります!」平静を装うが(私だってイヤよ、こんな事したくないわよ…)内心穏やかではなかった。

 奈々は「それでは授業を始めます」いつものように授業を始めるが、生徒達は淫裂ばかり見ていて授業にならない。
「ほら、真面目にやりなさいよ!」
「だって、コンテストまで見ておかないと…」

 「見るって、何を?」
「決まっているでしょう。先生のオ○ンコよ!」
「そうだったわね。ちょっとだけ見せるから、ちゃんとやってよ」顔を赤らめ、立ったまま、足を開いて淫裂を広げた。

 「見えるでしょう。これが先生のオ○ンコなの…」
「こっちにも見せて!」奈々が声のする方に淫裂を見せると「こっちにも!」また声が掛けられ淫裂を見せた。
「先生のオ○ンコ見たでしょう。だから授業を始めます」やっと、本来の授業が出来た。
それは皆がそうで「これが先生のオ○ンコよ」生徒の前で淫裂を広げて晒している。

 そんな事が繰り返され、コンテストの当日となった。
投票は授業が終わってから行われるが、昼休みには絨毛チェックが行われる。
「先生、伸びるが早いですね。週2回にしましょうか?」そんな事を言われながら短い絨毛にムースが塗られカミソリで剃られていく。

 「このままでいいです…」生徒から恥ずかしい思いは受けたくなかった。
「イヤなら、仕方ありませんね。はい終わりました」一本残らず根本から剃られてしまった。

 「先生。今日は特別だから化粧します」
「化粧って、まさか性器に?」
「はい、足を開いて!」女生徒は黒ずんだ肉襞の先端に口紅を塗っていくと、ピンクに染まり少女のような淫裂に変わった。

 「やめて。返って恥ずかしい!」
「そんな事ないわよ、綺麗よ。はい、終わり!」鏡を当てられて見せられるが(こんなの見たくもないわよ)自分の性器に嘆くが、皆がやられて肉襞は少女のようにピンクに染まっている。

 そして、放課後になった。
投票所となった体育館に教師は並ばされ、教室から運んできた机に腰を降ろして足を広げさせられた。
(性器を晒すなんて…)屈辱だがやるしかなく、皆が机に腰を降ろして淫裂を晒していると、淫裂を写真部員が撮っていく。

 「笑顔になって下さい!」作り笑いをすると淫裂と一緒に撮られる。
写真部員が皆の淫裂を撮ると、生徒達が入場して、見比べながら投票していく。
「純子先生のオ○ンコは縦長だね」
「そうだな、香奈先生のヒラヒラ大きいね」皆が淫裂を批評しながら見比べて投票していく。

 投票は1時間後に締め切られ開票が始まった。
やはり、新鮮さが受けたか奈々が優勝し「先生、撮りますよ!」また淫裂を晒したまま撮られ、表彰式も行われる。
(何がオ○ンコ大賞よ、馬鹿にしないで!)表彰状を見て憤慨するがそうは行かず笑顔で受け取りと「次は準オ○ンコ大賞です」里奈が選ばれた。
里奈も淫裂を晒した姿を撮られて表彰状が渡された。

 「それでは、これから記念品を贈呈します」司会の声に2人が演壇に上がると校長と教頭も上がった。
「それでは、記念品の贈呈です。四つん這いになって下さい」
(どうして、四つん這いよ!)不審に思いながら奈々と里奈は並んで四つん這いになると「校長先生と、教頭先生は準備をお願いします」

 (何の準備なの?)また不審に思った。
「準備が出来たようです、では、お願いします!」その言葉で2人は腰が押さえられ、淫裂に肉竿を入れられた。
「イヤ、やめて~!」「何するのよ~!」首を振っても肉竿が動き出し膣奥にピストンしている。

 「記念品は、お二人からの精液です。タップリ味わって下さい」
「イヤよ、お腹はイヤ!」逃れようとすると「生徒会の決定を無視すると酷い目に遭うけどいいの?」そう言われれば、おとなしく淫裂を突かれるしかない。
「わかったようだな。タップリ出すよ」ピストンが始まり「ピシャ、ピシャ!」静まりかえった体育館に音が響いていく。

 (痛い、まだ濡れてないのに…)2人は膣の痛みを我慢していたが「ダメ、お腹はダメ~!」「イヤ~!」2人は悲鳴を上げた。
「出しました、精液が出たようです」司会ははしゃぐが、肉竿が抜かれた淫裂からは白い精液が流れ出ていく。

 「記念品の贈呈が終わりました」生徒達は体育館から出ていくが「う、う、う!」涙が停まらない。
2人は同僚に抱えられ、保健室に連れ込まれると優香の治療を受けた。
 
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/689-75e422b7

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。
おことわり
 この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスランキング

カウントされない事もあり
   ますのでご承知下さい

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん