赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

「OL哀歌~美由紀編」第1話 初めてのキス  


美由紀は22歳の独身だ。

高校を卒業すると同時に丸菱商事の事務員として採用され、もうかれこれ4年が過ぎた。

美由紀は仕事は丁寧に行い、また人当たりが良いことから男女を問わず好かれている。

中には縁談まで持ち出す先輩までいたが「私はまだ未熟ですから!」と遠回しに断っていた。

しかし、美由紀は決して縁談が嫌ではなく、同じ課に勤務する年上の野村真人が好きだった。

ただ、野村は相原由佳と付き合っている。

歳は美由紀と同じ22歳だだが、資産家の令嬢だから結ばれることはないと分かっていた。

だが、心の中では「もしかしたら?」と淡い気持ちがあって持ち込まれた縁談を断っていた。

そんな中、美由紀は残業をしていると電話が鳴り「野村をだせ。いるんだろう?」かなり暴力

的な言葉で言われた。

「すみませんがどちら様で?」

「いいから、野村をだせよ!」美由紀は動揺しながらも「あの、お名前を?」「バカ野郎。名前

なんかいい、野村をだせ!」その声は数人しか残ってない部屋の全員にも聞こえた。

当人の野村も動揺しており「野村さん、お電話です!」「あ、ありがとう!」野村は震える手で

受話器をもった。

「もしもし、野村ですが…」暫く沈黙が続いて「で、ですから、その件は必ず対応しますから。

もう少し待って下さい」電話を持って謝っている。

(野村さん、何か失敗したのかしら?)平謝りする野村に美由紀も同情している。

電話は数分で切れたが野村は全身が汗でビッショリになっている。

「野村君、今の電話は誰かね?」課長代理の福原が心配そうに尋ねる。

「いえ、お得意さんからです。間違った書類を渡したみたいで怒ってました。明日、謝りに行き

ます」

「そうか、今後は注意してくれよ。君には期待しているんだからね」

「はい、今後注意します!」福原は気づかなかったが美由紀は(野村さん、嘘ついてる。きっと

脅されているんだ!)そう直感が働いた。

 

 その夜は金曜日という事で7時で残業が終えたが「大原君、飲みに行こうよ。いい店知ってる

んだよ」珍しく野村から誘われた。

「付き合ってもいいわよ。でも福原さんに悪いわね」

「俺だって婚約者に隠れて美人と飲みに行くこともあるさ!」

「それじゃ、いいのね?」

「勿論だよ!」二人は書類を片付けて会社を出ていった。

二人は会社から5分歩いた所にあるパブに入っていく。

そこはビルの地下にありあまり知られてないらしく客が少ない。

「最近できたんだよ、俺も知らなかったんだ」野村に案内されて奧に入っていくと奧のドアを開

けて「さあ、入って!」と勧める。

「いいの、勝手に入って?」

「ここは個室なんだ!」

「へえー。パブにも個室があるの?」そこにウェイトレスが来た。

「いらっしゃいませ。お飲物は何になさいます?」

「そうだな、スコッチを頼むよ。ジョニ黒がいいな!」

「かしこまりました。ボトルでよろしいでしょうか?」

「ああ、持ってきてくれよ」ウェイトレスは一旦出て行ってから直ぐに戻ってきた。

持ってきたボトル、氷、などをテーブルに並べ、「追加ご注文の節はボタンを押していただけれ

ば伺います」そう言い残してウェイトレスは個室から出て行く。

 

 野村はグラスにウイスキーを注ぎ水と氷で薄めると「大原君、飲んで!」美由紀に渡す。

「大原なんていやだわ。美由紀でいいわよ」

「じゃ、美由紀。乾杯!」「乾杯」二人はグラスを軽くぶつける。

二人は世間話をしながら飲んでいくと、いつしか酔いも回って野村は美由紀の脇に座り肩に手を

掛けて話を始めていく。

美由紀は好きな野村だったから、婚約者がいたと知ってても拒まない。

話は進み、いつしか男の女の話になって、美由紀はあまり話さなくなっている。

(つまんない。セックスの話なんて!)美由紀は今まで付き合った人がいないので経験がなく答

えることができないからだ。

それに気が付いた野村はいきなり美由紀の肩の手を首に回して抑えて自分の唇を美由紀に重ねた。

「!」突然のことに美由紀は驚いたが、好きな野村だったので拒まない。

野村らもう片手を背中に回して抱きしめ、舌が美由紀の口の中に入り込み舌に絡ませていく。

(ディープキッスなの?)初めてもキスが好きな野村で、しかも舌と舌が絡み合うキスだ。

野村の右手が首から下がって胸で止まると上着の上から美由紀の左乳房を撫でていく。

(だ、だめよ。オッパイはだめよ)キスで口を塞がれて声にならない。

野村の右手が乳房から上着のボタンを外していくと淡いブルーのブラウスが覗いてる。

そして再びブラウスの上から乳房を撫で始め、今度は左だけでなく右も撫でている。

(だ、だめよ。野村さん!)しかし美由紀は自分からも唇を求めている。

 

 野村は抵抗しない美由紀に(これはいけるな!)右手がブラウスのボタンを外していく。

真っ白なブラジャーが露にされ、そのブラジャーの中に手を入れて、直接に左乳房を掴んだ。

「い、いや!」美由紀は唇を離して叫んだが、再び野村の力で唇が重ねられた。

野村は(フロントホックだ!)ブラジャーがフロントホックなのに気づき、カップの繋ぎ目のホ

ックを器用にも外した。

ブラジャーは「プチ!」と音がして乳房を抑えていたカップが解放されて乳房が飛び出す。

(い、いやよ。やめて野村さん!)美由紀の思いとは関係なく飛び出した乳房の感覚を味わうか

のようにやさしく揉み出し、堅く勃起している乳首をも摘んだ。

「あ、あ、あ~!」背中を衝撃が走り、乳首が堅くなっているのが分かった。

(い、いいわ。乳首を触られると感じる…)堅くなっている乳首がこれ以上堅くならない程に勃

起していた。

その飛び出た乳首を軽く撫でながら両乳房を揉んでいく野村だ。

野村は両手で乳房を揉みだし(いいわ。凄くいい!)美由紀はキスしながら乳房を揉まれていた。 

 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/69-0ae257e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top