FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「秘密の学園」第21話 ファッション・ショー

第21話 ファッション・ショー

 生徒会から言われた3日が過ぎ、奈々達は皆がスーツを着て授業をしていたが、昼休みは絨毛のチェックで下半身を晒さなければならなかった。
昼休みになると、女教師の皆がパンティを脱いでから生徒会室に入り、スカートを脱いでいく。

 「先生、座って!」小さな机に腰を降ろし、足を開いて淫裂を生徒に見せている。
「伸びるのが早いですね。もうこんなに伸びて…」生徒は教師をいたぶるかのように恥丘を撫で、淫裂を触っていく。
「確認はそれくらいにして、早く剃ってよ!」

 「そう焦らないで、じっくりやりましょう」膣穴を食い入るように見つめてからムースを塗って剃りだした。
「ここも丁寧にします」クリトリスが撫でられて「う!」一瞬だが腰が浮いた。

 (そこは生えていないわよ)生徒のなすがままにするしかなく、それをいい事に「剃り残しを確認します」指を膣に入れて掻き回していく。
(やめてよ。そこに生えてるはずないでしょう)指は敏感な部分を撫でていくから、喘ぐ声が出てしまい淫汁も流れていく。

 「先生。オ○ンコやりたいでしょうけど、我慢してくださいよ」
(勝手な事言わないで。指でそこをされたら、誰でも行くわよ…)侮辱に耐えながら剃毛された。
「はい。終わりました!」タオルで拭かれるが(こんな性器にされて…)鏡に映る性器を嘆き、スカートを履くと職員室に戻り、パンティも履いて授業の準備をしていた。

 一方、絨毛を剃っていた生徒会では「男子ばかり楽しんで不公平よ!」と女子から不平が出ている。
「不公平と言われてもな。どうすればいいんだ?」
「簡単よ。女同士でも楽しめるようにすればいいの」

 「まさか、先生とレズをさせろと言うのか?」
「そうなのよ。私だってやりたいわ。見ているだけじゃつまんないし」
「そうよ。オナニーだけじゃイヤよ、先生ともやりたいのよ」

 それには「裸を見られてもいいのか?」今田が言うと「見られない所でやるわよ。ほら、作法室があったでしょう」確かに、女生徒の作法を勉強する大きな和室がある。
「あそこなら40人は楽に入れるし、鍵も掛けられるから覗けないし」

 「ホントにいいのか。見られても知らないぞ!」
「見られたっていいわよ。レ○プさえしなければ…」
「わかった。先生に言っておく」今田も折れて女生徒の楽しみも作る事になった。
今田は職員室に行って、事情を説明したが「これ以上無理言わないで。大変なんだから」当然拒んだ。

 「僕の立場も考えてよ。やらないと言うなら奥の手を使うけど」そう脅されては「わかった、やるわ。それで、どうすればいいの?」その問いに今田が説明すると「明日から1週間だけ相手をすればいいのね?」「そう言う事です、お願いします」役目を果たした今田は笑顔になっている。

 翌日、放課後になると女教師達は作法室にいた。
女生徒も40人程おり、1人で2人の相手をする計算になる。
この作法室には男性はおらず、女性役員が仕切っていた。

 「先生、始めましょうよ」その合図で皆が一斉に脱ぎだし、教師も女生徒も脱いで全裸になると「先生、楽しませて」生徒が抱きついてくる。
「いいわよ。一緒に楽しもうね」教師も生徒の乳房を揉み淫裂を指と舌で愛撫している。

rezu1_20190830202017a71.jpeg

 「先生、いいわ。凄くいい!」生徒とも声をあげ「上手よ、そこを撫でて…。あ、あ、あ~」教師も声をあげていた。
こうして、教師達は1週間女生徒だけの相手をして生徒会からの依頼を果たした。

 だが、女生徒達はレズだけでは満足できず「ファッションショーをやろうよ」とも言い出す。
「それって、面白いね。どうせならエロをテーマにしようよ」今田が賛成したから皆も賛成して生徒会の決定になった。

 それを聞いて「またヌードにされる…」教師達は落胆したが「頑張ろうよ、クラス対抗だから」女生徒は、張り切っている。
奈々の担任するクラスでも、モデルを誰にしようかと話し合いが行われ、女生徒が名乗りを上げたが、ヌードに近い姿になると知り、辞退して奈々に決まった。
他のクラスでも名乗りを上げる者はなく、女性教師がモデルに決まっている。

 女生徒達は雑誌やネットなどで調べて「これは、大人しいわ。もっとエロいのでないと」自分が着る訳ではないから過激なのを選んでいく。
そして、自分たちで作ったり、買ったりして当日を迎えた。

 奈々達モデルは舞台の裏で待機していたが「先生、脱いで。全部よ」と言われる。
「パンティだけでも履かせて」
「そんなの履いたら、色気がなくなっちゃうわよ。素っ裸に着るの」
「そうよ、モデルなんだから文句は言わないで」仕方なくパンティも脱いで全裸になったが、恥丘には点々と絨毛が生えている。

 「剃った方がいいわね。動かないで」準備が出来ていたらしくカミソリで剃られる。
「これで大丈夫ね、また綺麗になったし」割れ目から飛び出た肉襞が撫でられた。
「先生、これを着て!」奈々が渡された黒いストッキングを履いていくと、皆も色こそ違うが同じくストッキングを履いている。

 「次はこれよ」帽子を被され、肩までの黒い手袋を着けた。
「ねえ、これだけなの?」
「そうよ、これがエロいし」

 「オッパイと性器が丸見えじゃないのよ。ファッションショーでしょう?」
「そうよ、エロいファッションショーだからオ○ンコ見せないと」女生徒は言うが(何がエロいよ。自分もやりなさいよ!)悔しさを漂わせている。
それは皆が同じで、誰一人として、割れ目と乳房を隠しているのはいなかった。

 教師達の準備が終わると、ショート同じく一人一人が舞台に出て行かなければならず、最初は愛子が出て行く。
愛子はスケスケのスリップで、胸元から裾までカットされ、乳房と淫裂が丸出すになっている。

 更に、太股までのストッキングを履き、ピンクの割れ目が引き立っていた。
(イヤよ、これじゃ、ヌードモデルと同じよ…)泣き出したいのを堪えて舞台から生徒の間を回り、舞台に戻って引き揚げたが「悔しい、私は教師よ、ヌードモデルじゃないわよ!」悔しさに泣いている。

 次が奈々の番だ。
奈々はストッキングと帽子、手袋だけを着け、全裸と言っても良い姿で舞台に立った。
奈々は舞台でポーズを取ると、生徒に間に行くが(イヤだわ、オナニーしてる…)乳房を見つめながら肉竿を擦っている生徒を見つけた。

 それを、見ないふりして舞台に上がり、戻ってきたが「オナニーよ、私のヌードを見ながらやっていたのよ!」興奮気味に言うと「私もオナニーされるんだ…」真理が舞台に立った。

 真理も薄い生地のスリップで、やはり前が剥き出しになっている。
乳房を揺らせなら歩いていくと(こっちでもやってる…)数人が真理の全裸を見ながら肉竿を擦っている。
(やめて、私は教師なのよ!)唇を噛みしめて戻ってきた。

 「悔しい。教師なのに…」それは皆がそうで、教師達は全裸同然の姿を生徒にさらして屈辱を味わった。
ファッションショーと称する辱めは1時間程で終わったが「この衣装で授業をしてください」今田から言われる。

 「ヌード同然よ。これ以上先生を虐めないで!」
「虐めてなんかいません。3日後に投票で順位を決めるからです」
「酷いわ。前から準備すれば良かったじゃないのよ」
「そう言わないでください。これは生徒会の決定ですから。いいですね、3日間ですよ」今田は強い口調だ。
「やるしかないわ。恥ずかしいけど…」教師達は承知するしかなかった。

 翌日、職員室に入った奈々は服を脱ぎ、下着も脱いで全裸になるとファッションショーで着けた衣装を着けて行く。
その後、ミーティングをして教室に向かい授業を始めようとすると、生徒達はチェック表らしき物に記入していく。

 「何やってるの?」
「先生の衣装をチェックしてます」
「衣装って、ヌードよ。チェックなんかする必要ないはずよ」
「衣装だけじゃないです。エロさも審査ポイントです」そう言いながら記入していた。

 「これって、先生の皆をやるの?」
「そうです」平然と言うが(教師のエロを採点だなんて …)不安を感じながら授業を始めた。
教師達は生徒に衣装の採点を受けながら授業を行い、やっと3日目になった。

 「今日で終わりだ!」授業の開いた奈々が職員室で一息ついていると、静かに戸が開いて顔を隠した数人に抑えられた。
「何するのよ!」叫んだ瞬間口が塞がれ声が出せない。

 それに、机に仰向けに寝せられ足が開かされた。
(レ○プだわ、レ○プする気だ!)首を振り、逃れようとしても無理で淫裂に冷たいディルドーが押し込まれた。

 (やめて。そんなの入れないで!)冷たいディルドーは奈々の膣温で暖かくなり、ピストンが始まった。
(やめて。やるなら、チンポでやって!)乳房も揉まれながら淫裂を突かれている。
 
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/691-7d488e77

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。
おことわり
 この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん