FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「秘密の学園」第29話 屈辱の写真

第29話 屈辱の写真

 浴室で体を洗っていると「タオルがないでしょう」優香がタオルを持ってきた。
「優香さん、どうしてあんな事させるのよ」里奈と愛子が食いつくと「ただじゃないから安心して。お金を払うと言ってるし」平然としている。

 「お金の問題じゃないの。レ○プされた身にもなって」2人はまだ怒りが収まらない。
「だから、お金を払うと言ってるのよ。文句あるなら警察行こうか?」それには皆黙り込んだ。

 「行けないはずよね、散々オ○ンコしたし。第一、教え子とオ○ンコしてたなんて言えないわよね」優香の挑発な言葉に泣き出す3人だ。
「わかったでしょう。ただじゃないんだから、我慢して」優香は出ていくが「お金の問題じゃないわ、気持ちの問題よ」涙が停まらない。

 しかし、何時までもここにいる訳には行かず、濡れた体を拭くとタオルを巻き付けて広間に戻った。
「待っていたぞ、早速撮るからな」
「撮るって、ヌードをですか?」
「勿論、ヌードに決まっているわよ。それに、エッチなヌードだけど」意味ありげに優香が言うと「早速始めよう」合図と共に3人は両手を縛られていく。

 「やめて、縛られるのはイヤ、撮るなら普通で撮って!」
「そうは行かないの。私も準備しないとね」優香は部屋から出ていき、残った男達はパイプを組み立ててく。
そして、優香が戻ってきたが、黒いレザーのコルセットをつけ、乳房と絨毛が露わになっている。

 「準備は出来たようね、始めましょうか?」
「そうだな、まずは3人を吊り下げてからだ」3人は両手首を縛ったロープがパイプに巻き付けられ引かれた。
「イヤ、こんなのイヤ~!」叫ぶが両手は上に上がり、体も浮いていく。
「それくらいにして。後で楽しむから」やっと立っている程度で停まった。

 「撮る準備はいいか?」
「大丈夫だ。これも使うぞ」ライトがともされカメラが構えられる。
「行くわよ!」優香はムチを持ち愛子の乳房を突き刺した。

 すかさず「キャ~!」悲鳴と共に体が反った。
「あら、痛かったかしら。ゴメンね」ムチの先が乳首を刺し「ギャ~!」前より大きい悲鳴が上がり体が揺れている。

 「優香さん。もうやめて、お願いだから許して!」泣き出す愛子だが「そうは行かないの、ここにもしてあげる」乳首にニップルリングをつけ、ネジで乳首を根本から締め付けていく。
「やめて…。乳首が切れそう…」痛みに顔が歪んでいくが、勿論、そんな様子も男達は撮っている。

 「次は里奈の番ね」
「イヤ、お願い、何でもするからやめて!」顔を強ばらせて首を振ったが「そうは行かないのよね」乳房を先端で突かれ「ギャ~!」悲鳴を上げ体を揺らせた。

 「痛かったかしら。お詫びにこれをあげる」愛子と同じように乳首にニップルリングをつけ、ネジを回して根本から締め付けた。
里奈は「ギャ~!」悲鳴を上げ体を痙攣させている。
「最後は奈々よ」何も同じようにムチで刺され、乳首の根本から締め上げられている。

NP207xxxxxxxx.jpg


 3人の教師は悲鳴を上げているが「これくらいで泣かないで。もっといい事するんだから」優香の合図で太股にもロープが巻かれて引かれた。
「いい眺めね。オ○ンコが丸見えよ」3人は開脚されている。

 「やめて。性器は見飽きたはずよ」
「あら、そうかしら。いくら見てもいいわよ」淫裂に指を入れて動かし出すと「あ~!」急所を攻められうめき声をあげた。
「悪い子ね。罰にこれよ」クリクリップを着けると「ギャ~!」また悲鳴を上げた。

 優香は3人のクリトリスにクリップを着けるとディルドーで淫裂を辱めていく。
「やめて、お願いです!」叫んでも膣奥まで入れられ動かされていく。
始めは痛がっていたが、優香のテクニックで淫裂も馴染んで「あ、あ、あ~」喘ぎ声をあげ、淫汁も流し出した。

 優香は「次はこれよ」ディルドーに変え、バイブを入れていくと「あ、あ、あ~!」前より声をあげ腰が動き出した。
「あなたにもしてあげる」こうして、3人の淫裂にはバイブが入れられた。
「取って、膣が変になっちゃう…」快感に目が虚ろになり淫汁も流れている。

 男達はカメラで撮っていたが「なんだか興奮してきた。やってもいいかな?」肉竿が膨らんでいる。
「いいわよ、お金さえ払えば…」それを聞いてまた男達が挑んだ。
「イヤ、レ○プはイヤ~!」手足が使えないから何も出来ず、男達はバイブを抜くと肉竿を押し込んだ。

 「気持ちいいだろう。玩具じゃないからな」太股を押さえて腰を振りだした。
宙吊りになっているから、反動があり一気に膣奥まで入って「あ、あ、あ~!」声をあげ体が反っていく。

 「あら、漏らしているわ、よほどオ○ンコしたかったのね」ムチで尻を叩いた。
「ヒ~!」悲鳴と共に腰が前に突きだし「いいぞ、チンポを締めてくる!」男を刺激していく。
「ほら、こんなに濡らして!」なおも叩くと腰が痙攣したようになり肉竿を締めている。

 「ダメだ、また出すぞ!」「俺も限界だ!」次々と膣の中へ噴射した。
「イヤ、もう出さないで~!」悲鳴を上げても肉竿が抜かれると白い精液がポタポタと落ちてくる。
その様子も撮られてから「交代だ。俺にもやらせてくれ!」相手が入れ替わり再び淫裂を犯されていく。

 「優香さん、気持ちよかったよ。あんたともやりたけど…」
「私は、その気になれないの」
「触るだけならいいだろう?」淫裂が触られた。
「指は入れないで、それならいいけど」

 「そういわないで。いいだろう?」乳首が吸われ「だめ…。変になっちゃうから…」声が上擦っている。
「やりたいんだ。やらせてよ」淫裂を撫でながら乳房を揉み、乳首を吸い出すと「わかった、コンドームつけてならオ○ンコしていい…」優香も萎縮した肉竿を触っていくと膨らんで使用可能となった。

 「早速やるからね」コンドームを着け、ゼリーを塗った肉竿を優香の背中から押し込んでいく。
「あ、あ、あ~!」肉竿はすんなりと優香の膣に入り込み、快感に声をあげだした。
「気持ちいいよ、もっとやるよ」肉竿のピストンが始まり「いいわ、玩具よりいい…」快感に酔っている。

 だが「もう許して!」「外に出して!」泣きながら犯されている3人はまた膣の中に射精されると、ロープが外され、両手首も解かれて自由になった。
「洗ってこい!」3人は淫裂を押さえてまた浴室に入った。
「こんなの要らない!」ニップルリングとクリトリスクリップを外すと、真っ先に淫裂の中を洗う。

 「4人よ、今日だけで4人に犯された…」
「私だってそうよ。膣がヒリヒリする…」泣きながらも洗い終えると戻ると優香が四つん這いになって肉竿で突かれていた。

 「戻ったわね、次の準備して」3人の両手首、両足首に黒の革ベルトが巻き付けられた。
更に、首にも巻き付けられて「犬みたく、四つん這いになるんだ!」言われるまま四つん這いになった。

 「これを食え!」皿にスナック菓子が入れられ置かれる。
「食うんだよ。手を使わずにな!」
(いやよ、そんな事できない!)躊躇してると背中をムチで叩かれ「ヒ~!」悲鳴を上げ口だけで食べていく。

 (痛いのはイヤだし)…)それに倣い口だけで食べ出すとカメラで撮っていく。
(こんなの撮らなくていい…)屈辱だが撮られて、3人は首のベルトに鎖が付けられ犬のように歩かされた。

 「いいわね、子犬みたいよ」優香は肉竿で突かれながらも見ている。
(悔しい、こんな事するなんて)屈辱を味わいながら四つん這いで歩かされカメラに撮られた。

 「ねえ、どうせなら、盛りのついた犬はどうかしら?」
「それ、面白いよ。やらせよう」3人は仰向けにされバイブが渡された。
「やるんだ、わかっているよな!」
「無理よ、4回もやったから膣がヒリヒリするの」
「中に入れなくていい。気分良くやれ。真面目にやらなかったら、オ○ンコするぞ」

 そう言われれば、やるしかなくバイブを乳首にあて淫裂を指で撫で出す。
(痛い、何も感じない…)乳首では快感が得られず、クリトリスに当てると「あ、あ、あ~!」すかさず声をあげた。
(これ何のよ、凄い刺激だわ…)なおも当てて、肉襞を撫でていくと膣の中が濡れていく。

 (気持ちいい。オナニーしてるのと同じ感じだわ)目を閉じて淫裂を撫でていくが、それをカメラが撮っている。
3人はカメラで撮られているのはわかっているが、本能が快楽を求めているので淫裂から手が動かない。

 心地よい振動にクリトリスも反応して、膣の中はヌルヌルになっている。
(気持ちいい。これなら入れてもいいかも…)ゆっくりバイブを膣に入れていく。
「あ、あ、あ~!」喘ぎ声をあげながら動かすと淫汁が流れだし、その様子もカメラに収められた。

スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/699-107f1262

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。
おことわり
 この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん