赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「OL哀歌~美由紀編」第2話 全裸  


野村は美由紀を抱き寄せて自分の膝の上に両足を開いて向かい合う。

当然、美由紀のスカートが捲り上げられ真っ白なパンティが露になっている。

野村の手が乳房から股間へと下がっていくが美由紀は拒まなかった。

野村は指をパンティの上から股間の割れ目に沿って上下に動かしている。

「野村さん、いけないわ。フィアンセに悪いし!」婚約者の相原を気遣って言うと「今夜は美由

紀のヌードが見たいんだ。いいだろう、ヌードを見せてくれよ」

「誰にも言わないと約束してね。それにヘアはだめよ!」

「俺は美由紀の全てが見たいんだ。勿論、ヘアだけでなく美由紀の恥ずかしい部分も見たい!」

「恥ずかしいわ。アソコも見せるなんて!」

美由紀はヌードを見せるのには抵抗はないが、性器を見せるのだけは嫌だった。

それが好きな野村であっても。

野村は唇を美由紀の乳首に移して吸い「あ、あ、あー!」美由紀は喘ぎ声をあげていく。

見計らったように野村は「美由紀、俺はお前の全てを見たい。見せてくれよ」野村は喘ぎ声をあ

げる美由紀の乳房を揉みながら説得する。

美由紀は酔いも回って思考力が落ちている美由紀は「ここじゃいや。誰にも絶対に分からない所

じゃないといや!」野村は(落ちたか。これからが楽しみだな)

 

 野村の手がパンティの脇から黒い恥毛をかき分けて淫裂を指が撫でていく。

「こじゃだめよ。誰にも見られないところでしましょ!」まだ男性経験のない美由紀だったが野

村の指は巧みに淫裂を濡らしている。

美由紀も(アソコが濡れて行く…。パンティがきっと濡れてる…)野村に濡れたパンティを見ら

れるのは恥ずかしかった。

しかし、野村はすでに気づいて、指が淫裂上部の突起を撫でていく。

「だ、だめ。そこはだめよ。お願いやめて!」美由紀は野村の手を押さえて拒む。

「じゃ、ホテルに行こうよ!」その言葉に美由紀は躊躇した。

それは野村に自分が長年守ってきた処女を失う事を意味している。

「いやなら、ここでしようよ!」野村は乳房が覗いている上半身から全て剥ぎ取ろうとする。

美由紀は慌てて「いいわ。ホテルでしましょう!」上野は(これで決まったな!)再び、淫裂か

ら乳房に手を移して揉んでいく。

(良いスタイルだな。オ○ンコの締まりもいいぞ!)Cカップの乳房を眺めながら野村は美由紀

とのセックスを考えていた。

 

 二人は衣服の乱れを直してパブを出るが美由紀は肩を野村に抱かれて歩いている。

それは恋人同士のように思え「ここにしようか」野村はネオンが派手なラブホテルの前で立ち止

まり美由紀を誘う。

「…」美由紀は恥ずかしそうに俯いたまま黙っていると「行こう!」恥ずかしがる美由紀の肩を

抱いて強引にホテルの中に連れ込んだ。

「いらっしゃいませ」フロントには初老の婦人がいて、美由紀は恥ずかしさで俯いたままだ。

(ここで処女喪失するのね)美由紀は野村に抱かれた自分を想像したが(野村さんにはフィアン

セがいるんだ…)現実に戻って負い目を感じた。

しかし、フロントでドア・キーを受け取った野村は美由紀の腕を抱えるようにしてして部屋に向

かう。

ドアを開けて部屋に入った二人はしっかり施錠し「美由紀!」「野村さん!」再び抱き合う。

野村の手が美由紀のスカートの中に入り込み「自分にさせて!」「ああ、美由紀のストリップを

見せてくれよ」美由紀は野村の正面に立って衣服を脱ぎ始めた。

「スカートから脱いでくれよ」野村は美由紀に脱ぐ衣服の指示をし、その指示に従って脱ぎだし

最初にスカートのホックを外してファスナーを下げた。

スカートが足元に落ちるのを確認した野村は「上着、その後ブラウス!」と指示していく。

言われた通りに美由紀は上着のボタンを外し、鏡台のイスに置いた。

そのあとブラウスのボタンを外して肩から脱いで下着だけの姿になって立っている。

 

 「いいぞ、美由紀。奇麗だ、次はパンティを脱いでくれよ!」

「パンティなの?」美由紀はパンティよりもブラジャーを先に脱ぎたかったが野村の指示でパン

ティのゴムの部分に両手を掛け下げていく。

真っ白なパンティは裏地が表と裏返しになって美由紀の恥丘を野村に見せていく。

(恥ずかしい、ヘアが飛び出ている…)恥丘の絨毛が見え始めた。

美由紀は一気に膝まで下げると股間には逆三角形の絨毛がぼうぼうと生えている。

美由紀は両手で股間を隠して野村を見つめ、野村は冷静に美由紀の体を眺めている。

(毛深いな。でも締まりは良さそうだぞ)美由紀のくびれた腰に注目し、さらに股間に目がいく。

「両手を退けろ。ヘアまで見せる約束だろう?」

「でも恥ずかしいの。ここを見せるって勇気がいるのよ」真っ赤な顔で美由紀は言う。

「俺には見られたくないのかい?」

「違います。見て欲しい、美由紀の全てを!」

「じゃあ、両手を退けて後ろにやって!」美由紀は恥ずかしさを堪え野村に言われた通り両手を

後ろにやると真っ黒な絨毛に覆われた中にピンクに割れた縦の筋がかすかに見える。

野村はそれを後で楽しむかのように「オッパイを出すんだ!」

(全てを脱ぐのね。野村さん、美由紀のフルヌードを見て)野村に言われた美由紀は震える指で

カップの繋ぎ目にあるホックを外した。

「プチ」という音と共にブラジャーが二つに割れて乳房が飛び出した。

繋ぎ目の取れたブラジャーをもイスに投げ捨て両手を後ろにやり全裸で立っている。

「野村さん、恥ずかしいわ。見ないで!」

「奇麗だから恥ずかしがることないよ」野村は(美由紀は良いスタイルだな、オッパイと腰のく

びれはたまらんな!)野村は立ち上がり美由紀にキスをした後、乳房を揉みだした。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/70-20d3a578
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top