fc2ブログ

「秘密の学園」第34話 レズの相手

第34話 レズの相手

 洋子が赴任してから1ヶ月が過ぎるころ、学園は冬休みとなって1、2年生主体の部活が活発に行われており、奈々も顧問になった演劇部を指導しなければならなかった。
校舎に入り演劇部室に向かうと洋子がいて「洋子さんは休みのはずだけど…」気付かれないように後を追うと体育館の方へと向かっていく。

 洋子が体育館に入ると「待ってましたよ」男の声がし「今回限りにして。もうヌードは撮られたくないの」泣き声になっていた。
「洋子さんが、オ○ンコさせてくれたなら今回限りにしますよ」
「本当に今回限りにしてくれるならセックスします…」

 「そう言うなら約束します。今回は綺麗に撮りますからね。早速撮りましょう」それを外から聞いていた奈々は(生徒とセックスする気だ!)驚きながらも中を覗こうと見渡すと(そうだ、あそこからなら見える!)思いついたか、用具室に入り2階の窓から体育館を見た。

 そこでは6人の生徒に囲まれた洋子が服を脱いでいく。
小さなパンティ、ブラジャーを脱ぎ全裸になると無毛の淫裂をカメラに収められていく。
「お願い、性器だけは撮らないで。セックスするから許して…」

 「それと、これとは別です」カメラが全裸の洋子を撮ってから「そろそろ始めましょう」合図を送ると洋子は手足を動かし出した。
バレエのように手足を動かし乳房を揺らせながらジャンプしたり、片足倒立をして淫裂の奥まで晒し、生徒がそれを撮っている。

 (新体操やってたんだ…)それを見た奈々も食い入るように見ているが(なんか、変になってきた…)股間が熱くなっていくのが分かる。
(綺麗だわ、ほれぼれしちゃう)淫裂の中が濡れだした。

 洋子は奈々が覗いているとは知らず、体を動かし続け10分も過ぎると汗で全身が濡れている。
「もう限界、休ませて」荒い息づかいでいると「やってもらよ」1人がズボンを下げて肉竿を露わにする。
「お腹にださないで。妊娠だけはしたくないの…」

 「分かっています。始めて下さい」その言葉に洋子は生徒の前で膝を付け、肉竿を口に含んだ。
「ウグ、ウグ!」口を動かしていくと「気持ちいい。オ○ンコしてるみたいだ!」上擦った声になり、なおも口で擦っていくと「もう大丈夫みたいですからやって下さい」仰向けに寝なり、洋子を跨らせる。

 「本当に中に出さないで!」肉竿を掴むとゆっくり淫裂の中へ迎え入れた。
淫裂はまだ準備が出来てないので「う~!」うめき声を上げ、顔を歪めながらも根本まで吸い込むと、ゆっくりと動き出した。
(洋子さんまで、生徒とセックスだなんて…)目を凝らしてみている奈々は自然と股間に手が伸び、指で撫でだす。

 「あ、あ、あ~!」体を反らせて腰を振る洋子は乳房も揉まれ乳首も掴まれている。
「洋子さん、僕にも口で…」腰を使っている洋子は頭を抑えられて口に肉竿を押し当てられた。
(そんな、2人同時にするなんて…)奈々も興奮し(漏れたわ、お汁が漏れた…)淫裂から汁が流れ出している。

 洋子はなおも腰を振っていると「出ます、だします!」急いで降ろされ爆発寸前の肉竿を手で擦っていく。
「出る、出る~!」そして先端から液体が飛び出した。
「次は僕だよ」また洋子は馬乗りなり肉竿を淫裂に迎え入れていく。

 それを見て(もういいわ、部室に行かないと)興奮を抑えて校舎に戻り部室に向かった。
部室に入ると、女子の部員しかいない。
「あら、今日は女性だけなの?」
「そうです、今日は特別な日ですから」
「特別な日って、何の日なの?」
「先生と、エッチする日なんです」

 「私とエッチって、女同士でするあれなの?」
「そうです。レズとも言います」言い終わらない内に奈々に抱きついた。
「待って、まだ心の準備が…」戸惑う奈々だが、女生徒は服を脱ぎだした。
「先生、もう逃げられませんから覚悟して下さい!」部室に鍵が掛けられ助けを呼ぶ事もできない。

 (仕方ない。レズで楽しむしかないわね)覚悟を決め、抱きついた生徒に唇を重ね胸を撫でだした。
「先生!」胸を揉まれた生徒は潤んだ目をして奈々の服を脱がし出す。
「先生。私も」3人掛かりで脱がされ、あっけなく全裸にされた奈々は、膣の中がまだ濡れていた。

 「先生!」生徒の指が淫裂の中に入り、動き出したが痛みは感じず、洋子の事を思い出すとまた濡れだした。
(洋子さん、綺麗だった。私も抱かれたい…)揺れ動く乳房と口を開いた淫裂が思い出される。

 そんな事を知らない生徒達は、服を脱ぎ全裸になると「ここにして下さい…」奈々の手を掴み乳房に導く。
「私のここにも!」別な生徒も手を淫裂に導いた。
「待って、そんな一緒にだなんて無理よ。交代でしましょうよ」奈々の提案に賛成した子と抱き合った。
「綺麗よ、特にここは…」生徒も淫裂の絨毛を剃っているから舌でなめても違和感がない。

 生徒も敏感なクリトリスをなめられ、別な生徒に乳房を吸われているから「あ~!」声をあげ淫汁を流している。
奈々は気を遣い膣の中には指を入れないようにしていたが「先生、これでやって!」ディルドーを渡した。

 「これでやったら、破けちゃうわよ…」
「大丈夫よ。処女じゃないから」アッケラカンと言って催促している。
「それなら入れるね」奈々がゆっくり淫裂の中に押し込んでいくと「気持ちい…。セックスしてみたい…」声をあげた。

 (これで気持ちいいなんて…)ディルドーをピストンしていくと、淫汁が流れてきた。
(子供だと思ったら立派な大人になっていたんだ…)感心しながら手を動かしていくと「行く、行く~!」絶頂を迎えて叫び荒い息づかいになっている。

 「交代よ、私にもそれでしていいわよ。処女じゃないから安心してやって」入れ替わると足を開いた。
(一体、誰とセックスしたのかしら?)考えながらディルドーを淫裂に押し込んでいくと「いいわ、気持ちいい!」大人顔負けの悶えるような声をあげている。

 奈々が3人のレズ相手をすると「今度は先生の番よ」奈々が生徒から乳房と淫裂を愛撫されていく。
「先生にはこれでやるね」女生徒は股間に肉竿のような物を取り付けベルトで固定した。
「そ、それってペニスバンドじゃないの?」雑誌で見た事のある玩具に驚くと「そうよ、これやるの」奈々の淫裂に押し込むと覆い被さってきた。
「ゆっくりして。痛いのはイヤなの」
「わかってます、ですから」乳房を撫でながらゆっくりピストンを始めた。

 (気持ちいいわ。セックスしてるみたい…)目を閉じ、女生徒の頭を撫でていくと、それに答えてペニスのピストンも早くなった。
「あ、あ、あ~!」背中を浮かせ、声もあげて淫汁も流れていく。

 「先生、気持ちいいでしょう。後ろからもしましょうね」奈々は四つん這いにされ、別な生徒が後ろからペニスを挿入していく。
「あ、あ、あ~!」髪の毛を振り乱し声も大きくなっていた。
(凄いわ、膣の奥まで入るなんて…)流れ出る淫汁も多くなっている。

 奈々はその後もペニスでつかれ3人の相手をさせられた、相手を済ますと寮に戻ったが(泣き声だわ。洋子さんが泣いているんだ…)声は洋子の部屋から聞こえている。
(辛かったのね。私もそうだったし)もらい泣きしながら自分の部屋に入った。

 翌日、奈々達教師は生徒会から呼ばれ、職員室に集合すると会長の今田が「皆さんにお願いしたい事がりまして…」神妙な顔で切り出した。
それを聞いている職員達だが「イヤ、もうヌードはイヤです!」声が上がったが「これは生徒会の決定です。やらないというなら罰が与えられます、今回は厳しい罰にしますからね」

 今田の言葉に職員室は静まり返り「それまで練習して下さい!」そう言い残して出ていく。
今田がいなくなると「イヤよ。ヌードだけならともかく、踊るなんてできない!」「私だってイヤよ」泣き声が上がっていく。

 しかし「泣いたってどうしようもないわ。公開セックスはもっとイヤなはずよね」純子が口を開くと「そうよ、やるしかないわ。今日からでも練習しないと」開き直っている。
「でも、指導者っているの?」

 「そうよね、誰かいるかしら?」皆が思案していると「そうよ、洋子さんならいいかも」奈々が切り出した。
「無理よ、私のは本格的じゃなくて、かじっただけだから…」居合わせた洋子は手を左右に振るが「お願い、あなたしかいないの。何でもするから指導して」皆が頼むと「分かった、やってみる」と承知した。

 「洋子さん助かるわ。それなら今から練習よ」職員室から出て体育館に向かった。
「まずは、こうやって!」両手を広げて腰を上げていくと真似をするが、巧くできない。
「慌てなくていいわ。まだ時間があるし」慰めを言いながら(ヌードやるんなんて…)洋子も思案していた。

 練習は1時間程で終え、寮に戻ると「奈々さん。どうして私が踊れるって知っていたの?」洋子から問いつめられた。
(どうしよう、覗き見してたなんて言えないし…)俯いて黙っていると「見たんでしょう、体育館での秘密を…」問いつめられて頷いた。

 「お願い。誰にも言わないで!」泣き声をあげ奈々に抱きついた。
「言わないわ。私だって、あれ以上の事をやられてるのよ」洋子を抱きしめ顔を撫でると「う、う、う!」泣きながら奈々を見つめた。

 「洋子さん、辛いでしょうけど、頑張るのよ。そうだ。図書室に行こう」静まり返った校舎を歩いて図書室に入り「確か…」捜し出すと「これだわ」持ってきた鍵で開けてファイルを取りだした。

 「見て。これは私よ」洋子はそれを見るなり「奈々さんが…」後の言葉は出なかった。
「そう、レ○プもされたの。見れば分かるでしょう」奈々も泣きながら言う。
暫く沈黙してから「でも、負けないわよ。もう、泣いたりしない事にしてるの」強がりを言うと「私も負けない。頑張るわ」ファイルを見終えるとまた鍵を掛けて仕舞い込んだ。

 2人は図書室を出るとまた話し出し「洋子さん、綺麗だった。あの時、洋子さん抱かれたいと思った…」
「そんな、私に抱かれたいだなんて」洋子も戸惑っている。
「本当よ、今でも洋子さんに抱かれたいと思ってるの」奈々は打ち明けた。

 「そうなんだ。私もあの写真を見て、奈々さんを抱きたいと思ったの」洋子も打ち明けると「洋子さん、ありがとう」奈々は抱きつき唇を重ね「帰ってからしようね」2人は寮に戻った。

 寮に戻った2人は奈々の部屋で服を脱ぎ全裸になっていく。
「小さいから恥ずかしいの。笑わないでね」平べったい乳房にコンプレックスを感じているが「小さくないわよ、洋子さん」その乳房に唇を押し付けて吸っていく。
「いいわ、気持ちいい…」両手で奈々の頭を抱きしめている。

 奈々は乳房から乳首、そして敏感な淫裂へと吸い出し「あ、あ、あ~!」快感に声をあげていく。
暫く奈々が洋子を愛撫すると「私がやる…」洋子が奈々の乳房を吸い、淫裂を撫でだす。
「気持ちいい。もっとして…」奈々の淫裂からは淫汁が流れて「奈々、私の奈々!」洋子も奈々を抱きしめ、奈々も抱きしめ返し、幾度も乳房と淫裂を愛撫し合う。

 やがて、疲れたのか2人は向き合い見つめ合うが「洋子さん、洋子と呼んでいい?」口を開く。
「いいわよ、私も奈々と呼ぶけどいい?」
「勿論いいわよ、洋子」「奈々、ありがとう」また2人は抱き合い、シックスナインの体位で淫裂を舌と指で愛し合った。

 この日から奈々と洋子は姉妹のように振るまい、回りを驚かせてているが「ふざけないでよ!」反発する同僚もいる。

 しかし、奈々が事情を説明すると「そうだったんだ。辛かったのね。でも、私も奈々のように洋子に抱かれたいのよ」自分も体験しているから許してくれたが、洋子とのレズが条件で、職員の皆とレズの相手をさせられ、乳房と淫裂を愛撫されていく。

 だが、深夜になると「奈々、愛してるわよ」「私も洋子が好きなの」2人は同じ布団の中で全裸になって抱き合っていた。
 
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
311位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
記事数メーター