赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「OL哀歌~美由紀編」第3話 初体験  


乳房を揉んだ野村は上着を脱ぎだした。

「美由紀、ズボンを脱ぐのを手伝ってくれ!」立ったままの美由紀は一瞬、戸惑ったが言われた

まま野村のベルトを外し、ファスナーも下げた。

(堅いわ。これがオチンチンなのね…)顔を背けると「それがお前のオ○ンコに入り込むんだぞ」

シャツを脱ぎながら野村は言う。

美由紀は黙ったままファスナーを降ろして、ズボンも下げると「きゃー!」肉竿が膨らんでいる

のに悲鳴をあげた。

(おチンチンってこんなに膨らむの?)肉竿は水平にまで勃起しトランクスを押している。

「美由紀、これくらいで驚いちゃだめだ。全部脱がすんだ!」シャツを脱ぎ終えた野村は美由紀

の両乳房を揉みだす。

「そ、そこは野村さん自身でして下さい…」

「僕が嫌いか?」

「いいえ、恥ずかしいんです。私、男のアソコ見たこともないし…」

「だからやるんだよ!」野村は乳房から乳首を摘んだ。

(いいわ。乳首が堅くなって行く…。恥ずかしいけど、やってみる…)覚悟を決めて野村のトラ

ンクスに両手を掛け、少しずつ下げていくと点々と生えている絨毛が現れた。

なおも下げていくと絨毛に包まれた股間から水平にまで勃起した肉竿がそそり立っている。

先端は包皮がなく赤黒い肌をしていて、血管が浮き出ている。

「こ、これがおチンチンなの?」

「そうだ、これがお前のオ○ンコに入り込むんだ!」

「膣が裂けるわ。こんな太いの絶対無理よ」美由紀はセックスに恐れを感じている。

 

 「大丈夫だよ。女性の体はそれなりにうまくできてるんだ」野村が言うと美由紀は肉竿から

目を逸らしてトランクスを足元までさげた。

野村は片足ずつあげて全裸になると美由紀の肩に手を掛けた。

「美由紀、お前の全てを奪うよ」

「でも、由佳さんに悪いわ…」

「由佳の事は忘れてくれ!」野村は美由紀の腰に手を掛けて抱き上げた。

「危ないわ。自分で歩ける」

「いや、初夜は男性がベッドまで運ぶしきたりなんだよ」野村は美由紀をベッドまで運んだ。

二人はベッドで抱き合い、お互いに唇を重ね合う。

野村の手は淫裂の上部にあるクリトリスを中心に動いていく。

「あっ。そこは触らないで!」自分の一番敏感な部分を触られて声を上げてしまった。

野村は体を下げて乳房を吸うと「いいわ、感じる。気持ちいい!」野村の髪の毛を掻きむしるよ

うにしている。

野村はなおも体を下げていき、指で撫でていた淫裂を舌でなめた。

 

 「だめ、そこは汚いからやめて!」それでも野村はクリトリスの包皮を捲り舌で飛び出したピ

ンクの突起をなめていく。

「あ、あ、あー!」美由紀は始めての体験に悶えている。

(膣が濡れていく…。恥ずかしい…)野村はなおもなめ、唾をたっぷり出して淫裂を濡らした。

美由紀の淫裂に唾を付けると、美由紀の両脇から手を入れ肩を抑えた。

(オチンチンが当たってる!)美由紀は自分の割れ目に暖かい肉竿が当てられたのが分かる。 

「いくよ!」美由紀は両足を開き、野村の肉竿を掴んで膣腔の入口に導いた。

野村は下半身に力を入れると「あ、あー!」美由紀の淫裂にゆっくり肉竿が入り込む。

(裂ける。裂けちゃう!)膣の裂かれる痛みで美由紀は野村にしがみつくと(可愛い奴だ。香奈

とは大違いだ。美由紀が令嬢だったらよかったのに!)肉竿は美由紀の処女膜を押している。

「いいんだね?」

「ええ、奪っていいわ…」美由紀が目を閉じると野村はゆっくりと肉竿を美由紀の膣穴に挿入し

ていく。

 

 「ヒー!」美由紀の悲鳴と同時に処女膜を破られた証が淫裂から流れ出た。

それでも野村は躊躇することなく肉竿を根本まで挿入していく。

「お願い、一旦抜いて!」

「どうして?」

「シーツが汚れる…」

「良いんだよ。ラブホテルのシーツは使い捨てなんだから」

「でも、見られたら恥ずかしい」顔を赤らめて言うと「そんなこと気にしなくて良いから」野村

は赤い血の付いたまま肉竿のピストンを始めた。

それには淫裂が裂かれるような激痛を感じ、顔を歪めて堪えている。

 ピストンは徐々に早くなり、乳房を揉む野村の手の動きも乱暴になってきた。

美由紀は痛さを堪えていると「でる、でる!」野村はそう叫んだ。

(出るって何がでるのかしら?)美由紀には意味が分からない。

やがて、野村は動きを止め唸り声を上げて痙攣を始めた。

(もしかして…)美由紀は子宮の中に暖か液体が入り込んだのに気づき「いやよ。妊娠したくな

い!」しかし、すでに遅かった。

野村の肉竿から精液が絞られるようにして送り込まれてしまった。

 

 「大丈夫だよ、たとえ妊娠したとしても隠し妻にしてあげるよ」

「そんなのイヤよ。正妻じゃないならいやよ」美由紀は赤い血で汚れた股間を抑えながらバスル

ームに入るが、ベッドのシーツには真っ赤な血が点々とシミを作っている。

野村は起きあがりタバコを持って火を付けるが、バスルームからは水の音が聞こえ始めた。

美由紀はシャワーを股間に当て指で丁寧に膣の中を洗う。

膣からは水と一緒に白い精液や、血が流れ出る。

5分程、膣を洗うと全身も洗い出した。

石鹸を泡立て体に塗っていくと(乳首が堅くなっている!)自分でも分かる。

その乳首を摘むと「うっ!」背中を電気が走る衝撃を感じた。

その時、野村がバスルームに入ってきて「俺のも洗ってくれよ!」股間が血で汚れている。

「いいわよ」美由紀はシャワーの先端を野村の股間に当て洗い流していく。

手で洗っていくとフニャフニャだった肉竿が再び堅くなってきた。

「美由紀、いいだろう?」美由紀の淫裂を撫でていく。

「いいけど、ここじゃいやよ」

「ここでするのがいいんだよ」野村は美由紀の背後に回り込んで腰を押さえた。

「いや、ここじゃいや!」拒む美由紀だが野村の肉竿が後ろから美由紀の膣腔に入り込んだ。

「ベッドでしましょう、ねっ!」美由紀にお構いなしに野村は背後からピストンを始めた。

「あ、あん、あん!」喘ぎ声を上げながらも美由紀はバスルームの壁に両手を付いて倒れまいと

踏ん張る。

そして、野村はその夜に美由紀の膣奥に3回も射精をし、そのため美由紀は3回もシャワーを浴

びる羽目になった。



 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/71-fa56098e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top