赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

「OL哀歌~美由紀編」第4話 契約書  


美由紀と野村は抱き合ってラブホテルで朝を迎えた。

明るい日差しが窓からさし美由紀は目を覚まし、ベッドから降りようとしたが「だめ、逃げさな

いよ」野村が美由紀を押さえて覆いかぶさっていく。

「お願い、これで終わりにしてね。膣が痛いの、やり過ぎたのよ、きっと」肉竿を掴んで膣に導

きながら言う。

「わかった、これが最後だ!」野村は前夜に増してピストンを激しく行っていく。

「あ、あ、あ、あー!」 美由紀は膣の痛さを我慢して野村に身を任せた。

乳房を揉まれながらも痛さを堪え、野村も興奮して絶頂を迎えようとしていく。

「だ、だめ。中はもういやよ!」美由紀は野村が爆発するのがわかった。

急いで体を引くと「じゃあ、口でしてくれよ。フェラは知ってるだろう?」

「し、知らないわ。あんな不潔なことなんか!」

「不潔と言うからには知ってよな!」

「週刊誌で見ただけよ。した事なんかないわ…」

「じゃあ、やり方は知ってるよね?」「……」黙ったまま美由紀は体を下げていく。

「お尻をこっちに向けてするんだ!」

「恥ずかしくてできないわ」

「できるって。とりあえずお尻を向けるんだ!」仰向けになっている野村が叫ぶろ美由紀は方向

を変え、お尻を野村に向けてシックスナインになった。

野村の正面には黒い恥毛の中にピンクの淫裂がある。

美由紀は雑誌で見たように野村に跨り勃起した肉竿を手で掴み口に含んだ。

(苦いわ、なんでこれが気持ちいいのよ!)雑誌では気持ちよさそうに書いてあった。

「口を上下させるんだ!」野村は指示しながら美由紀の肛門に指を差し込む。

「いやよ。お尻はいや!」美由紀はフェラをやめて叫ぶと「それじゃあ、オ○ンコに入れていい

のかい?」

「痛いからいやよ」

「だったら、お尻も我慢しな!」指が奧まで入り込んだ。

「あ、あうー!」悲鳴をあげて体をよじっていくが「口でしないと指が二本になるよ」

 

 野村にせかされた美由紀は再び口に含んで頭を上下させていく。

「良いぞ、もっと奧まで入れるんだ!」美由紀は根本まで口に含むと「うー!」野村は呻き声を

あげ、指の根本まで肛門に挿入した。

(痛いわ。これってアナルセックスなの?)野村は美由紀の頭の動きに合わせて指の出し入れを

始めた。

「う、うー!」声が出せない美由紀は呻くだけだが、野村は頂点に達して器用にも両足で美由紀

の頭を押さえ込んだ。

(何をするきなの?)美由紀は動けず、野村は腰を突き出した。

(いや。咽の奧に当たるわよ!)そして、肉竿は白い液体を美由紀の口の中に噴射していく。

(射精したんだ!)口の中に生臭い液体が溢れて逃れようとするが頭を抑えられてどうすること

もできない。

全て出し切ってから野村は両足を退け、美由紀は急いで頭を上げると口から涎のように白い液体

が垂れている。

「美由紀飲み込むんだ。吐くなよ!」野村は肛門に指を入れたまま指示する。

生臭さを堪えて美由紀は「ゴクン!」と全て飲み込んだ。

「偉いぞ、美由紀!」野村は美由紀の肛門に入れた指を引き抜いた。

二人は暫く全裸のまま抱き合い、9時近くにホテルから出た。

 

 途中、二人は喫茶店に入るが、土曜日の早朝ということであまりお客はいない。

「ホット、二つね!」「かしこまりました!」暫くしてコーヒーが運び込まれた。

「ねえ、美由紀。お願いがあるんだけどな」

「どんなことなの?」

「名前を貸して欲しいんだ。取引先に紹介されて断れないんだ。僕も入ってるけど美由紀も入っ

てくれない?」

「それって何なのよ」

「金貨だよ。500万分だけで良いよ」

「500万、私そんなお金ないわ!」美由紀は慎ましい生活を送って貯金をしているがやっと2

00万溜まったとこだ。

「大丈夫だよ。絶対に損はないよ。名前だけで良いんだ。それに金貨だよ、値下がりなんかしな

いよ」美由紀は野村のことを信用して承知した。

「ほら、ここに名前と住所を書いて!」言われるままに美由紀は野村が差し出した契約書らしい

紙に名前と住所を記入した。

「印鑑は持ってるかい?」

「あるわけないわよ。アパートよ」

「じゃあ、僕がいってもいいかな?」

「いいわよ」美由紀は野村とつかの間の新婚生活を楽しんでいる。

 

 コーヒーを飲み終えた二人は喫茶店から美由紀の住むアパートに向かう。

美由紀は野村に肩を抱かれて歩き、それを拒まず、むしろ自分から寄り添っている。

二人は電車を乗り継ぎ1時間ほどで美由紀のアパートに着いた。

「奇麗だね、僕の部屋とは大違いだ!」

「当たり前よ、女性と男性は違うのよ」印鑑を引き出しから取りだして野村に渡し、お茶の準備

をしながら言う。

野村はそんな美由紀の背後から抱きつき乳房を掴む。

「だめよ。もうだめよ!」

「じゃあ、ヌードを見せて!」

「いやよ。こんな昼間からヌードもないわよ!」野村は拒む美由紀のブラウスのボタンを外して

いく。

「だ、ダメよ。見られるから!」拒む美由紀を後目に野村はブラウス、ブラジャーと脱がして上

半身裸に、美由紀をベッドに倒し込む。

「いやよ。痛いのよ!」よその住人に聞こえないようにいうが野村はスカートも剥ぎ取った。

「だめ。本当にアソコが痛いんだってば!」それでも野村は最後の一枚も剥ぎ取って全裸にした。

(痛いけど、させてあげるしかないわね…)覚悟を決め抵抗をやめると野村のシャツのボタンを

外していく。

全裸になった二人は再び抱き合い、野村がアパートから出たのは午後の3時を回っていた。



 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/72-ae07c441
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top