fc2ブログ

「全裸の歌姫」第2話 久美の全裸

第2話 久美の全裸

 それから数日経った日、久美は愛子に呼ばれた。
「久美、お願いがあるの。ヌードになってくれないかしら?」いきなり切り出した。
それには「私がヌードですか?」驚いている。

 「そう、ヌードモデルをやるの。私も一緒に立ち会うわ。報酬として、久美にはジャパンテレビのレギュラーを提供するそうよ」
「でも、ヌードになるなんて…」痛し痒しの久美だ。
「絶対に表には出さないそうよ。個人の趣味なの」愛子は何とか説得しているが、久美の返事がない。

 「イヤならいいのよ。本当は洋子を指名してきたけど、何とか久美を売り込もうと思ってまとめたの。だから洋子に頼んでみる…」残念そうな顔をして言う。
それには「ヌードは、ヘアも出すんですか?」食いついてきた。
「もちろんよ。今時のヌードはヘアとオッパイを出さないとヌードとは言えないし…」

 「ヘアはいいとして、私のオッパイは小さいし…」確かに、久美は乳房が小さいから男役ばかりだ。
「オッパイが気になってるんだ。確かめていいかしら?」
「ここでですか?」「そう、誰も来ないようにするから」鍵を掛けた。

 「わかりました。確かめてください…」久美はシャツを脱ぎ始め、愛子はそれを見ている。
シャツを脱ぎ終えると、ブラジャーを脱いで両手を下げ、乳房を露わにした。
愛子はその露わになった乳房を撫でだす。

 「そんな事されたら、恥ずかしいです…」久美は下を向いて震えている。
「何言っているのよ。女同士よ、それに誰もいないでしょう?」なおも触り、乳首も摘むと「そ、そこはダメ…」敏感な部分だけに反応が早い。

 「レギュラーよ。久美がレギュラーを持てるの。久美がテレビの真ん中に映るのよ。男の前でも我慢できるわよね?」なおも乳首を摘むと「我慢します。レギュラーが貰えるなら…」震えながら返事した。

 「良かった。久美に頼んで正解だった。ついでに遊ぼうよ」乳房を撫でるだけでなく乳首を吸い出した。
「ダメ、声が出そうです…」久美は拒まず、愛子のされるがままにしている。
(レギュラーが取れるなら、これくらいは我慢しないと…)やはり、レギュラーが欲しかった。

 そんな久美の足元を見るかのように「久美、ところでヘアはどんな具合なの。確かめていいかしら?」ズボンに手を掛けた。
「構いませんが、誰にも言わないで下さいよ」やはり、女性といえども恥ずかしい。

 ズボンが下げられるとチェック模様のパンティが現れ「これも下げるね」パンティも下げると黒い絨毛が露わになった。
絨毛は楕円のように股間に生い茂り、太股の震えに合わせて揺れている。

 「手入れはしてないのね…」
「はい、そのままにしています…」声も震えている。
愛子は絨毛を撫でると「もういいわ。服を着てもいい」手を退けた。
それを待っていた久美は、急いでパンティを引き上げて、股間を隠してズボンもあげた。

 その様子を黙って愛子は見ていたが、久美がシャツを着込むと「今度の水曜日でいいかしら?」スケジュールを見ながら言う。
「はい、構いません…」

 「決まりね。それから、下着は着けないのよ。跡がでちゃうから…」
「わかりました。そうします…」
「番組は任せて。必ず、いいのにするから」
「よろしくお願いします」久美は笑顔で出て行く。

 久美がモデルを承知すると加藤に連絡し、加藤は渡辺の元へと向かい、加藤は会うなり「渡辺さん、久美が承知したよ」と告げた。
「そうか、承知したか。それならこっちもいいのを用意しないとな」
「そう願います。撮影は水曜日が都合いいんですが…」
「それでいいよ、時間と場所は後から連絡する」渡辺も笑顔になっている。

 そして、水曜日になり、久美と愛子は渡辺が指定した貸しスタジオに向かっていた。
「いい、恥ずかしがらないのよ。女優だって、ヘアヌードになる時代なんだから」
「それはわかっていますが、うまくやれるか自信ないです…」話しながら車を走らせスタジオに入ると渡辺が待っていた。

 「待っていたよ。準備はできているよ」2人を案内し、中に入ると加藤もいた。
「団長もいるのですか…」
「1人では無理なんだよ。それで助手を頼んでね」
「そうよ、それに秘密も守れるし」久美も不満だが従うしかない。

 「久美、そろそろ撮るよ。準備してくれ!」
「わかりました…」強ばった顔をして、シャツに手を掛けた。
久美は恥ずかしいのか、指先が震えてうまくボタンがはずれない。
それでもどうにか外して脱ぐと乳房が露わになっている。

 「いいね、撮るよ!」渡辺はカメラ構え、その前でスカート脱いで全裸になったが、股間から手をなかなか退けようとはしない。
「久美、手を退けないと!」
「恥ずかしいの。オッパイだけにしてください…」

 「そんな事でどうするのよ。レギュラーが欲しかったら、言う事を聞くのよ!」愛子の言葉に泣きそうな顔をしながら、手を退け絨毛を露わにした。
その絨毛と乳房を晒した姿を、カメラに収めていく。
渡辺は久美に色々とポーズを作らせて30分程撮った。

 「次は趣味で撮るよ。加藤ちゃん手伝ってくれ!」加藤が手伝い、久美の両手を後ろ手にしてベルトで止めて、足を開かせた。
「ダメ、見えちゃう。これはイヤ!」足を閉じたくても閉じられず、首を振るだけだ。

 「誰にも見せないよ!」渡辺は足下から見上げるように撮っていく。
「加藤ちゃん、後ろからオッパイ掴んでくれ!」言われるまま後ろから両乳房を掴んだ。
「イヤ、触らないで。これはイヤです!」嫌がっても撮られて「乳首も掴んで!」両乳首を摘んだ写真も撮られる。

 「次ぎ行くよ!」渡辺は久美の縛った手を一旦解いて、黒いストッキングとガーターベルトを着けさせた。
久美は今にも泣き出しそうな顔でカメラに収まっていると「少し、痛いけど我慢して貰よ」今度は両手首を縛られ、吊り上げられた。

 「痛いから降ろして!」顔を歪めて叫ぶが、渡辺は撮っていく。
暫く撮っていると、愛子が気になるのか振り返って「加藤ちゃん、奥さんにも手伝って貰えないかな?」
「愛子もですか?」

 「そうだ。顔は隠していいから、久美と同じく素っ裸になって貰えないかな?」それには愛子も驚いた。
「それはダメ。私のヌードなんか撮っても面白くないわ。私の体は貧弱ですし…」
「2人いた方がいいよ。素っ裸の奥さんが久美を触っているのを撮りたいんだ!」

 渡辺の言葉に「愛子、脱げよ。そうすれば劇団も楽になるぞ!」
「でも、人前で裸になるのはイヤよ」
「だったら、僕も脱ぐよ。それならいいよね?」加藤は勝手に脱ぎだした。
「わかったわよ。私も脱ぐわよ…」言っても無駄と思い脱ぎだした。

 そして全裸になると渡辺の言うがままにポーズを造って、2人一緒にカメラに収まっていくが、それを見ている加藤の肉竿が膨らんでいる。
「加藤ちゃん、やりたいのかい?」
「ああ、あんな姿を見たらこの通りだよ」

 「やりたいならやってもいいよ、暫く1人で撮るから」
「悪いね、遠慮なくやらせて貰うよ」加藤は愛子に抱きついた。
「やめて。久美も見ているのよ、帰ったらしていいから後でして!」逃れようとするが押し倒され覆い被さられた。

 「ダメ。入れないで、ダメ!」叫ぶが肉竿が押し込まれていく。
それは、ぶら下がった久美にも見え(凄いわ。あんな太いオチンチンが入っている…)結合部を食い入るように見ていると、淫裂が触られているのに気づいた。

 「イヤ。撮るだけのはずです!」
「少しは楽しませてくれ。悪いようにはしないから」指が淫裂に入った。
(抜いて、お願いです!)声を上げたかったが、渡辺から言われた言葉が気になり(もっと、いい仕事が貰えるし…)我慢している。

 「久美、俺もやりたい。いいだろう?」耳元で囁いた。
「今はイヤ。2人きりならいいけど…」
「わかった、後でしよう。その変わり、ここはいいよな?」乳房を揉みながら乳首を吸い出した。

 渡辺と久美が楽しんでいると、その間に加藤は登り切った。
「イヤよ、お腹はイヤよ~!」悲鳴を上げ、それと同時に結合部からは白い液体が流れていく。
(射精だわ、射精した…)久美は呆然と見ている。

 「酷いわ。お腹に出すなんて…」起きあがると淫裂を拭いていく。
「加藤ちゃん、すっきりしたかい?」
「おかげでね。また撮ろうか?」
「ああ、次の準備を頼むよ」再び撮影が再開され、終えたのは9時だった。

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
306位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター