赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

「OL哀歌~美由紀編」第5話 取り立て  


 美由紀が処女を失ってから数週間が過ぎた。

野村はあれ以来、美由紀の体を求めず、それは仕方がないことと思っている。

なにせ会社に時折婚約者の相原由佳が野村に会いに来るからなおさらだ。

「あら、大原さん、内の野村どこかしら?」

「野村さんはお得意さまの所に出かけてますが」

「いないんだ、仕方ない、また来るか。所で大原さん、好きな人いる?」美由紀はドキッとした。

(まさか、バレてはいないはずよね)「い、いません!」ときっぱり言う。

「早くお嫁に行かないと、ここにカビが生えるわよ!」由佳は美由紀の股間を撫でた。

「やめて下さい。私にだってきっと見つかります!」言い返すと「ふ、ふ、ふ。」由佳は意味あ

りげに笑って会社から出て行った。

 

 そして美由紀だけが留守番をしていると「大原美由紀様をお願いしたいのですが?」「私が大

原ですが。失礼ですがどちら様でしょうか?」

「申し訳ありませんでした。私は浅田商事の遠藤研一と申します」

「何か御用でも?」

「ええ、大原様が購入された金貨が値下がりして保証金が必要になってしまいました。このまま

だと原価割れを起こします」美由紀はいくらかは先物取引の構造を知っていた。

「どれくらいの保証金ですか?」

「300万は必要です!」

「そんなお金ありません。解約します」

「解約すると合計500万払い込まなければいけませんよ?」

「その方がいいです。追加の保証金がこれから取られるよりましですから」美由紀は貯金をはた

いてもこれ以上の傷は広げたくなかった。

「分かりました。全て売却して解約します。あなたは賢明な女性ですね。普通なら追加金を払っ

て傷を広げていくんですがね」

「いつまでお支払いすればよろしいでしょうか?」

「今度の土曜日までです」

「わかりました。口座に払い込みます」

 

 美由紀は野村にそそのかされて契約したことを後悔した。

しかし、野村を憎む気にはならず「運がなかっただけだわ」そう言い聞かせて金策を考えた。

「どう考えても300万は足りないわ」美由紀は暫く考え電話帳を覗くと「ここだ!」それは女

性が経営をするサラ金だった。

いつか雑誌にも取り上げられた会社で、美由紀は電話を掛けた。

「はい、本間金融ですが?」

「あのー、お金を借りたいのですが…」

「身分を証明できるものがおありでしょうか?」

「証明できる物って?」

「たとえば、運転免許書とかパスポートとか」

「保険証ではだめでしょうか?」

「結構ですよ。それでいくらほど?」暫く考えて「300万ですが…」

「それは大金ですね。お会いしてからじゃないとお答えできませんね」

「じゃあ、伺います。今日の6時でよろしいでしょうか?」

「結構です、お待ちしてます」

美由紀は野村には先物取引の解約をしたことを言わず5時に会社から本間金融の方に向かった。 

 本間金融は駅から5分歩いたビルの中にある。

本間金融と書かれたドアを開けるとカウンターがあって銀行と同じく作られている。

「いらっしゃいませ!」店員がニコリと笑って迎え「先ほど電話をした大原ですが?」

「大原様ですか。こちらにお入り下さい」店員は小さな部屋に案内していく。

「暫く、お待ち下さい!」店員はお辞儀をして部屋から出て行き、2分ほどして女性が現れた。

「初めまして、本間絵里です。300万ですってね」

「はい、どうしても必要なんです」

「どうしてですか?」美由紀は野村に進められて先物で失敗したこと、それから手を引くことを

説明した。

絵里は暫く考えてから「あなたは、賢明よ。普通だったら泥沼に入り込むの。500万で済むん

だから高い勉強代と思って諦めたほうがいいわね」と言う。

「ところで、お借りできるのでしょうか?」不安そうに尋ねた。

「普通だったらダメだけど、私あなたに掛けるわ。300万貸しましょう」

「それでお支払いは?」

「返済は毎月10万よ、ボーナスで40万、2年で返済ならどう?」

「いいです、それでいいです」

「じゃあ、ここにサインして、印鑑もよ!」

しかし、よくよく考えると美由紀の給料から10万引かれるのはかなり厳しい生活をしなければ

ならない。

ボーナスだってほとんど残らないはずだが、美由紀は自分の給料の事を忘れていた。

 

 美由紀は生活を切りつめてローンの返済していくが、6ヶ月目で払えなくなってしまった。

そんな時に大原から電話で「大原さん、私本間絵里よ」「ああ、本間さん何か御用でしょうか?」

「話があるのよ。今夜付き合ってくれない、いい話よ」

「わかりました。場所はどちらで?」

「ここよ、本間金融に来てよ。6時までに来てね」

「分かりました」電話を置いた美由紀は元気がなかった。

(借金の催促だわ。どうしよう…)考え込んでしまった。

しかし、野村を責める気にはなれず、5時に会社を出て美由紀は本間金融に向かった。

美由紀は言われた6時よりの20分も早く着くと受付が「大原様ですね。社長がお待ちです」受

付はこの前と違う方向に案内していく。

「トントン」ドアをノックしてから入ると「待ってたわよ!」絵里は笑顔で美由紀を迎えた。

「座って!」絵里はソファに座った。

「ところで返済は順調かしら?」

「今月は9万にしてもらえないでしょうか…」

「払えないの?」

「今月だけ特別に出費がかさんでしまって!」

(知ってるわよ、あなたの身内に不幸があったことなど…)

「でも、約束は約束よ。払わないといけないわよ」

「そうですよね…」ガクと肩を落とす美由紀だ。

(あら、可愛そうに。じゃあ、切り出すか!)

 

 「実はあなたにアルバイトを紹介したいの。とってもいいアルバイトよ。これで借金は消えて

お金が残るの」

「どんなアルバイトですか、まさか、売春なんかだったりして!」絵里は笑った。

「法律に触れることはしないわ」

「どんなアルバイトですか?」真剣に美由紀はなっていく。

「実は今度、パーティを開くのよ。そこでストリップショーを計画してたんだけどストリッパー

が病気で入院したのよ。その代役よ」

「全裸になるんですか?」

「勿論よ、それに、人前でヘアを剃ってもらうのよ」

「は、恥ずかしいわ!」美由紀は下を向いたままだ。

 

 絵里は机から札束を重ねた。

「200万あるわ。承知してくれるならこの借用書はあなたにあげる。勿論、返済したことにし

てね」

それを聞いて美由紀の目が光った。

(借金が消えて、さらにお金がもらえるなんて何か訳があるかも…)

「本当にストリップとヘアを剃るだけですか。セックスされる心配はないんですね?」

「あら、それが心配だったの?」(本当にうぶな子ね、気にいったわ…)

「はい!」美由紀が答えると「ただし、オナニーをするかもよ」

「人前でですか?」

「もちろんよ。ショーですから」美由紀はヘアを剃るのに抵抗はないが、オナニーを人前で見せ

るのだけはいやだった。

「オナニー無しではいけませんか?」

「それはだめよ、バイブも入れるのよ。観客が喜んだらもう100万ボーナスだすわ」机にさら

に100万が積まれた。

「やります。やらせて下さい!」美由紀はストリップを承知した。

 

 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/73-ba7f0067
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top