赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

[OL哀歌~美由紀編]第6話 ストリップ出演  


 絵里は「よかった。これで安心したわ。ショーがだめになったら私の立場が無くなる所だった

のよ。ありがとう!」絵里は契約書にサインしていく。

「あなたもサインするのよ!」美由紀はそれを読んでいく。

そこには、ショーの出演した代償に200万円と返済免除が記入され、追記として成功したら1

00万ボーナス支払う事が書かれている。それに、今回限りの1回だけであることも。

美由紀は早速サインした。

絵里は「どう、ストリップの見学をしてみない?」

「どこで見れるのですか?」

「ふ、ふふ。秘密の場所があるのよ

絵里と美由紀は連れ添って本間金融の入ったビルから出ると途中でタクシーを呼び止め、銀座ま

で行くように運転手に言う。

「銀座?」美由紀には銀座はビルがたくさん建っていて歓楽街もあるがストリップが見れるとは

思えなかった。

タクシーは銀座のとあるビルで停車し「美由紀さん、行くわよ!」絵里に連れられて美由紀も降

りると、そのビルは普通のオフィスビルだった。

 

 ビルの中に入ると人が異常に少ないに気づいた。

「このビルは不景気でテナントが逃げてしまったのよ。だから空きビルと同じなの」歩きながら

絵里は説明をしてエレベーターのボタンを押した。

「いい、ここは秘密の会場なのよ。他言無用よ!」

「はい!」エレベーターが開いて絵里はボタンを押した。

ドアが閉まってエレベーターが動き出すとランプが点滅して5でエレベーターは止まった。

エレベーターを降りると見張り役の男性がたむろしている。

その男達の前を通り抜けて暫く歩くとドアがあり、絵里はノックをして入っていく。

美由紀も続いて入ると部屋の中は薄暗く、テーブルが並んでいて飲み物が置かれていた。

中央にステージが設けられていて女性が踊っている。

女性は踊りながら衣服を脱いでいき、絵里と美由紀はイスに並んで座って見ている。

女性はいつしか下着だけになっていた。

そして、パンティ、ブラジャーと脱いでいくと「どう?踊りができる?」絵里は話し掛ける。

「やってみます!」美由紀は小さな声で答えた。

 

 ステージの女性は全裸になると乳房を揺らせながら腰を降ろし、Mの字に開脚して女性の性器

をお客に見せていく。

「えっ、あれもするの?」

「そうよ!」絵里の言葉に(性器を見せるなんて恥ずかしい…)美由紀は不安になった。

「大丈夫、あなたならできるわよ」絵里は美由紀の袖の脇から手を入れてブラジャーの上から乳

房を掴んだ。

「見られてます!」「大丈夫よ!」絵里は手をブラジャーの中に入れ、美由紀の乳房を掴んだ。

そして、乳首を摘むが美由紀は乳首が堅くなっていくのがわかる。

ステージデは女性が開脚して真っ黒な絨毛を剃り始めた。

「あなたもするのよ」美由紀は絵里に乳首を摘まれて興奮している。

(わたしも、恥ずかしいことをするんだ…)乳房を揉まれる美由紀の目は徐々にではあるが虚ろ

になっていく。

そしてステージの絨毛を剃った女性のオナニーは目に入らなくなっていた。

美由紀が意識が無くなり始めると「美由紀さん!」絵里が美由紀の肩を揺する。

「あっ!」我に返った美由紀は股間がグッショリ濡れているの気づいた。

「帰るわよ!」「はい!」美由紀は慌てて立ち上がって絵里に続いビルから出ていく。

ビルから出た二人は再びタクシーを呼び止めて乗り込んだ。

「美由紀さん、これで勉強しなさいよ」絵里はバックから取りだしたビデオテープを美由紀に渡

した。

「それに、これは衣装代よ。過激なのを買いなさい」と5万円を渡す。

「いただいていいんですか?」

「あなたは特別よ」絵里は美由紀の素直さが気に入っていた。

 

 そして、土曜日、約束の日がきた。

美由紀は絵里からもらった衣装代で買ったシースルのパンティとブラジャーを身に着けて指定さ

れた場所に向かう。

美由紀はビデオを見ながら、肌の見せ方、下着の脱ぎ方など何回も練習していた。

約束よりもちょっと早めの時間だったが絵里が待っていた。

「あら、早いのね」「約束ですから!」二人は電車に乗って千葉の方に向かっていく。

「ここに、私の別荘があるのよ」二人は駅からタクシーで10分程走って海岸際に立っている別

荘の入口に着いた。

美由紀と絵里はタクシーから降りて別荘の中に歩いて入るとかなり大きな別荘だ。

別荘と言うよりもホテルと言った方が正確かも知れない。

絵里は倒産したホテルを競売で安く手に入れ、別荘にしからだ。

玄関をくぐって中に入ると大勢の招待客がいて、絵里は一人一人に挨拶をしていく。

その招待客の中に相原由佳がいるのに美由紀は気づかないが「あら、美由紀さんがどうして?」

遠くで美由紀を見ている。

絵里に招待されたお客は皆が経済的に裕福な人ばかりだ。

「そろそろ時間ですが…」

「あら、そう。じゃあ、お客様をお部屋に案内して!」絵里は支配人らしき人物に指図する。

「美由紀さん行くわよ」絵里に連れられて美由紀は控え室に入り、自分で持ってきた過激なドレ

スに着替えていく。

 

 その脇では「私、いやよ」「だって返すお金がないんだ。我慢してくれ!」泣きながら夫婦ら

しい連れが言い合う。

男性は女性の両手を後ろ手に縛るが「ぱっぱり、できない!」「だめだよ。もう戻れないよ!」

男性は縛った女性を連れてお客の待つ部屋に入って行く。

そして、皆が注目する中、女性の衣服を脱がしだすと「やめて。あなた!」しかし、夫らしい男

性は脱がすのをやめず、着ている衣服が肩から後ろの腕に下げられ、胸はスケスケのブラジャー

だけだ。

夫らしい男性はそのブラジャーのホックを外して乳房を招待客に見せる。

乳房は小振りだが「あなた、やめて。もういやよ!」女性は叫びながら体を隠そうとするが、夫

らしき男性は嫌がる女性のスカート、パンティと脱がした。

「やめてー!」真っ黒な絨毛に覆われた股間が露になっている。

「やめて、あなたー!」恥ずかしい部分を招待客に見られた女性は泣き叫んでいる。

それでも男性は自分から衣服を脱いで全裸になり女性を用意されていたマットに仰向け寝かせ

勃起した肉竿を女性の淫裂に挿入していく。

「いやよ。人前よ。正気になって。あなた!」肉竿は淫裂に入り込んみ、ピストンが始まった。

「あなた。もう、やめて!」女性は最後まで拒んだが両手を後ろに縛られて抵抗ができない。

会場の招待客は興奮して「すごいね、迫力満点だ!」女性は泣きながらも淫裂から淫汁を流して

いる。

やがて男性頂点に達して、動きを止めて痙攣を始めると「あなた、いやー!」淫裂からは白い液

体が流れ出ている。

射精を終えた夫は泣きじゃくる妻を抱きかかえてステージから控え室に戻り「ごめんよ。これで

借金が減るんだ、我慢してくれ!」泣きながら女性のロープを解いていく。

美由紀は黙って見ていたが(私と同じなんだ)哀れみを感じている。

 

 そんな美由紀も「今度は美由紀の番よ」絵里に言われて顔が強ばった。

美由紀は音楽に合わせてステージの中央に向かうが、淡いピンクのドレスは両脇がチャイナドレ

スと同じで腰の部分まで割れて太股が飛び出ている。

胸もかなりのVカットでギリギリまで露出していた。

「やっぱり、美由紀さんだわ。間違いない!」音楽に合わせて踊る美由紀を由佳が見ていた。

何も知らない美由紀はドレスを脱ぎ捨てると「おー!」会場からは喚声が上がり、淡いブルーの

ブラジャーとパンティはスケスケで何の役目をしていない。

乳房が透け、股間の真っ黒な絨毛も見えている。

美由紀は震える足で必死に踊るが(恥ずかしいけど、お金のためだし…)自分に言い聞かせて背

中のホックを外した。

踊りながらブラジャーを外すとカップから飛び出た乳房が揺れて円を描いている。

招待客は喜んで拍手をし「いいスタイルだな。抱きたくなってくるよ」「ほんとにやりたくなっ

てきたよ。もっと若かったらな」

招待客の話など耳に入らない美由紀はブラジャーをドレスの上に投げ捨て、乳房を揺らせながら

踊っていくと音楽がかわった。

(次はパンティね…)美由紀は腰をくねらせてパンティを降ろしていくと観客は黒い絨毛に釘付

けとなったいる。

何の役目をしないパンティを脱ぐと美由紀はステージに横になり右足を高く差し出した。

「おおー!」真っ黒な絨毛の中にパックリと割れたピンクの淫裂が覗いた。

それを惜しげもなく見せるが(恥ずかしい…。こんなのはもういやよ…)両足を開いて淫裂を見

せ続けた。

また音楽が変わり(今度はヘアを剃るんだ!)美由紀は緊張している。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/74-960be956
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top