FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「奴隷の女教師」第1話 赴任

登場人物

      相原紗香:大志学園英語教師        権藤真也:大志学園教頭
      斎藤由佳: 〃  数学教師        黒沢康宏:〃 体育教師
      井上和子: 〃  音楽教師        上野克之:〃  保健医
      石田淳子: 〃  国語教師

第1話 赴任

 紗香は英語の教師として、大志学園に赴任することになった。
「ここね」紗香は大志学園と書かれた校門をくぐって行くと「広いわ。こんなに広い運動場があるなんて信じられない」都会育ちの紗香には地方都市の事など何も知らない。

 土地の値段は都会の値段の一割にも満たないので、同じ金額でもその分広い土地が買え、運動場は野球部、サッカー部、陸上部とそれぞれの専用グランドを持っている。

 「皆、張り切ってるみたいだわ」運動部員はインターハイを目指して練習していた。
「すみません。職員室はどこでしょうか?」尋ねられた運動部員は「職員室ですか。それだったらあそこですよ」運動部員の指差す先には4階建ての校舎があった。
「ありがとう」紗香は礼を言って、校舎に向かって歩いた。

 校舎の中は運動部員で溢れており「すみません、職員室はどこでしょうか?」「あっち!」素っ気ない返事が返ってきた。
「ありがとう」紗香は指さされた方向に歩くと「職員室」と書かれた木札が掛けられた部屋がある。

 「失礼します」紗香は引き戸を開けてな中に入ったが(何か変だわ)紗香は異様な雰囲気に気付いた。
職員室の教師はよどんだ目をしており、皆が女性だ。

 「相原さんですか?」後ろから声が掛かけられた。
「はい、今度赴任しました相原紗香です」
「私は教頭の権藤真也です。良く来てくれました。よろしくお願いします」権藤は握手を求め「私こそよろしくお願いします」紗香も権藤の手を握り返す。

 「この学校は、女性の教師しかいませんが?」紗香は疑問に思って尋ねると「春休みなので男性の教師は休んでいます。男は怠け癖があってね」権藤は何気なく答え「こちらが斉藤由佳さん、数学を教えています」

 「斉藤です」「私は石田淳子よ、国語を教えてます」「私は井上和子よ、音楽を教えてます」女教師達は次々と挨拶をした。
「斎藤君、相原君に学校を案内してくれ!」
「わかりました」呼ばれた由佳は立ち上がり「行きましょう。案内するわ」紗香は由佳の後を追って職員室から廊下に出た。

 「私はもう3年になるの。数学を教えているけども大変なのよ」
「私は新米ですから、よろしくお願いします」二人が並んで廊下を歩いていくと「斎藤先生、午後に待ってますからね」由佳に通りすがりの男子生徒から声を掛けられ「わかってるわ」沈んだ顔になっていく。

 「午後からって何かあるんですか?」
「な、何もないわよ。部活の顔出しよ」由佳は動揺しながらも歩き出した。
「ここが視聴覚室よ」由佳は紗香を連れて学校をくまなく案内し、職員室に戻ってくると誰もいなかった。

 「悪いけど、午後から部活があるから」
「案内、ありがとうございました」紗香は由佳に礼を言って職員室を出ると、校舎と並んで立っている寮に向かって歩いていくが、校庭で部活をしていた生徒が1人もいない。
「変だわ、誰もいないなんて。昼食かしら?」紗香は不思議に思いながら寮に入った。

 「今度お世話になる相原ですが…」管理人に話しかけた。
管理人は中年の男性で「相原さんですか。3階です。送られた荷物は運んでおきましたから整理して下さい」管理人は紗香に部屋の鍵を渡した。

 管理人から鍵を受け取った紗香は3階に上がり「ここだわ」相原紗香と書かれた表札があり、鍵を外して中に入ると、送った荷物が置かれてある。
「片付けるか!」紗香は荷物の整理を始めると1時間ほどで終わった。
「体が汚れたわね、シャワーを浴びよう」紗香は服を脱ぎだす。

 カーディガン、ブラウスと脱いでいくと青いブラジャーが露わになる。
そのブラジャーからは乳房がこぼれそうで乳輪や乳首がうっすら見え、ズボンも脱ぐとブラジャーとお揃いのパンティで、股間の絨毛が透けて見る。

nugi_138-005_201911190853291e8.jpg

 紗香は両手で腰の青い布を下げた。
「ほう、結構毛深いな」寮の監視部屋では、紗香の股間がモニターに写し出されている。
隠し撮りされているとは知らない紗香は、パンティを脱いで足をあげた。
「ピンクの色がいいな」真っ黒な絨毛に包まれた淫裂がパックリと口を開けて、2枚のピンク色した肉襞が飛び出している。

 何も知らない紗香は、パンティを脱ぎ終えるとブラジャーのホックに手を掛ける。
背中の繋ぎ目を外すと、乳房を押さえていたカップが緩んで「以外にでかパイだな」カップから乳房が飛び出した。
露わになった乳房は、ピンクの乳輪と乳首で性欲を誘っている。

 「やりてー!」監視部屋の男はズボンのファスナーを下げて、勃起した肉竿を擦っていく。
「オ○ンコが綺麗だ!」何も知らない紗香は、淫裂を広げてシャワーを浴ている。
それに刺激されたか「出た、出た!」男は股間を押さえるが、指の間から白い液体が流れ出ている。

 紗香は淫裂を洗い終えると、乳房のマッサージを始めた。
「もっと、大きくなあれ!」紗香は見られているとは知らずに、両手で揉んでいく。
その行為に「たまんない。俺も出た!」もう1人の男も股間を押さえた。
監視部屋の二人は、股間を拭くと指に付いた精液も拭いていく。

 見られているとも知らず、紗香はシャワーを浴びると居間に戻ってきた。
「お腹が空いた」紗香はまだ食事をとってない。
「食べに行くか!」紗香はバスタオルを脱いで、下着を着始めた。
「脱ぐのもいいけど、着るときもいいな!」モニターを見ながら二人は話合っている。

 紗香は乳房をつかみ、カップの中に押し込んでいく。
「手入れもしないと…」乳房を仕舞い込むと、列からはみ出た絨毛を剃りだした。
「マン毛を剃ってるぞ!」時折、絨毛の中からピンクの割れ目が覗いている。
 
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/741-0028d6f2

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。
おことわり
 この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

アクセスランキング

アクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん