FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「奴隷の女教師」第4話 授業

第4話 授業

 紗香は蒼白な顔で始業式に望んだ。
「今度あたらしく赴任した英語の相原紗香先生です。担任はありません」校長が挨拶していく。

 その後、紗香も「相原紗香です。よろしくお願いします」お辞儀をしたが、スカートの裾が持ち上がって(ミニだった。危ない、危ない!)慌てて体を起こしていく。
生徒達は紗香の乳房の半分が見える胸をニヤニヤしながら(今度の獲物は可愛い顔してるな)そんな目で紗香を見ている。

 始業式は1時間ほどで終わり、授業が始まった。
「確か、3年3組だったはずよ」紗香は脅えながら職員室から教室に向かった。
同じように、由佳や和子、淳子達も暗い顔で出ていくが、女教師の全てが暗い顔で職員室から出て行く。

 「ここだわ!」紗香が教室の中に入ると「起立、礼、着席!」教室の中は皆が男性だ。
紗香は挨拶が済むと自己紹介を始め、黒板に名前を書いて振り向くと、生徒達が唖然とした顔になっている。

 「みんな、どうしたの?」紗香は尋ねると「先生のオッパイ、はみ出してます…」生徒に言われて胸を見ると、右乳房がニットシャツからはみ出し、ピンクの乳輪と乳首も丸見えだ。
「いや~!」慌てニットを引いたが、今度は左乳房が飛び出してしまった。

titidasi.jpg

 「み、見ないで!」紗香の顔は真っ赤になって(教え子にオッパイを見られた…)体が震えているが、生徒達は驚いた様子などせずに、紗香の胸元を見ている。
「先生、どうせならオッパイを丸出しで授業して下さい」紗香はさらに顔を赤らめ「そ、そんな事できません!」紗香は聞き入れず授業を始めた。

 「林君、3行目から読んで!」
「はい」林と呼ばれた生徒が立ち上がって読みだし、最後まで間違えず読んだ。
「はい、そこまで!」紗香が遮ると「先生、ご褒美を下さい!」紗香は意味が分からない。

 「ご褒美って、何のことなの?」
「間違えず読んだから、オッパイを揉ませて下さい」
「そ、そんな!」紗香は絶句したが「他の先生は、皆やらしてくれましたよ」林は嫌がる紗香の胸に両手を入れて、両乳房を揉みだした。

 「だめ。いけないことなのよ!」豊満な紗香の乳房がニットシャツからから飛び出してしまい、耳まで真っ赤な紗香は、両手で乳房を押さえた。
「でも、規則ですから」別な生徒が後ろから紗香を羽交い締めにした。

 「やめて!」紗香の両手が乳房から離され「見ないで!」Cサイズの乳房が2個飛び出している。
林は「まずは、乳首からです」紗香の敏感な乳首が摘まれて「あー!」深い溜息をした。
「敏感なんですね」林は乳輪を指で撫でだすと「だめ。そこはだめ!」紗香の乳首は興奮して固く勃起していく。

 その後、林は両手で乳房を揉んでいくが(子供だけど上手だ…。気持ちいい…)乳房を揉まれながら呼吸が荒くなっている。
「先生、これくらいにしましょう」乳房を揉み終えた林は席に戻り、紗香も飛び出している乳房を慌ててしまい込み「次は大久保君!」と言ってしまった。

 (しまった。また、オッパイを揉まれる!)後の祭りだ。
大久保も間違えず読み終え、ブルブルとからだが震える紗香は覚悟を決めて「軽くよ、乱暴にしないでね」注文を付けると「慣れてますから」大久保は紗香の胸に両手を入れてやさしく乳房を揉みだし、乳首も摘んだ。

 「そこはだめ!」敏感な乳首を摘まれ紗香は拒むと「先生、敏感なんですね」大久保は紗香をからかう。
「先生。これじゃ、授業になりません。どうせなら、オッパイを丸出しでして下さい」
学級委員長らしい生徒が言い出した。

 「そうだよ。どうせなら、オッパイ丸出しで授業をしてくださいよ」
「そうだよ。オッパイだして授業してよ!」生徒の声に「だめです。オッパイなんか見る物じゃありません!」紗香が言い張ると「そうだよな。オッパイは触ったり、吸ったりするもんだよな!」教室に笑い声が響いていく。
それには(そんな言い方しないでよ)紗香の顔が真っ赤になった。

 こうして、初めての授業はどうにか終わることができ、職員室に戻ってホットして溜息をついた。
「大変だったでしょう?」紗香に淳子が声を掛けた。
「はい、ひどい目にあいました」」思いだし、顔が赤くなっていく紗香だ。

 二人は世間話をしながら休み時間を過ごしたが「これからは自由時間よ。授業がないの」紗香は午後まで授業がない。
「羨ましいわ」淳子は授業の準備をしているとチャイムがなった。

 「行って来るわね」授業の開始と共に、教師達は職員室から出て行き、同時に「プルプル!」電話が震えている。
紗香が電話を見ると「図書室に来いか!」紗香は職員室を出て図書室に向かう。

 図書室に入ると、静まりかえって中には誰もいない。
「こんなに広いんだ!」感心していると、また携帯電話が震えた。
「え、素っ裸になれだって!」唖然とする紗香だ。
(こんなところで、ヌードにはなれない…)しかし「そんな、わかったわよ」メールには素っ裸にならないなら、ビデオをバラマクと書かれてある。

 紗香は奧の方に入り「ここなら気付かれない」ニットシャツを脱ぎだすと、乳房が左右に揺れる。
「これも脱ぐのね」紗香はスカートも脱いで、生まれたままの姿になたが「そんな!」またメールが入った。

 「仕方ないわね」紗香はテーブルに仰向けに寝て足を開き、指でクリトリスを弄り始めた。
もう片方の手で乳首を摘んでいくが「オナニーしろ!」との命令だったからだ。

 紗香は、いつ誰が来るか分からない図書室でオナニを始めたが(恥ずかしいけど、気持ちいいわ)昨日のレ○プを忘れてオナニーをしていくと「あん、あん!」呼吸が荒くなってきた。

 淫裂から淫汁が流れ「いく、いく!」紗香の指の動きが停まり「はあ、はあ!」と荒い息づかいになっている。
10分程でオナニーを終え、紗香は服を着てから図書室を出たが「ほら、うまく撮れたぞ」「ほんとだ、すげえな!」隠し撮りされていたが、紗香は知らずに職員室に戻った。

スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/744-20756bb7

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。
おことわり
 この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスランキング

カウントされない事もあり
   ますのでご承知下さい

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん