赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

[OL哀歌~美由紀編」第7話 指による絶頂  


 
 美由紀はステージで体を起こして両足をMの字にすると絵里が現れた。

「絵里さん!」美由紀は絵里がステージに上がってくるとは夢にも思ってなかった。

絵里は真っ黒な美由紀の絨毛にムースを吹き付けて塗込んでいく。

絨毛が肌にへばりつくと「剃るわよ!」絵里は美由紀の股間にカミソリをあてて下から上に向か

って剃りだした。

真っ黒な絨毛が剃り上げられて淫裂の左側が丸見えになると右側を剃っていく。

カミソリの動きに合わせて淫裂の周辺の絨毛が全て剃られて上部に生えているだけだ。

「美由紀さん、恥ずかしくないのかしら?」由佳は剃られた淫裂を黙ったまま眺めている。

「明日、美由紀さんに聞いてみよう」由佳はデジカメで隠し撮りをするが絵里はカミソリを残さ

れた上部に当てて全ての絨毛が剃った。

股間はパックリ割れた淫裂が露になり、その淫裂からは襞が左右二枚はみ出している。

美由紀の絨毛を剃り終えた絵里はカミソリなどの道具を片付けて戻っていく。

(恥ずかしい。これが私の性器なんだ)剃り上げられた股間を眺めながら美由紀は溜息をついた。

「綺麗なピンクだ!」観客は剃り上げられた美由紀のピンクの淫裂に興奮していると再び音楽が

流れた。

 

 (オナニーするんだ!)美由紀は仰向けになり、左手で乳房を揉み、右手の指で淫裂を撫でて

いくと、観客は当然に美由紀の淫裂に注目している。

左手は乳房から乳首を摘み、右手の中指が膣腔に入り込んでいる。

「あ、あー!」美由紀は喘ぎ声を上げ(見られながらするオナニーって感じるのね)中指が膣の

中を掻き回していくと、淫裂からは淫汁が流れてテカテカに光っている。

観客は「シーン!」と静まりかえり、美由紀のオナニーする様子を眺めている。

膣に入り込む指はいつしか、人差し指も加わり2本となって膣を掻き回していく。

「あ、あん!」体を反らせ、腰を突きだして、見られている恥ずかしさは消え自分の快楽を楽し

んでいて、淫裂からは淫汁が垂れてステージを濡らしている。

美由紀は自分の指にあわせて「あん、あん!」声を出し腰を動かしていく。

「いやらしい。美由紀さん、こんな趣味があったんだ!」由佳はこっそりとストリップから剃毛、

オナニーとデジカメで隠し撮りをしているが、美由紀は会場に由佳がいることさえ知らずにオナ

ニーをやり続けた。

音楽が終わり、美由紀の時間は終わった。

「いいぞ!」「すごいぞ!」喚声があがるが、演技でなく本当に行く寸前で観客にもそれが分か

っていた。

美由紀は胸と股間を両手で隠しながら控え室に戻ると、入れ替わりに女性がステージに向かって

控え室から出ていく。

「よかったわよ。お客が喜んでいるわ。約束通りにボーナスを出すわよ」絵里は自分の目に狂い

が無かった事を喜んだ。

 

 その日、美由紀は絵里に誘われて別荘に泊まっが同じ部屋だ。

「美由紀さん、全部脱いで。もう一度、ヌードを見せてくれない?」

「絵里さんには、お世話になったからいくらでもヌードになります」美由紀は衣服を脱いで下着

姿になったがストリップの時のスケスケ下着だ。

「綺麗だわ!」絵里は美由紀の乳房を撫で、背中のホックを外し、乳房に吸い付いた。

「だ、だめです!」美由紀は生まれて初めて女性に乳房を吸われた。

「絵里さん。いけないわ。女性同士よ!」

「あら、女性同士で楽しむ方法もあるのよ」笑いながら絵里も衣服を脱ぎだした。

絵里は40歳代だが、普通の女性は腹部に脂肪が溜まって膨らむが絵里は奇麗にくびれている。

パンティを脱ぐと股間の絨毛が剃ってありピンクの淫裂が覗いていた。

それは美由紀の淫裂と比べても見劣りしないが、割れ目からはみ出す襞の先端が黒ずんでいる。

絵里はブラジャーも外して全裸になったが、乳房はまだ張りがあって垂れ下がってない。

乳首はさすがに黒ずんでいて「どう、私のヌードは?」絵里は美由紀に見せる。

「奇麗よ。とても奇麗よ!」

「ありがとう、お世辞でも誉められるとうれしいわ!」

「お世辞でなく、本当にきれいよ!」言い訳する美由紀に近寄って絵里は役目をしないパンティ

を下げていく。

「絵里さん!」慌てる美由紀に「大丈夫、取って喰おうなんて思ってないから」そう言いながら

太股にパンティが絡みついたままの美由紀の淫裂を舌で舐めていく。

「だ、だめよ。そこは汚いわ!」絵里の舌は美由紀の淫裂の上部にあるクリトリスをしっかり捕

らえている。

「あん!」美由紀は背中に電気が走るような衝撃を受け倒れそうになるのを絵里の頭を両手で押

さえてどうにか立っている。

(ふ、ふふ。この子は私の物ね)

 

 絵里はさらに両手でクリトリスの包皮を捲り、ピンクの突起を舌でまね回す。

「だめよ。そこはだめー!」美由紀は太股を震わせて叫ぶが絵里はそれでも止めようとはしない。

それどころか淫裂に指を入れて動かして「だ、だめ!」美由紀は倒れる寸前だ。

「あら、お休みはまだ早いわよ」抱きかかえるようにして絵里は美由紀をベッドに仰向けに寝か

せ、シックスナインで自分の淫裂を美由紀の太股に擦り付けながら腰を上下に動かしていく。

美由紀はネバネバした物が太股に当たっているがそれが絵里の淫裂とは知らなかった。

「あん、あん、あん!」絵里は腰を上下に動かしながら悶え声を上げて「美由紀さん。指でして

くれない?」絵里は目を充血させながら言う。

「良いわ、指でします」絵里は4つん這いになりお尻を美由紀に差し出した。

(グシュグシュになってる!)美由紀は右手の中指をくの字に曲げて後ろから膣腔に入れた。

「あ、あ、あー!」絵里が大きく叫び「痛かった?」あまりの大きな声に心配そうに尋ねた。

「ううん、気持ちがいいの。久しぶりにいいの。お願い、もっとして!」絵里の淫裂からは淫汁

が垂れて美由紀の乳房を濡らしている。

「それじゃあ、指を二本にするね」美由紀は新たに人差し指も加えて動かしていく。

「あん、あん、あん!」腰を振りながら悶える絵里だ。

その夜は美由紀と絵里は幾度も指による愛撫で絶頂を楽しんでいた。- 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/75-c8c45c05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top