赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

[OL哀歌~美由紀編]第8話 裏切り  


 翌朝、美由紀と絵里は一緒にシャワーを浴び、絵里は美由紀の体を丁寧に洗っている。

(この子が側にいてくれたならいいのにな…)そう思いながら美由紀の乳房や背中、股間と洗っ

ていく。

「絵里さん、今度は私がしてあげる!」体を綺麗に洗われた美由紀が今度は絵里の乳房を撫でる

ように洗う。

(絵里さんのオッパイはまだ柔らかいわ。私と同じ柔らかさだ)そう思った。

「美由紀さん、私のオッパイの事、考えてるでしょう?」美由紀はドキッとした。

「ち、違います。肌の色です!」と答えた。

(ふ、ふ、ふ。図星だった見たいだわ。可愛いわね。この子がどうしても欲しいわ)絵里は美由

紀をどうしても側に置きたくなった。

シャワーを浴びた二人は衣服を整えて遅い朝食を食べていると支配人が「皆様、お帰りになら

れましたがどうしてもそちらの女性にと!」

「あら、何かしら?」絵里は大きく膨らんだ紙袋を開けた。

すると中からは小切手や現金が出てきて「だめじゃないの。こんなのもらっちゃ!」絵里が支配

人を叱った。

「私も絶対にできませんと言ったのですが、効かないんですよ」支配人が申し訳なさそうに言う。

「無理もないわね。この子が本気でやったのが感動を呼んだ訳ね。仕方ないわ、今回だけよ」絵

里が言うと「はい、今回だけは私にもどうしようもなかったんです」支配人はそう言い残して戻

った。

「美由紀さん、これご祝儀よ。300万くらいあるわ」

「いただけません。私は絵里さんとの約束しかいただけません!」

「あら、可愛い子だこと。じゃあ、私が預かって置くわ。困ったことがあったら必ず来てね」

「ハイ!」素直に返事をする美由紀だ。

 

 絵里と美由紀は電車に乗って再び東京に戻り、本間金融の事務所に入っていく。

絵里は事務所に入ると机から机から契約書と書類を取りだして美由紀に渡した。

「それが契約書よ。そして、これが約束のお金よ」そこには3つの札束がある。

「お客に喜んでもらえたから、約束のボーナスもあるわ」

「あのー。現金は困ります。あまり持った事がないので振り込んでもらえませんか?」

「いいわよ。ここの口座でいいかしら?」

「ええ、お願いします。これで明日から思い切り食べれます」

「あなた、今まで何を食べてたの?」

「くずパンと野菜です」

「どうして、好きなのを食べないの?」

「約束したでしょう?月10万返すと。それで節約してたんです。約束は絶対に守らないといけ

ないでしょう!」

 絵里は何も言えなくなっていた。

(若いのにしっかりしてるわ。約束なんて守らない時代なのに。この子が後を次いでくれたら…)

目頭が熱くなる絵里は「じゃあ、困ったことがあったら必ず来るのよ。忘れないでね」と借用書

と契約書を美由紀に渡した。

「じゃあ、ご苦労様でした!」

「はい、助かりました」美由紀は丁寧に挨拶をしてから本間金融の事務所を後にした。

 

 翌日、普通通りに会社に出勤した美由紀だが同僚の目が違っていた。

「おはよう!」と声をかけても返事がなく無視されている。

「変ね?」美由紀は軽い気持ちでいたが、会社の中では重大な事が起こっていた。

「大原君、ちょっと来てくれ!」

「はい、福原さん」美由紀は福原に呼ばれて会議室に入ると、そこには野村とフィアンセの由佳

がいた。

「あら、野村さんに相原さん、一体どうしたの?」

「それはこっちが聞きたい。とにかく見てくれ!」福原は用意されたパソコンのマウスを操作し

ていく。

それを見た美由紀は声が出せなくなってしまった。

それは美由紀のヌードが映っていたからで、乳房と股間の絨毛がはっきり映っている。

画像はさらに進み剃毛する美由紀が映し出され、見ている美由紀は体がガクガク震えていく。

モニターには美由紀の恥ずかしい部分を次々と映していく。

パックリ割れた淫裂に指を入れてオナニーする姿が映し出された。

「いやらしい。指で膣を弄るなんて変態よ!」美由紀の顔は蒼白になっている。

 

 「美由紀君、何か言い返すことがあるかね?」

「これは、私じゃありません!」美由紀は生まれて初めて嘘をついた。

「じゃあ、ヌードになってよ。オールヌードにね。それなら分かるわよね、野村さん!」

「ああ、ヌードになれば分かるはずだ」

「い、いやよ。ヌード何かいやよ!」

「俺に抱かれたくて、ヌードを見せたよね。ヌードは君の特技じゃないのかい?」

「ひどいわ!」美由紀は好きだった野村からの屈辱的言葉に泣き出した。

「とにかく、ヌードになってもらわないと」福原は美由紀の上着のボタンを外しに掛かった。

「い、いやー。やめて!」嫌がる美由紀だが「この、泥棒猫!」由佳が平手打ちを美由紀に飛ん

だ。

「人の婚約者と寝たいからいって、ヌードになるなんて変態のすることよ!」再び平手が飛んだ。

福原は嫌がる美由紀の両手を抑えて万歳の格好をさせた。

野村と由佳が嫌がる美由紀のスカート、ブラウスと着ている物を脱がしていく。

「いや、やめて!」美由紀はブラジャーも剥ぎ取られ残ったのはパンティ1枚だけだ。

「これを取れば分かるわ。ヘアがあれば別人だけど、ヘアが無かったらあなたよね」由佳は万歳

する美由紀の真っ白なパンティに両手を掛けて降ろしていく。

「やめて!」由佳の手が下がっていくと恥丘に普通生えていなければならない絨毛が生えてない。

「ほら、生えてないわ!」由佳はパンティを膝まで下げ降ろした。

美由紀は涙を出して泣いているが「ほら、こんなに淫乱よ!」由佳は両手で淫裂を広げと襞を引

っぱり出す。

美由紀は観念してもう抵抗を諦めた。

 

 「福原さん、試したら。この子が淫乱かどうか入れてみたら?」由佳は美由紀を辱めるために

福原のズボンのファスナーを降ろして肉竿を引く出す。

最初、萎縮していた肉竿は由佳がしごいて堅くなっている。

「じゃあ、淫乱か確かめるか!」福原は美由紀の手首を抑えていた両手を乳房にやり、由佳が肉

竿を膣腔に導いた。

「あ、あー!」前戯無しに入り込んだ肉竿に美由紀は顔をしかめる。

福原は乳房の柔らかさを味わいながらピストンをしていく。

「美由紀さん、いい格好よ。記念に撮らせてね」由佳は背後から淫裂に挿入されている姿をデジ

カメに納めた。

「福原さん、思った通り淫乱でしょう?」

「ホントだ。ドンドン締め付けてくる。こりゃ本物の淫乱娘だな!」福原は美由紀を犯しながら

屈辱を浴びせている。

やがて、福原は絶頂を迎え「いく、いく!」福原は美由紀の膣内で爆発してしまった。

淫裂からはポタポタと精液が垂れて、膝に絡みついたパンティを濡らしていく。

「じゃあ、報告してくるか!」福原は全裸でうずくまっている美由紀にかまわずズボンを直して

会議室から出ていった。

「淫乱娘さん。服を着なさいよ」由佳は冷酷にも脱がされた服を美由紀に投げかけた。

美由紀は泣きながら剥ぎ取られた衣服を着込んでいくが、好きだった野村にも裏切られてただ泣

くしかなかった。

  
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/76-b50b47d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top