赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

「OL哀歌~美由紀編」第9話 退職  

  美由紀泣きながら衣服を着ていくがパンティは福原が出した精液でビッショリ濡れているので

履かずにスカートを履いた。

全て元通りになった美由紀に「まったく、スケベな女だな。俺も騙されるとこだったぜ」

「そうか、野村を騙すつもりだったのね」

由佳の言葉に「違います。野村さんが迫ったんです!」

「嘘つくなよ。自分から僕の性器をしゃぶったじゃないか」

「……」美由紀は応えられない。

「それで、美由紀とセックスしたの?」由佳の問いに「騙されたんだ。仕方なくしたんだ」野村

の言い訳で再び美由紀は泣き出した。

「野村とセックスしたんじゃ仕方ないわね。ハイ、手切れ金よ。100万払っておくわ」

「お金なんか入りません。本当に野村さんから迫ったんです」

「だから、手切れ金よ。二度と私達の前に現れないでね」悔しさで再び泣き出す美由紀にかまわ

ずに上着のポケットに由佳は札束を詰め込んだ。

そこに福原が再び現れて「大原君、会社を辞めてもらうよ」と告げる。

さらに「本来なら懲戒免職になるところだがここは温情で自己都合で退社したことにしておくよ」

美由紀はもう会社には居れない事を思い知った。

 

 美由紀は職場に戻ると自分の荷物をまとめて紙袋にしまい込んでいく。

しかし、同僚達は美由紀に決して手を貸そうとはせず、黙って冷ややかな目で見ている。

かっての同僚の前で荷物をまとめ、誰も見送りがないまま会社から出た。

「もう、私の人生は終わったんだ」美由紀は今まで通い詰めた会社を振り返って呟き、自分のア

パートに向かって歩いた。

11時には自分のアパートに戻ってドアを開け、美由紀は荷物を放り投げてベッドに飛び込んだ。

ベッドで横になっていると次々と思い出が浮かぶ。

「ひどいわ。あんまりよ、野村さん!」会社のことが浮かんで美由紀は再び泣き出した。

堪えても自然に涙が流れ出し、涙はいくら拭いてもとまることが無く流れ続ける。

泣き続ける美由紀はいつしか泣き疲れて意識が薄れ深い眠りに入り込んでいった。

 

 ~眠り込んだ美由紀は夢を見ている。

小さな部屋でなぜか衣服を脱いで全裸になって鏡に自分の全身を映している。

すると突然に風景が変わり、いきなり現れた大勢が美由紀の全裸をニヤニヤしながら眺めている。

美由紀は両手をクロスさせて股間と乳房を隠すと、野村が現れて美由紀は両手を万歳する格好で

押さえつけた。

美由紀は乳房と股間を大勢に晒し、周囲の人間は美由紀の股間に注目し絨毛の批評をしていく。

そこに由佳が現れた。

由佳はカミソリで美由紀の絨毛を剃っていくが、金縛りにあったように動けない。

由佳は美由紀の股間にある絨毛を全て剃り上げ、子供のようにツルツルな割れ目が現れ、襞が割

れ目から飛び出ている。

大勢が美由紀の股間の割れ目をを見て笑っている。~

 

 「いやー!」美由紀は叫び、そこで夢が覚めた。

美由紀は全身が汗でビッショリになり「夢か!」美由紀は汗を手で拭きながら時計を見た。

「もう3時だわ。こんな時間なの?」美由紀は時計を見ながら額の汗を手で拭いた。

「汗でビッショリだわ!」美由紀の下着は汗でビッショリだ。

不快感で美由紀は着ていた衣服を脱ぎブラジャー1枚の姿になった。

パンティは会社で脱いでいたのでピンクの淫裂が覗いている。

「着替えないと」誰もいない自分の部屋でブラジャーを外していく。

乳房には、先ほど福原に揉まれた時にできた痣がある。

生まれたままになった美由紀はバスルームに向かい、シャワーを浴びた。

シャワーを浴びながら美由紀はこれからの事を考え「これからどうしようかな?」当てのないか

ら職を捜さなければならない。

「ハローワークに入ってみようかな?」バスタオルで全身を拭きながらふと思いついた。

バスルームから戻った美由紀は急いで服を着込みハローワークへと向かった。

 

 ハローワークでは親切に担当者が美由紀と面接をして尋ねてくる。

「どうして、前の会社をお辞めになったの?」美由紀は答えられない。

まさか、ストリップ出演がばれたとは言えないから「いろいろ事情がありまして!」

「そう、もったいないわね。実は不景気で女性の求職は無いんですよ」早い話が職は無いとのこ

とだった。

担当者はとりあえず失業保険で生活をするように勧め、説明をしていく。

しかし、美由紀は保険なんかどうでもよく、職がないならそれで良いのだ。

美由紀は仕方なく最後まで話を聞いてハローワークを後にした。

美由紀は歩きながらいろいろ考えたが考えが浮かばない。

無造作に歩くと喫茶店の看板が目に付き「コーヒーでも飲もうかな?」看板が飾ってある喫茶店

に飛び込んだ。

「いらっしゃいませ!」美由紀はとりあえずイスに座ると「何をお召し上がりますか?」「ホッ

ト頂戴!」「かしこまりました」美由紀はウェトレスが置いていった水を飲み込む。

「そうだ。困ったら絵里さんが来いと入っていたわ!」コップを置いて立ち上がろうとした時に、

「お待たせしました!」ウェイトレスがコーヒーを運んできた。

「ありがとう!」美由紀は直ぐに絵里の所に行きたかったが失業した今は、出されたコーヒーを

最後まで味わうように飲み込んでいく。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/77-d199d8ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top