赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「OL哀歌~美由紀編」第10話 意外な答え  


 喫茶店を出ると美由紀は絵里が社長をしている本間金融の事務所に向かった。

本間金融の事務所には、いつもの若い女性の受付がおらず、代わりに中年の女性が受付にいた。

「あのー、本間絵里さんにお会いしたいのですが?」

「ご予約なさってますか?」受付の女性はキッパリ言う。

「いいえ」美由紀は応えると「それじゃ、無理です。残念ですがお会いになれません!」美由紀

と絵里の関係を知らない受付は素っ気なく言う。

「わかりました」これ以上言っても無駄と考えた美由紀は(仕方ないわね。直接合うわ!)一旦、

事務所を出ていく振りをして隠れるようにして、絵里のいる部屋に向かって歩いていく。

幸い、絵里の部屋へ通じる廊下には誰もいない。

「そこが絵里さんの部屋だったわね」ドアの前に立ってノックをしようとすると「あぅ、あん、

あー!」中からは喘ぐような女性の声が聞こえる。

「何かしら?」美由紀は悪い事とは知りながらそっとドアを押した。

(鍵がかかってない!)美由紀は音を立てないようにしながら中に入りドアを戻していく。

「あん、あん!」前と違って大きな声が聞こえ、忍び足で音のする方に向かって歩いた。

そして「!」驚きで美由紀は声が出なくなった。

 

 美由紀の前では一糸まとわぬ女性二人が絡み合っている。

それは絵里とこの前までは受付をしていたの女性だった。

女性は絵里の机に仰向けに寝ており、絵里はその女性にかぶさって乳房を揉みながらもう片手で

淫裂に指を入れている。

女性も両手で絵里の乳房を揉みながら「お願いです、このまま雇って下さい!」甘えながら言う。

「私もあなたを側に置きたいけど、あなたは好きな男ができてセックスまでしたでしょう?」

「はい。でも別れます。も、もうしませんからここに置いて下さい!」

「悪いけど、それはできないわ。あなたは、男性に抱かれる方が幸せよ。嫌って言ってるじゃな

いのよ」

さらに「証拠に指じゃ感じないでしょ。男のチンポが指より良いでしょう。あなたの幸せを考え

ての事よ」と言う。

女性に好きな男ができてセックスまでしたのだから結婚しろと絵里は言っている。

絵里の説得で受付をしていた女性も決心し「私、結婚します。でもたまには相手をして下さい」

絵里の乳房に吸い付いた。

「いいわよ。いつでもいらっしゃい!」絵里は嫌がらず乳房を差し出した。

それを見ている美由紀は股間が熱くなっていく。

座り込んだ美由紀はスカートの中に自然に右手が入り、パンティの股間部分を覆っている布地を

ずらして割れ目の中に指を入れていく。

左手も自然に上着の裾を捲って、ブラジャーをずらして乳房を揉んでいる。

「あん、あん!」3人は悶え声と喘ぎ声をあげていた。

 

 それを破るように「あ、あんた誰なの!」絵里に淫裂を愛撫されていた女性が気づいて両手で

淫裂を隠しながら叫んだ。

「美由紀さん!」絵里はオナニーしている美由紀に声をかけた。

絵里の声に美由紀は正気に戻り、淫裂、乳房を触っていた手を退けて「失礼だとは覚悟の上で絵

里さんにお会いしたくて伺いました」

「何か、訳がありそうね?」

「はい。助けていただきく伺いました」絵里は全裸のまま隠そうともせず対応したが受付の女性

は罰が悪そうに慌てて脱いだ衣服を着込んみ、部屋から出ていった。

「美由紀さん、私はヌードよ。あなたもヌードじゃないと対等じゃないわよね」

「そうですね」美由紀は絵里の意味が理解でき衣服を脱ぎだした。

絵里は美由紀の衣服を脱いでいく様子を黙って見ていたが(ストリップがバレタみたいね)冷静

だった。

美由紀は下着だけの姿になるとパンティとブラジャーも脱いで絵里と同じ全裸になった。

「ひょっとして、会社をクビになったの?」

「ええ、そのようなものです」素直に答えた。

(さて、どうしたらいいものかしら?)絵里は迷っていた。

美由紀を側に置いて自分のレズ相手としたいし、後継者としても育てたいと前から思っていた。

絵里は黙って考え(とりあえず、楽しんでからにするか!)絵里は全裸で立っている美由紀の淫

裂を右手で撫でながら乳首に吸い付く。

「あっ、あん、あん!」美由紀は甘い呻き声をだし、立ったまま絵里の乳房を掴んで揉んでいく。

(いいわ、もっと強くよ!)絵里も美由紀の淫裂に指を入れて掻き回していく。

「ダメよ。変になっていく!」絵里は美由紀を机に座らせて仰向けに寝かせ、キスをしていく。

そして、別荘でした事を二人は社長室で行い、淫裂からは淫汁を出したまま抱き合っている。

 

 30分ほで楽しむと二人は全裸のままソファーに座った。

「ねえ、美由紀さん、私の会社に勤めない?」

「えっ、本間さんの会社ですか?」

「いやかしら?」

「いいえ、喜んで勤めさせてもらいます」

「でも、美由紀さんはまだ苦労が足りないわ。お金に対する執着心が足りないと思う」

「そうでしょうか?」

「そうよ。だから修行をしてきなさい。それから私の秘書をしてもらうわ」

「修行ってどんなことをするのですか?」あどけない美由紀に絵里は冷酷なことを言う。

「あなた、風俗の修行をしなさい。それでお金への執着心を身に付けないと!」

「ふ、風俗ですか?」まさか美由紀は風俗の修行などするとは思っていなかった。

 

 「そう、裸の修行よ。他人に自分の裸を見せてお金を稼いで見なさい」

「ヌードを見せるのはいやです!」泣きそうに美由紀はいうと「甘えるんじゃないよ。女が生き

ていくためには裸も覚悟しないと生きていけない時代なんだから!」絵里は突き放すように言う。

意外な答えに美由紀は泣き出したが、絵里の言うことにも一理ある。

「わかりました。やってみます!」美由紀は生きていくために修行を承知した。

「早速だけど、明日からはじめるわ」全裸のまま立ち上がった絵里は電話を掛けた。

そして、電話が終わると「服を着なさい。行くわよ!」

美由紀には意味が分からなかったが絵里に言われて衣服を着込んでいく。

絵里も床に脱ぎ捨ててある衣服を着込んでから二人は社長室を出た。

「あ、社長。どちらに?」絵里の相手をしていた女性が声を掛けた。

「清水クラブよ。後はよろしくね」

「わかりました」絵里とのレズで全裸はおろか淫裂に指を入れられた姿を見られたその女性は恥

ずかしくて俯いて美由紀の顔を見ようとはしない。

本間金融の入ったビルから出た二人は10分程歩いて「清水クラブ」と看板があるビルに入った。 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/78-d55d1c20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top