赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「OL哀歌~美由紀編」第11話 寮生活  


  美由紀と絵里はビルの中に入り「清水クラブ事務所」と書かれた部屋に入った。

「どう、お元気そうね」絵里が挨拶すると「おかげさまで。絵里さんも元気そうですね」社長の

清水も答えてくる。

「貧乏暇無しだから、元気でいないとね」

「ところで修行の件は本当なんですか?」

「勿論よ。紹介しておくわ。こちら清水拓也さんよ。バーの社長さんなの」

「清水クラブの社長です。今後ともよろしく!」

「社長さん。こちらが先ほど言った美由紀さんなの」

「大原美由紀です。よろしくお願いします」美由紀も挨拶をしていく。

「絵里さん、こりゃあ、上玉ですよ。受けますよ、この子なら!」清水は美由紀の全身を食い入

るようにを眺めている。

「そりゃそうよ。私のお気に入りだもの」

「でも、そのお気に入りにどうしてこんな仕事をさせるのですか?」疑問に思うのは清水だけで

はない。

普通の人だったら気に入った人の裸を他人に見せる気にはなれないからだ。

「修行よ、甘い考えを捨てて執着心を持つ為よ。でもセックスはだめよ。よく監視してね」

「わかりました。大事にお預かりします。貞操もね!」

「清水さん、あなただけは、美由紀のオッパイを触るだけを許すわよ」

「いいんですか。早速オッパイをだしてもらおうかな?」

 

 ある程度、ヌードを覚悟をしていた美由紀だが、いきなり言われて「イヤです。他人にオッパ

イなんか触られたくない!」嫌がった。

「ふざけるな。自分の置かれている立場を考えろ!」清水は早速、渇をいれた。

震える手で仕方なく美由紀はブラウスを捲り上げてブラジャー姿を見せていく。

「早くオッパイを出しなさい!」美由紀は顔を横に向けてブラジャーを捲り上げるとカップから

飛び出た乳房が揺れている。

「いい形ですね!」清水は両手で乳房を掴み揉んでいく。

「だ、だめ。揉まないで!」美由紀は全身が硬直し乳首も勃起している。

「絵里さん。この子、敏感ですね」乳首をも摘みながら言う。

「そうよ。だから私のお気に入りなのよ」

「絵里さんが気に入る訳だ」乳房を揉んでる清水が言う。

「もういいでしょう?」

「ああ、いいよ!」絵里は清水の手を払いのけるようにブラジャーを下げて乳房をカップの中に

しまいこんでいく。

 

 「それじゃあ、美由紀君には寮に入ってもらうよ。修行をしている間だけだけどもね」清水は

さらに「アパートはそのままだ。手荷物無しで入ってもらう。給料は絵里さんに預けるから手渡

しはなしだ」

「それじゃあ、食べていけません!」

「食事は三食付きだ、心配するな。衣装は貸し出しで給料から引き去りする」

「アパートの家賃を払っておかないと大家さんとの契約が…」美由紀はアパートが心配だった。

「大丈夫よ。私が話をつけておくから」絵里が美由紀に言う。

「それではあんないしよう、行こうか!」清水は美由紀を連れて部屋からでていくと「清水さん。

美由紀の貞操は守ってやってね!」絵里が声を掛けた。

「当然です。本間社長さんのお気に入りですから」美由紀は清水に連れられて寮に向かう。

寮は事務所から歩いて近くの所にあり、そこから事務所に通うことになった。

寮の入口から入ると個室が数室あり、食堂、浴室、トイレは共同となっている。

その管理人は55才の老婆がしており「あら、社長さん!」「新入りなんだ。面倒を頼むよ」

「大原です、よろしくお願いします」

「ついてらっしゃい!」老婆に連れられて美由紀は2階に上がって一番突き当たりの部屋に案内

された。

「ここがあなたの部屋よ」ドアを開けると汚れたベッドに布団が置かれている。

その部屋にはベッド以外には何の設備もない。「これからは、欲しいものは、あなたの体で稼ぐ

のよ」老婆はそう言い残してドアを締め美由紀が部屋に1人残された。

 

 美由紀は部屋の掃除を始めた。

部屋の隅にある掃除用具からバケツと雑巾を取りだして掃除を始めていく。

「凄く、汚れているわね」雑巾を水の入ったバケツに入れると真っ黒になり、汚れたバケツの水

を交換しながら掃除している。

「あら、新入りなの?」背後から声がかかり「はい、今度住むことになった大原です。よろしく

お願いします」

「それは良いんだけど、ここにはルールがあるの。新入りは1番古い先輩の部屋に挨拶に行かな

ければいけないの。知ってる?」

「知りませんでした。どの部屋でしょうか?」美由紀は真剣な顔で聞いている。

「知らなかったからいいかな。まあ、付いて来なさい!」先輩に連れられて後ろから行く。

「あら、新入りなの?」

「そうみたいね!」どの部屋からも女性が現れてきて美由紀の後を付いてくる。

美由紀達寮の住人は全員が一つの部屋に集まった。

「先輩、新入りです」

「あら、新入りなんて久しぶりね」寮で1番古い女性はまだ28才くらいだった。

「今度の新入りはかわい子チャンね。中身はどうなのかしらね」

「中身って?」美由紀は聞き返した。

 

 「中身よ。あなたのヌードよ!」

(この人達私のヌードを見たがってのかしら?)美由紀は聞き返した。

「ヌードですか?」

「ええ、ここでスッポンポンになるのよ」先輩がいうと「もし、イヤといたら?」

「それでもヌードになるの。いやならこの寮には住めないかもよ」美由紀は覚悟を決めた。

(これはいじめだわ。でもこの寮からでる訳にはいかないし…)

「わかりました。ここでヌードになれば仲間として扱ってくれますよね?」

「勿論よ。でも、あなたの一番恥ずかしい所も見せるのよ!」

  
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/79-91d25bd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top