FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「嗚呼、家庭教師」第9話 フェラ

第9話 フェラ

 好子と明宏は、ビデオを見ながら夜を楽しんでいたが、文恵が家庭教師をしてから1年過ぎ、良一も3年生になっている。
「あなた、何とかして、東京の国立に入れたいわね」
「それはそうだが、無理はしなくていいぞ」

 「無理はしないわよ。良一に餌を与えるだけなのよ」
「餌か、どんな餌だ?」
「セックスよ。東京の国立に合格したら、文恵さんとセックスさせるのよ!」
「無理だよ、そんなの無理に決まってるよ…」明宏も呆れ顔だ。

 「あら、そうかしら。条件さえ整えば承知するわよ」
「いくら本人が承知したって、親が黙っているわけないだろう…」
「それがあるのよ。あなたにも手伝ってもらうけど」
「何を手伝うんだ?」

 「文恵さんとセックスして、処女だったら親に合うのよ。嫁に下さいって!」
「そんなに、うまく行くとは思えないけどな…」
「やってみなければ、わからないわよ」自信タップリの好子だ。

 明宏も承知すると好子は「このままでは国立も危ないわ。そこで、国立に入学した時の褒美を決めたいの…」遂に切り出した。
褒美と聞いて「褒美って、まさか私の体ではないでしょうね?」顔が強ばった。
「勘がいいわね。その通りなのよ、良一も喜んでいるわ」

 「そんな事、勝手に決めないで。私はそんな尻軽女ではありません。セックスはイヤです!」泣き出してしまった。
「あら、そんな事言っていいのかしら。この写真があるのよ。国立に入学できなかったら、この写真をあなたの友達に見せるわ」

 「それだけはやめて下さい。何でもしますから…」頭を下げた。
「それなら、こっちの言う事も聞いてよ。あなたの処女が褒美よ」文恵は暫く泣いて「そんな事したら、お嫁にいけなくなります…」また泣き出した。

 「泣かなくたっていいわよ。入学したら、あなたを良一のお嫁にするわ。私だって文恵さんと一緒に暮らしたいの。毎晩楽しめるし…」
「そんな事言っても、父さんが何と言うか…」

 「それは心配しないで、夫が頼みに行く手はずだし。とにかく、入学するまでは処女でいるのよ。それから、手を抜いて、国立に入れなかったら、写真を見せるから覚悟してね」好子のきつい言葉に文恵は泣くだけった。

 この褒美が決まると、良一は俄然、張り切った。
「文恵さんとオ○ンコできるなら、何としてでも、東京の国立に受からないと!」積極的に勉強をしている。

 それは、好子や明宏にもわかって「あなた、褒美が効いたわよ」笑顔になっている。
「そのようだな。男はオ○ンコと聞くと、やたら張り切るんだよな」
「あなたも、そうなの?」
「お、俺は違うよ」慌てる明宏に「それより、私も褒美が欲しいわ。ここまでやったのは私の手柄よ」

 「わかっているよ。今夜は頑張るから…」
「それなら3回よ。今日は特別に3回出して」
「3回か、自信ないけど頑張るよ」明宏はいつになく、激しく好子を突き刺している。
「いいわ、いいわよ…」喘ぎ声を上げ続け、最後は好子が上に乗って腰を振っていく。
「いいよ、凄くいい。もうすぐ出るよ…」乳房を揉みながら、約束を果たした。

5b242fef.jpg

 だが、文恵は憂鬱だった。
「合格したら、セックスしなければいけないし…。かといって、落ちたら写真が表沙汰になってしまうし…」誰にも相談できず、悩んでいた。

 そして、2学期も終わり、入試も本番が迫って、文恵は良一に付きっきり状態だ。
「文恵さん、休憩しようよ!」甘えるように抱きついた。
「待って。まだ早いわ!」
「入れなければ、いいんでしょう?」スカートを脱がし、パンティも引き下げると、淫裂に顔を押し付けた。

 「恥ずかしいの。そんな事しないで!」頭を押さえ、やめさせようとするが、舌と指が敏感な部分を愛撫していく。
「ダメよ。そんな事するなら、もうヌードにならないから…」
「わかったよ。その変わり、文恵さんがやって。もうカチカチだし」ズボンを引き下げると、肉竿がそそり立っている。

 「これを、どうするの?」
「口でやってよ。エロビデオでやってるように」
「そんな、汚い事できない…」
「汚くないよ。やらないなら、ここに入れるよ」膣腔に押し当てた。

 「わかったわ。やるから入れないで…」今、処女を失うわけには行かないから、肉竿を手で、掴んで口を押し付けた。
「そうだよ、そうやって…」腰を振り催促すると、文恵の頭が前後に動き、肉竿が唇で擦られる。

「気持ちいい、オ○ンコってこんな感じかな…」文恵との性行為を想像し、手を伸ばして乳房を揉んでいく。
(オチンチンをなめるなんて、イヤだけど…)口を動かしていると「あら、フェラもやってるんだ」好子も驚いた様子だ。

 「そうなんだ、我慢できなくて。セックスも、こんなに気持ちいいのかな?」
「さあ、男じゃないから、わからないわ…」2人の行為に、目を潤ませてみていたが「コーヒーの準備が出来たからね」そう言い残して部屋から出た。

 部屋を出て、リビングに戻ると「あなた、凄いのよ。良一がフェラさせたの!」興奮気味に言う。
「フェラか…。俺も、やって貰いたいな… 」
「それだったら、してあげる!」明宏のズボンを引き下げると、股間に顔を埋めて肉竿を口に含んだ。

 「気持ちいい。初めてやって貰うな…」満足そうに頭を撫でていたが「好子、やらせろ。我慢できない!」スカートとパンティを脱がし、下半身を剥き出しにした。
「待って。もうすぐ、2人が来るから」拒んでも、太股を持ち上げられ、駅弁での結合が始まった。

 「ダメ、今はダメ…。見られたらどうするの…」言葉では拒んだが、淫裂は歓迎してヌルヌルになっている。
「構わないさ。いずれ2人もやるんだから」明宏は気にする様子はなく、肉竿をピストンしている。

 そこに「そんな、好子さんが…」文恵が現れ声を上げた。
「見ないで、こんな姿は見ないで~」首を振っても、肉竿は動いている。
「すげえ、こんなオ○ンコもあるんだ…」良一も感心してみている中で噴射が行われた。

 「射精だわ、精液が漏れてる…」
「ホントだ、母さんのオ○ンコから漏れてる…」
「あなた降ろして、恥ずかしいのよ」噴射を終えて、満足した明宏は好子を降ろすが、好子の淫裂からは白い液体がドロドロ流れている。

 「好子さん、妊娠は大丈夫ですか?」
「その心配はないわ、あれ、飲んでいるの」淫裂を拭きながら答える好子に(私もあんな風にやらされるんだ…)心配顔の文恵だった。
 
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/796-a9f12e0e

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。
おことわり
 この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスランキング

カウントされない事もあり
   ますのでご承知下さい

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん