赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

「OL哀歌~美由紀編」第12話 先輩のいじめ  


 美由紀は着ている服のボタンを外し、上着。ブラウスと脱いでいく。

真っ白なブラジャーが覗いて「あら、大きそうなオッパイね。カップは何サイズ?」

「Cカップです!」衣服を脱ぎながら答え、上着とブラウスを脱いだ美由紀は上半身は真っ白な

ブラジャー1枚になっている。

「次は下から脱ぐのよ!」先輩に言われ、腰のホックを外してファスナーを降ろした。

スカートが足元に落ち「あら、お揃いの白なの、上品ぶってるわね」

「これしかないんです。欲しくても買えないんです」美由紀は言い返した。

「新入りだからお金がないのは当然ね、でも白はいただけないわ」

「でも、本当にないんです!」

「わかったわ。会社のを前借りしなさいよ。給料天引きだからね」下着もあるとは清水は言って

なかった。

「本当に前借りできるんですか、社長そんなこと言っていませんでした」

「本当よ、今夜の勤めで教えてあげるから。それよりもパンティから脱ぎなさい!」

「オッパイからじゃいけませんか?」

「だめ、あなたの1番恥ずかしい部分から見せなさい」

(どうしよう、剃ったのがわかってしまう…)美由紀は困っが(お風呂も共同だから、いずれ生

えてないのがわかってしまうから同じ事だわ)

 

 美由紀はこれから同じ職場の仲間となる同性の前でパンティを脱いでいく。

(恥ずかしいわ、生えてないのを知られたら何か言われる)美由紀は股間を両手で隠している。

(この子、生えてないのかしら?)同僚達は股間を必要に隠す美由紀に疑問を感じている。

それでもどうにか、股間を隠しながらパンティを脱ぐことができた。

「次はブラね!」美由紀は右手で股間をしっかり隠しながら左手で背中のホックを外していく。

ブラジャーは緩んでいきカップから白い乳房が飛び出し、左手で器用にブラジャーを脱いで美由

紀は全裸になった。

「これでいいかしら?」真っ赤な顔で美由紀が言うと「まだ恥ずかしい所を見せてないわよ。手

をどけなさいよ!」先輩格がいう。

(恥ずかしいけど、しかたないわ)美由紀は股間を隠している左手を退けた。

それと同時に「パイパン!」「あらー!」淫裂が丸出しの股間に驚きと嘲笑が渦巻く。

淫裂からは襞が飛び出して、美由紀は耳まで真っ赤になっている。

「あなた剃ってるの、変態じゃないの?」

「ち、違います。ローンの返済のために剃られたんです!」美由紀は変態と言われて言い返した。

「借金の返済でオ○ンコを剃らせたの?」「はい!」美由紀は頷いた。

「剃ったのはいいとしても、両手で広げなさいよ。それに足もひろげて!」美由紀は俯いたまま

足を広げ、両手で淫裂を広げた。

「オ○ンコを見て欲しいんでしょう、ちゃんと言わないと」

(誰も見てくれ何ていってないわ)と言い返したいが「美由紀のオ○ンコを皆様でご覧になって

下さい!」屈辱で声が詰まり、なぜか涙が流れてくる。

「う、う、うー!」声を上げて泣き出す美由紀だ。

「泣いてないで、そこに座ってオナニーしなさい!」

「そんなのできません!」遂に美由紀は反抗してしまった。

 

 「先輩に口答えするなんていい度胸ね」美由紀は周りを取り囲まれしまった。

「オナニーをしなさいよ!」

「いや。絶対、いや!」

「仕方ないわね」先輩達は一斉に美由紀に襲いかかった。

「いや、やめて!」美由紀は両手、両足を抑えられて床に大の字に押さえつけられた。

「仕方ないから、私がやるわ!」1番の先輩が美由紀の開いた足元に膝を立てて座り、股間を撫

でていく。

「いや、やめて下さい!」しかし、美由紀の膣の中に指が入り込み「いやー!」指はゆっくり膣

の中を掻き回していく。

「だったら、私はオッパイにする!」新たに二人が加わって右左の乳房を揉みだした。

「痛い。やめて下さい!」美由紀は抵抗ができない。

さらに、クリトリスの包皮も捲られて撫でられて「あ、あんー!」喘ぎ声を上げた。

「そーら、感じ始めたみたいよ!」先輩達は美由紀を辱めながら顔を見ている。

「いや、やめて下さい。お願いです!」

「だったたら、自分でする?」

「いやです。絶対にいや!」クビを左右に振って美由紀は拒んだ。

「仕方ないわ。だれか、あれ取って!」膣に指を入れている女性が指図すると何かが渡された。

「いくわよ!」指に変わって一気に入り込み「だめ。抜いて下さい!」背中を反らせながら言う。

「ふ、ふ、ふ。気持ちいいでしょう」それはバイブだった。

ゆっくり膣から抜いたり入れたりとピストンをしていくと「あん、あん!」美由紀はいつしか喘

ぎ声を上げている。

 

 また、乳房を揉んでいた二人は一斉に乳首を吸い始め「あっ、あー!」全身を弓のように反ら

せながら喘ぎ声を上げている。

「ほら、お汁も出てきたわよ」

「いや。もうやめて下さい!」美由紀の淫裂からは淫汁が流れ始めている。

(だめよ、感じちゃだめよ!)気持ちいいのを知られまいと堪えているが、体は正直で今の気分

を現している。

「行きたいでしょう、でも、行かせないわ」淫裂からバイブを抜いて入膣の入口に押しつけた。

(入れて、お願い!)美由紀は体をずらしながらバイブを迎えようとしている。

そして、少し入った所でまたバイブが抜かれた。

「ふ、ふふ。行きたいでしょう?」

「はい。行かせて下さい!」

「じゃあ、オナニーする?」

「します。だから入れて下さい!」

「それじゃあ、入れるわ!」再びバイブが入り込んで「あん、あん!」美由紀は腰を持ち上げた。

「後は自分でしなさい!」先輩はバイブから手を離し、美由紀の両手の自由も戻った。

その自由になった手で淫裂に刺さったバイブを掴んで「あん、あん、あん!」ピストンをさせて

いく。

先輩達はその様子を眺めているが、邪魔な絨毛がないので淫裂の様子がよく見える。

 

 「私も感じてきた!」1人がスカートを捲り座り込み、オナニーを始めた。

「私もよ」先輩達は美由紀のオナニーを見ながらオナニーをしていく。

見られている美由紀はもう、他人の事などどうでもよく「いく、いく!」淫汁が尻の穴を濡らし

ている。

「あんなに濡らして気分良さそうね」

「私達もしない?」

「お相手してくれるの?」

「あなたさえよければ」

「勿論いいわ。しましょう!」先輩達はカップルを作り、次々と抱き合って部屋からでていく。

残ったのは美由紀とこの部屋の住人だけだ。

美由紀はバイブの動きを早めて「行くー!」そう叫ぶと動きがとまった。

バイブは根本まで淫裂に入り、美由紀は天井を見つめて「ハア、ハア!」と荒い息をしている。

「私もいきたい!」1番先輩の住人も衣服を脱ぎだした。

先輩は上から脱ぎ、スカートも脱いで真っ黒なスリップだけの姿になり、肩紐をずらすと少し垂

れ気味の乳房が現れた。

もう片方の紐もずらすと足元まで落ちて美由紀と同じ全裸になった。

まだ30才代と思われるが腰のくびれ、恥丘の張り具合は美由紀に負けてない。

さらに、股間にはあるべきヘアが生えておらず、淫裂からは2枚の肉襞がはみ出ている。

だが、肉襞は先端が美由紀と違って黒ずんている。

 

 「ねえ、私にしてくれない?」美由紀に唇を重ねた。

「いいわよ」荒い息をしながら答えると「ありがとう」先輩は向きを変えてお尻を美由紀に向け

て四つん這いになった。

「私、後ろからされるのが好きなの。だから後ろからして!」

美由紀は目の前にある淫裂に指を入れて掻き回していと「あん、あん!」悶え声を上げていく。

(あら、もう濡れている!)淫裂からは淫汁が流れ、指を二本にして淫裂への出し入れをする。

すると「これでして!」先輩は美由紀の淫裂に刺さっているバイブを引き抜き渡した。

美由紀は指に変わってバイブを挿入すると「いいわ、いいわよ!」叫びなが美由紀の淫裂をなめ

回す。

「だめ、汚いわ!」

「汚く何かないわよ!」舌が膣の中に入り込み「あっ、あー!」バイブを動かしながら美由紀は

悶え声を上げた。

二人は夕方遅くまでレズを楽しみ、他の部屋の住人も楽しんでいて、喘ぎ声があちこちの部屋か

ら聞こえている。

   


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/80-4ef272a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top