FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「夫婦生活援護会」第10話 ヌードの出迎え

第10話 ヌードの出迎え

 自宅に戻ると「育子、脱いで素っ裸になるんだ!」命令する。
「恥ずかしいわ。あなたも脱いでね」
「わかってるよ」育子は先ほどと同じく生まれたままの姿になった。

 「育子、いつもああやって、オ○ンコしているのか?」
「してないわ、セックスは絶対にしてない。ヌードで踊るだけよ、信じてあなた!」体験の時の事は言えなかった。
「信じるから、今度はバックからやらせてくれよ」

 「バックからなんて、やった事ないし…」躊躇する育子に「やらないなら、信じないぞ。誰とオ○ンコしてたんだ!」
「信じて。してないわよ」
「だったら」四つん這いになるんだ!」
(やるしかないわ。孝夫さんのために…)育子は四つん這いになった。

 「行くぞ、育子!」「ヒー!」孝夫の肉竿が一気に淫裂を突き刺していく。
「まだよ、準備がまだなのよ」だが孝夫は腰の動きを止めない。
「あなた、許して。膣が痛いの、まだ準備が…」乳房を前後に揺らせながら悲鳴に近い声を上げている。

 「これくらい、我慢しろ!」自信をつけたのか、孝夫の肉竿は脈々と血管が浮き上がっていた。
(きついわ、子宮の奥がきつい…)顔を歪め首を左右に振って耐えている。
(こんなことなら、連れて行くんじゃなかった…)淫裂を肉竿で突かれながら、考え巡らせた。

 「あなた。お願い、もう許して、ホントに痛いの。ゼリーを塗ってからにして」
「ゼリーなんていらないよ。お前の唾で十分さ」
「それでもいいわ。そうさせて」育子は向きを変え、孝夫の肉竿を口に入れて、しゃぶっていく。
「ピチョ、ピチョ!」まんべんなく唾を肉竿につけていく。

 「もういいだろう。やらせろよ」再び育子は四つん這いになった。
「あん、あん、あん!」勢いよく肉竿が突き刺さってくるが痛みは感じられない。
「ピタ、ピタ!」尻と股間のぶつかる音が響いている。
「あなた。いいわ、いいの。子宮の奥までオチンチンが突き刺さるの…」

 「そうか、そんないいのか。俺のチンポコが…」得意そうに腰の動きを早めて、絶頂を迎えた。
「だすよ。だすよ!」孝夫の動きが停まり「うー!」うなり音と共に噴射したが、少ししか噴射されない。

 (少しだわ。ちょっとだけしか射精されなかった…)先ほどの暖かさとは全然違っていた。
「不発か、やっぱりな…」がっかりする孝夫に「違うわ、あなた。ちゃんと射精されたわよ。ほら」恥ずかしそうに、孝夫に淫裂を広げて中を見せた。

 「ホントだ。射精したんだ!」
「さっき、出したばかりだからまだ溜まってないのよ。安心して、あなた!」
「そうだな、確かにオ○ンコに出したな」孝夫は自らも淫裂を開いていく。
「恥ずかしいわ。もう許して、あなた…」
「もう少し見せてよ」自身を取り戻した孝夫は、食い入るように育子の淫裂を眺めていた。

 その翌日「育子、今日は何時に仕事が終わる?」
「5時には終わるけど…」
「そうか、5時か。だったら7時には戻るから、昨日の姿で出迎えてくれ」孝夫の言葉に信じられないと言った顔だ。

 「ヌードなの。しかもフルヌードなの?」
「そうだ、お前の素っ裸が気に入ったんだ。やるよな」
「いやよ。夫婦でも、明るいうちからフルヌードなんて…」
「やっていたじゃないか。俺の知らないところで、オ○ンコ見せていたじゃないか!」
(あれは、あなたのためにヌードになったのよ)黙ったままの育子だ。

 「やるよな?」
「わかったわ。その代わり、誰か連れてくるときは電話してよ」
「約束する。誰も連れて来ないと!」孝夫はそれだけ言うと先に会社に向かい「私も急がないと!」育子も会社に向かった。

 育子はいつものように、5時に仕事を終えると自宅に戻った。
「もうすぐ、孝夫さんが帰ってくるわ。フルヌードの約束だし」ドアの鍵をしっかり掛けると着ていたスーツを脱いで下着だけの姿になっている。
「これを脱ぐなんて…」育子はパンティを先に脱いだ。

nugi_138-005_202003111554122eb.jpg

淫裂の周りを、カビが生えたように生えかけの絨毛が覆っている。
「やっと生えてきた。でも卑猥だわ、こんな性器は…」パンティを脱ぎ終えるとブラジャーも脱いで全裸になった。

 「こんな姿で出迎えるなんて」恥ずかしそうに、両手で乳房と淫裂を隠している。
育子はソファに座り、孝夫の帰りを待った。
「もうすぐだわ。もうすぐ7時だし…」時計が気になっていた。

 時間が過ぎて時計は7時を過ぎているが「ピンポーン!」チャイムが鳴った。
「どちら様ですか?」全裸の育子は、両手で胸と股間を押さえている。
「俺だ、孝夫だ!」
「あなた一人ですよね。あなた一人でしょう?」

 「ああ、一人だよ。」
(良かった。あなた一人だけで…)「ガチャ。」鍵を開けてドアを開いた。
(素っ裸だ。かわいいな。そうだ、少しからかうか…)「入れよ、伊藤、俺の女房の素っ裸を見せるから!」

 瞬間に「いや、いやー!」思わぬ言葉で体が震えていく。
(見られてしまうわ。ヘアのない性器とオッパイを…)両手で胸と股間を押さえうずくまってしまった。

 「冗談だよ。育子、冗談だよ!」笑いながらドアを閉めて、鍵を掛けた。
「ひどいわ。冗談でも許さないわ」泣き出す育子だ。
「怒るなよ。かわいい顔が台無しになっているよ」

 「いや、いやです!」嫌がる育子を抱きしめ唇を重ねたが(許さないわ、今度は私が仕返ししないと)「まだ食事の準備が終わってないの」育子は生まれたままの姿でチッキンに立った。

 時折、太股の付け根からパックリと淫裂が覗いている。
(やりたくなった。オ○ンコがやりたい!)孝夫はズボンを脱ぎパンツも脱いだ。
そして背後から育子に抱きついていく。

 「だめ、後でしましょう。あとで!」しかし、淫裂深く肉竿が入ってしまった。
「あ、あ、あー!」育子は崩れまいと流し台を掴みやっと立っている。
「気持ちいいよ。育子!」孝夫は腰を動かし始めた。
(感じるわ。膣が痛くない…)ゆっくり動いた肉竿が、スピードを速めていく。

 育子は「あ、あ、あー!」アゴをあげ、悶え声を出し始めた。
「育子、素敵だよ」孝夫は両手で乳房も揉みだし「いいわ、あなた。凄くいいわ!」淫裂から淫汁が流れ「クシュ、クシュ!」肉竿のピストンに合わせて淫裂から音が出始めた。

 それに合わせ「出すよ。育子、もう我慢できないよ!」
「いっぱい頂戴、あなたのエキスを!」やがて育子は子宮の中が暖かくなったのを感じた。
(がんばったのね。病気は治ったのみたい)淫裂からポタポタと白い液体が垂れていく。
 
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/808-8d0d0505

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。
おことわり
 この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスランキング

カウントされない事もあり
   ますのでご承知下さい

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん