赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「OL哀歌~美由紀編」第13話 見習いホステス  


 レズを楽しんだ美由紀は先輩に連れられて浴室に入った。

洗い湯で体と股間を奇麗に流してから湯船に入り込み、先輩は金井真弓と名乗った。

「あなた、どうしてこんな商売する気になったの?」真弓が尋ねたが黙ったで答えない美由紀だ。

「そう。言えない事情がありそうね。でも、これからは安心して。私がいろいろと教えて上げる

から」

「ありがとうございます。お礼に背中を流させて下さい」

「あら、悪いわね」美由紀は石鹸をタオルに擦り付けて泡を立て背中を洗い出す。

その間も真弓は美由紀にいろいろな事を聞いたが美由紀は野村の事は一言も言わなかった。

湯船から上がって脱衣場で体を拭いているとガヤガヤと大勢が入ってくる。

「急がないと遅刻するわよ!」皆がレズを楽しんだために時間が無くなってしまった。

真弓と美由紀は皆より先に食堂で夕食を軽く取ってから寮を出てクラブの裏口に入った。

「いい、入るときは裏口からなの。正面からは絶対にだめよ。わかった?」

「はい」美由紀が返事すると真弓は女子更衣室へ入り「あなたは新入りだから恥ずかしい格好を

しなければいけないの。悪いけど我慢して!」

「恥ずかしい格好って、もしかしたら全裸ですか?」心配そうに尋ねると「まさか。でも、それ

に近い格好なのよ」真弓はロッカーから衣装を取りだした。

それは青みを帯びたナイロン製でスケスケの生地だ。

「これを着るんですか?」

「そう、しかも下着は着けちゃだめなのよ。」

「それじゃあ、全裸と同じだ!」

「そうなの。新米は仕方ないのよ」真弓はそれを美由紀に渡す。

「私、アソコ生えてないから恥ずかしい。せめてパンティを履かせて貰えないでしょうか?」

悲しそうな顔で真弓は「規則なのよ。できないの。私も剃っているから気にしないで着てね」

「そうよね、真弓さんも剃っているし、堂々と着てみる!」強がりを言う。

 

 「そうよ、そのいきよ。それにここがあなたのロッカーよ。鍵はしっかり掛けなさい」

「大丈夫、取られる物は何もないから」

「今はいいけど、お金を持つようになるとダメよ」

「ありがとうございます」美由紀と真弓は着替えていく。

真弓はシックな超ミニのワンピースで、胸元に穴が空き、両乳房の半分ずつ見える。

乳首と乳輪こそ見えないがかなり大胆だ。

「真弓さん、ブラジャーとパンティは?」

「これでブラジャーしたらお客は帰ってしまうわよ」真弓は笑いながら言う。

「そうよね」美由紀も吊られて笑うと「それに、ノーパンの方が便利なのよ」

「どうしてですか?」

「後でわかる。でも、恥ずかしがっちゃ絶対にダメよ。お金がもらえるんだから」

「恥ずかしいことって?」(何かしら、恥ずかしいけどお金になるって?)

「後でわかるわ」真弓の顔が赤くなっていく。

「ところで名前は美由紀でいいの。本名だけどいいの?」

「はい、美由紀でいいです。真弓さんもそうでしょう?」

「そうよ、この名前が好きなの。だから本名なの。それより着替えなさいよ、時間が無いわよ」

 

 美由紀は真弓にせかされて服を脱いで全裸になると突然、更衣室のドアが開いた。

「きゃー!」美由紀は胸と股間を隠して叫び声をあげると「あら、新入りが恥ずかしがってるわ」

後から来た寮の仲間だった。

「ちょっと、からかうのはそれくらいにして着替えなさいよ。もうすぐ開店よ!」

「そうよ、早く着替えないと!」狭い更衣室で体をぶつけ合いながら先輩達は着替えを終えた。

美由紀も着替え終えたが、先輩達は真弓と同様な衣服で胸の部分が空き、両乳房の半分が見え、

超ミニだ。

美由紀はスケスケのワンピースを着ているが、乳房が透けて見え、淫裂もはっきり見えている。

「恥ずかしい。これじゃあ、全裸の方がましよ」

「だめよ。全裸は御法度なの。スケスケでも服を着ている事になるのよ」真弓は美由紀に説明を

していく。

「わかりました。恥ずかしいけどお金の為ですよね…」

「そう、お金のためよ」真弓の言葉で美由紀は恥ずかしさが消えた。

「ドンドン」ドアがノックされ「行くわよ!」「はーい!」真弓を先頭に同僚が店内に向かう。

美由紀も最後を歩くと、ドアをノックした店員は当然に乳房を晒している美由紀に焦点が合う。

(いやらしい、私のアソコを見ている!)美由紀は恥ずかしくなっているが、真弓が気づいて

「どこ見てんのよ!」真弓に圧倒されて店員は慌てている。

(真弓さんありがとう)美由紀は心の中から感謝した。

 

 店内はまだお客がまばらだった。

「いらっしゃいませ」真弓は美由紀を連れて店内の客を回って「今度、お店に入った美由紀です」

美由紀を紹介していく。

「美由紀です、よろしくお願いします」両手を後ろにやり乳房と淫裂をお客に見せた。

「ほう、美由紀さんか。可愛い子だね」美由紀と真弓はお客を挟んで座ると、客はまず真弓の胸

の穴に手を入れて乳房を掴んで、もう片手が股間の中に入り込んで淫裂を弄くっている。

(真弓さん、オッパイとアソコを触られている!)美由紀は二人の行為をじっと見ていた。

「さてと、新米はどんな味かな?」お客は美由紀の方に姿勢を変え、ケスケのワンピースの上か

ら乳房を撫でだした。

「あら、お客様、冗談がお上手だこと」美由紀は笑っている。

(そこまでにして、オッパイだけよ…)しかし、お客は乳首を摘み「ダメよ。興奮していくわ!」

「じゃあ、証拠を見せてもらうよ」もう片手が美由紀の淫裂に入り込んだ。

(ダメよ。そこはダメよ!)しかし、美由紀は笑顔を崩さない。

お客は美由紀の恥ずかしい部分を触りまくって、楽しんだお客は「真弓さんチップを上げようね」

「ありがとうございます」真弓は裾をドレスの裾を捲って両足を開いた。

(真弓さんの膣が見える!)美由紀は声こそ出さなかったが驚いて見ている。

お客は5千札を丸めてそれを膣の中に入れると入り込んでいく。

美由紀は真弓が言った(恥ずかしいけどお金になる)との意味が分かった。

 

 「今度は新米さんにもあげようね」

「ありがとうございます」美由紀も裾を捲り、股間を丸出しにして両足を開いた。

(きっと、膣の奧まで見られてしまう…)美由紀は恥ずかしくて、太股がヒクヒクしている。

お客は5千札を丸めてると、ゆっくり美由紀の膣に入れていく。

「あ、ありがとうございます…」礼を言うと「これはご祝儀だ。真弓さん悪く思わないでくれよ」

「あら、気を使ってるの。そんな心配しなくていいわよ。それにお礼!」真弓はドレスをズラし

て自分から乳房を取りだし右手で掴みお客の口に押しつけた。

お客は乳首を吸い「あん、あん!」真弓は悶え声を上げていく。

乳首を吸い終えたお客は新たに1万円札を丸めて美由紀の膣に挿入していく。

「ありがとうございます!」

「よかったわね。美由紀!」

「はい、ありがとうございます」真弓と美由紀は膣にお札を入れたまま別なお客の所に向かう。

こうして、美由紀の膣にはこれ以上入らないと思われるほどのお札が入れられた。
 

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/81-b3d9db7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top