fc2ブログ

「女だらけの学園」第7話 二度目の拘束

第7話 二度目の拘束

 入学式は無事に終わって、3時から職員による懇親会が行われた。
歩美の慰労の言葉が述べられると、真澄の音頭で乾杯が行われ、ささやかだが、アルコールも用意されて後藤も飲んでいる。

 普段よりも飲む量は少ないが、この日に限って、いつもより酔いが回っていた。
「おかしいな。なんか変だぞ…」席を離れて、隣の教室で休んでいたが次第に眠くなってきて眠り込んでしまった。

 どれくらい時間が経ったかは知らないが、目を覚ますと教室ではなく部室のようだ。
「どうしてここに…」立ち上がろうとしたが、手が効かない。
「やられたな」両手を縛られているのを知ると「目が覚めたようね。これから楽しみましょうね」女性の声だ。

 「何故。こんな事をするんだ?」
「あんたが、出しゃばるからよ。少し大人しくして貰わないと」
「そんな事言っても無理だな。仕事だし」
「だったら、辞めるのよ!」後藤の頭に足を乗せた。

 「食っていけないじゃないか。それに、ピンクのパンツも買えないし!」
「そんなの、見るな!!」慌てて足を退け頭を叩いた。
「顔を隠しても、パンツを見せるのはいい心がけだよ」
「もう、言うな!」また叩かれた。

 「あんたは、何パンツなんだ。見せてくれよ!」
「ふざけないでよ!」平手で頬を叩いた。
「2人とも元気いいね。俺好みだ。オ○ンコしようか?」
「ふざけないで。何でオ○ンコなのよ!」後藤は足で蹴られ、手で叩かれていく。

 (そうだ、それでいい。こっちもやり甲斐があるし…)縛られた腕だが、動かしている内に次第に緩んできた。
後藤はなおも動かしていくと、片手が抜けている。

 それでも後藤は挑発している。
「見えた、紫パンツだ。いいね、今夜はそれでオナニーだ!」
「勝手に、見るんじゃないわよ!」また足で蹴られていく。

 「どう、これで辞める気になった?」
「まだまだ。これくらいじゃ無理だな」
「仕方ないわ。あそこにしよう」2人の女は後藤のズボンを脱がし、パンツも引き下げた。

 「これがチンポなんだ!」「そうみたい…」萎縮している肉竿を見ているが「オ○ンコ見たら、もっと大きくなるぞ」挑発していく。
「そんなに見たいなら見せてあげる。噂通りか確かめないと」「私もオ○ンコ見せてあげる」2人はスカートの裾を持ち上げてパンティを下げた。

 「ほら、オ○ンコよ」足を開いて見せると、絨毛の中にピンクの割れ目がある。
「いいね。やりたくなった!」瞬間に肉竿が膨らんでいく。
「す、凄い、これが膣にはいるんだ…」「膣が裂けちゃう…」驚いてみているが(そろそろオ○ンコするかな…)起きあがって1人ずつ両手を後ろ手にして縛った。

 「卑怯よ。騙すなんて!」不意を付かれて言うが「眠らせて縛った方が、もっと卑怯だ。懲らしめてやる!」2人のスカートを脱がして、パンティも脱がした。
「いい形だね、俺好みだ」淫裂を触ると「触らないで。男は不潔だから、触らないでよ!」言い出す。

 「オ○ンコがダメなら、オッパイだな!」胸のボタンを外し、前を開くとブラジャーが見える。
「ピンクに紫か、どっちもいいよ」手を伸ばして背中のホックを外すと乳房が現れた。

 「見るな。オッパイは見るな!」首を振るが「いい形だね。溜まんないや!」交互に乳首を吸い出した。
「あ~!」2人は喘ぐ声を上げたが「やめてよ。男は嫌いって言ってるでしょう?」
「いずれ、男が好きになるよ。まずはお前からだ!」上に乗ると太股を抱えて肉竿を突き出す。

 「やめて。入れないで!」しかし、膣穴にゆっくり入れると「あ~!」深い溜息を上げる。
「気持ちいいだろう。指よりいいんだからな」根本まで押し込むとピストンしていく。

 「ほら。オ○ンコがチンポを欲しがって、濡れてきたぞ!」
「欲しくなんかないわ。勝手に濡れるだけよ」
「それはどうかな。直ぐにばれるぞ!」乳房を揉みながらピストンを速めると「あ、あ、あ~!」悦びの声を上げ出した。

 「言えよ。正直に!」乳首も吸うと「言わない。絶対に言わない。あ、あ、あ~!」声を上げ続けた。
「強情なやつだ。それなら、お前だ!」相手を変えて肉竿を押し込んだ。

 「どうだ。気持ちいいだろう?」
「言わない。気持ちいい何て言わない!」首を振りながら拒むが、淫裂は濡れている。
「言わないと、やらないぞ!」一旦淫裂から抜いた。

 「抜かないで。もっと、していいのよ!」
「正直に言えよ、オ○ンコ気持ちいいんだろう?」黙って頷いた。
「正直でよろしい、もっとしてやるぞ」ピストンを速め乳房も吸い出した。

 それには、前にも増して大きな声を上げ「行く、行く」叫んでいる。
「行きたいか?」頷いた。
「行かせてやりたいけど、ここは学校だから我慢しろ!」肉竿を抜き、先程の女を俯せにして後ろから押し込むと「あ、あ、あ~!」声を上げだした。

 「気持ちいいだろう?」
「よくない。セックスなんて嫌いよ…」
「そうか。それなら射精してやるか」
「やめて。間違いなく出来るからやめて!」

 「危険日か。それなら、なおさら出してやる!」
「お願い。出さないでください!」泣き声になっている。
「可愛いね。できたら、俺の嫁になればいいじゃないか?」
「イヤ。男なんて信用出来ない!」泣き声で言う。

 「でも、出したいんだ。オ○ンコがダメなら口に出すが、いいか?」
「やるわ。口で受けるから膣には出さないで!」その言葉に、女を仰向けにさせて仮面をずらして、肉竿を押し込んだ。

 「やれ。わかっているだろう?」「フグ、フグ!」不自由な姿勢で肉竿を擦っていくと後藤は登り切った。
「う~!」動きを停めて女の喉奥に射精すると、肉竿を抜いたが「おぇ~!」女は吐き出した。

 「今回はここまでにする。それにしてもいいオッパイだな。俺の嫁に慣れよ!」また乳房を吸うと「男は嫌いと言ったでしょう…」途切れ途切れに言う。
「仕方ない。解いてやるからからな!」2人を解くと、急いで下着を着ていく。

 「今度は黒いレースにしてくれ。乳首とヘアが見えるやつに…」
「ふざけないで。下着はこっちの勝手よ!」2人に蹴られた。
「俺は好きなんだけどな…」ジッと見ていると「どうして、顔を見ようとしないの?」服を着ながら言う。

 「いずれ分かるからだ。それに、あんた達の立場も考えての事だ」
「一応、心配してるんだ」
「そうだ。俺の嫁になる予定だしな!」
「男は嫌いって、言ってるでしょう!」また蹴りを入れられた。

 「ピンクのパンツをそんなに見せたいのか?」
「バカ。そんなの見るな!」また蹴った。
「本当にじゃじゃ馬だな。よく蹴るよ」
「ふん!」2人の女は出て行き、後藤だけが残された。

 「どれ、俺も行くか」服を着終え、職員室へと向かうが「あら、後藤さん、どこに行っていたの。皆さん帰ったわよ」真理が後かたづけをしていた。
「何時終わったの?」
「あれから直ぐよ。急にいなくなって捜したのよ」

 「それなら、謝らないとな」職員室に入ったが誰もいない。
「とりあえず帰るか」後藤は寮に戻り、テレビを見ていると真理が入ってきた。
「これ、懇親会のあまりなの。食べて!」
「ありがとう真理さん、いいお嫁さんになるよ。僕のお嫁になる気はない?」

 「それはないわ。今の私は仕事主義なの」
「そんな堅い事いないで、今度デートしようよ!」
「ふざけないで。今度ふざけたら、張り倒すわよ!」
「わかった、もう言わないよ。それにしても、どうして女が多いんだ?」
「校長の方針よ。男は嫌いみたいで…」

 「それって、理事会で決めるんじゃないの?」
「普通はそうね。後は校長に直に聞いて」
「そうか、真理さんは男は嫌いかい?」
「さあ、どうかしら。付き合った事ないからわからない」真理は惚けて出て行き「でも、何とかしないとな…」策などないのに、思案している。

 後藤がくつろいでいる頃、女子寮のある部屋では2人が話し合っていた。
「レ○プされたけど、あいつを憎む気になれないの…」
「私もよ。なんか、今までの男とは違うみたい。それに、優しい所があるんだよね」
「これからどうするの。指示に逆らったら素っ裸にされるしね…」

 「そうよね。フルヌードを教え子に見られたくはないし」
「とにかく、今まで通りにしよう。それより、明日買い物行こうよ」
「いいわね。下着が欲しいのよ」

 「私もなの。黒のレースが欲しいの」
「同じだわ。でも、あいつの趣味よね?」
「違うわ、私の趣味よ。関係ないからね」
「私も、あいつの趣味とは関係ないからね」2人は話し合っていた。

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
321位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター