FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「女だらけの学園」第8話 入浴

第8話 入浴

 そして、次の日は休日になっている。
後藤は初めて町に出たが、何も知らないから戸惑うばかりだ。
当てもなく歩いていると「あれは、美術の麻美先生と音楽の優子先生だよな…」2人を見つけ、後を追うと衣料店に入った。

 「買い物か。仕方ないな」向かいにある喫茶店に入ってコーヒーを飲んで待っていると1時間ほどして、出てきた。
後藤も喫茶店を出て、後を追うと8人くらいの女性が取り囲んで、2人は怯えた顔になっている。

 「何か起こらなければいいが…」気づかれないように後を追うと、繁華街から離れ、人気のない雑木林に入っていく。
「間違いない。助けないと!」距離を保って歩いていくと立ち止まって、なにやら言っている。

 「何を言ってるんだろう?」近寄ると「イヤ。もう許して下さい」泣き声になっていた。
「やらないと言うなら、今までの写真をばらまくよ!」
「それだけはやめて。首になりますから…」

 「だったら脱げよ。ほら素っ裸になるんだ!」2人は顔を見合わせてから服を脱ぎだした。
(あいつら、今度の3年じゃないか!)後藤も見覚えのある顔だ。
それもそのはずで、生徒会の役員だ。

 2人はその前で、上着やシャツを脱ぐとブラジャー姿になった。
「これで、許して貰えないでしょうか?」
「ふざけないで。素っ裸と言ったはずよ!」仕方なくスカートも脱いで、下着だけになった。

 「急ぐのよ!」急かされた2人はブラジャーから脱いでいく。
「若いのに垂れてるね。もっと張りがないと」露わになった乳房を揺らせ「う、う、う!」悔しさに泣きながら、パンティを引き下げて脱いだ。
「手を退けるのよ。ヘアが見えないわよ」言われた通りに手を退け、絨毛も晒した。

 「いい画だわ。動かないのよ」カメラで撮っていくが「もう撮らないで下さい…」完全に泣き声だ。
「教師でしょう。これくらいで泣くな!」8人は紐で尻をたたき出し「やめて~!」「いや~!」痛みに泣き出した。

 「何て奴らだ。懲らしめないと!」黙っておれず走り出し「何やってるんだ!」女生徒に突きを入れる。
「う!」1人が倒れ、2人、3人と倒れて、4人倒すと4人が逃げた。
「全くなんてやつだ、先生、怪我はないですか?」

 「はい。大丈夫です…」
「それなら、パンツをはいて下さい。ヘアを見たから、堅くなって!」
「見ないで。オッパイも見ないで!」慌てて股間と乳房を隠して、ブラジャーを着ていく。

 「さて、こいつらだが…」女生徒が持っていた紐で両手を縛っていく。
その後、背中に膝を当てて両肩を引いた。
「う!」渇を入れると目が覚め、残る3人にも渇を入れて起こした。
「どういうつもりだ。先生を裸にするなんて!」

 「あんたには関係ないわ。引っ込んでなさいよ!」
「そうよ。引っ込んでろよ」生徒に反省は見られない。
「よし。それなら、同じ事をしてやる!」女生徒の服を脱がし出し「イヤ、イヤ~!」悲鳴を上げるが上半身は下着姿になった。

 「下は勘弁してやる!」背中のホックも外して乳房を露わにした。
「小さいけど、いい乳してるじゃないか!」4人の乳房を撫でていくと「触るんじゃないわよ!」「やめてよ!」当然拒むが「これで撮ろうな」2人を撮ったカメラを向けた。

 「イヤ、撮らないで!」泣き出した。
「人に頼む時は違うだろう。もっと丁寧に言わないと…」
「お願いですから、ヌードは撮らないで下さい…」泣きながら言った。

 「裸を撮られるのは、イヤだよな?」
「はい。いやです…」
「それなら、なせ先生の裸を撮ったんだ?」
「言えません。それは言えません…」
「誰かに頼まれたんだろう?」「…」黙ったままだ。

 (こいつらには上がいる。これ以上やっても仕方ないな)後藤は紐を解きだした。
「今度やったら、オ○ンコ撮るぞ。わかったな!」
「はい」ブラジャーを直して、乳房を隠すと服を着て走り去った。

 「後藤先生、ありがとうございます。何とお礼を言っていいやら…」
「礼には及びません。オッパイとヘアをタップリ見せて貰いましたから」
「それは言わないで。恥ずかしいです…」

 「でも、もっと色気ある下着がいいな。黒のレースだとか…」
「そんなの着たら、学校へは行けません!」
「そうだよな。俺スケベだからな」笑いながら頭を掻いた。

 後藤はそこで2人と別れ、寮に戻ってきた。
「そうだ。カメラがあった!」パソコンに繋いで再生していくと「凄いや、こんなにいっぱいあるんだ!」同僚のほとんどがヘアヌードを撮られている。

 「これは教室で撮った写真か。春子先生もいいオッパイしてるんだ。咲子先生もいいよな、このヘアラインがいいや!」次々と見ていくが「もしかしたら、真理さんのもあったりして」期待を込めて調べたがなかった。
「教師じゃないからな…」調べるのを諦めて、画像をパソコンに吸い上げた。

 「これは消さないと」カメラのデータは全部消した。
「消しても、別なところに保管してるぞ。俺のように…」不安はあった。
処理を終えると、片付けて風呂に向かった。

 「あら、今日は沸いてないの。女子寮を使って!」おばさんから言われる。
「そんなの無茶だよ。怒られちゃう!」
「大丈夫、ほら行こうよ!」腕を掴まれ、女子寮の浴室に入ると脱いだ服が置かれてある。

 「誰かいるよ。まずいよ!」出ようとするが「あら。後藤先生もお風呂なの?」麻美と優子が入ってきた。
「男子寮の風呂が壊れて使えないの。今日だけ先生と一緒に入って!」
「構わないわよ、後藤さんなら平気よ」
「そうよ。ヌードは見飽きただろうし」2人は平然と服を脱ぎ下着姿になった。

sitagi07.png

 それを見ていると「ほら、あんたも脱がないと!」管理人に急かされ脱いで全裸になったが、肉竿が膨らんでいる。
「相変わらず立派ね。これでやられたいわ」

 「恥ずかしいよ。そんな言い方されたら…」手で肉竿を押さえると「隠すと、返って卑猥よ。ここはお風呂なんだから」麻美と優子は全裸になり、乳房と絨毛を隠そうとはしない。
「わかりました…」

 「それならいいわ。入りろう」腕を掴まれ3人一緒に入ると「あら、後藤先生!」恭子が声を掛けた。
「男子寮の風呂が使えなくて、こっちを使えといわれまして…」
「そうなんだ。それならしかないわね」恭子は立ち上がって乳房と絨毛を見せた。

 「綺麗です、恭子さん…」それだけ言うと黙り込んでしまった。
それには「先生、体を洗わないと」「そうよ、ほら座って!」麻美と優子が割って入り座らせる。
「先生、背中流すね」「それなら、私は前を」2人は石鹸を泡立てて塗っていく。

 「なんだか、天国みたい。オッパイもヘアも丸出しだし…」
「先生は見るだけで満足なの?」
「触りたい、それに…」途中でやめた。

 2人は後藤に石鹸を塗るとお湯をかけて一緒に浴槽に入った。
麻美と優子は後藤を挟んでいて「狭いけど我慢して。後藤さんと一緒にいたいし」手が後藤の肉竿を撫でていく。

 「構わないよ。俺だってこの方が好きだし」後藤の手も2人の股間を撫でている。
(天国みたいだ。毎日こうだといいんだが…)後藤の指が、淫裂の中に入ると「後でしよう…」麻美が耳元で小さな声で言う。
「そうだな」頷くと「お先に失礼します!」恭子はわざと足を開いて、淫裂を後藤に見せた。

 「お、オ○ンコだ!」声を上げると、笑顔で見つめて出て行くが「あんなの見ちゃダメ。私の方が綺麗なんだから」
「そうよ、私の方がまだピンクだし」
(かわいいな。焼き餅焼いてる!)乳房も撫でながら楽しんでいる。

 恭子が出ると「あら、後藤さんも一緒なんだ!」咲子と誠子が入って来た。
やはり、2人とも乳房と絨毛を隠そうとはせず、むしろ見せたがっていた。
「凄いや、オ○ンコが見えてる…」呟くように言うと「上がろう。後藤さん!」2人に連れられて浴槽から上がってタオルで拭かれていく。
「信じられない。天国みたいで…」服を着て男子寮に戻ったが、まだ興奮はなかなか収まらなかった。

スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/818-2b52c5ce

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。
おことわり
 この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスランキング

カウントされない事もあり
   ますのでご承知下さい

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん