赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

「OL哀歌~美由紀編」第14話 オナニーショー  


 美由紀は真弓に連れられて休憩室に入った。

「真弓さん、アソコが痛いから取っていい?」

「いいわよ」真弓は裾を捲って膣に入れられた札束を引き抜いていく。

美由紀も真弓を見習って股間を広げて札を引き抜いて、その札を伸ばして数えた。

「あら、10万もあるわ!」

「そう、良かったね、美由紀さん」

「真弓さん、これ受け取って!」美由紀は2万円を真弓に差し出した。

「なによ、水臭いわね。美由紀、お金なんかいらないわ。私が欲しいのは…」真弓は美由紀の背

後から乳房を掴んだ。

「ご免なさい。私、嬉しくてつい!」泣き顔になると「いいの、泣かないの。わかってるわよ。」

真弓は美由紀の首に手を絡ませて唇を重ね、それを拒まなかった。

「美由紀、お願い、オッパイを吸わせて!」突然の事だが「いいわ。真弓さんならいいわ」美由

紀はスケスケのワンピースのボタンを外して乳房を掴んで取り出した。

それを真弓の口に押しつけるとその乳房を揉みながら乳首を吸いだす。

「あん、あん!」甘い溜息をだす美由紀だが真弓は味わうように乳首を吸っていく。

「真弓さん、よかった?」美由紀が声を掛けると「ええ、良かったわ」美由紀はワンピースの

乱れを直していく。

 

 「美由紀。あなたは新米だからこれから恥を掻かなければいけないの。できる?」

「どんな恥ですか?」笑いながら言うと「人前でオナニーできる?」美由紀の顔色が一瞬にかわ

り「いや。絶対にイヤよ!」拒んだ。

「そうよね、イヤに決まっているわよね。でも新米はしなければいけないのよ」真弓は美由紀の

手を握るが、美由紀は泣いている。

しばらく、沈黙が続いて「ねえ、美由紀。オナニーがイヤなら二人でレズをしようか?」

「それじゃあ、真弓さんもヌードになるの?」

「そうよ。美由紀の為ならヌードになってもいいわよ」

「だ、だめよ。真弓さんはこのお店の顔だからヌードを見せちゃ絶対にダメよ」美由紀に言われ

た真弓はジンと胸が熱くなっている。

(この子はきっと大物になるわ。普通の子じゃない!)真弓は涙を流している。

「泣かないの。真弓さん!」美由紀は舌をだして真弓の涙をなめだした。

「くすぐったい!」真弓はわざと元気を装い「それだったら、オナニーの練習するか!」美由紀

も真弓に迷惑を掛けたくなかった。

 

 お金を店のフロントに預けた二人は再び店内に戻った。

店内はお客で溢れ全裸同然の美由紀に当然お客の視線が集中している。

(いやだわ。皆、オッパイとアソコばかり見ている…)恥ずかしい思いをしながら美由紀は真弓

に連れられてお客の間を回っていく。

そして、乳房を揉まれてチップと称する「オ○ンコ丸だし」をして淫裂は再び札で一杯になって

いる。

「美由紀さん、そろそろです。お願いします」

「わかりました…」店員が美由紀に準備をするように催促してきた。

「ちょっと、失礼します」「がんばってね!」真弓は美由紀の背中を軽く叩く。

美由紀は店員に連れられて更衣室で衣服を着替える。

勿論スケスケで、いろいろな小道具を受け取った。

「準備はいいねですね?」

「はい!」返事すると店員は美由紀を連れて再び店内に戻り「長らくお待たせしました。当清水

クラブ名物、新人によるオナニーショーの開演です」

スピーカーから声が流れると拍手が上がる。

「それでは美由紀さん、張り切ってどうぞ!」再び拍手が上がった。

 

 美由紀にスポットライトが当たり、乳房が見える。

美由紀は店内の中央まで進み、臨時に作られたマットに仰向けに寝た。

(イヤだけど仕方ないし…)美由紀は震える指でスケスケのネグリジェのボタンを外していく。

ネグリジェは左右に分かれて乳房が露になり、股間の淫裂も露になった。

右手で淫裂のクリトリスを撫で、もう片手で乳房を揉みながら「あっー!」喘ぎ声をあげ続ける。

店内はホステスとお客が食い入るように美由紀の動きを見ていた。

暫くクリトリスを撫でていた指が淫裂の中に入り込んだ。

指は淫裂に入ったり出たりのピストンを始め、乳房を揉んでいた指も乳首を摘んでいく。


           aika2.jpg


「あん、あん!」自然と美由紀は声を上げているが(そう、そこでもう一本指をいれるのよ)真

弓は心配そうに美由紀を見守っていた。

(ここで、指を二本にするのね)美由紀は指を増やし2本で淫裂を掻き回していく。

「あん、あん、あん!」腰を動かしながら悶え声を上げ、淫裂から淫汁も流れている。

(いいわ、気持ちいい。本気で感じていく…)見られながらのオナニーでゆっくり登りつめていく。

「あん、あん。」腰を回すように動かし、指を抜いて小道具のバイブを挿入していく。

「いいわ。いいわ!」体を弓のように反らせ。バイブを持った手は激しく動いている。

淫裂から流れ出た淫汁は尻の穴を濡らし、マットも濡らしている。

美由紀はそれでも続けなければならず「いく、いく!」両手でバイブを持って動かし「いくー!」

そう叫ぶとぴたりと動きが停まった。

「ハー、ハー!」と荒い息づかいで両足を広げたままで淫裂にはバイブが根本まで刺さっている。

 

 これでショーは終わったが、お客は興奮していて脇に座ったホステスの淫裂に指を入れていく。

さらに、胸に手を入れて乳房を取り出し乳首を軽く噛む。

「あんー!」ホステスは皆お客によって乳房と淫裂を愛撫されている。

美由紀は興奮が収まっていなかったが、店員にせかされて更衣室に戻りスケスケワンピースに着

替えた。

着替えを済ますと店内に戻って真弓の側に座るが真弓はお客に乳首を吸われている。

真弓は美由紀に気づいて「美由紀さん、ご苦労様!」

「お、新入り上手だったよ。毎晩あのようにやってるのかい?」お客の意地悪い質問に「そ、そ

んな!」顔が真っ赤になっていく。

「新入りをあまり、からかわないでくださいよ」真弓がたしなめると「そうだよな。可愛がらな

いと嫌われるよな」今度は美由紀のワンピースを胸まで捲り上げた。

「そ、そんな!」慌てる美由紀だが、お客は気にも掛けず美由紀の乳房を揉みながら乳首を吸う。

「あっ、あー!」喘ぎ声をあげる美由紀だが、この夜、真弓のおかげで20万円ほどのチップを

手に入れた。


 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/82-3960fd76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top