FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「女だらけの学園」第12話 大将の登場

第12話 大将の登場

 寮に戻った後藤は撮った写真を見ていた。
「いいね。真理さんのオ○ンコは綺麗で…」自然と手が股間に伸びるが「ダメだ、今夜もある事だし…」同僚から言われた事が頭にある。

 「我慢だ、我慢しないと。でも、抜きたいな」真理が恥ずかしそうに、乳房と淫裂を晒す写真を見つめている。
「次はこれで…」次々と写真を見ていると「う!」首にロープが巻かれてしまった。
迂闊にも、同僚のヌード写真に夢中になって賊が入ったのに気づかなかった。

 「何の目的なんだ!」言っても黙ったまま、竹刀で叩いていく。
(腹いせみたいだな。こうなったら、オ○ンコしてやらないと!)相手は2人だから何とかなりそうだが、首のロープが邪魔になっていた。

 (これを外せば簡単にやっつけられる…)後藤は力を抜いて気絶したふりをした。
「あっけないわね。こんな男だったとはね!」相手も力を抜いてロープが緩んで(今だ!)その一瞬に相手を倒して、反対にロープで両手を後ろ手に縛り上げた。
「卑怯よ!」「闇討ちする方が卑怯だ!」別な女も押し倒して、両手を縛り上げた。

2283.jpg

 「顔はそのままにしておく。あんただってプライドがあるだろうし」そう言うとスカートを剥ぎ取りだした。
「やめて。レ○プはしないで!」足をパタパタするがスカートが脱がされた。

 「ガードル着けてる。珍しいね。これも脱ごう!」
「お願い。黙っているから、もうやめて!」
「そうは行かないな。これは要らないよ」パンティと一緒にガードルを脱がすと「見ないで。お願いです!」体をよじって股間を隠そうとするが戻された。

 「生え具合がいいね。オ○ンコもあまりやってなさそうだし」淫裂に指を入れた。
「抜いて。指を抜いて!」逃れようと体をずらしていく。
「オ○ンコは確かめたから、オッパイだ!」ボタンを外し、シャツを捲り上げるとブラジャーが見える。

 「紫か。好みだけど要らないし」背中のホックを外して捲ると乳房が現れた。
「いいね、この乳輪はいいよ」乳首を撫でながら吸うと「ダメ~!」女は声を上げ力が抜けていく。

 「次は、こっちのオ○ンコを見ないとな!」
「やめて、ヌードはイヤ!」やはり抵抗したが、手を縛られているからあっけなく下半身が剥き出しにされ淫裂が見える。

 「お願い。セックスするから、これ以上脱がさないで!」泣き声になっている。
「オッパイ、見られるのはイヤか?」それには縦に首を振った。
「触るだけなら、いいよな?」また首を縦に振った。
「それなら…」ボタンを外してシャツの中に手を入れ、乳房を握り締めた。

 「小さいけど、いい形してるよ。自信持った方がいいよ」暫く乳房を揉むと「わかってるよな、約束通りにやるからな」ズボンを脱いでパンツも脱いだ。
「まずは普通からだよ」女の上に乗り、ゆっくり肉竿を押し込むと「あ~!」快感を覚えたのか、喘ぎ声を上げた。

 後藤がゆっくり肉竿を動かして行くと、淫裂も淫汁が流れ出し「あ、あ、あ~!」声も上げだす。
「オ○ンコ、気持ちいいだろう?」
「よくない…。セックスは嫌い…」途切れ途切れに言う。

 「嫌いなら、やめるぞ!」肉竿を抜くと「やめないで。セックスが好きだからやめないで!」肉竿に淫裂を押し当ててくる。
「正直でいいよ。できれば、オッパイ見たいんだけど…」また肉竿を入れて、動かし出した。

 「笑わないと誓うなら、見てもいい…」
「笑わないよ。見せてよ」シャツを捲り上げ、背中のホックを外すと小振りの乳房が現れた。
「可愛いね。でも、いい形だよ」乳房を揉みながらピストンしていくと、絶頂になってきた。

 「罰として、産んで貰うからね」
「イヤ、それだけは許して。お願いです!」
「ダメだ。今までのことを償って貰わないと…」動きを停めて膣の中で射精した。
「謝ります。もうしません…」泣きながら詫びるが、淫裂から白い精液が流れていく。

 射精を済ますと「次はあんただね」乳房を撫でだした。
「イヤよ、射精なんてイヤ。セックスするから、射精だけはしないで!」
「そうは行かないよ。大将らしく覚悟して貰わないと」淫裂を撫でると、出したばかりの肉竿がまた膨らんでくる。

 「行くよ」肉竿を押し込むと動かし出した。
「う、う、う!」女は泣いているが、乳房を撫でて、乳首を吸いながらピストンすると「あ、あ、あ~!」喘ぎ声を上げだした。

 「どうだ。オ○ンコ気持ちいいか?」黙って頷いた。
「女の指よりチンポがいいだろう?」また頷いた。
「これからは、女とでなく男とやるんだぞ!」それには首を横に振る。
「そうかもな。一気には無理だよな。いずれ、チンポが好きになるぞ!」肉竿の動きを速めた。

 「出さないで…。膣の中はイヤ…」背中を浮かせ、淫汁を流しながら言うが「罰なんだから素直に受けないと。出来たら産んでもいいよ。僕の子として」
「イヤよ…。この年で産んだら笑われる…」喘ぎながら言うが「イヤ~!」悲鳴に変わり淫裂から白い液体が漏れだした。

 「イヤ。笑われちゃう…」泣き出した。
「誰も笑いはしないよ。罰はこれで終わりにする」縛ってあった手を解くとタオルで淫裂を拭いていく。

 「服を着ていいよ。もし、できたら教えて。籍入れるから」その言葉に一瞬、動きが停まったが、また動いて服を着ていく。
「約束だよ。できたら、必ず教えるって!」
2人は頷くと部屋から出ていき、また同僚のヌードを見つめ「これもいい画だね」股間を撫でながら見ていた。

 一方、2人の女は「どうしよう。産んだら笑われちゃうし…」
「病院だって恥ずかしいわ」悩んでいる。
「あの人、良さそうだから産んでもいいけど、歳の差を考えると…」

 「私だって、産んでもいいと思うけど、将来を考えたら…」なかなか結論が出ないが「やっぱり、病院に行こう。歳と将来を考えたら無理だし」
「そうしよう」2人は病院に行く事にした。

 そして、謹慎処分が解けた後藤が校舎に入ると、生徒達が寄って来て話しかけている。
それを見て笑顔になる同僚達だが、校長の歩美と教頭の真澄は、しかめた顔で見つめていた。

 それから数ヶ月が過ぎて、同僚の間では後藤の妻の話が上がっていた。
「誰か、いい人いないかしら?」
「私達を愛人として認める人じゃないとね…」
「そうね。1人独占じゃイヤだし」悩んでいたが「そうだ、1人いた。真理さんだ!」誰かが言うと「そうよ。真理さんなら、私達の立場もわかっているから最適よ」

 「でも、真理さん、その気がないみたいだけど」
「あるわよ。自分からヌード撮らせたって言うし」
「それなら何とかなるわね。で、誰がまとめるの?」
「それが問題よ。ここは、あの人ね。一番の年長だし」
「それ、いいわね。巧く行きそうだし」皆が話し合っていた。

スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/822-e5d79cc9

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。
おことわり
 この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスランキング

カウントされない事もあり
   ますのでご承知下さい

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん