fc2ブログ

「背徳の家族」第22話 家族だけ

第22話 家族だけ

 処女を信吾に捧げた純子は、今までとは違って大胆になっている。
「信吾さん、お風呂一緒に入ろうよ」人目を憚らず、腕を掴んで浴室に連れ込む。
それには歩美や次郎も声が出せない。

 「次郎さん。ちょっと、やりすぎじゃないかしら?」
「歩美もそう思うか、俺もそう思う」
「邪魔はしたくないけど、赤ちゃんができたら困るしね」
「そうだよ、まだ自立してないんだからな」2人は心配するが純子は全裸になって信吾の背中を洗っている。

 「今度は前よ、こっち向いて!」2人が向き合うと「ここは大事だからね」真っ先に肉竿を掴んで擦っていく。
「純子、そんな事されたら、やりたくなっちゃうよ」
「やらせてあげるから安心して。まずはきれいに洗わないと」肉竿を洗うと首から下に向けて洗っていく。

 「はい、交代よ。信吾さんがやるの」信吾にタオルを渡して体を洗わせていく。
「そうよ、今度は前よ。恥ずかしいけど、我慢するから丁寧に洗って」向き合うと足を開いて催促している。
信吾はいわれるまま洗うが「指を入れちゃダメ、触るだけにして。後でやらせてあげるから」まるで姉さん女房みたいだ。

 信吾は言われるままにして、浴槽で体を温めて上がると「拭いてあげる」タオルで体が拭かれていく。
「そこまでしなくていいよ」
「そんな事言わないの。大事な信吾さんだから、やらせて」体を拭き終えると「これからやるから、これで行こう」腰にタオルを巻き付け、服を持たせた。

 「純子はどうするんだ?」
「私もこれよ」長いタオルを垂らし前を隠して服を持った。
「尻が見えるよ」
「平気よ、家族だもん。早くやりたいんでしょう、行こう」2人は服を持って戻るが「純子、尻が出てる!」次郎や純子も驚いている。

 「次郎さん、少し教えた方がいいかもね」郁恵も気掛かりで言うと「そうします。このままでは困るしね」次郎も頭を抱えた。
そんな事など気にする気もなく、部屋に入ると「やってあげる!」信吾を寝かすと肉竿を口にくわえて擦っていく。

 「気持ちいい。もう、カチカチだよ」
「それならやるね」馬乗りになって腰を振っていくが(後ろからやりたいんだけど)信吾の考えとは違っている。
それでも信吾は言われるままにしていると射精しないので「私のではだせないの?」「今日は疲れているしね」不満は言えず黙っていた。

 そんな事が続いていたが、次郎が切れたのか純子に説教をしている。
純子は泣きながらも聞いていたが「嫌われたくなかったの…」それだけ言うとまた泣いた。
「バカだな、信吾はそんな子じゃないよ、信用していい。反対にしつこいと嫌われるからな」それには純子も納得したようだ。
「甘えるのもいいもんだぞ、可愛いしな。今夜は甘えて見ろ」
「わかった、そうする」素直に従った。

 その夜、純子は大人しくしていた。
「純子、今夜はいいだろう?」
「いいわよ、私も信吾さんが欲しいの」甘えるようにして体を寄せた。
「可愛いよ、純子が可愛い」手を伸ばし、乳房を揉んでいくと「オッパイだけじゃイヤよ、あそこにもして」股間を撫でると「分かっているよ、これからやるよ」信吾は純子を寝かせると乳房を揉みながら淫裂を突き刺していく。

 「後ろからも、やるからな」肉竿をピストンしながら言うが「気持ちいいわ、もっと欲しい…」信吾を抱きしめている。
その後、純子は四つん這いになり、後ろから淫裂を突かれていく。
「あ、あ、あ~!」今までにない声を上げ、淫汁を流しているが「凄いわ、私も欲しくなってきた」歩美も次郎にねだっている。

 「俺も欲しくなってきた。いいだろう?」
「勿論いいわ、一杯出しても」次郎も歩美の淫裂を突き出すが、郁恵だけは指で弄っていた。
「誰でもいいから、チンポでしてよ」妄想しながら淫汁を流していた。

 それから数日過ぎて、純子がカリキュラムで3日間、留守する事になった。
それに、次郎も出張で3人だけが残された。
「これなら遠慮は要らないし」郁恵は信吾が風呂に入っていると「背中洗ってあげる」純子がしたように、全裸になって信吾を洗っていく。
「母さん、今夜やろうよ」「いいわよ、暫くやってないしね」郁恵が承知すると「今度は、僕が洗うね」信吾が郁恵の体を洗いだした。

 背中を洗うと前に回り乳房を洗い出すが「そこは、自分でするからやらなくていい!」そう言うが揉むようにして洗っていく。
「遠慮は要らないよ、ここも洗うからね」手が下がって淫裂を撫で出す。
「自分でするから、そこは洗わなくていい…」
「そうは行かないよ、ここは丁寧に洗わないと」指が膣穴に入り込む。

 郁恵は上擦った声で「ここでなく、私の部屋でしようい…」誘う。
「そうだね、そろそろいいかも」石鹸をお湯で流すと、濡れた体を拭いていく。
「母さん、どうせ脱ぐんだから、このまま行こうよ」信吾はそそり立った肉竿を揺らせながら言う。
「仕方ないわね、ヌードのまま行く」郁恵も承知すると2人は浴室を出て郁恵の部屋へと向かった。

 当然、全裸の2人に「母さん、素っ裸よ!」歩美が驚いている。
「これから、母さんとやるんだ。何なら姉さんともやるよ」信吾が歩美を抱きしめると「辞めて、歩美に手を出しちゃダメ。私が相手するから」2人を引き離す。
「仕方ないな、母さん行こう」2人は郁恵の部屋に入った。

 部屋に入ると2人は抱き合い、横になった。
「入れるね」信吾が肉竿を淫裂に押し込むが、濡れているからすんなりと入った。
「行くよ!」根本まで押し込むと、ゆっくりピストンしていく。
郁恵は「いいわ、凄くいい気持ちだわ…」息子の肉竿で快感に酔っている。
信吾はピストンを次第に速めていくが「あ、あ、あ~!」と郁恵も大きな声を上げだした。

 それは、歩美にも聞こえて「母さんが、気持ちよさそうにセックスしてるなんて…」気になってしまった。
気になると「悪いけど…」気付かれないように2人の所へ向かう。
(ちょっとだけなら、いいわよね)勝手な解釈で襖を開けて覗いた。
(凄いわ、抱っこでやってる!)郁恵は太股を抱え上げられ、駅弁で淫裂を突かれていた。

 「あ、あ、あ~!」悶え声を上げ、淫汁を流していて(信吾のオチンチンがカチカチだ…)歩美の目が結合部に釘付けになっている。
信吾と郁恵は、覗かれているとは知らず「もうダメ、後ろからにして!」今度は四つん這いになって結合しだした。

 それを、見ている歩美は、自然と手が股間に伸びて、淫裂を撫でだす。
(私もセックスしたい…。でも、射精されたら大変だし…)パンティの中に手を入れて淫裂を弄り出す。
歩美が手の動きを次第に速めていくと、淫裂から汁が流れ出す。
それに「ダメ、もうダメ!」郁恵は限界になって、グッタリして動けない。

 「母さん、まだ出してないよ」不満の信吾は「そうだ、姉さんが居たんだ!」思い出して、部屋から出ようと、襖を開けたが「姉さん、覗いてたんだ!」声を上げた。
「ご、ご免なさい…」慌ててパンティを隠すが「罰だ、姉さんにお仕置きしないと」信吾は歩美の服を脱がし出した。

 「ダメ、姉弟よ、セックスはいけないの。それに、母さんが見てるし…」
「だったら、姉さんの部屋でお仕置きだな」腕を掴んで歩美の部屋に連れ込んだ。
「ここなら、安心してやれるな」嫌がる歩美の服を脱がし、下着も脱がして全裸にした。
歩美は覚悟を決めたか「わかった。セックスしていいから、ゴム着けてからして…」コンドームを取り出し渡した。

 「姉さんが着けてよ」信吾は肉竿を差し出した。
「仕方ないわ、妊娠はしたくないし…」渋々袋から取り出すと、肉竿に転がすように着けていく。
「これなら、姉さんも安心だね」信吾は歩美に覆い被さり、肉竿を押し込んだ。
「ゆっくりして…。あ、あ、あ~!」歩美は心地よい快感に声を上げ出す。
「オッパイもやるよ」乳房を握りながら肉竿をピストンすると、淫裂からは淫汁が流れていく。

 「いいわ、もっとしていいわよ…」
「だったら、姉さんがして」体位を変えて、歩美が馬乗りになった。
「もう、平気みたい…」信吾の肩を押さえ、腰を上下していくと音も出ていく。
時折「あ、あ、あ~!」声を上げ、背中を反らしながら腰を振ると信吾も絶頂を迎えた。
「出すよ、出すからね」歩美の腰を両手で押さえて噴射していく。

 「気持ちいい、信吾でなかったら、もっといいのに」そう言いながらも信吾に抱きつく歩美だ。
2人は暫く抱き合うと起きあがるが「姉さん、ゴム着けてなら、明日もオ○ンコいいよね?」思わぬ事を言いだした。
「ダメ、姉弟よ。そんなの許されないの」拒むが、信吾は受け付けない。
(次郎さんや、純子さんが知ったら、大変な事になるのに…)不安な思いでいる。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
251位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に(15)
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター