fc2ブログ

「裏の女達」第1話 夫の同僚から暴行

登場人物

   陣内幹夫:近藤商事会社社員       大石正和:幹夫の部下
   〃 文恵:幹夫の妻           速水和重:  〃
   原田良文:陣内の1年先輩        後藤啓太:  〃
   〃 妙子:良文の妻           高木美保:近藤商事社員
                        近藤政文:近藤商事社長
                       岡江久美: 〃  社員

第1話 夫の同僚から暴行

 「文恵、今夜は遅くなるからね」
「あら、珍しいわね。どうかしたの?」
「歓迎会なんだ。会社でやってくれるんだって!」
「珍しいわね。今時歓迎会をやるなんて」

 「そうなんだよ。断ったんだけど、どうしてもやるって聞かなくてさ」
「よかったわね。いい会社に入れて」
「俺もそう思う。今までの会社は冷たかったからな。それじゃ、行ってくるね!」
「待って。あなた。あれ!」
「わかっているよ」2人が唇を重ねると、夫が玄関から出て行った。

 夫の名前は陣内幹夫と言い、この春に勤め先を変えたばかりで、会社は商事会社で、色々な商品を全国の卸店に販売している。
一方、玄関で見送っていたのは文恵と言い、26才の専業主婦だ。

 夫婦には、子供がまだ生まれない。
それというのも、幹夫はあまりセックスが好きではないからだ。
いくら文恵がねだっても、軽く応じるだけで濃厚なセックスは、まだ一度も行われておらず、文恵はやや欲求不満気味でもある。

 「今日は、ゆっくり息抜き出来るわ」夫が遅く帰るとわかっているから、家事ものんびりやっていた。
だが、10時になっても夫は帰ってこない。

 「一体、何時に帰ってくるのかしら?」時計を見ながら帰宅を待っているが、その気配がない。
「先に寝る訳には行かないし…」じっと帰宅を待っていた。

 そして、12時近くに「ピンポーン!」チャイムが鳴った。
「幹夫さんだわ」急いでドアの鍵を開けると「済みません、奥さん。旦那さんがグデングデンに酔っていまして…」若い社員3人が、酔った幹夫を抱えている。
「わざわざ、すみませんね」

 「いいえ。これお仕事ですから」幹夫を抱えて中に入ってくる。
「このまま、寝かせた方がいいですよ」
「そうですね。すみませんがこちらへ…」幹夫を寝室へ運ばせると、布団が2つ並んで敷かれてあり、「ヨイショ!」3人は幹夫を寝かせた。

 「申し訳ありませんね。お茶でも飲んでって下さい」
「いえ、そうはしていられません。これからやる事がありますから」
「まあ、まだ仕事があるのですか?」
「いいえ。これから奥さんと、セックスするんですよ」

 それを聞いて、文恵の顔色が変わった。
「何言っているの。声を上げるわよ!」牽制する声が震えている。
「出してもかまいませんよ。出せるならですが…」言い終わらない内に、3人が襲い掛かった。

 「ウグ、ウグ!」真っ先に口が塞がれ、声を出せない。
「旦那をここまで運んできてやったんだ。礼として一発やらせて貰うよ!」文恵の来ていたネグリジェのボタンを外していく。
「ウグ、ング!」(やめて、イヤ。あなた、起きて!)バタバタするが幹夫は意識は全くなく、イビキを掻いている。

 「旦那はグッスリお休みだよ。これから楽しもうぜ」ボタンが外され、胸が開かされ、黒いレースのブラジャーが露わになり、乳房の膨らみが半分見えている。
「ほう、大胆じゃないか。よっぽど、オ○ンコやりたかったんだな」ブラジャーの上から乳房を撫でていく。

 「おい。それよりも下だよ、早くオ○ンコを見ようぜ」
「わかっているよ」なおもボタンを外していく。
(イヤ、やめて、それ以上はイヤ!)首を振るが、全部のボタンが外され、前が広げられた。

 「すげえ。Tフロントじゃないかよ!」(パンティを見られた…)恥ずかしさに文恵は目を閉じた。
「ホントだ。見ろよ、ヘアがはみ出しているぞ!」股間を覆う小さな布から縮れた絨毛がはみ出している。

 文恵は今夜、幹夫と濃厚なセックスをするために、刺激的な下着を着けたが、それが裏目にでている。

 「そんなにオ○ンコがやりたいなら、やってあげるよ」パンティが掴まれ、引き下げられていくと、股間の絨毛が露わにされた。
「ウ、ウ~!」首を振って拒むが、容赦はなく足首まで下げられ、下半身が剥き出しにされた。

 「見ろよ。これがオ○ンコだ!」露わになった股間が触られていく。
「いいね。オッパイは俺にやらせろよ」別な社員がブラジャーのホックを外し、カップが緩んで乳房が飛び出す。
「凄いや。大きさといい、形といい非の内どこがないよ」乳房を掴み、撫でていく。

 「遊びはそこまでだ。最初は俺でいいよな?」
「仕方ないな。次は俺だぞ」
「わかっているよ」文恵を犯す順番が決まった。

 「奥さん。まずは、俺が相手してやるよ」男はズボンを脱いで、下半身を剥き出しにしていく。
(あなた、起きて。犯されてしまうわよ!)不自由な体をバタバタするが、幹夫は相変わらず、イビキを掻いている。

 「行くぞ!」男が覆い被さってきた。
「ウー!」前戯無しの挿入に、膣が対応出来ずに痛みで呻くと「痛いのは最初だけだ。直ぐに気持ちよくなる」なおも押し込む。

 (あなた、助けて。犯されてしまった!)肉竿の半分程入り込むと、ピストンが始まり「ピシャ、ピシャ!」股間同士のぶつかる音が出て行く。
何も出来ない文恵は「う、う、う!」嗚咽を上げるしかない。

 「泣かなくていいよ。気持ちよくしてあげるから」腰を振りながら、乳房を揉んでいくと、それに答えるかのように、意思とはとは関係なく、淫裂が反応していく。
(感じていく…。レ○プされているのに感じていく…)目を閉じて相手に身を任せた。

 それを知ったのか、腰の振りが早まり「クチャ、クチャ!」淫裂から湿った音が鳴り、ネバネバした液体も流れだす。
男は腰の動きを速めて「奥さん、気持ちいいだろう。俺も気持ちいいよ」登りつめようとしている。

 「ウグ。ウグ!」(イヤ、お腹の中はイヤ。せめて外に出して!)首を激しく振った。
「外に出して欲しいのか?」それには頷き「口に出させろ。それならオ○ンコには出さないから」(イヤ、口で射精なんて。でも、妊娠はしたくないし…)渋々首を縦に振る。

 「そうか。それなら、中出しは勘弁してやる!」
文恵は両手を押さえられたまま正座させられ、肉竿を口に押し込まれた。
「いいね。記念に撮るからね」カメラが構えられ(イヤ。写真はイヤ!)顔を背けるが、カメラの方を向かされてしまう。

 「出る、出る!」そして、口の中への放出が行われ(口の中に射精なんて、もういやよ…)涎のように精液が流れている。
「いいよ。それも!」また撮られた。

 「今度は俺だぞ!」文恵の手を押さえていた男が、今度はズボンを脱いでいく。
「やめて。もう許して!」手で胸と股間を押さえて言うと「まだやっていないんだ。
やったら許してやるよ」下半身を剥き出しにすると、文恵を四つん這いにして、後ろから犯し「あ、あ、あ!」体をくねらせながら、堪えている。

 (キツい…。膣の中までオチンチンが入ってくる。あなた、起きないで、お願いだから、そのまま寝てて…)目の前には夫の顔があり、犯されているのを見られたくはない。
文恵は乳房を揺らせながら、辱めに堪えている。

 「奥さん。オ○ンコに出させてくれないか?」
「許して。お口でしますから…」
「口はいいよ。そうだ、ここに出させて貰うよ」お尻に指が当てられた。

 「イヤ。お尻はイヤです!」
「だったらオ○ンコだ。それでいいのか?」
「お尻で我慢します…」膣の中への射精はイヤだから、我慢するしかない。

 肉竿が一旦抜かれてから、肛門から挿入され「ヒー!」呻き声を上げながら痛みに耐えている。
「キツいや。さすがにいいよ」なおも押し込んで(抜いて。お尻が裂けそう…)全身が震えている。

 「面白いや。ケツでオ○ンコかよ!」また撮られた。
「撮らないで。写真は撮らないで!」
「そうは行かないよ。後で警察に行かれたら困るし…」
「行きません。ですから撮らないで下さい」いくら言っても、聞き入れられない。

 その間にも「うー!」唸り音と共に、腸内に暖かい異物が漂っていく。
(そんな、お尻に射精だなんて…)肉竿が抜かれると、そのままうずくまった。
「奥さん、俺もいるんだ。奥さんが上になって欲しいな」
「出来ない。もう許して!」

 「やるんだよ。やりたいと言っているんだから!」嫌がるが、男の腹に馬乗りにされた。
「ほら、腰を振るん!よ」腰を押さえられ、淫裂に肉竿を押し込まれるると「う、う、う!」泣きながら腰を振りだす。

 「泣かなくていいよ。気持ちいい事するんだから!」乳房も掴まれた。
「ほら、もっと腰を振って!」
「できない、もう許して…」
「やらないなら、亭主を叩き起こすけど、いいのか?」

 「やめて。夫には見せたくありません…」渋々腰を振り始めた。
「奥さんが、そう望むならそうするよ」満足したのか乳房を揉み始め、そんな文恵をカメラが捉えている。
(撮られた。また撮られた!)大粒の涙を流しながら腰を振っていく。

 やがて「出そうだ。飲むか?」爆発が近づいた。
「ハイ、飲みます…」急いで腰を浮かせ、肉竿に飛びつくと、それと同時に口の中に精液が漂っていく。
「よかったよ。奥さん」放出を終えると気持ちよさそうにズボンを履いていく。

 「いいかい。黙っている限りは、写真は秘密にして置くよ」
「ただし、一言でも俺たちの事をばらしたら、夫婦生活は終わりだからね」
「そればかりか、マスコミからつけ回されるぞ」文恵を脅迫している。
(そうよ。写真を撮られたからには、黙っていないと…)泣きながら頷く。

 「そうだ。それでいい」社員達は服を着終えると帰った。
それと同時に「とにかく、お風呂に入らないと」夫の為に沸かした風呂に入った。
「どうしよう。幹夫さんには黙っていた方がいいのかも知れない…」犯された名残を消そうと淫裂を丁寧に洗い、それに尻も洗う。

 体を洗い終えると、風呂から上がって幹夫の服を脱がせてから横になり「あなた、どうしてこんな時に、酔っているのよ」体を密着させて泣き続けた。

 翌朝、まだ日が昇っていないと言うのに、幹夫は文恵に抱き付いていく。
「やりたいんだ。やらせてくれ!」ネグリジェのボタンを外し、下着も脱がせようとしている。
「やめて。もう朝よ、起きないと!」

 「まだ早いよ。それよりやりたいんだ」ブラジャーとパンティを脱がすと、覆い被さってきた。
「やめて。今はしたくないの!」
「そんな事言っても、抑えが効かないんだ」肉竿が押し込まれ、それに乳房が握りしめられた。

 「やさしくよ。乱暴はイヤ!」
「たまにはいいだろう。キツくやらせてくれ!」いつもと違って、肉竿が膣奥まで入り込んでいる。
(気づいたのかしら。昨日の事を…)昨夜の忌まわしい事が脳裏に浮かぶ。

 「ダメ。そんな乱暴しないで!」乳首が潰された。
「凄いんだ。文恵を乱暴にすると、凄いんだ!」確かに肉竿がいつもと違って、直ぐに萎縮していたのに、まだ元気がある。
それには「あ、あ、あ!」文恵も自然と淫裂から淫汁を流している。

 「文恵、これでやろう!」文恵は体を起こされ、四つん這いにされた。
「あなた、こんなのはイヤ。普通でしましょう、普通で。あ、あ、あ!」拒んでも肉竿が押し込まれ、ピストンが始まっている。

 「凄い。こんなの始めてよ…」体をくねらせながら喘いでいると「俺もだ。凄く気持ちいい!」更にピストンが早まっていく。
「文恵。気持ちいいかい?」
「いいわ。こんなに凄いの初めてよ。あなた…」言い終わると同時に、膣の奥が熱くなった。

 「出したよ。文恵」
「わかるわ。奥が暖かいの…」
「愛しているよ、文恵」
「私もよ。幹夫さん」2人は再び向きを変えて抱き合い余韻に浸った。

 やがて、冷静さが戻って「文恵、昨日変な夢を見たんだ」言い出す。
「どんな夢なの?」
「文恵がレ○プされる夢なんだ。内の社員に、代わる代わるレ○プされたんだ…」
「イヤよ。レ○プだなんて!」

 「夢だから仕方ないよ。文恵がいやらしいポーズで犯される夢を思い出した、燃えちゃったんだ」
「イヤだわ。そんな夢で興奮するなんて…」

 「だって凄かったんだ。文恵が泣いているのに、オッパイをこうされてね」乳房を握り乳首を指の間で潰した。
「痛い。そんな事する人嫌いよ!」幹夫の手を払い除けて立ち上がった。
「怒ったのかい。ごめんよ」

 「少しだけね。それより、お風呂で洗ってくるね」
「そうだよな、オ○ンコに出したんだからな」
「オ○ンコって言わない約束でしょう。性器とか膣とか言ってよ!」文恵は機嫌悪く浴室に入っていく。

 「やれやれ。怒られたか」苦笑いする幹夫だが、浴室に入った文恵は「ご免なさい、本当は3人にレ○プされたの。あなたが見た夢は現実だったの」大粒の涙を流しながら淫裂を丁寧に洗っている。
文恵は、幹夫にはレ○プされた事は言わず、封印する事を決めた。
 
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
270位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
21位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に(15)
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター