fc2ブログ

「裏の女達」第2話 会社訪問

第2話 会社訪問

 それから数日が経ったある日、帰宅した幹夫が「明日から出張になったよ」と言いだした。
「そんな急に出張と言われても困るわよ。何も準備が出来ていないのに」
「心配要らないよ。札幌に3日間行くだけだから」

 「でも、着替えはどうするのよ」
「向こうで買うよ。今はどこでも夜遅くまでやっているから」
「それならいいけど…」

 「心配要らないよ。それより、3日間留守するからいいだろう?」
「いいけど、後からはイヤよ。普通でしてね」
「後からがイヤなら、文恵が上になってくれないか?」

 「どっちもイヤ。普通でならいいけど、それ以外はイヤよ」文恵は夫と言えども、正常位でのセックスしか認めなかった。
それは、あの忌まわしい事を、思い出したくないからだ。

 「わかった。普通でやるよ」渋々承知をし、布団の中で2人は生まれたままの姿で抱き合い「いいわ、あなた…」喘ぎながら幹夫の背中を撫でている。

 翌朝、幹夫は羽田から札幌に向かい、家では文恵が掃除をしている。
「全く、急に出張だなんてね」愚痴を言いながら掃除をしていると「ピンポーン!」チャイムが鳴った。

 「忙しいのに…」玄関に向かい、ドアを開けた。
「忙しい所申し訳ありません。旦那さんの部下の大石と申します。奥様には是非、我が社をご案内したいと思いまして…」丁寧に挨拶する男性に、文恵の顔が真っ青になりブルブル震えている。

 「イヤ。もういやよ。帰って!」
「そうは行きません。ここでは何ですから中で」チラリと写真を見せて文恵に渡すと「と、とにかく中で!」写真を見せられ、動揺している。

 それは、この前レ○プされた写真だから無理はない。
馬乗りになり、乳房を揉まれている姿が映っており、淫裂と肉竿が結合しているのもわかる。

 中に入った男は「この前はよかったです。奥さん」シャツの裾を掴んで捲り上げた。
「やめて。変な事をしたら警察に訴えるからね!」
「いいんですか。こんな写真もありますよ」また写真をちらつかせ「写真はやめて。何の用なのよ」文恵の目からは涙が落ちていく。

 「別に変な事をする気はありません。タダ、奥さんに会社を知って貰おうと思いましてね」裾を捲り上げると、手を忍ばせブラジャーを持ち上げた。
すると、勢いよくカップから乳房が飛び出ていく。

 「やめて。この前で満足したでしょう?」
「そうは行きません。私も酔っていましたからね」飛び出た乳房を握りしめられ「うっ!」ピクッと体が反応した。
「奥さん、いい体してますね。勿体ないですよ」そう言いながら、乳首を摘み転がしていく。

 「か、会社を知って貰うって、どういう事なの?」乳房を掴む手を押さえて言う。
「何の理由もありません。旦那さんが働く会社を知って貰うだけですよ」今度は一気にシャツを捲り上げ、ブラジャーから飛び出している乳房が露わになった。

 「やめて。もうやめて!」その乳房を両手で押さえた。
「来て貰えますよね?」乳房を押さえる手を掴み退け、乳房に顔を埋めて乳首を吸っていくと「ん、ん、ん!」それには、鼻から息が漏れていく。
 「行くわ。だから、オッパイを吸わないで…」
「それは助かります。これから行きましょう!」乳房から頭を上げ、文恵は急いでブラジャーを直し、シャツを仕舞い込む。

 「着替えさせて。直ぐ終わるから」
「そのままでいいです、どうせ…」言葉を止めた。
「どうせ何なの?」
「いいえ、何でもありません。とにかく行きましょう」引きずられるように家を出た。

 文恵は大石の案内で、電車や地下鉄を乗り継ぎ、1時間ほどでビルが並ぶビジネス街まで来た。
「ここが当社でして…」真新しいビル群の中に、古ぼけたビルがある。
「ここで、幹夫さんが働いているんだ…」古ぼけたビルだが、文恵には新鮮に映っている。

 「5階から上が、全て事務所になっております」大石はエレベーターに乗っても説明しており、そのエレベーターも5階で止まり、ドアが開くといかにも事務所といった感じがする。

 少し歩くと「いらっしゃいませ!」受付があり、制服を着た若い女性が声を掛けてきた。
「美保君。こちらは、陣内さんの奥さんなんだ」
「陣内文恵と申します」文恵は挨拶した。

 「特別なお客様なんだから、そのつもりで頼むよ」
「特別なお客様ですね?」大石の言葉に強ばった顔になった。
「そうなんだ。会議室を空けて欲しいが…」
「6階の15会議室が利用出来ます」
「ありがとう。待っているよ」文恵は大石と一緒に、6階に登り会議室に入った。

 「今日は特別な日なんです。会社の皆に、奥さんを知って貰う日なんでして…」
「それは、お伺いしました」
「でしたら、奥さんの全てを見せて下さい」
「全てを見せるって、まさか、裸になれとでも?」

 「そのまさかです。ここで素っ裸になって下さい」
「イヤよ。どうして裸にならないといけないのよ。私、帰ります!」ソファーから立ち上がると「いいんですか。これが旦那さんに見られましよ。近所にばらまいてもいいんですがね」犯された時の写真を見せた

 「やめて、卑怯よ。そんな写真で脅迫するなんて…」文恵の目からは涙が流れ落ちていく。
「私だって、こんな事はしたくありませんよ。これも陣内さんの為なんです」

 「裸になるのが、夫の為ですか?」
「はい。管理職は妻の裸を部下に提供して、気分よく働かせるんです。陣内さんも、もうすぐ、管理職になれますから」

 「それで、私の体を奪った上に、裸になれと言うの?」
「セックスは奥さんの希望でしょう。あんなに燃えていましたしね」大石は文恵を抱きしめ、胸を撫でていく。
「イヤ。やめて下さい!」乳房を触る手を押さえた。

 その時「コン、コン!」ドアがノックされ「失礼します!」声と共に女性が入ってきたが「そんな~!」文恵は女性を見るなり、声を上げた。
入って来たのは、先程受付をしていた美保と呼ばれた女性で、一糸まとわぬ全裸だったからだ。

 美保が身に着けているのはハイヒールだけで、乳房はおろか、股間の絨毛を綺麗にカットし、淫裂まで晒している。
「コーヒーを、お持ちしました…」恥ずかしいのか目を真っ赤にし、体が小刻みに震えている。

 「ど、どうしてヌードに?」
「お客様が、特別なお方からです。特別なお方には、私達も特別な接待で対応します」そう言ってコーヒーをテーブルに並べていく。

 「奥さん、覚悟を決めて下さい。旦那の出世の為です。それに離婚はイヤでしょう」大石の目がギラギラ輝いている。
(脱ぐしかないわ。あの写真が知られたら離婚されるし…)全身をブルブル震わせながら決心した。

 「わかりました。ヌードになります…」文恵がシャツを脱ぎ始めると「お手伝いします」美保が手伝い、脱いだ服を受け取りそれを丁寧に折り畳んでいく。
「恥ずかしい。私のヘアはボウボウなのよ」パンティを引き下げると股間の絨毛が不規則になっている。

 「大丈夫です。私がお手入れをお手伝いしますから」
「でも、ヘアを剃ったら、夫が何て言うのか心配で…」背中を丸めてパンティから足を抜いていく。

 「それでしたら、旦那さんに全てを見て貰う為とか言えば平気ですよ」
「あなたはそう言ったの?」
「はい。夫が前からヘアを剃らせてくれと言っていましたから、何の疑いもありませんでした…」

 「でも、ヌードよ。人前でのヌードは恥ずかしくないの?」
「恥ずかしいとかは、言っていられません。これも仕事ですから」
「そう、仕事なんだ…」文恵はブラジャーも脱いで全裸になったが、この時、美保の目から、涙が落ちたのを見逃した。

 美保も文恵と同じく、同僚に犯され写真を撮られ、脅されて全裸になるように仕向けられていた。
ただ、全裸になると、会社から1回に付き2万の報奨金が出るのが、他の脅迫とは違っている。

 美保自身もも、夫の会社が経営危機だから報奨金は魅力で、恥ずかしいのを我慢し、夫に詫びながら全裸になって、乳房と淫裂を晒している。

 文恵が全裸になると、脱いだ服を持っていく。
「やめて、服を持っていかないで!」
「奥さん、預かるだけです。今日1日、私とお付き合いが済んだら、お返しします」大石は狼狽える文恵の乳房を掴んだ。

 「ダメ。そんな事、ダメです!」小さな声で言いながら、乳房を掴んだ手を押さえると「この前はよかったのに、今日はダメか…」素直に手を引いて、今度は美保の淫裂を触りだす。

 「許して下さい。触らない約束です。そこはダメです!」
「昨日、オ○ンコやったな。白いのが周りに付いているぞ!」淫裂を広げて、肉襞を調べていく。
「か、勝手でしょう。セックスしても…」美保の声が涙声になっている。

 「そうだよ、勝手だよ。でも、亭主だけでなく俺ともオ○ンコしようよ!」
「それはイヤ。あれっきりの約束よ。変わりにヌードを承知したでしょう!」涙が落ちている。
「泣くな。美保に涙は似合わない。それより、奥さんの手入れをしてやれ!」
「わかりました。奥様こちらへ」文恵は美保に隣の会議室へと案内された。

 「奥様、ここで仰向けに…」ベッドのような椅子があり、美保に言われるまま仰向けに寝た。
天井には鏡が張られ、文恵の全裸が映し出されている。

 (鏡があるわ。でも、どうしてかしら?)不審に思うが、絨毛にスプレーが吹き掛けられ(ヘアを剃るなんて、変態のすることよ。幹夫さんにも剃らせなかったし…)天井を見上げると、絨毛の上に泡が降り注いでいく。

 まんべんなく、泡が絨毛を包み込むと掌で混ぜて、立っていた絨毛も柔らかくなり肌に密着している。
「奥様。足を開いて下さい」言われた通りにすると「ジョリ、ジョリ!」カミソリが押し当てられ、股間の絨毛が消えていく。

 (ヘアが剃られていく。ヘアが…)天井に映った股間からは、黒い絨毛が少しずつ消えていき、変わって、赤黒い地肌と桜色の淫裂が露わになってきた。
(性器が剥き出しになっていくわ。これが私の性器なんだ…)剃られる様子を見つめている。

 美保は、なおもカミソリを動かし「ジョリ、ジョリ!」カミソリが動くに連れ、絨毛も消えて淫裂が剥き出しになった。
(恥ずかしい。これが私の性器だなんて…)淫裂から2枚の肉襞がはみ出している。

 「奥様、ここは短くします」淫裂の上には5百円玉ほどの絨毛が残され、その絨毛もハサミで短くカットされていく。
(これを見たら、幹夫さん驚くわね)天井を見上げている文恵だ。

 「ヘアの手入れは終わりましたが、性器のお手入れをします」
(性器の手入れって、どんな事を?)不思議に思っていると、美保は指を淫裂に入れて「あ、ダメ。そんなのダメ!」声を上げる。

 「ご安心下さい。手入れですから!」膣に指が入ると、中を探り「ん、ん、ん!」自然と腰が浮き、指の動きに合わせて動きだす。
(恥ずかしいけど、気持ちいいわ…)顔を背けて腰をお動かしている。

 美保は、淫裂の中を指で撫でると、肉襞を摘んで「あ、あ、あ!」文恵は声を上げると「敏感なんですね。奥様は!」肉襞には、化粧用のファンデーションを塗りだす。
それに、淫裂の地肌にも塗って、赤黒さを消していく。

 「奥様、ご覧下さい。これが奥様の性器です」文恵は目を開け、天井を見つめると、股間の淫裂がピンクになり、地肌も綺麗に化粧された。
「恥ずかしい。性器が丸見えだなんて…」手で淫裂を隠した。

 「乳首にもしましょうね」今度は乳首に化粧され、膨らんだ乳首が、鮮やかなピンクに染められていく。
「ハイ、終わりました」美保は手入れが終わると、後かたづけをしていく。

 「これから、どうするの?」
「心配要りません。ヌードだけですから」美保が不安そうな文恵を、安心させようとしている。

 「本当にそれだけね。セックスはしなくていいのね?」
「奥様がお望みなら、社員がお相手しますが…」
「イヤ。ヌードを見られるだけで沢山です!」キッパリと拒んだ。

 絨毛の手入れを終えた文恵は、美保の案内であの会議室に戻って来た。
ドアを開け、中に入ると「イヤー!」文恵は両手で胸と股間を押さえて、蹲ってしまった。
会議室の中には、男性が10人程いたから無理もない。

 「奥様、どうなさいましたか?」美保が尋ねると「お、男がいます!」声を震わせて言う。
文恵の言葉に「心配要りません。私達は、陣内さんに世話になっている部下ですから。それよりも、奥さんこちらへ」文恵の手を掴み、中へ連れて行く。

 「噂通りに綺麗な方ですね。両手を退けて貰わないと…」
「許して。これ以上、恥ずかしい事はしたくないんです」
「奥さんがその気なら、僕達だって考え直しますよ。陣内さんへの協力はやめます。そうしたら、ここにはいられませんよ」

 「それはやめて。夫を苦しめないでください」
「それでしたら、奥さんが協力しないと」部下達は、手を退けて淫裂と乳房を見せるようにと催促している。

 「わかりました。私の全てをご覧下さい…」途切れ途切れにやっと言え、震える手を胸と股間から退けていく。
(見られてしまう…。幹夫さんの部下に…)目を閉じて、両手を後ろで組むと、乳房とピンク色の淫裂が露わになり「おう!」全裸に歓声が上がった。
  
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
321位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
21位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター