fc2ブログ

「裏の女達」第3話 肉体の提供

第3話 肉体の提供

 「奥さん、いい体つきですね。陣内さんが羨ましいですよ」部下達は文恵を取り囲んで、体を屈め見上げていく。
「それにしても、こんなに綺麗なピンクなんて驚きだな…」指が淫裂に触れ「うっ!」一瞬だが腰が引いた。

 「奥さん、旦那さんの為に一生懸命働きますよ。そのご褒美として、これくらいはいいでしょう?」指が淫裂に入り込む。
「ダメ、そんな事ダメです!」

 「仕事、しなくていいんですか?」新たに1人加わり乳房を握られ「そうですよ。ご褒美を下さいよ」また1人加わって、別な乳房も握られてしまった。
「やめて。ヌードを見るだけにして下さい…」頼み込むが、部下達は聞き入れず、文恵の乳房、淫裂、尻と触るが、拒めば夫が仕返しされるから「う、う、う!」泣きながらされるがままだ。

 「美保、お前もいいだろう。陣内さんの奥さんだって我慢しているんだぞ!」大石は美保の乳房を握りしめた。
「許して。これ以上辱めないで下さい…」美保も泣き声になっている。

 「なあに、オ○ンコする訳じゃないよ。触るだけだから我慢しな」大石は美保の淫裂に指を入れ、乳首を吸うと「ん、ん、ん!」美保の鼻から溜息が漏れだした。
「奥さん、僕もやりますよ」文恵も淫裂に指が入れられ、乳房を揉まれながら乳首を吸われると「あ、あ、あ~!」電気が走ったような衝撃を感じた。

 「ダメ、そこまでにして…」文恵はやっと立っていた。
「交代でしますから、我慢してください」部下は、代わる代わる文恵の淫裂に指を入れ、乳房を吸っていく。

 「大石さん。これくらいにしないと遅くなります…」美保が乳房を吸う大石に言う。
「そうだな。奥さん、これから会社をご案内します」
「案内すると言っても、私はヌードよ。生まれたままの裸なのよ!」
「わかっています。ですからいいんです。行きましょう」

 「イヤ。やめて、これ以上恥ずかしいのはイヤ!」
「旦那さんの為ですよ。出世したいでしょう?」弱みに付け込まれては、どうする事もできない。

 「私はこれで…」美保は役目が済んだのか会議室から出て行き、女は文恵だけになった。
(このままだと、またレ○プされてしまうかも…)不安に思ったのか、文恵は大石の言ううがまま後ろを歩いていく。

 会議室を出た大石は、真っ先に社長室へと向かった。
「ここが、社長室でして…」ドアをノックしてから入り「社長、陣内さんの奥様がお見えです」と告げる。
「これは、これは元気のいいお方で…」全裸で現れた文恵に驚いた顔になっている。

 「陣内の妻で、文恵と申します」
「社長の近藤政文といいます」近藤が、じっと文恵の淫裂を見つめると(見ないで、そこは見ないで下さい!)太股が震え、淫裂からはみ出した肉襞も震えている。

 「社長。私は仕事が残っておりますから、済みましたら、お知らせ下さい」
「わかった。後で呼ぶよ」大石が出て行き、近藤は文恵の2人きりになると「奥さん、いい体つきですね。これでしたら裸になって見せたいはずですね」文恵の肩に手をやりじっと見つめる。

 「そんなに、ジロジロ見られると恥ずかしいです…」顔を背けると「そんな事しなくていいですよ。何もしませんから」そう言いながら手が淫裂に伸びていく。
「そんな、そこはダメです…」

 「何言っているんですか。裸になっておきながら、今さら何言いますか!」文恵をマットの上に押し倒して覆い被さってきた。
「やめて下さい。大きな声を出します!」

 「そんな事したら、陣内は首だ。そうなったらどこも雇ってくれないぞ。私も大石がやったようにやらせて貰うよ」近藤はズボンのベルトを外して、脱ぎ始めた。
「やめて下さい。レ○プしたら、訴えます!」

 「訴えてもかまわないよ。でも、素っ裸で会社の中を歩いていたんだ。どっちを信用するかな」
(そうよ、その通りだわ。こんな裸で人前に出たのだから、警察だって信用してくれない…)近藤から逃れようとする力が急に抜けた。

 「そうですよ、奥さん。陣内君だって、もうすぐ管理職になる身ですからね!」不自由な手で、下半身を剥き出しにすると、腰を押しつけてきた。
「ダメ。入れないで。そこはイヤです!」淫裂に肉竿が押し当てらている。

 「悪いようにはしないと言ったろう。おとなしくやらせろ!」拒む文恵は両乳房が握られ、爪が食い込み、すかさす「ヒー!」顔を歪めて悲鳴を上げた。
「陣内の出生の為に、体を提供するんだろう?」
「そんな事しません。レ○プしないで下さい…」途切れ途切れに言う。

 しかし「言え。言うまでこうだ!」爪が更に食い込み、乳房の膨らみも変形して鬱血が見られる。
(痛い、オッパイが痛い。ここは逆らえない…)覚悟を決め「お、夫の出世の為に私の体を提供します…」屈辱に、言い終わると涙が流れた。

 「そうか。これはレ○プじゃないよな?」
「はい。レ○プではありません…。私の体をお楽しみ下さい…」声も泣き声になっている。
「そうか。だったら、やるぞ!」入口に押し当てられていた肉竿が、膣腔を押し広げながら入ってきた。

 今度は「うっ!」乳房に変わって、今度は淫裂が激痛に襲われた。
「痛い、痛いです。乱暴にしないで下さい!」顔を歪めて言うと「痛いのは最初だけさ。直ぐに気持ちよくなるよ」なおも肉竿は淫裂の奥へと入り込み根本まで入った。
(オチンチンが、膣の奥まで入った…。また、レ○プされてしまった…)目を閉じるが涙は止まらない。

 近藤は、そんな文恵に動じる素振りも見せず、肉竿のピストンを始め「ピシャ、ピシャ!」肉のぶつかる音が響いている。
「奥さん、少し濡れてきたね。気持ちよくなって来たろう?」自慢げに乳房を握りしめたまま腰を振っていく。

 (感じないわ。こんなレ○プで感じないわよ!)しかし、淫裂からはヌルヌルした液体が流れだし「クチャ、クチャ!」淫裂から出るのは、湿った音に変わった。
「気持ちいいよ。奥さんのオ○ンコは最高だ!」近藤は腰の振りを早めて「ヌチャ、ヌチャ!」次第に流れ出る量も多くなっている。

 (感じないで。レ○プされているのよ、感じないで…)無意識のうちに足を開き、深い結合を求めて、近藤の頭を両手で抱いていた。
それは、とてもレ○プとは言えない状況になっている。

 「奥さん、限界だ。もう限界だ…」
「イヤ、お腹の中はイヤ。お口で受けます!」叫んだが膣の奥が暖かい感じがする。
「イヤよ。妊娠はイヤ!」首を振って叫ぶが、淫裂から白い精液が流れ出ていく。

 「奥さん、よかったよ。陣内君はきっと出世するよ」満足そうに肉竿を抜くと、淫裂から堰を切ったように液体が流れ出る。
「俺もたまっていたんだな。こんな美人でスタイルのいい奥さんだったからな」起きあがるとズボンを履いていくが「う、う、う!」文恵は泣いたまま起きあがろうとはしない。

 「奥さん。、そんなに妊娠したいのかい?」
「したくないわ。あなたの子供なんてイヤです!」
「だったら、治療してもらいなさい。帰りがけでもいいから。ここの7階に診療所があるんだ。そこで治療して貰えば妊娠はしないよ」そう言いながらベルを押し、暫くしてから大石が現れた。

 「奥さんとの話は済んだよ」近藤が言うと「わかりました。奥さん今度は職場へご案内します」グッタリとしている文恵を立ち上がらせ、社長室から出ていく。
文恵は大石の後ろを歩くが、淫裂からは精液が太股まで流れている。

 「大石さん。トイレで洗いたいのですが…」流れ出る精液が気になっていた。
「ダメです。それを見せて、妻の意気込みを見せてあげて下さい」
「射精されたのよ。それを見せるなんて、女性の恥です!」

 「そんなのは、恥でもありません。返って褒められます、夫の為に体まで提供したって!」そう言われれば逆らえない。
(無駄だわ、何言っても無駄だわ。射精された性器を見られるなんて恥ずかしい…)黙って歩いていく。

 「ここです!」大石が立ち止まった。
(見られる。射精された性器を…)文恵の両手が股間を覆うと「ダメです。隠さないで下さい」手が退けられた。

 そして、ドアを開けて中に入り、文恵も目を閉じて中に入った。
「凄い、素っ裸だ!」
「見て、性器ら白いのが出ている!」
「ザーメンだよ。オ○ンコしたんだ。しかも膣内射精だぜ」幹夫の同僚達は全裸で現れた文恵に歓声を上げた。

 「紹介しよう、陣内さんの奥さんだ。夫の出世の為に、体まで提供したんだ。皆も見習って欲しい!」
「へえ、社長にセックスまで許したんだ…」ガヤガヤと話しだし(言わなくていいわよ、あれは提供じゃなくてレ○プよ)文恵は両手を後にして黙ったままだ。

 「奥さんは、特に世話になっている3人に体を提供するそうだ!」
(嘘よ、そんな事言った覚えないわ。またレ○プする気ね)文恵はまた顔色が青ざめ、手で股間をしっかり押さえた。

だが、同僚は「俺です、俺が一生懸命働いています」「俺もそうです。陣内さんの為なら、たとえ火の中、水の中にも飛び込みます」文恵とセックスできると聞いて名乗りを上げている。

 「困ったな。そうだ、売り上げ順に決めよう。速水、後藤、岡江以上3人だ!」大石は売り上げの多い、3人の名前を読み上げた。
「待ってください。私は女性ですよ」岡江と呼ばれて、慌てる女性がいた。
「そうですよ大石さん。岡江は女ですから、セックスはできないでしょう?」

 「かまわないよ。岡江、奥さんを抱くんだ!」
「そんな、レズをやれだ何て。イヤです…」
「イヤでもやるんだ。奥さんが我が身を提供したがっているんだから、受け止めろ!」キツく言い放す大石だ。

 「面白い。岡江の素っ裸がまた見られるぞ。早く見せろよ、パイパンのオ○ンコとオッパイを!」
「そうだよな、岡江やれよ。お前だって、その気があるって噂だぞ」同僚達は冷やかしている。

 「わかりました。そんなに私の裸が見たいなら、素っ裸になります。でも、写真は絶対ダメだからね!」釘を刺し制服のボタンを外していく。
(そんな、レズをするなんて…)思わぬ展開に戸惑う文恵だが、おろおろする文恵を前に岡江は制服を脱ぎ終え、下着姿になっていく。

 「いいな、黒色なんて興奮するよ。もう、ビンビンになっているよ」
「これくらいで驚いたら、彼女なんてできないわよ。もっとエッチなのもあるんだからね」平然とした態度でパンティを脱ぎだした。

 (ない。ヘアがない!)股間には絨毛が生えておらず、文恵と同じく綺麗に剃ってあった。
パンティを脱ぐと、ブラジャーも脱いで、全裸になったが、乳房は体つきの割には以外と小さい。

 「岡江。今度やらせてくれよ、俺の分を回すからさ!」
「イヤ、男は嫌いよ。セックスが済めば、直ぐに用無しにするから」
「お前、棄てられた経験あるのか?」
「あるわよ。だから男は嫌いなの。女はその点、優しいからね」脱いだ服を片づけると文恵に抱き付く。

 「私、やった事がないから、わからないの…」文恵の全身が震えている。
「大丈夫よ、奥さん。私に任せて」唇を押しつけて来た。
そして、机に寝かせ、乳房に顔を埋めると、両乳房を揉みながら乳首を吸いだす。

 「ダメ、こんなのいけないわ。女同士だからダメよ…」背中が浮き上がり声も上擦っている。
岡江は手を乳房から淫裂へと伸ばし、ピンクの突起を撫でだすと「あ、あ、あ~!」事務所に文恵の声が響いていくが、岡江は暫く乳首を吸い、クリトリスを触り続けた。

 「奥さん。今度は私にするのよ。意味わかるでしょう?」
「やってみます…」岡江が仰向けになり、文恵が上になると(これでいいのかしら?)小さな乳房を掴み、乳首を吸う。
「そう。奥さん、それでいいのよ…」岡江も声を上げている。

 「我慢出来ない。俺も参加だ!」名前を呼ばれた速水が、ズボンを脱ぎ下半身を露わにした。
「奥さん、我慢出来ないです。一緒にさせて下さい!」文恵の背中から抱き付き、淫裂に肉竿を押し込んできた。

 「だめよ…。あ、あ、あ~!」文恵は声を上げたが、速水は乳房も掴んで腰を振りだす。
「ダメ、動かさないで…」文恵は掴んだ岡江の乳房から、片手を淫裂に伸ばし指を動かしていくと「ん、ん、ん!」岡江も指に合わせて、腰を動かしだす。

 「岡江、俺とオ○ンコしないか。指よりもチンポの方が気持ちいいぞ!」
「イヤ、男は嫌い。セックスが済むと、棄てるから…」上擦った声で乳首を吸われていく。
速水も興奮したのか、腰の振りを早め「あ、あ、あ!」文恵の淫裂から、また淫汁が流れ出て「奥さんいいわ。上手よ…」岡江も淫汁を流している。

 やがて、速水もクライマックスを迎え「奥さん、限界です。陣内さんの為に頑張りますからね」腰の動きを止めた。
「イヤ、お腹の中はイヤです!」悲鳴と同時にまた白い液体が流れ出た。
その後、後藤にも膣の中で射精され、やっと解放された。

 「ご苦労様でした。これからご案内します」3人の相手が済むと大石が言う。
「案内するって、まだあるの?」
「はい。忠義な奥様の姿を全社員に見て貰います」
「やめて。こんな姿、見られたくないのよ!」流れ出る精液を垂らしなら言うが「ダメです、忠義な奥様をみせてあげましょう」聞き入れない。

 「許して、裸なのよ。大勢に見られるなんてイヤです」
「そうは行きません。オ○ンコ写真を配られるよりましでしょう?」文恵は大石に腕を掴まれ、社内を回り出し、2人は真っ先に総務部に入った。

 「営業部の陣内大石さんの奥様です!」文恵の全裸姿に皆が振り返った。
「やったんだ。オ○ンコを!」
「凄いわ、セックスまで許したなんて。私は絶対できない!」太股を濡らす精液に歓声が上がり(悔しい。散々レ○プされた上に、こんな恥まで掻かされるなんて…)俯く文恵は涙を堪えていた。

 大石は総務部の後、秘書課も回った。
「あら、ヘアまで剃ってセックスしたんだ!」
「凄いわね。ザーメンがビッシリよ。中まで見せてよ」
「いいよ。忠義な奥さんをよく見てくれ!」言い終わらない内に、文恵の淫裂が指で広げられていく。

 「やめて。そんな恥ずかしいことやめて!」淫裂を隠そうとしたが「奥さん、言ったでしょう。全てを見せるって!」大石から注意される。
「でも、性器はイヤ。しかも、射精されたのよ」
「だから、見せて欲しいのよ。夫の為に体を許した奥さんの全てを」なおも指で広げられ(酷いわ、これでは拷問と同じよ)顔を背けたが、大粒の涙が流れている。
 
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
270位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
21位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に(15)
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター