fc2ブログ

「裏の女達」第4話 診療所 

第4話 診療所 

 大石はその後、全ての部署を回り、文恵の全裸を社員に晒すと「奥さん、これから診療所に行きましょう」やっと、切り出した。
「お願いします…」大石に連れられて、7階にある診療所を訪ねた。

 「あら、ヌードだなんて。先生、元気のいい患者さんが来ました!」若い看護婦が声を上げると、暫くして「そんなに、大きな声上げなくても聞こえるよ」奥から白衣を着た男性が現れ「ほう、綺麗な体つきだ。これなら裸になりたがるはずだ」文恵の全身をなめるように見つめている。

 文恵は(見ないで、ヌードは見ないで)下を向いたまま、顔を上げられない。
「おや、精液ですか?」淫裂が触られた。
「先生、お願いします。夫の為に体を提供した忠義な奥さんですから」

 「体の提供ね。どうせなら、もっとやってもいいよ。後2人は大丈夫だ」
「そんな、私3人とセックスしたんです。もうできません!」
「でも、ここは大丈夫だよ。ほらね」医師は指を淫裂に押し込む。

 「やめて下さい。治療に来たんですから!」
「それはわかっている。あと2人できるから、治療はそれからだと言っているんだ!」指を動かし出すと「ん、ん、ん…」太股を震わせ声を上げた。

 「あと2人ですか。先生、ここに丁度男が2人いますよ」大石はニヤリと笑う。
「やだ~、先生がエッチするなんて。私にやってくれた事がないのに…」看護婦は不満顔だ。

 「これが済んだら、やって上げるよ。それまで、我慢して」医師は看護婦の袖口から手を入れ、ブラジャーを捲り上げて乳房を揉んでいく。
「約束よ、先生。前から先生としたかったの…」目を閉じて、気持ちよさそうな顔をして言う。

 「わかっているよ。治療が済んでからしような」機嫌を取るように、スカートも捲り上げ、白いパンティの上から股間を撫でだした。
「先生、約束よ。それならしていい。でも、私にも手伝わせて」看護婦は医師のベルトを外し、ズボンを脱がせようとしている。

 「イヤ。もうセックスなんて、イヤです!」文恵は首を振って拒んだ。
「奥さん、治療しないと妊娠しますよ。それでも、いいんですか?」
「脅迫よ。治療代わりに、セックスだなんて!」泣きながら言う。

 「勘違いしないでください。あなたの為を思っていっているんです。あと2人セックスできるから、やった方がいいと…」
「そうよ。先生は脅迫なんかする人じゃないわよ」看護婦も援護している。

 「奥さん、わかりましたね?」医師は下半身を露わにした。
「わかりました。好きにして下さい…」
「そんな言い方ないわよ。セックスして下さいでしょう?」自棄になって言うと看護婦が怒鳴る。

 「すみませんでした。私とセックスして下さい…」屈辱を堪えて言うと「それは楽しみですな。ここで、四つん這いになってしましょう」床に四つん這いにされる。
「先生、これよ!」看護婦はチューブを絞り指に乗せて、医師の肉竿に塗ると「気持ちいい。上手だよ」看護婦の頭を撫でていく。

 「この後は、私としてね」堅くなった肉竿を撫でながら薬を伸ばしていく。
「先生、終わりました」
「わかった!」文恵は腰を押さえられ、肉竿が押し込まれ「あ、あ、あ~!」体を震わせ喘ぎ声を上げた。
(オチンチンが、子宮を刺している…)首も振っている。

 医師は、肉竿を根本まで押し込むとピストンを始め「ピシャ、ピシャ!」淫裂から音が鳴り、乳房が揺れていく。
「俺も準備しないと…」大石もズボンを引き下げたが、やはり肉竿が堅くなっていた。

 「奥さん。やって下さい」文恵の頭を押さえ、口に肉竿を押し込み「ウグ、ウグ!」(イヤ、汚いからオチンチンを口に入れないで!)首を振るが、なおも喉奥まで押し込まれた。

 「あら、2つのオチンチンでされるなんて、いいわね」
(よくない。あんたが、やられなさいよ!)咽の奥まで肉竿が入り込み、吐き気さえ感じている。

 医師は腰の振りを早めたが(キツい。オチンチンが奥まで入ってくる…。でも、膣が痛くない…)淫裂の痛みは感じない。
先程、肉竿に塗った薬が徐々に効いてきたのか(いいわ。凄く気持ちいい。こんなセックスならいつでもいい…)ドロドロした淫汁が流れ出した。

 「気持ちよさそうだな。どれ、仕上げだ!」背中に胸を押しつけ乳房を掴んだ。
(ダメ。そんな事したら、よけに感じちゃう!)首を振って拒むが、医師は両乳房を揉みながら腰を振り続けた。

 やがて、盛んに肉竿を振っている医師だが、次第にクライマックスを迎えて(イヤよ。射精なんて、もういや!)膣の中が暖かくなっていき「終わったよ」肉竿が抜かれると、文恵は腰から崩れていく。

 「先生。今度は私としようね」萎縮した肉竿を看護婦がなめていくと「気持ちいいよ、凄くいい!」首から手を入れて、乳房を求めている。
それを知ったのか、看護婦は自分から胸のボタンを外して胸を広げた。
胸元が開き、白いレースのブラジャーからは、乳房が透けて見える。

 さらに、ブラジャーを持ち上げ、乳房を露わにすると「堅くなったぞ。もう大丈夫だから、今からやろう!」
「先生にして欲しいの」看護婦は診察用ベッドに仰向けになり、スカートを捲り上げ、そしてパンティを引き下げていく。

 「僕がやるよ」医師がパンティを掴み、引き下げだすと、黒い絨毛の中にピンクの淫裂が覗く。
「入れるよ」肉竿がピンクの膣を押し広げていくと「あ、あ、あ~!」看護婦が声を上げだした。

 それを見て「奥さん。僕にもやらせて下さいよ」文恵は大石に抱かれて、医師と看護婦が抱き合う隣の診察ベッドに乗せられた。
「やって下さい。わかっていますよね?」
「いや、これはいやです!」

 「そんな事言って、いいんですかね。陣内さんが困る事になりますよ」
「わかったわよ。やるけど、夫には言わないで」仰向けになった大石の上に馬乗りになり、腰を沈めていく。
「そうです。それでいいんです」大石は満足そうに乳房を揉んでいく。

 文恵の側では「先生、もっと奥までして。この日の為に飲んでおいたから奥に出して下さい」看護婦が胎内への噴射をねだっている。
それには「奥さん、もっと元気よく、根本まで入れて下さいよ」大石も刺激されたか、腰の動きに合わせ、乳房を上下に振り始める。

 「わかりました。やるから、オッパイを動かさないで。痛いのよ」乳房の動きに合わせて、腰の振りを大きくしていくと「ヌチャ、ヌチャ!」「ピチャ、ピシャ!」2つの淫裂から音が出ていく。

 やがて、大石が登りきったのか「もうすぐす、出しますからね」言い出した。
「イヤ。お腹の中はイヤです!」逃れようとしても太股を押さえられ、膣から肉竿が抜けず、全部入っている。

 「抜いて。お願いです!」悲鳴に近い声をあげても、膣の中が暖かい液体で満たされていく。
(そんな、また射精されるなんて…)結合したまま胸を弾ませている。

 「治療するから大丈夫だよ」医師も看護婦の淫裂の中で噴射した。
「先生、暖かい!」余韻を楽しもうと抱き付いたままだが、2人の淫裂から白い液体が流れているが、拭こうとはしない。

 「先生、そろそろ治療をお願い出来ますか?」やはり、大石も気になったようだ。
「そうだな。そろそろやるか!」看護婦と医師は、服の乱れを直し準備を始める。
「冷たいからな」淫裂に洗浄液が送り込まれると、白い液体が流れ出てくる。

 「大部出るな。5人分のザーメンか…」器具で淫裂を広げ、丁寧に洗っていくと、薄いピンク色の膣内が見えた。
「これがオ、○ンコなんですか?」大石が覗き込んだ。

 「そうだよ。女性は皆、これを持っていてね」遊び心で、文恵のクリトリスを指で転がすと「ん、ん、ん!」腰が動いた。
「先生、遊ばないで。そんなにしたかったら、私のでしていいから」
「わかった。今度からやらせて貰うよ」指を退け、洗浄を続けた。

 「先生。もういいみたいです」
「そうだな、綺麗になったし」器具が片づけられた。文恵の淫裂も脱脂綿で拭かれる。
「もう安心だ。万が一もあるから、薬を飲んだ方がいいよ」
「そうですよね。これからのこともあるから、避妊薬もお願いします」大石が言うと(そんなの要らないわ。私を求めなければいいのよ)文恵は黙って聞いていた。

 医師の治療を受けると、文恵は大石に連れあの会議室に戻った。
戻ると、テーブルの上に分厚いファイルが置かれてある。
「奥さん、陣内さんは明後日まで出張なんですよ。明日も会社に来て貰えますよね?」

 「イヤ。裸になったり、セックスされるのは、イヤです!」
「イヤですか。それなら、こんな面白いのがありますが…」テーブル置かれたファイルを広げた。
それを見ると「酷い、酷い!」声を上げて泣きだした。

 ファイルには、この会議室に入ってからの事が映された、写真が貼られてある。
自分から全裸になっていく姿、絨毛を剃られる様子、社員とセックスしている写真などが貼られてあった。

 「こんな写真を見たら、陣内さん自殺するでしょうね」
「やめて。必ず明日も来ますから、夫には秘密にしてください…」床に額を押しつけ、泣きながら頼み込む。
「そんな事しなくてもいいです。来て貰えればいいんですから」泣き続ける文恵の肩を叩いた。

 そこに、美保が現れたが、先程と違い制服を着ている。
「高木君。奥さんは明日も来られるそうだから、生け花をやって貰うよ」
「わかっています。ですから、これをお持ちしました」美保は封筒を渡す。

 「お花代です。明日、来られるのでしたら、これでお買い求め下さい」
「私が好きなのを買っていいの?」
「この金額以内です。それ以上は自腹になりますから」中を覗くと2千円ある。
「わかった。明日買ってくる」

 「それから奥様、お写真をお撮りします」
「フルヌードなのよ。写真はイヤです!」両手で胸と股間を押さえた。
「奥さん、わがまま言っては困りますね。規則には従って貰わないと」
「そんなのは社員だけでしょう。私は社員ではないし、関係ないです」

 「そうですか、関係ないですか。だったら、これがどうなってもいいんですね」写真を貼ったファイルを持った。
「夫には見せないで下さい。撮ってもいいですから夫には…」後は声にならず、泣きじゃくっていると、美保も自分と同じ境遇を味わう哀れさに黙ったままだ。

 暫く沈黙が続いた。
「奥様。こちらへお出で下さい」美保に案内されて移動した。
今度の会議室は、調度品も高級で会議室とは思えない。

 「奥さん、写真はお任せ下さい。綺麗なヌードを撮りますから」カメラを持って、文恵を犯した速水と後藤が現れた。
「高木、明るくしてくれ!」

 「わかりました…」美保は照明を付け「奥さん。まずはこうしてください」両手を頭に乗せ腰を曲げさせられた。
「いいですね、そのポーズが。もっと笑顔になりましょう!」

 (できないわ。ヘアを剃られ、ヌードを撮られているのに笑顔なんて無理よ…)それでも強ばった顔のままで笑顔になった。
「いいですね。それも」スイッチが押され、その後も色々なポーズを取らされ、カメラに収まった。

 「今度は、僕が後からお手伝いします」後藤が後から抱き付き乳房を持ち上げる。
「やめて。恥ずかしいからイヤです!」乳房を掴まれた写真は撮られたくないが「ダメです。規則で撮りますから」勝手な事を言う。
(オッパイ掴まれたまま撮られるなんて…)顔が強ばったままカメラに収まった。

 「次はこれです」今度は淫裂を広げていく。
「やめて。性器の中は撮らないでよ!」両手で広げられた淫裂を覆う。
「奥さん、まだわかっていませんね。規則なんですよ」
「でも、性器はイヤです。どうしてもというなら、自分にさせて下さい」泣き声で言う。

 「わかりました。これからは自分でするんですよ」背中にいた後藤が退くと、文恵は両手で淫裂を広げると、薄いピンクの膣皮が見えてくる。
(性器まで撮られなんて…)恥ずかしくて顔を背けると「顔を上げて。笑顔ですよ」速水から注文が飛び(顔は撮らないで!)泣きそうな顔でカメラを睨んでいる。

 「いいですね、次ぎ行きましょう。奥さん、この玩具で遊んでください」後藤は樹脂でできた肉竿を渡す。
「まさか、これを膣に入れろとでも?」
「ハイ、その通りです。ここに座って入れて下さい」ソファーを差し出す。

 「できません。膣に入れるなんて、いやです…」首を振り、強く拒む。
「イヤなら、本物でしますが、いいんですね?」
「本物って、またセックスを…」
「そうです。はめ撮りといいまして、裏では評判いいんですよ」

 「いや。そんな事、両方いやです!」
「困りますね、どっちか選んで貰わないと。やらないと言うなら、報告するだけですが…」速水はなだめるように、後から手を伸ばして乳房を掴んで揉んでいく。

 「やめて。もう許して下さい…」泣きながら乳房を掴む手を押さえた。
「やりますよね。やらないと、もっと辛い思いをしますよ」揉みながら乳首を摘んだ。
「やります。ですから秘密にして下さい…」
「わかっていますよ、奥さん」

 脅しに負け、渋々応じた文恵はソファーに座り、両足を広げると淫裂が口を開き、膣腔が覗いている。
「いいですね。それも!」今度は後藤がスイッチを押していく。

(性器にこんなのを入れるなんて…)渡されたディルドーをゆっくり淫裂に押し込むと、ピンクの肉襞を掻き分け、膣に入り込んでいく。
ディルドーが入るに連れ、淫裂の肉が盛り上がり「ん、ん、ん!」痛みはないが、恥ずかしさに顔を背けて、なおも押し込んでいく。

 (入った。全部入ったわ…)膣の中が肉竿と違い、異様な感じがする。
「奥さん、笑顔で!」顔を上げ、作り笑いをすると「それで、オナニーをして下さい」(オナニーは、人前でするもんじゃないのに…)ディルドーを出し入れしながら乳房を揉みだす。

 「いいですね。このポ-ズも!」スイッチを押しまくる後藤だが(また撮られたわ。これで済むならいいけど…)文恵は目を閉じて、指示された通りにオナニーにふけっている。
 
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
282位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に 連載中
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター