fc2ブログ

「裏の女達」第5話 生け花

第5話 生け花

 「ハイ、結構です!」淫裂が馴染んだ頃に、撮影が終わった。
「奥様、これから我が社においでの節は、これを着て下さい」美保は紙袋を手渡す。
「これを着ろと言うの?」
「はい、そうです。預かった服は宅配便でお送りしました」

 「わかったわ。裸では帰れないし…」紙袋を覗くと黒い下着があり、それを取りだした。
「何よ。これじゃ、何の役目もしないわよ」ブラジャーを広げると、中央の部分がくり抜かれてある。

 「無いよりは、ましでしょう?」確かに、何も着けないよりはましかも知れない。
黙って乳房に押しつけ、ホックを止めると、くり抜かれた穴から乳房が飛び出し、豊満な乳房が更に大きく見える。

 (パンティはないのかしら?)袋の中を捜すが、あるのはパンティらしいベルトがある。
それを腰に巻き付けたると、腰の両脇は隠れるが、前と後は丸見えで、淫裂と尻が覗き、ストッキングを履きベルトからの留め具で留めたた。

 「奥さん。凄く色っぽいよ」
「こんなのイヤ。風俗嬢と同じよ」
「同じでもいいじゃないですか。服を着ればわからないし」
(それはそうだけど…)最後にワンピースを取り、体に当てた。

 「ミニよ。恥ずかしいわ」
「奥さんは、若いから平気です」美保になだめられながら着込んでいく。
柄と色はそんなではないが、ミニで裾が膝上15センチだから(ノーパンなのよ。屈んだら見えるかも…)それが気になっていた。

 「奥様、明日は9時までお願いしますよ」
「わかっています」服を着込むと急いで自宅へと向かった。

 翌日、文恵は1人で家を出て、昨日辱めを受けた会社へと向かっている。
途中で花を買ったのか、花束を抱えている。
「行きたくないけど、写真があるし…」昨夜は夫に告げるべきか迷ったが、レ○プされた写真や、オナニーを撮られたからには黙っている事にした。

 それに、今の家庭を失いたくなかった。
夫が知れば、家庭がうまく行かないのは分かり切っている。
駅を降り、歩いていくとビルが見え「行きたくないけど…」渋々、古ぼけたビルに入り、エレベーターで5階に上がると美保が待っている。

 「お待ちしておりました。ご案内します」会議室に案内されると、そこには文恵と同じ服を着た、30才代の女性がおり、今にも泣き出しそうな顔をしている。
(もしかして、あの人もレ○プされたのでは?)自分の置かれた境遇を忘れていた。

 「奥様。こちらで生け花の準備をお願いします」
「準備といっても花瓶がないわ。いくらハサミがあっても、生けられないわよ」
「花瓶は必要ございません。奥様の花瓶にお花を生けますから…」美保は言いにくそうだ。

 「自分の花瓶って、どういう事なの?」
「ですから、自分の体を使いまして…」
「体を使うって、まさか、性器にお花を入れろとでも?」
「はい。その通りです。フルヌードになって、自分から性器に生けて下さい」

 「そんなのできない。性器に花を入れるなんて、できない!」文恵の顔が真っ青になりブルブル震えている。
「奥さん。出来ないなんて言っていられないよ。これが旦那に渡るんだからね」大石が例のファイルを持って、入ってきた。

 「許して、ヌードなら我慢します。膣に花を入れるなんて堪えられません…」大粒の涙が流れていく。
「甘えられたら困りますね。やらないなら、約束通りの事をしますからね」

 「やめて。夫にだけは見せないで下さい」
「だったら、やって貰えますよね?」文恵は泣きながら頷いた。
「それでいいんです。今日は仲間にも来て貰いましたから」指さす先にも、泣いている女性がいる。

 「陣内さんの先輩にあたる、原田良文さんの奥さんですよ。奥さんも夫の為に体を張っているんです…」おこがましい事を言うが(違うわ。レ○プして脅しているだけよ。私にしたように…)文恵は大石の話を黙って聞いている。

 「原田の家内の妙子です。よろしくお願いします」妙子は涙を手で拭い挨拶する。
「陣内文恵です」文恵も手で顔を拭きながら挨拶した。
「奥様、そろそろ準備願います」美保は妙子に言う。

 「待って。入りやすい用にしてからさせて」ハサミで花の茎を切っていく。
「短くしないと痛いから…」以前からやらされているのか慣れている。
「文恵さん、花は短くした方がいいですよ」
「わかりました」言われた通りに文恵も茎を切り、短くしていく。

 「これならいいわ。始めるわよ」妙子がワンピースを脱ぐと、文恵が着ている下着と同じのを着ていて、黒い穴の開いたブラジャーと、ガーターベルトとストッキングを着けている。
それに、股間の絨毛も綺麗に剃り上げられ、淫裂が剥き出しになっている。

 「陣内さんの奥様も、準備をお願いします」
「わかった。脱ぐから待って」文恵もボタンを外してワンピースを脱ぐと、ブラジャーから乳房が飛び出し、淫裂が丸見えになっている。

 ワンピースを脱ぎ終えると、妙子はワゴンの乗って仰向けになった。
そして、自分から買い込んだ花を、淫裂に刺していく。
次々と花を刺していき、淫裂を広げていくが、文恵は「私の膣に入れるなんて…」ブルブル震えている。

 それには「奥様。お願いします」美保が文恵に催促する。
「やるわよ」文恵もワゴンに乗って仰向けになり、淫裂に次々と花を刺していく。
(恥ずかしいわ。性器を道具に使うなんて…)買い込んだ花を全て膣に入れた。

 「終わったわ。これでいいのね?」
「はい、結構です。落ちると危ないですから、固定します」大石と美保は文恵の両手を、ベルトでワゴンに縛った。
「何するの。縛らなくてもいいでしょう?」

 「危ないからです。ここも危ないですから…」足を開いたまま持ち上げ、顔の方に運んだ。
「やめて。恥ずかしいからイヤ!」それは俗に言う『マングリ返し』で、淫裂が天井を向き、花も立っている。

 そして、両足もベルトで固定された。
「イヤ。解いて。こんな恥ずかしい事は、イヤ!」
「奥様。こうしませんと、危ないですから…」文恵の後は、妙子の両手を縛りだし、妙子は黙ったまま、されるがままだが「う、う、う!」と嗚咽を上げている。

 そして、マングリ返しで、足も固定された。
「準備が終わりました…」
「わかっている。早速、記念写真だな」大石は文恵にカメラを向けて撮りだした。
「撮らないで。これだけは撮らないで!」唯一自由が効く首を振っている。

 それでも、大石は撮りまくり「次は原田さんの奥さんですよ!」妙子は黙ったままだが、すすり泣く声が文恵に聞こえている。
「高木、撮ったからいいぞ。移動だ!」

 「移動って?」
「社員に見て貰います。奥様の生け花を…」
「やめて。見せなくていいから、動かさないで!」叫ぶが、2人はワゴン車に乗ったまま移動すると(やめて。性器を道具代わりにしているのは見られたくない!)文恵も泣き出してしまった。

 大石と美保は、2人の乗ったワゴンを6階のロビーに運んだ。
「ここなら大勢に見て貰えますよ」
「見られたくないのよ。お願いですから、戻して下さい!」
「ダメです。奥様」美保は、マングリ返しになった2人の側に立て札を掛けた。

 「これで、大石さんと原田さんの奥様であるのが、わかります」
「やめて。名前なんて、知られたくないわよ!」相変わらず首を振っている。
「奥様、覚悟を決めて下さい。旦那様の為ですからね」2人をロビーに並べていく。
(こんな、恥ずかしい姿を晒すなんて…)嗚咽を上げる文恵だ。

 やがて、社員が出社し「見て、生け花よ。性器の花瓶だわ」「本当だ、久しぶりに見るわね」女性社員達も、2人の淫裂に刺された生け花に歓声を上げている。
「陣内さんよ。営業の!」「こっちは原田さんだわ。確か、経理のはずよね」立て札を見ながら話している。

 「いいね、オ○ンコ花か…」男子社員も淫裂を眺めていく。
「ここは、ダメなのかな?」肛門を指で触っていく。
「ダメよ。そこは汚いから花が可愛そうよ」
「そうよ、お尻はダメ。膣だけにしなさいよ」

 「わかったよ。それにしても陣内さんの奥さんは立派なオッパイだね」豊満な乳房が触られた。
「触らないで下さい。見るだけです」美保が注意した。

 「堅い事言うなよ。高木だってやったじゃないか、ほら、岡江という女子社員と」なおも乳房を触っていく。
「あれは、命令でしたから仕方なく触ったんです…」項垂れ顔を上げられない。

 「ちょっとだけだから、目をつむれよ」今度は揉み出した。
(イヤ、触らないで、これ以上恥ずかしい思いはイヤです!)文恵は男性社員にされるがままで、同じように、妙子も乳房を揉まれていく。

 そして、時間が立つに連れ、出社する社員も多くなってきた。
「いいね。こんな生け花も…」食い入るように淫裂を見つめている。
「今度は、女子社員の生け花が見たいな」社長の近藤が言い出す。

 「そんなのずるいわよ。女性ばかりヌードにさせて!」
「そうよ。男性だってヌードになりさいよ!」女子社員から不満が上がった。
「わかった、今度の文化祭は平等にやろう」

 「そうですね。内は平等が合い言葉ですからね」皆勝手な事を言いながら、2人の乳房を触った。
(やめて。見るだけのはずです!)文恵は黙って辱めに堪えている。

 こうして、文恵と妙子は、昼近くまでロビーで淫裂に花を刺していた。
「奥様、ご苦労様でした」美保と大石はワゴンを押して戻っていく。
会議室に戻ると、縛ってあったベルトが解かれ「恥ずかしかったわ。もう、こんな事させないで下さい」淫裂から花を抜いていく。

 「そんな事、言わないで下さい。旦那の出世の為ですから我慢しないと…」大石は平然と言う。
「それより、これからどうするんですか?」
「ビデオをご覧頂きます」

 「その前に、服を着ていいかしら?」
「かまいません。ご自由ですから」
(よかった。こんな下着では歩きたくないし)文恵と妙子はワンピースを着込んだ。

 服を着込むと、ビデオを再生していく。
「何よ、フルヌードじゃないのよ!」確かに、乳房と無毛の淫裂を露わにした女性が映し出された。

 「違います。ヌードですがアクセサリーを付けています」確かに美保の言う通りで、全裸の女性だが首や腕、腰には金属のアクセサリーが付いている。
画面には、次々と女性が映し出されるが、皆が乳房と無毛の淫裂を露わにし、アクセサリーだけを身に着けている。

 「これは、我が社の商品展示会の様子です。モデルは社員や、奥様達がやりました」
「ま、まさか、私にもこれをやれと…」
「その通りです。旦那様の為にご協力をお願いします」

 大石の言葉に「できません。私はできません!」文恵が顔を震わせ拒むと「奥様、それでしたら、こちらをご覧下さい」テープを入れ替えた。
今度は文恵が映し出され「やめて。止めて下さい!」泣きながら画面を手で押さえた。
画面には『ダメ、それ以上入れないで…』乳房を揉まれながら、肉竿を押し込まれるシーンが映し出された。

 「もっとありますよ。奥様!」
「やめて。見たくないから止めて下さい…」大粒の涙を流しながら言う。
「やって貰えますよね。奥さん?」
「夫に何て言い訳すればいいのよ。必ず知られてしまう…」

 「それは大丈夫です、秘密は守りますから。原田さんの奥さんもやっていただけますよね?」
「モデルは許して。その変わり、慰安の方をお手伝いしますから…」妙子も泣きながら言う。

 「わかりました。高木君、岡江君を呼んできてくれ!」
「かしこまりました」美保は会議室から一旦、出てから久美を連れてきた。
「岡江君、陣内の奥さんがモデルをやってくれるそうだ。今から指導してくれ」
「それは助かります。モデルは多い方がいいですから。早速練習をしましょう」

 「練習って?」
「モデルって、そんな簡単じゃないの。訓練してからステージに立たないといけないのよ」最もらしい事を言う。
「原田さんの奥様、ここは練習の邪魔になりますから…」大石は妙子と一緒に出て行った。

 「美保さん。あの2人はどこの会議室なの?」
「11会議室を予約してありますが…」
「11か。これで覗けるわよね?」
「ダメです。そんな失礼な事したらいけません!」

 「ちょっとだけよ。美保さんだって見たいでしょう?」岡江がモニターを操作すると、画面には大石と妙子が映し出される。
「ほら。はじまったわよ」妙子がワンピースを脱ぎだし、大石もズボンを脱いで2人が抱き合っていく。

 「音も、聞こえるようにしよう」ボリュームを回すと『許して下さい。昨日、夫と2回やったばかりで、まだ痛いんです…』声がハッキリ聞こえる。
『慰安を承知したんでしょう。僕だって奥さんに慰めて欲しいんです。旦那さんのように』妙子を四つん這いにして後から挿入して『あ、あ、あ。いけないわ、いけないことよ…』喘ぎながら乳房を揺らせている。
 
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
311位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
記事数メーター