fc2ブログ

「裏の女達」第12話 文化祭前日

第12話 文化祭前日

 幹夫が出張に出かけてから、もう4日が経った。
「もうすぐだわ。早く帰ってきてよ」待ちわびながら1人、夕食を食べていると電話が鳴り「もしもし、陣内ですが…」相手の声を聞くなり、涙声に変わった。

 「はい、わかりました。必ず伺います」相手は会社の大石で、明日は文化祭をやるから9時には会社まで来てくれとの事だ。
「またヌードになるんだ…」そう思うと不安になっていく。
「とにかく、汚れた体を晒したくないし」早速浴室に入って全身を磨いていく。
「ここは特に丁寧に…」生えかけた絨毛も綺麗に剃って、淫裂の中も丁寧に洗った。

 翌朝、文恵は言われた通りに家を出て、9時前には4階の受付に来れた。
「あれ、美保さんがいないわ」いつも受付にいた美保がおらず、変わって、見た事のない男性がいる。

 「あの~。陣内ですが…」
「ああ、陣何の奥様ですね。申し訳ありませんが、5階にあります大会議室へお入りいただけませんか?」

 「わかりました」不親切なやつだと思いながら5階に上がり、指定された会議室に入ると「文恵さん!」入るなり、全裸の妙子が声を掛けてきた。
「どうしたの。ヌードになって?」
「文化祭では、女性は全員フルヌードになるんだって。それに、管理職の妻もよ」泣きながら話す。

 見渡すと、確かに見知らぬ女性が生まれたままの姿になっている。
しかも、絨毛は綺麗に剃り落とされ、淫裂が剥き出しで、体のラインが崩れておらず、まだ若いようにも見える。

 「陣内の奥様、準備をお願いします」そこに美保が現れたが、美保も一糸まとわぬ生まれたままの姿だ。
絨毛は皆と同じく綺麗に剃り落とされ、淫裂が剥き出しになっている。
更に、乳首にはピアスが付いていた。

 「乳首にピアスをしたの?」
「でも、穴は開けてないわ。挟んで取り付くタイプよ」
「そうよね、まだ若いから乳首に穴を開けたら、取り返しが付かないしね」
「それより、こちらです」文恵も案内されて、服を脱いで裸になっていく。

  全裸になった文恵は回りを見渡すと、久美を見つけた。
久美は絨毛を剃っている所で「久美さん、撮って上げようか?」同じく全裸の同僚達が冷やかしている。

 「イヤよ、もう写真はこりごり。散々男に騙されたからね」話しながらも手は休めず、赤黒い地肌と共に淫裂が露わになった。
「恥ずかしいの、こんな色だから」年齢の割には肉襞も黒ずんでいる。

 「ねえ、今回は誰が指名するのかしら。もし、総務の武藤さんだったら産みたいわ」
「あら、あの人に気があるの?」
「気はないわよ。暫くやっていないから飢えているのよ。指だけじゃあ、楽しくないしね」

 「私もなのよね。男は嫌いと思っていても、やっぱり本物でされたいわよね」このようにエロ話に花を咲かせている。

 「皆さん。準備が出来たようですからご案内します」美保は皆が全裸になったのを確認すると皆を誘導していく。
美保の言う通りに歩いていくと、名札が置かれたテーブルがある。

 「各自、名前のテーブルについて下さい」美保の言葉に、皆が自分の名前を捜して「ここだわ」陣内文恵と書かれたテ-ブルを見つけた。
「皆様、見つけましたら座ってください」美保が真っ先に座り、背筋を伸ばす。

 それに、足も開いて淫裂を見せている。
「性器を見せるのですか?」文恵が叫ぶと「はい、女性の一番美しい部分を見せます」美保は任された以上はそう言うしかない。

 「わかったわ。こうね」社員や妻達も座り、Mの字開脚して背筋を伸ばす。
(イヤよ。どうして、こんなのが美しいのよ、卑猥なだけなのに…)不満を持ちながら言われた通りにしていく。
並んだ淫裂は色々な形をしており、肉襞のはみ出しが大きいの、肉襞が小さく膣腔が大きいの、突起の大きいのとか様々だ。

 「皆さん、時間になりましたからそのままですよ」美保が言うと男性社員がゾロゾロと歩いてくる。
「いいね。これが高木のオ○ンコか?」
「岡江のもいいよ。パイパンを見るのは初めてだしな」皆乳房と淫裂を見ていく。

 勿論、文恵も穴が開く位、淫裂と乳房を見られた。
(恥ずかしいわ。こんなポーズを取らされるなんて…)背筋を伸ばし、開脚したままにしている。

 初めは、大人しく見ている社員だが、次第に乳房を触りだした。
(やめて、オッパイは触らないで!)皆乳房を掴まれ、乳首まで摘まれていく。
「あっ、あ!」敏感な乳首を掴まれ、あちこちから喘ぎ声が上がり始めた。

 「いいね。ここもいいだろう?」エスカレートして淫裂も触りだす。
「ダメ、性器は触らないで。見るだけです!」美保も触られながらMの字開脚し、文恵も淫裂を触られて「あ、あ、あ!」喘ぎ腰を上げながら腰を動かし、勿論、他の女性達も触られている。

 男性社員達は皆の乳房と淫裂を触り終えると、一旦会場から出ていき、短く切った花を手に持って現れた。
(何をする気かしら?)不安な思いで眺めていると、真っ先に美保の淫裂に花が差し込まれた。

 美保は恥ずかしそうに顔を赤らめており、その後、男子社員達は次々と手に持った花を女性の淫裂に押し込んでいく。
文恵も淫裂に2本押し込まれて「いいね。それでは、順に撮ってくれ!」石井が言いだし(撮るって、まさか、これを?)文恵は不安になった。

 その不安が当たり、カメラが淫裂に花を入れた姿を収めていく。
(イヤ、こんなの撮らなくていいわよ)拒めず、撮られていく。
「お願いだから、後で消してよ」久美も撮られ、頼み込んだ。

 「わかっている。文化祭が済んだら消すよ。安心して俺の指名に答えてくれよ」
「約束を守るならいいわよ。その変わり、満足させる自信がないなら遠慮して」
「自信あるから指名したんだ。それより、撮るからね」久美も淫裂に花を入れた姿を撮られた。

 「皆さん、それでは移動してください。この通りです」石井はスケジュール表を手渡していく。
「そんな、真っ先に楽しみだなんて!」
「私はショーのモデルよ」各自が分散していく。

 文恵は「モデルだなんて。でもヌードはないわよね」独り言を言いながら決められ場所に移動していく。
部屋にはいると「待っていました。早速お願いします」幹夫の部下である後藤がいた。

 それに、部屋はスタジオ風にセットされている。
「ま、まさか、ヌードを撮るのでは?」
「そうです。綺麗に撮りますからね」

 「それで、また脅すんじゃないでしょうね?」
「そんな事はしません。文化祭が済めば破り捨てます。とにかく撮りましょう」文恵は後藤から言われるままにポーズを取っていく。

 「いいですね。もっと笑顔になって!」言われた通りの事をするしかなかった。
セットの前で乳房を揺らせ、ポーズを取っていくと(どうして、ヌードを撮る必要があるのよ)作り笑顔をしていた。

 撮影が済み、また移動していくが「ここだわ」中に入ると、喘ぐ声が聞こえ「そんな、セックスだなんて!」美保が男性の上に跨り腰を振っている。
「高木、凄くいいよ、これからも慰安婦になってくれよ」

 「ダメ、今回限りよ。まだ、夫が承知しないから」乳房を揉まれながら腰を振っていて、それをビデオカメラが撮っている。
「いいわ、凄くいい!」乳首を摘まれ声を上げ(セックスを撮らせるなんて、絶対にイヤよ)強ばった顔をして眺めていた。

 やがて、美保も相手も昇りきり、噴射が行われた。
「よかったよ、高木」余韻を味わいながら乳房を吸うと「もうダメよ、終わったんだから。それに、今回限りだからね」淫裂を拭きながら相手の手を振り払い、淫裂を拭き終えると美保は移動した。

 すると「陣内さんの奥さん、お待たせしました」見た事もない社員が全裸で現れた。
「私もセックスするのですか?」
「はい。私が相手です」乳房を掴み口を重ねた。

 「イヤ、セックスはイヤです。それにビデオも!」
「困りますね、そんなわがまま言われても」
「どう言われようと、イヤなんです」文恵は乳房と股間を押さえた。

 「仕方ありません。覚悟してください」男は文恵の手を押さえ縛りだした。
「イヤ、やめて。何するのよ!」叫ぶが両手を後ろ手に縛られ、その様子をビデオが撮っている。

 両手を縛られた後は、乳房の上下も縛られて、更に、両脇も縛られ、膨らみに紐が食い込んでいく。
「解いて、イヤです!」
「そうは行きません。嫌がった罰ですから」縛った両手に天井からのロープが結ばれ足が引かれた。

 「いや~!」文恵は膝を床に付け、天井のロープでどうにか支えている。
「イヤ、後ろからはイヤ。せめて、普通でして。これじゃ、レ○プよ!」
「いいえ、SMです。これも受けますよ」男は文恵の腰を押さえると、肉竿を淫裂に押し込んできた。

 「イヤ、入れないで。いや~!」悲鳴が響く。
「奥さん、諦めて僕の指名に答えてください」更に肉竿が入り込み「あ、あ、あ!」声を上げ髪の毛を振り乱すと乳房も揺れていく。

 (撮られている。レ○プされているのを撮られている…)カメラが撮っている。
社員は肉竿を根本まで押し込むと、腰を振りだし「イヤ、動かさないで、イヤ~!」肉竿のピストンに体をくねらせている。

 そこに、妙子が入ってきた。
「凄いわ、まるでレ○プみたい…」驚いた顔で眺めている。
(見られている…。レ○プされているのを…)顔を背けたが、そんな事など関係ないかのようにピストンが続けられ、肉竿は更に動きを早めていく。

 (こんなのイヤ。でも、膣が濡れていく…)言葉とは裏腹で淫裂もヌルヌルに濡れ「ヌチャ、ヌチャ!」ピストンの度に音がしていく。
「奥さん、気持ちいいでしょう。こんなやり方も」自信ありげに手を伸ばして乳房も掴むと「あ、あ、あ!」敏感な乳首も摘まれ、声を上げてしまった。

 「奥さん、正直に言いなさい。そのほうが体の為ですよ」ピストンしながら乳首を指で潰す。
「よくない、あ、あ、あ!」背中を反らせた。

 それと同じくして、肉竿から放出された。
「イヤ、お腹の中はイヤ!」叫ぶが暖かい液体が体内を漂っている。
「よかったですよ」肉竿が抜かれ、カメラは淫裂を撮りだす。

 「撮らないで、射精された性器を撮らないで!」叫ぶが、ドロドロした液体の流れ出る様子が撮られ「う、う、う!」悔しさに嗚咽を上げている。
一通り、ビデオに撮られると縛った両腕が解かれた。
文恵は自由になると淫裂を拭き、妙子と話す事もなくその場から出た。

 すると「奥さん、出されましたね。こちらへ」社員が淫裂を見てシャワー室に連れて行く。
「こんな事が許されるのかしら?」不安に思いながら丁寧に淫裂を洗っていると、社員の妻が入ってきた。

 「奥さん。気持ちよかったでしょう、暫く旦那とやっていないから。私はビッショリ濡れたわ」歯に衣着せぬ言い方だ。
(バカにしないで。あなたと違って、淫乱じゃないわよ)文恵は黙ったままだ。

 文恵は犯された名残を消そうと全身を洗い、服を脱いだ会議室に戻った。
会議室に戻ると「奥さんはこれを着てください」衣服が渡される。
「よかった。もうヌードにならなくて済むし…」下着もあったから着ていくが(イヤらしいわ、スケスケじゃないのよ)乳房と淫裂が丸見えだ。

 「これはプレゼントです。明日はこれでお願いします」
「えっ、明日もあるの?」
「はい、今日は前準備です。明日が本番ですからね」
(また恥ずかしい思いをさせられるんだわ。幹夫さんがいなくてよかった)黙って服を着込むと自宅に戻った。

 翌日も、言われた通りに会社に行った。
「どうしたのかしら。今日は人が多いわね」いつもよりも人が多いのが気に掛かる。
それでも4階の受付を済ませて会議室に入ると「陣内さんの奥様、下着は大丈夫ですよね?」美保が尋ねる。

 「はい。あれを着ています…」
「それなら結構です」美保は次々と聞いて、やがて10時になると「皆様、移動をお願いします」女性達は一斉に移動していく。

 そして、最上階の大広間に入ると、そこには大勢の男性がいた。
勿論社員やお得意先もいて「お待たせ致しました。これより、近藤商事恒例の文化祭を開催します」司会が挨拶を始める。

 「それでは恒例の女性陣のストリップからです。まずは我が社員からです」司会の声に文恵や妙子の顔が真っ青に変わる。
「そんな、こんな大勢の前で裸になるだなんて、聞いていないわ」体が震えだした。

 そんな2人を後目に、女子社員は舞台に昇り、制服を脱いで下着姿になった。
「おー!」スケスケだから丸見えだ。
その下着も脱いで乳房と無毛の淫裂を露わにしていくが、やはり、全裸を見られるのは恥ずかしいのか、顔が赤くなっている。

 「次は、奥様方がストリップします」司会の声に(イヤ、ヌードはイヤ。でも、やらないと、セックス写真が…)文恵は妙子を見つめた。
妙子は黙って頷き(やるしかないわ。恥ずかしいけど…)他の女性と一緒に舞台に上がった。 
 
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
282位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に 連載中
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター