fc2ブログ

「堕ちたアイドル」第5話 貸しスタジオ

第5話 貸しスタジオ 

 三沢はそれでも容赦しなかった。
「社長さん、オッパイを吸って下さい。2人のオッパイですよ」
「あまり、俺の顔は撮るなよ!」乳房を掴んで、乳首を吸うと「ん!」声を上げ目を閉じる宏美だ。

 「次は向井さんのオッパイです」大西は笑顔になって、千夏の乳首を吸っていく。
「いいね。これなら、また撮って貰えよ!」その言葉に、唇を噛む2人だが、三沢はなおも2人の全裸を撮りまくった。

 「少し、休憩しましょう。疲れたしょうし」三沢は床に座る。
「それでしたら、私達の遊びを見ながら、体を休めて下さい…」宏美と千夏はそれだけ言うと、いきなり唇を重ね合う。

 「れ、レズ!」思わず、声を上げる三沢と大西に「遊びです。本気には思わないでください…」宏美はそう言い、千夏の乳房を撫でながら、乳首を吸い「あ、あ、あ!」
千夏は喘ぎ声を上げていく。
「撮らせて下さい。遊びも…」再びビデオを構えて、2人の戯れを撮りだした。

 「お姉様…」「千夏、私の千夏…」2人は乳房を撫で合い、淫裂を触り合う。
「入れて、千夏!」「はい、お姉様」千夏の指が、宏美の膣に入り込むと「あ、あ、あ!」乳首も吸われて、声を上げている。

 「安田、気持ちいいのか。そんなに漏らして?」
「はい。膣に入ると気持ちいいんです…」
「それなら、俺にもやらせろよ!」大西も加わったが「ダメ、男はダメ!」拒む。

 「いいじゃないか。一緒にやろうよ!」大西の太い指が膣の中で動きだし「あん、あん、あん!」指に合わせて、声が出ている。
「やれよ、俺もやっているんだ!」
「は、はい…」(こんな事まで、しないといけないなんて…)宏美は不自由な姿勢で、大西のズボンのベルとを緩めた。

 「安田。いいのか、オ○ンコやっても?」
「社長がお望みでしたら、してもいいです…」ベルトを外すと、ズボンとパンツも引き下げた。
(堅い、こんなに堅くなっている!)触った肉竿は、カチカチになっている。

 「わ、私にも触らせて下さい…」それまで、黙ってみていた千夏も、大西の肉竿を掴んだ。
「向井も触りたいのか?」大西は笑顔で、千夏の乳房を揉んでいく。
「はい。オチンチンを触ってみたいんです…」ゆっくりと、手を動かしていく。

 「千夏、上手だぞ。気持ちいい!」(こんな事をして貰えるなんて、信じられないや)笑顔で乳房を揉んでいる。
「社長、お口でさせて下さい…」宏美が千夏から肉竿を奪って、口に入れた。
「ウグ、ウグ!」頭を振って肉竿を唇で擦っていくと(イヤ、こんなの撮らないで!)三沢のビデオが目に入った。

 「安田、やらせろよ。もういいだろう?」我慢できなくなったのか、宏美を仰向けに寝かせて、覆い被さった。
(入れないで!)淫裂の入り口に、肉竿が押しつけられ(イヤ、それ以上はイヤ!)目を閉じるが、肉竿の暖かかさが、膣の中に伝わってきた。

 「お、お姉様、千夏にもさせて…」小振りな宏美の乳房を掴んで、揉んでいく。
「千夏、私にも掴ませて」宏美も手を伸ばして、目の前にある千夏の乳房を掴んで揉みだした。

 「いいね、こんな遊びも…」肉竿が動きだすと「あ、あ、あ!」声を上げている。
「お姉様、痛いの?」
「少し痛い。でも、我慢できる…」息を弾ませながら、答えるが「そうだ、直ぐに気持ちよくなるからな!」大西は腰の振りを早め「クチャ、クチャ!」淫裂から音が出始めた。

 「オ○ンコが濡れてきたぞ。気持ちいいのか?」
「はい、濡れているの、がわかります…」
「お姉様、ダメ。オチンチンで気持ちいいなんてダメ!」
「千夏、仕方ないの。あなたもいずれわかるわ」途切れ、途切れに言っている。

 「安田、俺も気持ちいいよ。どうせなら、バックでやらせろよ!」強引に四つん這いにすると「ダメ、奥まで入ってくる!」体をくねらせて、声を上げていく。
「お、お姉様!」千夏も心配か、声を掛けたが、宏美は「あ、ああ、ああ!」大西のピストンに合わせて、乳房を揺らせて(キツいわ。子宮までオチンチンが入ってくるなんて!)首も振っている。

 「安田、限界だ。いいかな?」
「ダメ、お腹の中はダメです!」
「いやなら口でやれ、いいな!」
「は、はい。やります」宏美は急いで爆発寸前の肉竿を口に含み、口を動かしていく。

 「いいぞ、そうだ、それでいい…」大西が遂に放出した。
(イヤ、射精だなんてイヤです!)「う~!」大西は一滴も残さず放出をしていく。
「出したぞ、分かるよな」放出を終えると肉竿を抜いた。
「オェ~!」生臭さに堪えきれず吐き出すと、白い糸を引いた精液が流れていく。

 「お、お姉様…」
「見ないで、千夏!」急いで口を拭いていく。
「千夏。お前もいずれやるんだから、ヌードを撮って貰ったも礼に、記者さんに、してあげなさい!」

 (そうだわ、私もやらなければいけないんだ…)顔を強ばらせて、ビデオを撮っている三沢に抱き付き「させて下さい。千夏にもオチンチンさせて下さい…」三沢のベルトを外しだす。
(恵子、いいよな?)
(いいわよ。その変わり今夜もやって貰うからね)頷く恵子だ。

 「千夏、ダメ。私がするから」
「させて、私もオチンチンが欲しいの…」ズボンを脱がせて、肉竿を取りだすと「ウグ、ウグ!」千夏は掴んだ肉竿を、口の中に入れて擦っていく。

 「千夏、大丈夫?」肉竿を含んだまま、首を振ったが、三沢は「凄くいいよ。向井さんにフェラして貰えて」乳房を掴み、揉んでいく。
(イヤ、オッパイは触らないで!)嫌がるが、三沢は撫でながら乳首も摘み「ん、ん、ん!」指で擦られて声を上げていく。

 千夏の口で「やりたいよ、向井さん!」三沢はその気になってしまった。
「ダメ、千夏は生理よ。無理はさせないで!」宏美が断った。
「そうだよ、無理はいかんよ。三沢君。安田君が相手してくれるから!」
(勝手に決めないで、そんなのイヤよ)宏美は黙ったままだ。

 「やって上げるよね、安田君!」
「はい、お相手します…」
「それだったら、マネージャーが上になってにやって欲しいな」
「分かりました」承知すると三沢を仰向けに寝かせて、馬乗りになった。

 「入れます!」腰を静かに降ろして、肉竿を淫裂に吸い込んでいく。
「うっ!」顔を歪め、腰を降ろして根本まで吸い込むと、腰を振りだした。
「いいよ、マネージャー…」三沢は満足げな顔になっていると「お、お礼です。ヌードを撮って貰ったお礼ですよ」途切れ途切れに言う。

 「お、お姉様。私もしたい…」
「ダメ、生理よ。終わったらさせて上げるから、それまではダメ!」
「それなら、お姉様がして…」乳房を宏美の口に押し当てた。

 (やるしかないわ、千夏と…)腰を振りながら乳首を吸っていく。
「いいわ、お姉様…」宏美の頭を抱いて、声を上げているが、 宏美の動きに合わせて、吸われた乳房も揺れ「クチャ、クチャ!」淫裂から音も出ている。

 やがて「出そうだ、出そうだよ!」三沢も登り切ろうとしている。
「千夏、お前もやってみなさい」
「はい、やらせて下さい…」千夏も爆発寸前の肉竿を口に入れた。
(やりたくない、でも、やらないと…)口を振っていくと「でる、でるぞ!」千夏の咽深く、放出が始まった。

 (射精なんだ。これが射精なんだ!)ドロドロした液体が喉の奥に漂い「オェ~!」不快感に千夏も吐き出した。
だが、三沢は「よかったよ、向井さん!」満足したのか千夏の乳房を撫でていく。
「私のは、どうでしたか?」宏美が聞くと「上手だったよ、安田さん!」そう言いながらも、千夏の乳房を撫でている。

 やがて「三沢さん、申し訳ありませんが撮ったのをいただけませんか?」宏美が言いだした。
「困るよ。せっかくの大スクープだよ。素っ裸で踊る向井を撮ったんだから…」
「お願いです、それが表に流れたら私は生きていけません」千夏もひれ伏して頼み込んでいる。

 「三沢さん、私からも頼むよ」
「困ったな、社長からそう言われるとな…」考え込む三沢に、大西は「代償として2人の奉仕はどうでしょう?」と提案した。
「奉仕ですか…。それなら構いませんよ」

 「いいよな、安田に千夏も?」
「セックスをしろと、言う事ですか?」
「そうだ、我慢しろ!」
「分かりました。お相手します…」そう返事するしかない。

 その返事に、三沢は撮ったばかりのビデオのテープとデジカメのメモリーを宏美に渡した。
(いずれ、俺の物だしな…)残念そうな顔をしていたが(とりあえずはいいけど、これからどうすればいいのよ)受け取った宏美も不安だった。

 「これじゃ、取材になりませんでしたね」三沢が言うと「そうだったね」大西も合わせて言う。
「せめて、レオタード姿でも撮らせて下さいよ」
「それなら構いませんが…」

 「でしたら、着ていただけませんか?」
「わかりました」千夏は三沢が用意したレオターに足を通して引き上げ、股間を覆うと腕も通していく。
「いいね。素っ裸もいいけどこれもいいや!」薄いレオタードは千夏のラインを浮かばせ、乳房のラインがしっかりと浮き上がり、布地を下から乳首が持ち上げていた。

 「いいね、これならいいよ!」三沢はメモリーを入れてまた撮りだした。
「はい、足を開いて!」薄い布地に窪みが出来た。
(あそこがオ○ンコだな…)先程の淫裂を思い出しながら撮りだした。

 それには(あなたったら、また膨らませて。まだ、やり足りないのかしら?)恵子は三沢の股間を見ていた。
だが、三沢はそんな恵子の事など、気にもせずに撮り続けた。

 撮影は3時間程で終わった。
「ご苦労様でした」
「この事は秘密ですからね」
「分かっていますよ。マネージャーさん」大西に連れられ、宏美と千夏が出て行く。

 「やれやれ、やっと終わったぞ!」
「あなたったら、物足りなそうだったわよ」
「そうなんだ。だから、今度は恵子の素っ裸を撮るんだ!」
「冗談でしょう?」

 「ホントだよ。お願いだから、脱いでくれよ」
「恥ずかしいわ。いくら夫の前でも…」
「頼むよ、撮りたいんだよ、恵子の裸を!」
「仕方ないわね。撮るんだたったら、真面目に撮ってよ」

 「当然さ。夫婦の記録を撮りたいんだ」恵子は警備員の制服を脱ぎだした。
「綺麗だよ、恵子」それには「ありがとう」笑顔になって応えた。
やがて、下着だけの姿になった。

 「恥ずかしい。これではダメなの?」
「ダメだよ、ヌードを撮りたいし…」
「わかったわ。脱ぐわよ」パンティを引き下げると、股間にはゴマ塩のように絨毛が生えている。

 「剃ればよかったね」
「イヤよ、もう剃らないわ。こんな性器はイヤよ」背中を丸めパンティを脱いだ。
「性器は撮らないで、オッパイだけにして!」ブラジャーを脱いでいく。
「いいじゃないか、パイパンオ○ンコも撮らないと…」

 「イヤよ、オ○ンコだなんて!」手首に絡まったブラジャーも脱いで全裸になると
「踊るわね!」恵子は千夏が踊ったように、体を動かしていく。
「いいよ、最高にいいよ!」乳房を揺らせ、淫裂も惜しげもなく晒し、踊るに連れ恵子の呼吸が、乱れだした。

 「ハア、ハア!」荒い息づかいが伝わり「だめ、もうだめ!」疲れて崩れていく。
「恵子、大丈夫か?」ビデオを置いて、近寄った。
「あなた、したいでしょう?」恵子は足を広げ、淫裂を指で撫でている。
「したい、やりたい!」三沢は服を脱ぎだした。

「して、私も欲しいの…」
「俺もだ!」三沢は全裸になると抱き付いたが「後ろかして。気持ちよさそうだし…」
「そうか。恵子もこれで、オ○ンコしたいんだ…」
「イヤ、オ○ンコだなんて言わないで。あ、あ、あ!」四つん這いになり、声を上げ続けた。

 そして「出たわ、子宮が暖かい!」淫裂から白い体液を流していく。
「よかったよ、恵子!」
「私もよかった…」放出が済むと2人は服を着て、次の計画へと駒を進めた。

 一方、「安田君、考えは変わらないかね?」
「はい、滅多にないチャンスですから」
「俺とはオ○ンコした仲じゃないか、ここにいてくれよ」スーツの上から胸を撫でていく。

 「そ、それと、これとは別です」バツが悪いのか、下を向いたままの宏美だ。
「千夏だって、オ○ンコを見せてくれたじゃないか。今更移籍だなんてな…」千夏の乳房も撫でている。
「これまで、お世話になった事には感謝しています…」千夏も全裸を見られたのでバツが悪くて顔を上げられない。

 「待遇も考え直すから、残って欲しいな。千夏だってオ○ンコを触らせてくれたじゃないか」
「そ、それと、これとは別です…」

 「社長、もういいでしょうか、仕事がありますから」
「分かった、考え直すのを期待しているよ」
「失礼します」2人は出ていき、大西だけが残されたが、「後で後悔するなよ。これから安田は、俺の言うがままになるんだからな」笑顔になってタバコを吸っている。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
251位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に(15)
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター