fc2ブログ

「堕ちたアイドル」第12話 初舞台

第12話 初舞台

 人前で全裸を晒してから3日目を向かえ、2人は公園、学校と全裸のまま連れ歩かされている。
その訓練が終わると、舞台稽古が始まろうとしていた。

 全員による顔合わせが済み、稽古が始まると「ここで脱ぐんだ!」演出家の福井が命令した。
「今からですか?」
「そうだ、早ければ早いほどいい」演出家が言うからには逆らえない。
宏美は服を脱いでいき、シャツ、ブラジャーと脱いで乳房を揺らしている。

 「脱ぎました…」両手で胸を押さえて言うと「今からそんな事でどうする。舞台では素っ裸になるんだぞ!」怒鳴り散らす。
「わかりました…」乳房を押さえていた手で、ズボンを下げていく。
「千夏、お前もヌードがあるんだ。脱げ!」

 「私もですか?」
「そうだ。1人では恥ずかしいだろうから、お前も付き合って脱ぐんだ!」
「わかりました…」千夏も脱ぎだしたが、出演者達は黙って脱いでいく2人を見つめている。

 その前で、宏美はズボンを脱ぎ捨て、パンティだけの姿になると、それも引き下げて、無毛の淫裂が露わになっていく。
「ほう、これが噂のパイパンオ○ンコか。もっと見せろよ!」福井は宏美の前に座って、淫裂を触わりだす。
(やめて、性器は触らないで下さい!)泣きそうな顔で震えていた。

 「オ○ンコはイヤか。それなら、ここはいいだろう?」乳房が掴まれ揉まれていく。
それを横目で見ながら(私も触られるんだわ…)千夏も顔を強ばらせてブラジャーを脱いだ。
「ほう、、千夏の乳は形がいいな…」乳房が掴まれた。
「そんな立派では、ありませんから…」スカートを脱ぎ、パンティ姿になった。

 「これではダメでしょうか?」千夏は乳房を手で隠している。
「そんな事でどうする。これも脱ぐんだ!」福井はパンティを掴んで引き下げた。
(イヤ、やめて、そんな事イヤ!)逆らえない以上、されるがままだ。
パンティが足首から脱がされて、絨毛が目の前にある。
「いいね、写真より生がいいよ!」パンティを放って絨毛を撫でていく。

 (やめて、見られています!)千夏の太股もブルブル震えている。
「ほう、ヘアヌード写真を撮った千夏も恥ずかしいのか。それなら、女は全部脱げ、素っ裸になるんだ!」
それには「そんな~!」悲鳴が上がったが「イヤならいいぞ。その変わり、降りて貰うから」なかば脅しだ。

 そう言われれば、やっと手にした出演のチャンスを失いたくないから、共演の5人も脱ぎだす。
皆、今にも泣きそうな顔で脱ぎだし、パンティ、ブラジャーと脱いで乳房と絨毛を晒していくと、5人の絨毛は逆三角形、丸など、生え方が色々だ。

 「いいね。これからは素っ裸で稽古だ!」福井は勝手に決めてしまった。
こうして、女優の皆が全裸での稽古が始まった。
「ダメだ、もっと力をいれろ!」指導しながら、福井は次々と女優の乳房と淫裂を触っていく。

 (やめて下さい!)役が欲しいから拒めず、福井のされるがままだ。
それに刺激されたか、俳優達も乳房と淫裂を触っていく。
(こんなのイヤ。降りたい…)宏美と千夏も共演者から触られた。

 稽古は6時間も続いた。
「今日はこれまで。明日もやるからな!」福井は千夏が気に入ったのか、腕を掴んで部屋から出た。
「あんたも、いいだろう?」宏美も共演の俳優に掴まれ、押し倒された。

 「イヤ、やめて。イヤ!」抵抗するが、淫裂の入口に肉竿が押し当てられている。
「俺もやりたいよ」俳優達は、女優に襲いかかっていく。
「わかったわ。やってもいいから乱暴にしないで…」抵抗を諦めて足を開いていくと「あ、あ、あ!」女優の間から声が上がっていく。

 「ん、ん、ん!」宏美も呻き声を上げている。
「仲良くやろうな、成功すれば名前が売れるし…」俳優達は乳房を掴み、腰を振っていく。
(レ○プよ、これはレ○プよ…)唇を噛み、屈辱に耐えている宏美だ。

 やがて、肉竿は登りきって放出を始めていく。
「イヤ、出さないで!」
「ごめんよ。出しちゃった…」肉竿が抜かれ、淫裂からドット液体が流れ出ていく。
「う、う、う」嗚咽を上げる宏美だ。

 同じように、女優達の淫裂からも液体が流れていた。
「出したらか、もうさせないからね!」淫裂を拭き、パンティを履いていく女優達だ。
そこに、泣きながら千夏が戻ってきた。
「千夏もされたんだ…」千夏の淫裂から流れ出た液体が太股まで伝わっている。
「宏美さん!」2人は抱き合うが、その間に服を着込んだ共演者の皆が出て行き「う、う、う!」宏美と千夏の嗚咽が響いている。

 稽古は連日行われた。勿論、女優達は一糸まとわぬ全裸での稽古を続け、公演初日を迎えた。
会場は、ヌードシーンがあると紹介されていたから、満員になっている。
その満員の観客の前に、宏美が一糸まとわぬ姿で舞台に出ていく。

 顔を強ばらせ、稽古の通りに演技している。
(性器を見られている…)観客の目が無毛の淫裂に集中しているのがわかっている。
それでも我慢して演技を続けた。

 勿論、千夏も舞台の上で乳房を晒した。
「あ、あ、あ!」露わになった乳房を掴まれて演技をしていく。
(やめて。それは、やらなくていいわよ!)手は乳房だけでなく、股間も衣装の上から触られた。
観客も千夏の揉まれている乳房を見つめており(どうして、こんな事に…)虚ろな顔をして、演技を続けた。

 こうして、裸を晒した初日が済んだが、翌日のスポーツ紙は千夏のヌード舞台を取り上げている。
露わになった乳房を掴まれている写真もあり、宏美の全裸もあった。
勿論、無毛なので、淫裂にはぼかしが入っている。

 「酷い、こんな写真を載せるなんて!」2人は泣きながら写真を見ていた。
それには「撮られたって仕方ないさ。それより、今日も元気よく頑張ってくれよ」泣き顔に、してやったりの顔をしている大西だ。
2人は翌日もヌードになって、満員の観客を前にして舞台に立っていた。
当所、ヌード公演は2週間の予定だったが、千夏と宏美のヌードが好評で1週間の追加公演が行われ、大西は追加公演の収入も入って笑顔だ。

 その公演も好評の内に終わり、数日後に2人は三沢夫婦に車に乗せられて、町中を走っている。
(今度は、何をさせられのかしら?)不安な顔でいる2人を無視して、車はビルの中に入って行く。

 「降りろ!」車から降ろされ、ビルの中に入っていく。
「入れ!」ドアを開けると小さな部屋だったが、壁には衣装が掛けられている。
「これを着るんだ」三沢は2人に黒いコルセットを渡した。
「こんなのイヤです!」広げるなり拒む2人だ。

 「イヤでも着るんだ。素っ裸よりましだろう?」そう言われれば従うしかなく、着ている服を脱いで着替えていく。
コルセットは、乳房を下から持ち上げ、より大きく見えている。
それに腰の部分のくびれが目立っている。

 「オ○ンコは丸出しだ。これも付けろ!」黒いストッキングで、それも履くと太股まで黒い網目が包み、淫裂が卑猥だ。
「千夏、お前のオ○ンコも剃るか?」三沢は淫裂を触わる。
「イヤ、ヘアはイヤ。このままにして下さい…」泣き声になって「わかった。その変わり、宏美とやるんだぞ。これで!」バイブを見せた。

 「これで、レズをですか?」
「そうだ、お互いに、オ○ンコに入れ合うんだ」
「わかりました…」
「宏美もやるわよね?」
「はい、やります…」
「それならいい。これを着たら行こう」2人は派手な衣装を着せられた。

 4人は部屋を移動して別な部屋に向かう。
ドアを開け中に入ると、パーティ会場になっていて「待っていたよ、三沢君!」大西が笑顔で話しかけてくる。
「社長、お待たせしました。今から準備に掛かります…」三沢は、千夏と宏美に話していく。

 「いいな、あの舞台の上でやるんだ。オ○ンコも出し惜しみするな。音楽も掛かるからうまくやるんだぞ!」手順を話ていく。
「あの~。ここでの事は、外には漏れませんよね?」
「勿論だ。ここにいるのは口が堅い人ばかりだ。それに、仕事が貰えるかも知れないから、絶対に手抜きはダメだぞ」
「わかりました…」力のない返事だ。

 (こんな所で宏美さんと抱き合うなんて。2人きりなら喜んでするのに…)恨めしく思いながらも、渡されたカクテルを飲んでいく。
やがて、アルコールが回っているせいか、会場もざわめきだした。
「そろそろ始めるか、準備しろ!」三沢に言われて2人は舞台に上がった。

 上がると同時に音楽が鳴った。
「おや、向井千夏じゃないか?」皆が何事かと舞台を見つめている。
その見つめる目の前で、宏美と千夏が抱き合うと、招待された客は「もしかして?」淡い気持ちを抱いて見ている。

 「千夏、行くわよ!」宏美は千夏の衣装を脱がせていくと、前が開いて絨毛が覗き「ヘアだ!」声が上がった。
(ヘアを見られた…)顔が強ばるが、衣装は肩から下げられて「素っ裸だ!」歓声が上がっている。

 「いいね、若い裸は…」コルセットとストッキングだけを身につけ、乳房と股間を露わにしている姿に満足げだが、千夏は足がブルブル震え泣き顔になっている。
「宏美さん、今度は私がするわね」千夏が宏美の衣装を脱がしていく。
「パイパンオ○ンコだ。噂には聞いたが、本当にパイパンだ!」真っ先に無毛の淫裂に歓声が上がった。

 千夏はなおも脱がして、自分と同じく、コルセットとストッキングだけにした。
「宏美さん!」唇を重ね、淫裂を触わり、宏美も千夏の絨毛を撫でて、指が淫裂を捜している。
指が淫裂を捕らえると、2人は舞台のマットの上に寝て淫裂を撫で合う。
「入れて、千夏!」泣き顔をしてバイブを催促した。

 それに答え。千夏の持ったバイブが淫裂に入っていく。
「あ、あ、あ!」声を上げると「オ○ンコにバイブが入った!」歓声が上がっていく。
その歓声の中を、バイブがピストンを始めていく。
「いいわ、千夏…」宏美の淫裂からは、淫汁が流れている。

 「気持ちいいわよ、見られているけど。千夏にもしてあげる…」今度は宏美が千夏の淫裂にバイブを押し込んでいく。
「いいわ、凄くいい…」千夏も声を上げだすと、招待されたお客も食い入るように見ている。

 そんな中、大西が「どうでしょう。使えないでしょうか?」尋ねていた。
「使えるよ、2人とも…。バラエティで使ってみたいな…」
「よろしくお願いします」大西と三沢は、招待客の間を回って売り込んでいるが「いいわ、いい!」舞台からは千夏と宏美の声が響いている。

 このパーティで、宏美と千夏の出演依頼が増えた。
だが、こんな2人を良くは思わない者もいる。
「あら、裸で稼いでいる、千夏さんじゃないの?」かつて、友人だった桜田雅子も嫉妬から皮肉を言うが、そんな言葉には応えず黙ったままだ。

 「何とか、言いなさいよ。生意気な、ヌードアイドルだわ!」
「そうね。こんな人には焼きを入れないとダメよ!」桜田と友人の久本純子が千夏の服を掴んだ。
「やめて、お願いです!」

「ヌードアイドルに服は必要ないのよ。脱がしてやるわ!」雅子と純子は千夏の服を脱がしていく。
千夏が抵抗しても、2人掛かりではどうする事もできず、あっけなく下着姿にされ、それも脱がされて全裸だ。

「生意気よね。こんなに大きいなんて!」雅子は乳房を鷲づかみした。
「ホントよ。オ○ンコだって、ピンクなんて生意気よ」純子はクリトリスを掴んだ。
千夏は「ヒー!」悲鳴を上げ続けている。
(酷いわ。こんな事をするなんて!)涙が止まらなかった。

 そこに、プロデューサーが打ち合わせに来た。
「何だ、もう素っ裸になって…」
「そうなのよ。オ○ンコしたいんだって。やっちゃって、いいわよ!」
「そんな事は、言っていません!」
「言ったでしょう。もう一度言いなさいよ」乳房に指が更に食い込んでいる。
「そうよ、私も聞いたわ。言いなさい!」クリトリスの指にも力が入っていく。

 「して…して下さい…」
「聞こえないわよ。もっと、大きな声で言いなさい!」
「お、オ○ンコ…私として下さい」
「わからないわよ、もっとハッキリ言うのよ!」更に力が入った。
「オ○ンコして下さい。私とオ○ンコして下さい…」顔を歪めやっと言えた。

 「向井はそんなにオ○ンコしたいのか。よし、やってやるぞ!」ズボンを引き下げていく。
「そうよ、やって上げて。やりたいそうだから」純子と雅子は千夏を寝かせた。
「うっ!」そこにプロデューサーが乳房を掴み覆い被さっていく。
(入って行く…。オチンチンが…)熱い肉竿が、千夏の淫裂に入っていく。

 「いいわね。好きなオ○ンコやって貰えて」ニヤニヤしながらみている2人の前で腰が動いていく。
「あ、あ、あ!」顔を歪めて、声を上げ続けた。
(レ○プされた。純子と雅子に…)涙が流れ、千夏は犯されてから説明を受けて収録が行われた。
 
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
270位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
21位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に(15)
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター