fc2ブログ

「堕ちたアイドル」第13話 新方針

第13話 新方針

 千夏と三沢は、夏も間近に迫ったある日、大西に呼ばれた。
「千夏の裸で大部稼いで貰ったから、ボーナスに休暇を取らせるぞ」
「社長、いいですね。千夏が休暇と言う事は、私もですよね?」
「そうだ、マネージャーもだ。4日間の休暇だから好きな事をしていいぞ」
「わかりました、早速、海外旅行に出かけます」三沢は笑顔だ。

 「酷いわ。私と宏美はどうなるのよ!」
「もっと稼いで貰うよ、テレビが入っているしね」素っ気なく言うが、大西には計画があった。
そして、1週間後、千夏と三沢はタイに出かけ、その隙を狙い大西は恵子とスナックに誘って酒を飲んでいた。

 「奥さん、今頃旦那さんは千夏とウハウハだね」
「私もそう思うの。悔しいわ、私を置いて行くなんて」
「だったら、今夜は思い切り飲みましょう」酒を勧めている。
そして、酔った恵子を部屋まで送ると、態度を一変させた。

 「イヤ、やめて、イヤー!」いやがる恵子の両手を縛り、服を脱がしていく。
「やらせてくれ。前から奥さんとやりたかったんだ!」大西はスカートも剥ぎ取り、下半身を剥き出しにしていく。
「それはイヤ、やめて!」パンティが掴まれ引き下げられていく。

「訴えるわ、レ○プしたら訴えるからね!」抵抗するが無駄で「ヒー!」乱暴に大西の肉竿が入ってきた。
「あっ、あっ!」淫裂が突き刺すたびに、声を上げていく。
「奥さん、久しぶりのオ○ンコで気持ちいいだろう?」腰を振りながらシャツを捲り上げ、乳房も揉みだした。
「よ、良くない、あ、あ、あ!」呻き声から、悶え声に変わっていく。

 「言え。『オ○ンコして』と!」乳房を強く握った。
「言えない…。そんな事言えない…」首を左右に振った。
「言わないなら、もっと痛いぞ」爪が更に食い込んで「して…、オ○ンコして…」やっと言えた。
「そうか、オ○ンコして欲しいんだな?」
「はい、して下さい…」悔しいが、そう言うしかない。

 それを聞いて、大西は腰の振りを早めたのか「ピチャ、ピチャ!」音がしていく。
「もっとして欲しいだろう?」肉竿は淫裂の淫汁で濡れていた。
「言え、言わないのか?」
「欲しいです…。もっとオ○ンコして下さい…」
「そうか、奥さんもオ○ンコが好きなんだな」勝ち誇ったように、ピストンを早めた。

 やがて、大西が絶頂を迎えた。
「イヤ、出さないで!」逃れようとするが、大西は肉竿を押し込んで押さえている。
「うー!」遂に放出が始まり「う、う、う!」膣の中に出されては泣くしかない。
「泣かなくていいぞ。これからは俺の女になるんだからな」
「イヤ、夫がいます。訴えてやる!」
「そうは行かないな。訴えたら。お前達が宏美をレ○プしたのが、表沙汰になるだけだし」

 その通りで、訴えたら、自分たちも危なくなってしまう。
「わかっただろう。悪いようにはしないから、俺ともオ○ンコしよう。旦那だって、千夏とやっているんだ!」恵子のシャツを脱がせようとした。
(そうよ、晋平さんだって千夏と、セックスしているんだわ…。私だって、してもいいはずよ…)

 「わかった、していいわよ。その前に服を脱がせて」恵子は自ら捲り上げられたシャツとブラジャーを脱ぎ、全裸になった。
「奥さん綺麗だよ」その露わになった乳房を掴み、乳首を吸うと「あ、あ、あ!」悶えるような声を上げていく。
その後2人は、四つん這いで抱き合った。

 そして、翌日も恵子と大西は全裸になって抱き合っている。
「させて、私がするから!」恵子は大西に馬乗りになって腰を振っていく。
「気持ちいいよ。今夜も最高だ!」恵子の膣の中に噴射した。

 そのころ、タイで休暇を楽しんでいた千夏も三沢に抱かれていた。
「許して!」
「俺がやりたいと言っているんだ。やらせろ!」嫌がるが三沢の肉竿が胎内を突き刺して「う、う、う!」嗚咽を上げながらも千夏も膣の中に放出されてしまった。

 そして、3日後に三沢と千夏が帰ってきたが、2人は黒く肌が焼けていた。
「良く焼けたな。千夏、今日からは踊りも覚えないとな」
「踊りですか?」
「そうだ、宏美も一緒だ」
「社長、それはいい考えです。心当たりがありまして…」

 「三沢君、だったら、2人を君に預けていいかな?」
「構いませんが…。恵子はどうなさるんで?」
「経営に携わって貰いたいんだ。1人では困るしな」
「なるほどね。社長、恵子とオ○ンコやったんですね?」

 「な、何を言っているの。あなた!」動揺しながらも否定する恵子だ。
「気にしなくていいよ。俺も千夏とやり放題だったからな。でも、これからはダメだぞ!」
「そんな事はしていません!」あくまでもしらを切っている。

 「とにかく、2人を任せるよ。それから、新人も集めたいな」
「それでしたら、公募してはいかがでしょう?」恵子は自分の計画を話し、大西も承知して公募が決まった。 

 話が決まると、三沢は千夏と宏美を連れて事務所から出ていった。
「三沢君は知っていたね」大西は恵子のスカートを脱がせていく。
「やめて、遊びは終わりですから…」スカートを押さえた。
「僕は本気だよ。遊びじゃないぞ!」恵子をソファーに寝かせて、スーツを脱がせる。
「イヤ、やめて、イヤ!」
「イヤでも、相手してくれ!」恵子のシャツのボタンが外され、白いブラジャーが見える。

 そのブラジャーも外され、乳房を掴まれた。
「ダメ、晋平さんに申し訳が…」乳房を優しく揉まれて、目を閉じていく。
「やってくれよ。口でもいいから」乳房を揉みながら言うと「口だけですよ。オ○ンコには入れないで…」恵子は大西のチャックを引き下げ、肉竿を口に入れた。

 「ウグ、ウグ!」もう口を動かしている。
「気持ちいい、やりたいよ、奥さんと…」上擦った声だ。
(ダメ。晋平さんに申し訳ないし…)三沢が知ってしまったからには、これ以上は体を許す訳には行かない。

 一方、三沢は千夏と恵子を連れて、タレント養成所を訪れた。
「あら、千夏よ」
「そうみたいね」そこには、純子と雅子が通っていて(ここはイヤ。別な所がいい!)千夏の顔が強ばっている。
三沢はそんな事など知らずに、通う事を決めてしまった。

 「千夏、着替えはこっちよ。来なさい!」純子と雅子は、千夏と宏美を脱衣室に連れ込んでいく。
「わかっているわよね。ヌードアイドルさん!」雅子と純子は千夏の服を脱がせようとする。
「やめて、自分でします!」

「それなら早く脱ぐのよ。ほら、あんたもよ!」宏美にも脱ぐように言い、千夏と宏美は言われるままに服を脱ぎだした。
「全部脱ぐのよ。丸出しにね」
(何をさせる気かしら。もしかしてフルヌードで?)千夏は不安なまま、パンティ、ブラジャーと脱いで全裸になった。

「大部、焼けたわね」白い乳房が黒い肌に浮き上がり、それに股間の白い色が眩しい。
「あら、ヘアがないわよ!」宏美も全裸になったが、無毛の淫裂が触られた。
「あんた、良くやるわね、ヘアを剃っているなんて」じっと淫裂を覗き込んでいく。

 「雅子、面白い事思い付いたわ。この2人はこのままで練習させましょうよ」
「イヤよ。何でフルヌードでやらなければいけないのよ!」聞いた宏美が拒んだ。
「生意気言わないの。先輩の言う事が聞けないと言うの?」純子は宏美の髪の毛を掴んで振り回していく。
「ひー!」悲鳴を上げるが、雅子も加わり、蹴りを入れた。

 すかさず、宏美の体が赤くなって「やります、フルヌードで…」泣きながら叫んだ。
「そうよ、素直に聞けばいいのよ。千夏もやるわね?」
「はい、このままでやります…」宏美がされた事をしたくないから当然だ。
「戻るわよ、これから練習だからね」4人は皆が待つ練習場に戻ってきた。

 「キャー!」「フルヌードよ!」千夏と宏美の全裸に声が上がった。
「驚かないで、この2人は裸でやりたいそうなの。だから、大目に見ましょう」
「そうよね、ヌード写真集を出すくらいだから裸も似合うわよね」ここに通う生徒達も売れている千夏に嫉妬していたから、屈辱を与えようとしていた。

 「わかりました。それなら構いません。練習を始めます」宏美と千夏は指導員の言うがままに踊っていく。
足を上げたり、後ろに伸ばしたりしていく。

(そうよ、それでいいのよ、もっと面白い事してあげるわよ)生徒達は揺れ動く乳房と、口を開いた淫裂を見ながら笑顔になっていた。
それには(悔しいわ、こんな事をさせられて!)うっすらと涙が流れている。
千夏と宏美はそれでも堪えて踊り続けた。
そして、2人は踊りの練習が済むとテレビ局に向かった。

 そんな日々が続いて、大西は新人を募集した。
雑誌に広告を載せると効果は覿面で、芸能界を夢見た若い女性達が殺到し、大西は書類を見ながら選んでいく。
そして、5人を選んで面接する事にした。
勿論、面接には宏美や千夏も立ち会う事になっている。

 面接は事務所で行われ、1次審査で2人が残っている。
「水着は用意してありますよね?」
「はい、用意してあります」大西の問いに答えていく。
「それでしたら、着替えて」
「どこでですか?」

 「ここでです。芸能人はヌードも覚悟して貰わないとダメなんですよ」
「そんな、ヌードだなんて…」顔を見合わせた。
「本当よ、私だってヌードは覚悟してやったわ」千夏は立ち上がり2人の前で脱いでいく。
(イヤ、こんな事したくない!)拒みたいが、大西と三沢から言われているから、拒めず、次々と脱いでブラジャーも脱いだ。
「そんな~!」乳房を露わにした姿に驚きの声だ。

 「まだ驚くのは早いわ。私はこうよ」宏美も脱ぎだすと、応募の2人は唖然とした顔で見ていた。
千夏はパンティを脱いで全裸になって見せている。
「どう、私のヌードは?」作り笑顔をしていた。
「それよりも、これはどうかしら?」宏美もパンティを脱ぐと、無毛の淫裂を晒している。
宏美も泣きたい気持ちを我慢して笑顔を作っている。

 「どうだ、こんな事が出来なければ芸能界は無理だ!」大西は2人を見渡した。
「わかりました…。私のヌードをご覧下さい…」1人が立ち上がり、脱ぎだすと、それに倣うかのように、残りの1人も脱ぎだした。
「笑わないでくださいね。オッパイは自信ないんですから」顔を真っ赤にしながら脱いでいく。

 2人は次々と脱いで下着姿になったが、後から脱いだ子は言葉通りに胸が貧弱で貧乳の部類だ。
「本当に笑わないでくださいね」ブラジャーを外すと、小さな乳房が揺れている。
先に脱いだ子は、大きな乳房でCカップはありそうだ。

「恥ずかしいです…」手で胸を隠すと「そんな事じゃ、無理だ。もっと、堂々としなさい!」「わかりました」手を退けて乳房を露わにしている。
「下はどうなんだ。入れ墨はないだろうね?」
「ありません。すぐ脱ぎます…パンティを引き下げると黒い絨毛が見え、2人はなおも下げ、背中を丸め手足を上げていく。

 「ほう、綺麗な性器だね。触っていいだろう?」大西は露わになった淫裂を触ると「そ、そんな!」顔が強ばった。
「どれ、僕もテストしないと…」三沢も触りだした。
「もういいでしょう。そこは!」
「そうだな、まずは触るよりも確かめさせて貰うぞ」2人の体を隅々まで調べていく。

 「外観はわかった。水着の前にちょっとさせてくれ!」大西は乳房を触っていく。
小さな方の乳房も触り、三沢も大西に倣って、乳房を触っていく。
そして「今まで何回男に抱かれました?」また淫裂を撫でだした。
「3人です。3人としました…」
「正直でよろしい。あなたは?」
「し、していません。バージンです!」小さい乳房の女性が答えた。

 「本当ですか?」なおも淫裂を触わり「嘘はいけませんよ」指が膣に入っていく。
「本当です。バージンです!」
「芸能界はバージンなんて不要なんですよ。すぐに棄ててください」
「そんな事言っても相手が…」

 「わかりました。早めに喪失して下さいよ。裸はわかりましたから、水着を着てください」全裸を確認したから、必要ではなかったが形式的に行った。
水着姿を確認すると「はい、もう結構です、脱いで下さい」2人は水着を脱いでいく。

すると「ここで、私を売り込んでください。フルヌードにまでなったんです、それに劇団から解雇されて行く所がないんです!」せっぱ詰まった顔で水着を脱いだまま、小さな乳房の子が言う。
「私だって、同じです。ヌードまでやったんですから、お願いします!」

 「わかりました。あなた達は今日から内の所属タレントとしましょう。その代わり、わかっているでしょうね?」大西は大きな乳房の子をソファーに押し倒し、乳房を揉んでいく。

 「名前は塚田早苗さんだったよね?」
「はい、そうです」
「意味わかりますよね?」
「はい、軽くですよ、痛いのはイヤですから」
「それならば結構です」大西はズボンを引き下げて下半身剥き出しにした。

 「あなたも、わかっていますよね?」三沢もズボンを脱いでいく。
「は、はい。でも、怖いです!」
「鈴木愛子さんでしたよね。初めてでしょうが、僕が必ず売り込みますから、任せてくださいね」

 「お願いします」愛子は目を閉じて、三沢を迎え入れたが「ヒー!」初めての挿入に悲鳴を上げ、それと同時に愛子の淫裂からは鮮血が流れ出た。
「これからは家族同然ですよ」肉竿をピストンしていき、同じように大西も腰を振っていった。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
321位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
21位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター