fc2ブログ

「堕ちたアイドル」第15話 全裸の舞台 

第15話 全裸の舞台 

 3人のヘアヌード写真集の撮影が無事に済むと、演出家の福井から出演の依頼があった。
福井は合うなり「今度は、エロをやりたいんだ!」突然切り出した。
「エロですか…」千夏と早苗達は顔を見合わせた。
「そうだ、出演者はみんな、素っ裸でやるんだ。しかも、女だけで!」

 驚きのあまり「フルヌードですか?」それだけしか言えない。
「福井さん、女だけでは無理でしょう。裸になる女優なんて、そんなにいませんよ」
「心当たりがあるんだ。ここの3人はいいだろう。そうだ、あなたもどうだい?」福井は恵子を指さす。

 「ダメです、素人ですから。それに、みっともない体ですから」言い訳を並べた。
「ちょっとだけでもいいですから、出て下さいよ。通りすがりで、いいですから…」
「でも、夫が何て言うか…」
「出ろよ。オ○ンコする訳じゃないからいいよ。俺も恵子が素っ裸で、舞台に立った姿を見たいよ」
それには「わかりました。出てみます…」と言うしかない。

 「ありがとう、助かるよ。そうだ、あんたも出てくれ。この前出たから、いいだろう?」宏美にも声が掛かった。
「引退しましたから、舞台なんて無理です…」
「そんな事構わないよ。大西さん、いいだろう?」
「宏美は無理ですよ。4人で我慢してください」

 「残念だな。でも大西さんが4人出してくれると、決まったようなもんだし…」福井は笑顔だ。
「ところで、出演料ですが、フルヌードですから、それなりにお願いしますよ」
「当然だ。5割り増しでは?」
「いいでしょう、それでお願いします」こうして、全裸の公演が決まった。

 出演者は、総勢で10人が決まり、早速顔合わせが行われた。
その中に千夏と宏美を養成所で虐めた純子と雅子もいる。
「あら、この前はご免なさいね。今度は一緒だから仲良くしましょう」謝ろうとはしない。

  「どうして、ここに来たの。裸はイヤだったんじゃないの?」
「仕方ないわよ。頼まれた以上、断らない主義だから…」俯いたままだ。
(仕事がないからだって、素直に言いなさいよ。言い訳するなんて、みっともないわよ!)睨むがバツが悪くて、下を向いたままだ。

 「過去の事は忘れて仲良く頼むよ。早速だけど、台本はこうだからね」福井は台本を渡していく。
「いいかい、明日から練習だ。今日はせっかくだから、裸になってお互いの体を見せ合おう!」その言葉に一斉に服を脱ぎだした。
勿論、恵子や宏美もだ。皆がパンティやブラジャーも脱いで全裸になっていく。

 だが、初めて人前で、生まれたままの姿を晒す恵子は、顔が真っ赤になっている。
それに、太股がガクガクと震えていた。
「奥さん、綺麗な体じゃないですか?」福井は恵子の乳房を掴み、揉んでいく。
「恥ずかしいです。こんな貧弱でして…」

 「いいえ、立派ですよ。ここも!」真っ黒な絨毛に覆われた淫裂をも触った。
「だめ、そこは!」淫裂に指が当たっている。
「そうですよね、人妻ですし。それでしたら…」今度は宏美の乳房を揉んでいく。
その後、絨毛を触りながら、淫裂を撫でていった。

 福井は役得とばかりに、次々と女優を触わり「おや、久本のオッパイっは形悪いわね」純子の乳房を揉んでいく。
「私のは、どうしてこんなオッパイなのかしら。釣り鐘みたいで私もイヤなの。雅子が羨ましい…」

 「どれどれ、桜田のはどうかな?」雅子の乳房を揉んでいく。
「私、オッパイは自信あるんですが、ほら、ヘアが少ないの!」確かに雅子の股間の絨毛が少ないく、うっすらと割れ目が見えている。

 「どうせなら、ない方がいいんじゃいいかな?」
「そんな、パイパンだなんて!」
「1人くらい、オ○ンコ丸出しがいた方がいいよ。受けるし、それに出演料も割り増しするよ」
「わかりました。剃ってきます!」雅子は言い切った。

 翌日から練習が始まり「練習は素っ裸だ、裸になれないと」福井に言われて皆が全裸になっていく。
「あら、雅子!」出演者の中でただ1人、ヘアのない淫裂がある。
「福井さん、これでいいですね?」無毛の淫裂を晒している。

 「いいね、これが。これがいいよ!」福井は淫裂を撫でていく。
そして「今夜、付き合って欲しいな」耳元で言うと「仕事が貰えるなら、抱かれてもいいわよ」雅子も耳元で言う。
「わかった。稽古が終わったら待っててくれ」指が雅子の淫裂の中に入っていく。

 「ダメ、そこは、ダメ!」首を振りながら手を押さえた。
「冗談だよ、冗談!」笑顔で手を退け2人は顔を見合わせた。
「よし、早速稽古開始だ!」その言葉で、台本読みの稽古が始まった。

 だが、素人の恵子にはそんなに台詞がない。
「奥さん、こっちで練習しましょう!」気遣って福井が歩く練習をさせていく。
「いいですよ、奥さん」じっくりと、揺れ動く乳房と性器を見て「とにかく、裸に慣れて下さい」注意している。
その間にも、宏美達は台詞の打ち合わせをしていく。

 稽古は7時には終わった。
「お疲れさまでした!」服を着てから出ていくが、雅子と福井は一緒に出ていった。
「イヤだわ。体を売って仕事を貰う気よ!」共演する皆が、後ろ姿を見ながら言うと「それだったら、私もやるわ。仕事が貰えるなら、体だって売る!」純子も言う。
(私はイヤよ。体まで売って仕事を貰うなんて、できないわ)軽蔑の目で見る宏美と千夏だ。

 その夜、恵子は全裸になって、三沢に抱き付いた。
「あなた、恥ずかしかったわ。ヘアまで出したのよ…」稽古の事を思いだして抱き付いている。
「オ○ンコ、見られたのか?」からかうかのように股間を触っていく。
「そうよ、恥ずかしかった。今夜は慰めて」
「わかっている。一杯出すからな」乳房を吸いながら肉竿のピストンをしていく。

 舞台稽古は毎日行われ、大西と大宮は千夏達のヘアヌード写真集を、公演の初日に販売することを決めた。
そして、いよいよ公演の日が来た。
「あなた、恥ずかしいわ、こんな大勢の前でフルヌードよ」あまりの多さに、恵子が怯えている。

 「いつものようにやればいいよ。恥ずかしがらなくて、いいからね」
「わかった、頑張るわ。その代わり、今夜は慰めてよ」
「わかっているよ」恵子が楽屋に入ると、中ではもう全裸になり、アクセサリーを付けていた。

 「準備してください。もうすぐ開演ですから」
「わかりました」素直に服を脱いでいく。
全部脱ぎ終え、用意されたネックレスを巻いた。
「いいですね、恥ずかしい事はありませんから堂々として下さい!」福井は言うが恵子は膝がガクガクだ。

 「奥さん、落ち着いて!」福井は乳房を掴み、乳首を吸っていく。
「だめ、そんな。あ、あ、あ!」上擦った声になっていく。
「落ち着いて。今夜は旦那さんとやるんでしょう?」淫裂を触っていく。
「ええ、そのつもりですが…」
「お客を旦那さんと思って下さい。そうすれば、オ○ンコを見られたって恥ずかしくは、ないはずです」指が膣に入った。
「あ、あ。わかりました!」その手を押さえて言う恵子だ。

 やがて、開演を知らせるベルが鳴った。
それと同時に、緞帳が上がり開演となる。
真っ先に、千夏が舞台に進み出ていくと「おー!」一糸まとわぬ姿に歓声が上がった。
千夏も強ばった顔で台詞を言い、演技しているが、絨毛と乳房の丸出し姿に顔が赤くなっていた。

 そのあと、早苗や愛子も全裸で出ていく。勿論純子や雅子もだ。
舞台では、一糸まとわぬ女性が乳房を揺らせ、絨毛をたなびかせていた。
だが、雅子だけは絨毛が生えていないから、ピンクの淫裂が引き立っている。
観客達の目は雅子の無毛の淫裂に集中し、それは雅子にもわかっていた。
(いい宣伝だわ。この際だから、売り込まないと…)淫裂を晒しても動じることなく演技している。

 そして、ちょい役の恵子が登場した。
恥ずかしいのか顔が赤く染まっている。
それでも間違うことなく台詞を言い、舞台から去って、楽屋に戻るなり「恥ずかしかった!」三沢に抱き付くが、まだ震えている。

 「良かったよ、恵子!」乳房を撫で、淫裂を触っていくと「あなた。して、エッチしたい!」言い出す。
「ここで、いいのか?」
「ここでもいいわ。お願いだから、今すぐして!」恵子は壁に両手を付けて足を開く。
「わかった、やって上げるよ!」チャックを引き下げ、肉竿を恵子の淫裂に押し込んだ。

 「気持ちいいわ。あなた、もっとして!」恵子は恥ずかしさを打ち消そうと、三沢に慰めて欲しかった。
「わかっているよ、恵子!」三沢は腰を振りながら、乳房を揉み「あ、あ、あ!」声も上げている。

 そこに「あら、オ○ンコしているわ!」舞台から降りてきた純子が見つめている。
「純子もオ○ンコしたいか?」福井が声を掛けた。
「して下さい。まだ、出番まで時間がありますから…」
「わかった。オ○ンコしてやるよ」純子は四つん這いになった。

 「行くぞ!」肉竿が入り込んでいく。
「いいです。ヌードを見られた後でのオ○ンコが、凄くいいです!」興奮気味に話していく。
「だったら、明日もするか?」
「はい。福井さんとならいくらでもします。ですから、この次の仕事も…」
「わかっているよ。純子!」腰の振りを早める福井だ。

 開演から2時間ほどで、演劇が終わった。
「出演なさった向井さん、塚原さん、鈴木さんのヘアヌード写真集を売店で販売しています」館内にアナウンスが流された。
「ヘアヌードか、面白いな」観客達の興味を引いて、売店には写真集を求める観客が列を作っている。

 生で見たので、印象が強いので買い求める男性が殺到し、大宮のもくろみ通りに用意した写真集は、ほとんど売り切ってしまった。
「そうか、こんな手があったんだ!」「悔しいわ、あの人達に負けるなんて!」名前を売りたい雅子と純子は、横目で見みながら買い求める行列を恨めしそうに見ている。

 「雅子、あいつらを懲らしめてやらないと、収まらないわね」
「どういう風に懲らしめるの?」
「レ○プした上、写真なんてはどうかしら?」
「古いわよ、それよりヘアを剃ってパイパンにしましょうよ。明日の公演が出られないように」
「面白いわね、ヘアを剃るなんてね」ヘアの生えていない雅子は笑顔だ。

 雅子と純子は、公演が終わると千夏のマンションの駐車場で、千夏の帰りをを待っていた。
そんな事とは知らずに、千夏とマネージャーの宏美は車から降りて来た。
「来たわよ!」待っていた2人は覆面を被り飛び出し、マンションに入ろうとエレベーターに乗ったその時、純子と雅子も走り込み乗り込だ。

 「何する気よ!」不意に現れた2人に抵抗が出来ない。
「おとなしくして!」ナイフが千夏の顔に当てられ、冷たい感触に千夏の動きが止まり、それと同時に、一気にズボンが引き下げられた。
「やめなさい、お金なんてないわ」宏美も千夏を助けたいが、ナイフを千夏の顔に押し当てられている以上動けない。

 「いやー!」千夏のパンティが引き下げられて、下半身が剥き出しになった。
「やめて、それだけはやめて!」股間の絨毛がハサミで切られていく。
「そんな事、やめて下さい!」首を振るが絨毛が短くカットされ、その後、女性用シェーバーで剃られていく。
「お願い、やめて。ヘアがないと困ります!」宏美も止めに入りたいが、動けない。

 千夏はヘアを残らず消し去られ、ピンクの割れ目が露わにされた。
股間の絨毛を消し去ると、千夏と宏美を降ろして、雅子と純子は戻っていく。
「面白いわね。これで、暫くおとなしくするわ」笑顔の雅子は落ちている絨毛を見ながら言う。

 「そうね、明日は来るかしらね?」
「多分来ないわ。きっと代役よ、ヘアがないから恥ずかしくて、舞台には立てないと思うし…」
「そうね、雅子はヘアがなくて平気だけど、千夏は無理よね」2人は開いたドアから出て車に乗り込んでいく。

 一方、「ヘアを切られてしまった!」露わになった淫裂に呆然としている。
「千夏、とにかく部屋に入ってからよ」ズボンを急いで持ち上げ、部屋に飛び込んだ。
「どうしたらいいのよ。こんな、性器丸出し姿で舞台なんて、出来ない!」泣きだしてしまった。

 「でも、舞台の穴を開ける訳には行かないわ…」
「それじゃぁ、性器をお客に見せろというの?」泣きながらの言葉に、宏美も返す言葉がない。
「千夏、だったら、私もヘアのない性器で舞台に立つわ。それならいいでしょう?」宏美は服を脱いでいく。

「宏美さんも舞台に立つの?」
「私もフルヌードで立つわ。しかもヘアのない性器を丸出しでね」更に、パンティを引き下げ、絨毛に覆われた股間を露わにしていく。

 「宏美さん、私に剃らせて」千夏は股間を撫でながら、淫裂に指を入れた。
「いいわよよ、千夏。でも、それはヘアを綺麗にしてからして…」上擦った声だ。
「わかった。剃ってからやらせて!」千夏は宏美の股間を剃りだし、淫裂が剥き出しになっていく。

 (イヤだけど、ヘアのない性器に逆戻りだわ…)千夏の頭を撫でながら足を開いたままでいる。
「これで、私と同じよ」千夏はヘアを剃り終えると服を脱ぎだす。
「そうね、千夏と同じくヘアがなくなったわ」宏美は千夏に抱き付いて「いいわ。久しぶりにいい!」2人はベッドの上に倒れて、声を上げている。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
251位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に(15)
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター