赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

「OL哀歌~美由紀編」第24話 由佳との再会  


 由佳はもう、どうしようもなかった。

実家からの援助はもう貰えないし、反対に生活の援助をしなければならない。

そんな折り、由佳は女性専用のクレジット会社を思い出した。

「確か、本間金融とかいっていたわ、当座は何とかなるけど」金策が尽きた由佳は仕方なく本間

金融の本店に向かった。

ドアを開けて中に入ると、受付の説明で由佳は言われた通りに書類に記入していく。

「どうぞ、こちらへ!」由佳は個室に案内されて「暫くお待ち下さい!」受付は由佳を1人残し

てドアを閉めて出て行く。

1人残された由佳は不安だった。

「どれくらい貸してくれるかしら?」2分位してからドアが開き、融資担当の女性が話しを聞い

ていく。

由佳は必死に説明していくが、融資担当者は野村夫婦には多額の負債があるのを業者間のオンラ

インで知っている。

「申し訳ありませんが、私の責任ではお貸しできません。お貸しできるのは5万までです」

「5万?もっと貸して欲しいの。ねえ、責任者に合わせて。直談判する」

「それは、無理です」

「いいから、合わせて欲しいのよ!」

 

 担当者は迷ったが「ちょっと、相談してきますから暫くお待ちいただけますか?」

「ええ、待つわ」

「暫くお待ち下さい」担当者は部屋から出て融資責任者と相談している。

そこへ社長の絵里が現れ「あら、真剣な顔でどうしたの?」融資責任者はほっとした。

「実は…」書類を絵里に差しだしながら説明をしていく。

「野村由佳?」絵里はまさかと思ってさらに書類に目を通して「夫は野村真人。丸菱商事!」絵

里は「いいわ、私が会ってみるわ」

まさかと思いながらも絵里は由佳の待つ部屋に入り「おまたせしました。社長の本間絵里です」

挨拶をしていく。

「いくらまでなら貸してもらえますか?」由佳は真剣な顔で聞いた。

「申し訳ありませんが由佳様にはお貸しできません」由佳は落胆したが「ただし、旦那の真人様

なら、お会いしてみてからなら融資できます。人柄によっては低利でもお貸しできます」

「だったら、合って下さい。今直ぐにでも」

「でも、旦那さんは仕事でしょう。どうです、6時にお二人でもう一度いらっしゃっては?」

「はい、そうさせて下さい!」

 

 由佳は喜んで部屋からでていくが、絵里はそんな由佳を見送っている。

「美由紀さんを呼ばないといけないわね」絵里は担当者に説明をしてから社長室に戻り、「もし

もし、美由紀さん。これからこっちに来て欲しいの。4時半に来て欲しいのよ」電話を掛けた。

「はい、4時半に伺います」美由紀は何も説明をしない絵里に心配だったが返事した。

時計を見て「3時か。真弓さんに言っておかないといけないわね」美由紀は真弓を呼んで後のこ

とを指示し「絵里さん4時半まで来るように言われてるの」

「だったら、今行かないと遅れるわよ」

「そうよね。後をお願いします」真弓に後を任せて美由紀は絵里の待つ本店に向かった。

美由紀は4時半にどうにか絵里の社長室に入れた。

「失礼します」美由紀がドアをノックして中に入るなり「見て頂戴!」絵里は由佳が書いた書類

を美由紀に渡した。
 
                   yjimageCA68KEJ2.jpg

美由紀は目を通し「これは野村由佳さんのでは?」「そうなの、お金に困っているみたいね」

「絵里さん、助けてあげて、由佳さんを!」

「でも、由佳さんはあなたを侮辱したわよ」

「それとこれとは別よ。このままでは由佳さんがだめになる!」絵里もそれはわかっていた。

「でも、決めるのは由佳さんよ」絵里は美由紀にこれからのことを説明していく。

そして時計が6時を指すと「社長、お見えになりました」

「いい、私が合図するまで待ってて!」絵里が融資責任者を連れて出た。

美由紀はじっと待って30分程経ってから「店長、社長がお呼びです!」美由紀は急いで絵里の

いる部屋に向かった。

「トントン」ドアをノックして中に入ると3人が話し込んでいる。

「失礼します」

「あ、美由紀さん!」「なんで美由紀が!」野村夫妻は驚いている。

「紹介するわ、本間金融の副社長の本間美由紀さんです」

「お久しぶりです。本間美由紀です」唖然とする二人だ。

まさか、副社長になっていたとは夢にも思わなかった。

 

 「失礼するわ」由佳は部屋からでようとしたが「まてよ。融資がだめになるから!」真人は由

佳を引き戻す。

「仕方ないわね。悔しいけど…」由佳もイスに座り直した。

「所で負債はいくらですか?」

「2千万です」

「先物で失敗したのね」

「その通りだ。悔しいけども。バカだったんだ」暫く沈黙が続いた。

「その2千万融資しましょう。あなた達夫妻にやってもらいたいことがります。やっていただけ

るなら返済しなくても結構です。差しあげます」

絵里が沈黙を破って言うと「何をすればいいんですか?」真人は目を光らせて言う。

「由佳さんに恥を掻いてもらいたいの。今度のパーティのショーの主役をして恥を書いて貰いた

いのよ」美由紀は絵里の言うことがわかった。

絵里はさらに続け「今度のパーティは取引先を呼んでの美由紀さんと繁之の副社長就任パーティ

なのよ」

「それでどんな恥をかけばいいの?」心配そうに由佳がいうと「ズバリいうわ。ヌードショーを

してもらいたいの」

「いやよ。バカにしないで!」由佳は怒った顔になっている。

「由佳、我慢してくれ。負債が消えるんだ!」真人が真剣に由佳を説得していく。

「由佳さん。二部構成なの。一部がストリップ、剃毛、オナニーなの。二部がレイプショーよ」

「本番するんですか?」

「勿論よ。3人とするの。それに膣内射精をするの。それに真人さんは舞台でそれを見ながらオ

ナニーをするの」

 

 「やります。本当に2千万をくれるんですね」

「ええ、契約書を書きます」絵里は用意した書類にサインする。

「でも、一つでもやらなかったら差し上げられません、返済して貰います。それに大勢の前です

るのですよ」

「やらして下さい。なあ、由佳!」由佳は泣きながら渋々承知して契約書にサインした。

「それで、いつですか?」

「今度の土曜日よ。由佳さんは知ってるわよね。あの別荘なの。これを今から飲みなさい」

「なんですか?」泣き顔の由佳が尋ねると「ピルよ。妊娠しないように今から飲みなさい。膣内

射精だから危険よ。必ず今夜から飲みなさいね」それを受け取った由佳は真っ赤な目をしながら

頷いた。

「真人さん、由佳さんとストリップの見学をしてきなさい。それにこれは由佳さんの衣装代よ」

絵里は10万を由佳に渡す。

「それから由佳さんが一所懸命やればチップもでるわ。100万くらいかしら。まじめにやれば

もっとでるかもよ」絵里が付け加えると側で聞いていた真人の目が異常に光った。
 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/93-75b71a3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top