fc2ブログ

「堕ちたアイドル」第19話 露出命令

第19話 露出命令

 ビデオが届いてから、1週間がたった。
千夏と宏美は、前ボタンのワンピースを着込んでいく。
「これなら直ぐに着られるし…」下着は一切付けておらず、乳房と淫裂が剥き出しだ。
しかも、股間の絨毛は綺麗に剃り上げ、淫裂の割れ目が覗いている。

 ワンピースに腕を通すと、ボタンを止め、マンションを出て、浮かない顔のまま車に乗り込んだ。
「行くわよ」運転する宏美は元気がなく、千夏も元気のない顔をし「やるしかないのよね…」呟くように独り言を言っている。
「そうよ、やるしかないのよ」宏美も呟くように言う。

 その後は黙ったままだ。
程なくして、車はデパートの駐車場に着いた。
「準備はいいわね?」宏美はサングラスを掛け、ボタンを外していくと、胸元が開き乳房の膨らみが覗いている。

 「宏美さん。どこから監視しているのかしら?」千夏はボタンを外しながら尋ねた。
「わからないわ。でも、やらないと、どうなるかわからないし…」ボタンを外すと狭い車の中で脱ぎだし、白い肌の乳房とピンクの淫裂が卑猥に見えている。
「恥ずかしいけど、これがあれば我慢出来るし」千夏もサングラスを掛けてからワンピースを脱いでいく。

 2人は乳房と淫裂が剥き出しの全裸になり、小さなバックを手に持ち車から降りた。
そして、デパートの入口に向かうと「キャー!」突然全裸で現れた2人に買い物客が悲鳴を上げた。
「そんな、フルヌードよ。オッパイと性器が丸見えよ!」
「あんた達、恥ずかしくないの?」中年の女性が腕を掴んだ。

 「勝手でしょう。ヌードのどこが悪いのよ?」その手を振り払い、2人は店内へと入っていく。
(恥ずかしいわよ。やりたくないけど、ビデオが公になったらもっと恥ずかしいし…)早足で歩く2人の乳房が左右に揺れている。

 「いらっしゃい…」店員も乳房と淫裂を晒す2人に言葉が続かない。
「貴金属はどこかしら?」
「4階ですが…」
「4階ね、ありがとう」礼を言い、エレベーターに向かう。

 「見ろよ、素っ裸だぞ。しかもヘアを剃ってオ○ンコ丸出しだ!」その声に店員や買い物客が振り返り「変態よ、変態だわ!」声をあげ出す。
「いいじゃないか。見せたいんだから、見てやろうぜ!」2人を取り囲みじっと淫裂を見ている。
2人はサングラスを掛けているからまだ我慢が出来た。
エレベーターを待つ間が長く感じられている。
(早き来て、早く!)わずか数秒だが1時間に感じられた。

 「チーン!」エレベーターのドアが開いた。
2人が真っ先に乗り込むと、その後を数人の男性が乗り込むが、女性は乗らなかった。
それには(乗らないで、お願いですから…)中で何をされるかわからず、不安になっている。

 ドアが閉まりエレベーターが動き出すと「何をするのよ!」千夏と宏美は乳房や淫裂を触られだした。
「素っ裸になるんだから、こんな事されるのは覚悟の上だろう?」開き直ってやめようともしない。
「やめて、お願いですから触らないでよ。見るだけにして!」

 「オ○ンコを見せられ、それだけで我慢できるわけないだろう。オ○ンコはしないから、触らせろ!」なおも触り続ける。
触るだけならいいが、指を淫裂に入れ広げられた。
「ほう、まだ綺麗オ○ンコじゃないか」
「本当だ。ピンクじゃないか!」肉襞が引っ張られていく。
「う、う、う!」手を押さえられ、狭いエレベーターの中で嗚咽を上げることしかでき2人は、乳房を揉まれ赤く染まっていく。

 (着いて、早く止まって!)祈りが届いたのか「チーン!」音がした。
それと同時に手が退けられ、エレベーターの動きも止まって「スルスル」ドアが開いた。
「キャー!」また悲鳴が上がり、買い物客が2人を指さしている。
その悲鳴で人垣ができ「素っ裸だ!」「本当だ、素っ裸だ!」乳房と淫裂を晒す2人に歓声が上がっていく。

 「済みません、退いてください!」人垣を退け、下着売り場に向かうと、テレビカメラが見える。
「カメラさん、あれ撮って。ハプニングよ!」スタッフ達が駆け寄り、カメラが向けられる。
「そんな、取材だなんて…」全裸姿を撮られていく千夏と宏美だ。
「ちょっと、こっちを撮ってよ!」大きな声がした。その声は聞き覚える声だ。

 (もしかして…)体が強ばった。
「すみません、ちょとハプニングがありまして」言い訳するスタッフの前に女性が現れた。
「あら、素っ裸じゃないの。オッパイと性器を丸出しにして、いやらしいわね。マネージャー来て。面白いわよ!」それは同じ事務所の愛子だった。
「どうしたんだ、俺はテレビに映らなくてもいいだろう?」三沢も現れ(そんな。あの2人がここにいるなんて…)動揺を隠せない。

 「凄い度胸じゃないか。よく素っ裸でいられるよな」感心して2人を見ており、テレビカメラも2人を撮り続けていく。
「インタビューして貰えませんか?」
「わかりました」愛子はマイクを受け取り千夏に話し掛ける。
「恥ずかしくありませんか?」質問には答えず首を左右に振っていく。

 「恥ずかしくないんですね?」

(恥ずかしいわよ。やらない訳にはいかないからヌードになっているのよ)首を縦に振る。
「ヘアまで剃っていますが、何人とセックスしましたか?」その質問には答えず、インタビューを振り切るようにして歩き、宏美も一緒に歩いていく。

 「よくやるよな…」
「ホントよ。性器丸出しだなんて非常識よ!」背中から愛子と三沢の話が聞こえた。
「とにかく、取り直しましょう。邪魔も消えましたから」
「わかりました」再び愛子のレポートが始まった。

 だが、千夏と宏美は、まだデパートの中を歩いていた。
「変態よ、変態がいる!」皆が2人を指さし(好きでやっている訳じゃないのに…)悔しさを堪え貴金属売り場に来た。
「私に似合うネックレス下さい」全裸で現れた2人に店員も戸惑いの顔を隠せない。

 「ネックレスですか…」乳房と淫裂を見つめて言う。
「このヌードに、似合うのが欲しいのですが…」
「ヌードに似合うのですか…」ケースを開けて金色に輝くネックレスを差し出した。
「いいわね、これで足りるかしら?」バックから金を取りだし手渡す。
「ありがとうございます…」唖然とした顔で礼を言う。

 2人は買い込んだネックレスを巻き付け、またエレベーターに戻っていくが、全裸で歩く2人を取り囲むように人垣が出来た。
その人垣を押しのけてエレベーターに乗り込んで下へと降りて出口へと向かう。
「キャー!」訪れた買い物客は、悲鳴を上げ続けたがその側を歩いて、駐車場へと向かった。

 「恥ずかしかった。変態呼ばわりされたし…」
「でも、まだあるのよ。今度はもっと恥ずかしい事なのよ」
「わかっている、とにかく急がないと」2人は停めてあった車に乗り込み、ワンピースを着込んでから走り出した。

 宏美は大通りから裏通りに入り、車を停めた。
「ここよ、ここなの」停まった所にはポルノショップの看板がある。
「急ごう、いつまでもいたくないし…」
「そうね、早く済ませないと」車から降りて店に入った。

 「いらっしゃいませ」アルバイトの店員が声を掛ける。
「く、下さい…」恥ずかしそうに項垂れたままだ。
「何をお求めでしょうか?」店員の言葉に、ワンピースのボタンを外しながら「ここが、気持ちよくなるのを欲しいの…」ボタンを外し終えるとワンピースを脱いだ。
「そ、そんな…」突然、全裸姿になった2人に声が出ない。

 「あるでしょう。ここに入れるのが!」宏美は両手で淫裂を広げ、膣の中を見せた。
「私もここに入れるのが欲しいの…」千夏も淫裂を広げている。
「わかりました、サイズはどれくらいで?」
「これに合うのよ。指を入れて確かめて…」顔は下を向いたままだ。
暫く店員は黙り込んでいたが「わかりました指で確かめます」真っ先に千夏の淫裂に指を入れて「あっ!」思わず呻くような声を上げた。

 膣に入った指は、ゆっくくりと動いていく。
(やめて、指なんか入れないで!)恥ずかしくて、店員の顔をまともに見られない。
「狭いですね。でも、普通サイズがいいと思いますよ…」指が抜かれた。
「私のはどうかしら?」今度は宏美の淫裂に指は入っていく。
「ん、ん、ん!」入った指が膣皮を撫でていく。
(やめて、そんな事しなくてもいいわよ!)宏美も恥ずかしくて顔を上げられない。

 「あなたは、少し太めがいいかも…」やっと指が抜かれ、ガラスケースからバイブを取りだし、並べられる。
「これが、あなたので、少し太めがあなたです…」店員は説明していく。
「聞いてもわからないわ。お願いだから、それを入れて…」

 「そんな事したら、売り物になりません。それはダメです!」
「買うわ、お金もあるわよ」財布を広げ、中を見せると「わかりました。試します」バイブを手に持ちスイッチを入れた。
「ウィ~!」唸り音が響いていく。

 そして、宏美はピンクの突起に押し当てられ「あ、あ、あ!」たまらず声を上げていく。
「凄いでしょう。これを入れるんです」先端が膣腔に押し当てられた。
(ダメ、そんな事されたら感じちゃう…)腰を引くがバイブが入り込んでいく。
「あ、あ、あ!」心地よい振動に声を上げていると根本まで入り込んだ。

 「入りましたよ。そうしたら、ゆっくと動かします」バイブがピストンされていく。
それが数回繰り返され「わかったでしょう。このようにお使い下さい」店員は宏美に握らせ、今度は千夏の淫裂に押し当てると「ん、ん、ん!」千夏も呻くような声を上げた。

 「気持ちいいわ。早く入れて!」
「わかりました」振動しながらバイブが、淫裂に入り(入れないで、そんなの欲しくない!)だが、根本まで入り、ゆっくりと出し入れを繰り返していく。
「ここを、持ってやって下さい」
「わかりました…」千夏もバイブを動かしていく。

 初めは嫌がっていたが、徐々に反応して淫裂が潤っていく。
「気持ちいいわ、お願いだからオッパイにして。このまま行きたいの」
(行きたくない、でもやらないと…)
「わかりました、こうですね」千夏の乳房を掴み揉んでいく。

 「私も行きたいの。私のオッパイにもして」宏美も言いたくないが言っている。
「わかりました、2人一緒にしましょ」2人の乳房を掴み揉んでいく。
「いいわ、気持ちいい」
「ホントよ、行きそうだわ」真っ赤な嘘を言いながら店員に乳房を触らせている。

 バイブを淫裂に入れてから10分程が過ぎた。
「お客様、もうそろそろよろしいのでは?」
「そうね、邪魔しちゃ悪いわね」代金をバイブを抜いて店員に渡す。
それを丁寧に拭き、箱に詰め込んでいく間に、脱いだワンピースを着込んで、代金を払うと急いで立ち去り、車に乗って走った。

 「これが最後よ。恥ずかしいけどやるのよ」
「わかっているわ」車は郊外に向かって走り、やがて、森林公園が見えてきた。
宏美は駐車場に車を停めてボタンを外していく。
「見られても我慢よ。最後だから」肩から脱いで2人はまた全裸になった。

 「行くわよ」全裸になって車から降り、公園に入っていく。
「キャー!」いきなり現れた全裸姿に、家族連れが悲鳴を上げた。
「ヌードよ。しかも、ヘアまで剃って!」指差し声を上げていく。
(黙っててよ!)サングラスを掛けても、恥ずかしくて下を向いて歩いていく。

 それに、手には、先程買い込んだバイブがあった。
「芝生の所がいいわね」
「そうね、どうせならね」歩いて行くと人垣があった。
「見ろよ、素っ裸じゃないか!」声が上がると、人垣が千夏と宏美に集まってくる。

 「見ろよ、オ○ンコ丸見えだぞ」
「凄いや、ロケは休憩だ!」男達が全裸の2人を食い入るように見ている。
「監督、そりゃあないわよ」「そうよ、こっちだって時間があるのよ」2人には聞き覚えがある。

 (もしかして…)不安げに顔を上げると純子と雅子が目に入った。
「2人とも来いよ。面白いぞ!」監督の声に駆け寄った。
「凄い、オ○ンコ丸見えよ」
「しかも、ヘアまで剃って、恥ずかしくないのかしらね」思わぬ2人の出現に体が震えていく。

 「いいだろう、休憩で?」
「いいわよ。どうせなら、この2人も撮って上げて」
「勿論さ、俺も撮るぞ」スタッフがカメラとビデオで宏美と千夏を撮っていくが、芝生の上に座り、箱を開けていく。

 「見ろよ、バイブだぞ!」
「まさか、あれで…」驚きの声が上がる中、2人は抱き合い乳房を触り合っていく。
「あ、あ、あ!」人目を憚らず声を上げている。
「入れて、欲しいの…」
「わかった、入れるわ。私にもしてね」2人はバイブを手の持ち、シックスナインの体位で淫裂を触り合う。

 「凄いな。裏ビデオ以上じゃないか…」
「ホントだな、これを撮らない手はないよな」カメラを向けて撮っていく。
その前で、淫裂に買い込んだばかりのバイブを押し込んで「いいわ。気持ちいい!」
「私も気持ちいい!」声を上げていく。

 撮影スタッフ達は、食い入るように見ているが、純子と雅子はしてやったりの顔で見ていた。
(見ないで下さい、お願いですから…)サングラスでわからないが、眼からは涙が流れていた。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
306位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター