赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「OL哀歌~美由紀編」第25話 由佳のストリップ   


 野村夫妻は絵里達のいる部屋から出て行った。

「本当にパーティをするんですか?」

「本当よ。言ったでしょう、美由紀さんと繁之の副社長就任祝いって」

「私がですか、まさか。絵里さん、冗談はやめて下さい」美由紀は笑い出している。

「じゃあ、繁之が副社長にならなくてもいいのね!」美由紀の笑いが止まった。

「前にも言ったように、私でなく繁之さんだけをお願いします」美由紀が答えると「それはだめ

よ。繁之と一緒なの」

「わかりました。でも、私は繁之さんの下です…」

「わかってるわよ、美由紀さん。夫婦はこれからが本番よ。繁之がどういう態度を示すか見たい

の」それは繁之に対する教育だった。

妻と対等に扱われて示す態度で絵里は将来を決めようとした。

 

 その夜、美由紀は繁之に今日の事は言わなかったが絵里が「来たわよ、野村夫妻が!」と今日

の出来事を話している。

「へえー!」繁之は平然としていたが「それで、レイプする役は繁之と米谷さん、それに清水さ

んの3人よ」その言葉に繁之の顔色が変わった。

「姉さん。俺には美由紀がいるんだ。米谷さんには真弓さんが!」繁之が怒りを込めて言う。

「わかったわ。じゃあ、誰でもいいの、由佳さんの相手は?」絵里の言葉に美由紀は考えた。

(お姉さんは見知らぬ男よりも身元のしっかりした人を選んでる。しかも米谷さんは真弓さんが

出産したばかりだし…それで精力が溜まってる。繁之さんは私が妊娠しているし…)

 

 考えた末に美由紀は「私は賛成よ」と言った。

「バカ、何を言ってるんだ!」

「バカは繁之よ。美由紀さん、あなたは私が思った通りの人ね」

「どうしてバカなんだ姉さん」

「いい、繁之。美由紀さんのお腹にはあんたの子供が宿ってるの。それで暫くセックスが禁じら

れてるのよ」

「本当か、美由紀?」顔を赤らめて「ええ、ただ女か男はわからないの」と言う。

「デカした。美由紀!」繁之は美由紀を抱きしめた。

「い、痛い!」「ゴメン!」繁之が謝る。

 「わかった、なぜだか?」絵里が言うと「美由紀。いいのかい?」

「ええ、私こそゴメンね。黙って」

「いいよ。美由紀」繁之はキスをするが「それ以上の事は寝室でして」絵里が言う。

繁之は美由紀と絵里の意図がやっと飲み込めた。

「ねえ繁之、今夜してくれる?」

「あなた、してあげて。絵里さんに!」繁之は絵里のワンピースの裾を頭まで捲りあげた。

「イヤよ、ここじゃいや!」紫のお揃いの下着姿にされながら絵里は拒んだ。

「絵里さん、ここで見せて!」美由紀も明るい場所で絵里と繁之の営みを見たかった。

「いやよ!」しかし、繁之にブラジャーが外され、パンティをも脱がされ、覚悟を決めて美由紀

に見られながらセックスを始めた。

「出して。一杯、お腹に出して!」繁之のズボンを脱がし、勃起した肉竿を取りだしてしゃぶっ

ていく。

「いいよ、姉さん!」繁之は絵里を抱きかかえ、太股を持ち上げた。
 
                 022_20140831175232226.jpg


「危ないわ、繁之!」絵里は両手を繁之の首にからませて落ちないようにするがこれは駅弁だ。

繁之は絵里の淫裂目掛けて一気に挿入した。

「あ、あ、あ~!」絵里は美由紀の前で悶え声をあげ「美由紀さんゴメンなさい。いいの、凄く

いいの…」繁之は絵里の太股を前後に動かしていく。

「すごいわ、繁之さん、私もして欲しい!」美由紀は興奮しているが「これは膣の奧まで入るか

ら妊娠してるとダメなんだ。出産したらしてあげるよ」

繁之は絵里の太股を押さえながら前後に動かしていくと「いく、いくー!」悲鳴を部屋中に響か

せて、淫裂から淫汁を垂らしている。

繁之は絵里が失神寸前のところで、膣奧に大量の精子を噴射した。

 

 それから数日が経ち美由紀夫婦と絵里は繁之の運転する車で別荘に向かっている。

米谷と清水も別々だが別荘に向かい、3人の男性と2人の女性が顔を合わせている。

そこに野村夫婦も現れ「ピルは飲んだわね。それに準備の方は大丈夫ですか?」絵里が由佳に尋

ねている。

「はい、大丈夫です。4日間避妊薬を飲みましたから」

「それならいいわ、そこで待機していて!」絵里は奧の部屋を指さし、野村夫婦はその部屋に入

って行く。

それを確認した絵里は、美由紀と繁之を引き連れロビーにいる大勢の招待客に挨拶をしていく。

「今回、副社長になった繁之と美由紀です」紹介して行き、一通りの紹介が終わると絵里は招待

客を大広間に案内していく。

大広間には特設のステージが用意されており「皆様、長らくお待たせしました。これより、本間

金融恒例の素人によるショーをはじめます。今回は2部構成で1部がヌードショー、2部がレイ

プショーです」絵里は内容を紹介していく。

それを見ながら由佳は全身が震え始めた。

「こんな大勢に私の恥ずかしい姿を見せなければいけないなんて…」

「とにかく、がんばってくれ!」真人が由佳を励ましている。

絵里の挨拶が終わると広間に音楽が流れ「由佳、行くんだ!」震える由佳を真人が送り出した。

 

 明るい照明が由佳を照らして「もう、逃げれないんだ!」由佳は音楽に合わせながら踊った。

震える指で胸のボタンを外していくとピンクのブラジャーが見える。

全てのボタンを外し終えた由佳は作り笑いをして服を脱いだ。

ブラジャーがはっきり見え、肩紐は乳房を隠す2枚の布とそれぞれ結ばれている。

笑顔の由佳が右の結び目を解いていくと右の紐が解かれピンクの布が捲れるように下に落ちて

「おお!」由佳の乳房が飛び出した。

美由紀より小振りな乳房だが興奮しているのか、乳首が堅く勃起している。

さらに、由佳が左の結び目を解くと「おおー!」歓声に笑顔を作り、背中の結び目も解いて上半

身を隠す布を全て脱いだ。

 

 由佳が音楽に合わせて踊っていくと乳房が円を描くように揺れてお客も乳房に釘付けだ。

乳房を揺らせながら由佳はスカートをも脱いでいく。

股間を覆う布はやはりピンクで太股までの黒いストッキングを履いていた。

由佳はステージに横になってストッキングを右足から脱ぎ、左足も脱いで紐で結ばれたパンティ

1枚の姿になった。

由佳は起きあがると音楽に合わせて踊り、右側の紐を引くと股間を隠す布が落ちて左足に巻き付

き、股間の絨毛が晒された。

恥ずかしさを堪えてもう片方の紐も引くと布は足元に落ち、隠す物は全てなく全裸だ。

由佳は口をガクガクさせながら踊り続けると絨毛の中から時々ピンクの淫裂が覗いていく。

(恥ずかしい、死んだ方が楽だ…)由佳はそう思いながら踊り膝もがくがく震えている。

 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/94-63c80920
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top