fc2ブログ

「華麗なる性奴隷」第3話 緊縛写真

第3話 緊縛写真

 理紗が承知すると「僕の部屋へ行こうよ」啓治と一緒に部屋に入り「今回限りですからね…」服を脱ぎだした。
啓治がカメラの準備を始めていくと、理紗は下着を脱いで生まれたままになっている。

 「綺麗だ。まだ若いよ」スイッチを押していくが「そんな、若いなんて言わないで。ほら、オッパイもこんなに下がっているし、お腹も…」指で摘んで見せた。
「そんな事ないよ。それよりも…」啓治は立ったまま、理紗にポーズを取らせ、スイッチを押し続ける。

 暫く撮るとカメラを置いて脱ぎだすが、その様子を理紗が見ている。
「理紗さん。こんなに元気なんだ!」パンツを脱ぐと、膨らみきった肉竿がすぐ目の前にあり「若いって、いいですね。こんなにカチカチで…」息を荒立てながら触っていく。

 「それより、いいよね?」啓治は理紗を押し倒して乳房を揉み出した。
「入れていいです。それに出しても構いません…」啓治が肉竿を掴んで、淫裂に押し込んで行くと「あっ、あっ!」喘ぎ声を上げだす。

 その声を聞きながら、肉竿は小刻みにピストンを繰り返して根本まで収まった。
すると「行くよ、理紗さん!」ピストンが大きくなり「あ、あ、あ~!」背中を浮かせ「理紗さん!」乳房を握りしめたまま唇を重ねた。

 「啓治さん!」理紗も目を閉じて吸い返し、啓治は腰の振りを速めて絶頂へと向かい「いいわ、凄くいいわよ…」淫汁が流れ、肉竿もヌルヌルになっている。
「理紗さん、出すからね…」乳房を揉みながら登り切ると「気持ちいい…」精液を流したまま啓治を抱きしめ、動こうとはせずに口を押しつけてくる。

 「理紗さん、出したよ」
「わかっている。膣の中が暖かいし」
「僕、凄く良かった…」今度は乳房を吸い「私も良かった。でも、これっきりよ、いけない事だから…」頭を撫でながら諭している。

 2人は暫く抱き合うと起きあがって服を着ていく。
「あら、シーツが汚れているわ」
「これくらい平気だよ」
「だめです。私が洗いますから退いてください!」けじめを付ける理紗だ。

 理紗とも関係を持った啓治は次の事を考えている。
「おばさんをこんな風にして撮りたいな」エロ本に載せられた緊縛写真を見つめた。
「頼んだら、絶対イヤだというよな。イヤと言わせないためには、どうしたらいいかが問題だ…」頭をひねっても思いつかない。

 「無理だ。強引にやるしかない!」遂に決意し「必要なのはロープと…」リストアップしながらメモし、講義の帰りに買い求めた。
「これで準備はいいぞ。後はチャンスを待つだけだ」啓治は万全の体制で望んでいると、そのチャンスが1週間後に訪れた。

 理紗は実家で法事が行われ、1晩だけ亮子1人になる。
「奥様、申し訳ありません、一晩だけお留守します」挨拶を済ますと屋敷から出て行き、2人きりになった。
「おばさん。今日は僕と一緒にいて欲しいな」
「そうね、7時までだったら予定もないからいいわよ。でも、なんか、企んでいるわね?」

 「そうなんだ。おばさんのヌードを撮りたくて」
「また、ヌードを撮る気なの?」
「そうだよ。今度は過激に撮りたいんだ!」甘えるように抱きつくと胸を撫でていく。
「過激って、どれくらいなの。まさか、あそこは撮らないわよね?」
「そんな気はないよ。だからいいでしょう?」服のボタンを外しだした。

 「わかったわ。撮ってもいいけど、啓治君もヌードになってね」
「わかっています。それに、これ用意しておいたよ」コンドームを見せると「あら、そんなの用意してあるんだ…」見るなり、顔が赤らんでいる。

 「だって、おばさんに万が一があったら申し訳ないし」
「嬉しいわ。気を遣うなんて」笑顔になりながら啓治の手でボタンを全部外された。
「後は自分でするからいいわよ。それよりも準備の方はいいの?」
「今から準備するね」啓治はカメラを取りに「うまくいったぞ。裸にしちゃえば思い通りにできるし…」笑みを浮かべて部屋に向かう。

 部屋に入るとカメラの他にバックを持ち、戻ると亮子はすでに全裸になっていた。
「恥ずかしいから、早く済まそうよ」
「そうだね。その前に僕も脱がないと」啓治も服を脱ぎだし、それを亮子が見つめ(カチカチだわ。今日も、あれでされるんだ…)抱かれた姿を思い浮かべながら見ている。

 「おばさん、これで同じだよね」服を脱ぎ終えると全裸を見せた。
「そうよ、それでいいわよ。で、どうするの?」
「今日は小道具を使って撮るんだ。まずは、これで…」ロープを取りだし、亮子の手に巻き付けていく。

 「本格的ね。どうせなら綺麗に撮ってよ」亮子にはまだ余裕があり「撮るよ!」スイッチを押した。
「次はこうしてと」今度は後ろ手にして縛って、スイッチを押していく。
こうして、両手を縛ったまま、乳房も縛っていく。
「痛いわよ。オッパイはイヤ!」
「我慢して、すぐ終わるから」そう言うが、なかなか終わらない。

 「今度はここに乗って…」肘掛け椅子に跨がせると「これはダメよ。性器が見えるでしょう?」亮子は嫌がる。
「お願い、撮らせて。誰にも見せないから」淫裂を撫でてると「そんなに撮りたいの?」気に掛かる。
「うん。それにヘアも手入れしたいんだ」
「ヘアの手入れって、どういう事なの?」

 「ボウボウに生えていると、みっともないんだ。モデルさんは綺麗に揃えるんだよ。おばさんもいいよね?」
「わかった。ヘアを揃えるのは今回限りよ」口車に乗って、意味も分からず承知してしまった。

 すると、啓治はハサミで絨毛を短くしていく。
「チョキ、チョキ!」ハサミが動くと絨毛が椅子に落ち、淫裂の概要が見えてきて、手際よくスプレーを吹きかけ、手で延ばしていく。

 「まさか、全部剃るんじゃないわよね?」
「全部はしないよ。ちゃんと残すから」カミソリで絨毛を剃りだし「ジョリ、ジョリ!」恥丘に幅2センチほど残して全部剃っていく。

 「そこは残して。丸見えになっちゃう!」肉襞の周りも剃られると「すぐ生えるから平気だよ。それに、この方が綺麗だし」カミソリを止めようとはせずに動かし続け、淫裂が剥き出しになった。

 「恥ずかしいわ。これじゃ、やりすぎよ」
「そう言わないで、これが流行なんだから」タオルで拭き取るとカメラを構えて「1枚だけよ。性器は1枚だけ!」亮子が叫んでもスイッチが押され続ける。

 「やめて。約束が違うわよ!」
「おばさん、そう言わないで。お詫びにいい事するから」カメラを置くと、コンドームを肉竿に取り付けていく。
「セックスするの、ここで?」

 「そうだよ。おばさんをレ○プするんだ!」コンドームを取り付けると、剥き出しになっている淫裂に押し込む。
「ダメ、入れないで。レ○プなんてイヤ!」首を振り嫌っていたが、下から突き上げる肉竿に「あ、あ、あ~!」と声を上げだした。

 「おばさん。生でしたいけどいいよね?」太股を押さえ、腰の振りを速めると「解いてくれるなら…出していいわ…」途切れ途切れ言う。

 「出したら、解くよ。それならいいよね?」
「約束できるの?」
「勿論だよ。それから、エッチな下着を着たのも撮るからね」
「持ってないわ、そんな下着なんて!」
「用意してあるよ。買っておいたんだ…」

 「わかったわ。着るわよ、だから解いて…」
「その前に、出さないと」肉竿からコンドームを外して、また淫裂を肉竿で突き出した。
「気持ちいい、おばさん…」啓治は登り詰め「暖かい、膣が暖かい…」亮子も体を後ろに反らせ、淫裂から白い液体を流し出す。

 「解いて、出したから解いて!」
「待って、その前に…」液体を垂らした淫裂にカメラを向けた。
「ダメ、これはダメ!」さすがに、射精された淫裂を撮らせるわけにはいかない。
それでも啓治はスイッチを押し続け「約束が違うわ。早く解いて!」足を閉じたいが、開いたままだ。

 暫く撮ってから「そうだね。充分撮ったし…」やっと腕を解きだす。
「酷いわ。射精した性器は消してよ」
「誰にも見せないよ。それより行こう」2人は浴室に入り、体を洗いだした。
「ダメ。ここは見ないの!」淫裂を洗うのは見られたくないから、背中を向けて丁寧に洗う。

 そして、洗い終えると「おばさん、これを着けてよ」黒い布を渡した。
「これだったら、役にたたないわよ」
「それがいいんです。凄く色っぽいですから」言われるまま着込み「これでいいの?」亮子は乳房が露わで、太股までの黒いストッキングが生々しい。

 「それでいいです。最高です!」飛び出た乳房を握りしめながら乳首を吸う。
「ダメ、撮るのが先でしょう。終わったらしてもいいから」
「そうですよね。これも着けてください」ガーターベルトを渡して着けさせた。

 その後、2人は戻ってまた撮りだし、乳房と無毛の淫裂を晒した姿を撮るとまた縛られた。
「痛いのはイヤ。優しくして!」それでもロープが絞められ、乳房にも食い込んでいく。
「もういいわ。痛いからやめましょう!」顔を歪めながら言うが、スイッチが押され続けた。

 撮りだしてから1時間は過ぎている。
「おばさん、またしていいよね」
「解いたらしていいけど、このままではイヤよ」

 「イヤだったら、仕方ないな。乱暴だけど…」亮子の頭を抑えて股間に押しつけた。
「やって、口で!」無理矢理口を開かせ肉竿を入れたが、「う、う~!」首を振り嫌がっている。
亮子は肉竿を口に入れた事は一度もなかったし、フェラを知らなかった。

 「フェラと言うんだよ。これも女性の愛情表現なんだから我慢して!」ゆっくりと腰を動かし出す。
(やめて。オチンチンなんて、なめたくないのよ!)両手を後ろ手に縛られているから、首を振る事しかできない。
それでも、腰を動かして喉奥まで突いていくが(苦しい、息が詰まりそう…)亮子は首を振っている。

 「おばさん、これはイヤなの?」すると、首を縦に振る。
「仕方ないな。それなら後ろからするね」俯せにされ、腰を持ち上げられた。
「やめて、何するのよ!」
「セックスだよ。今度は着けてやるからね」コンドームを着けてから押し込み「ダメ…奥まで…入ってくる…」喘ぎながらも淫裂からは淫汁が流れている。

 啓治は、腰の動きを速めるが「ダメ、これはダメ。苦しいからダメ!」頭で体を支えているから無理だ。
「わかった。やめるけど、おばさんがしてくれるよね?」
「するって、どうすればいいの?」
「上に乗ってするんだ。腕もオッパイも解くから、やってよ」

 「わかった、やってみる!」亮子を縛ったロープが解かれ「まずは、僕に跨って!」言われるまま啓治に跨った。
「チンポを掴んで、オ○ンコを押しつければいいんだよ」
「こうね」肉竿を掴み、ゆっくりと腰を沈めてきた。

 「あ、あ、あ~。凄いわ…感じが違う…」体を反らせながら根本まで吸い込むと「その後は、こうするんだ!」太股を上下に揺すってリードし、亮子もそれに合わせて腰を振り出す。
「変な感じよ…。今までとは違う…」

 「これで、やったことないの?」
「ないわ、初めてなの。気持ちいいわ…」
「もっと、気持ち良くしてやるね」太股を掴んだ手が乳房を揉みだし、時折、指と指の間に乳首を挟んで潰すと「あ、あ、あ~!」背中を反らせ、声も上げていく。

 それでも亮子は腰を振っていたが「限界…もうダメ…」パタリと倒れて啓治に抱きついた。
それと同時に「でた、でました!」肉竿も噴射して行く。
「おばさん。出しました…」

 「わかるわよ。着けていても、感じが違うし…」
「おばさん。これからもしたい…」亮子を抱きしめると(私もずっとしたい。でも、許されない事だし…)黙ったまま唇を押しつけ、2人は暫く抱き合った。

 その後、2人は啓治の提案で全裸のままで過ごす事にした。
「恥ずかしいわ。ヘアがないと丸見えだし…」
「そんな事ないよ。僕はヘアのないおばさんが好きだな」

 「それなら我慢するしかないわね。それより、この下着、どこで買ったの?」
「店にあるよ、普通の店じゃないけど」
「エッチな店なの?」
「そう言われればそうかも知れないな。色々あるんだよ、エロ本も!」

 「エロ本、持っているの?」
「1冊だけどあるよ。待ってて!」啓治は部屋から本を持ってきた。
「ほら、これがそうだよ」開くなり、緊縛写真が目に留まり「これが撮りたかったんだ…」亮子は考え込む。

 「そうだよ、この顔の表情がいいんだ。妙に色っぽくて!」
「痛くないのかしら?」
「人によっては凄くいいんだって。セックスよりも気持ちいいという人もいるらしいよ」
「私は痛いだけだと思うけどな…」更に捲ると、ムチで叩かれた写真の載っている。
「僕も、おばさんを言うがままにしてみたいな」抱きついて乳房を吸いだし(やってもいいけど、痛いだろうな…)啓治の頭を撫でながら思案している。
 
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
374位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
23位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園連載中
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
10 | 2023/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
記事数メーター