fc2ブログ

「華麗なる性奴隷」第6話 屈辱の教調

第6話 屈辱の教調

 亮子と理紗は毎晩、器具に縛られて淫裂を肉竿で突かれていたが、啓治との約束の日が来た。
「奥様、1人で大丈夫ですか?」
「大丈夫よ。私が母親代わりにやるから」車に乗り込み、啓治の運転で別荘へと向かった。

 2人は高速を走り抜け、一般道に入った。
「おばさん、少し休もうよ」
「休んでもいいわよ!」啓治は本線から脇道へ進路を変え、暫く走ると車が数台停まっており、啓治も停めた。

 「ここで休もう」2人が車を降ると悲鳴らしい声が聞こえた。
「あっちからよ」声のする方に向かうと2人の女性が男に囲まれている。
「警察よ。電話しないと!」
「待って。撮影だよ、よく見ておばさん!」確かに、カメラ数台が2人を撮っている。

 「おとなしく脱ぐんだ!」
「イヤ~!」2人の服が脱がされ、裸にされる様子をカメラに撮られていく。
なおも見ていると、女性は両手を縛られて足を広げさせられ「やめて、イヤ~!」悲鳴を上げても、淫裂に肉竿が入れられていく。
「抜いて。お願いよ~!」女性は手が効かないからされるがままだ。

 やがて、男が登り切り淫裂の中に噴射をし、体液の流れ出る様子も撮られていく。
「おばさん。僕、興奮しちゃった!」啓治は亮子を抱きしめ手が胸を撫でだし(私だって興奮してるわ。でも、ここではイヤよ)股間を触ると肉竿が膨らんでいる。

 なおも見続けると、女性の肛門になにやら押し込まれた。
「イヤ~!」「入れないで!」叫んでも液剤が押し込まれ、暫くすると「出させて、我慢できない!」生理現象が始まったようだ。
「ダメだ。ここでやれ!」2人は四つん這いのまま「う~!」身震いして排出をしている。
それには「こんな所で…」亮子はもう声が出せない。

 それでも、尻が綺麗に拭かれると肉竿が肛門に押し込まれて「お尻でセックスだなんて…」目を丸くした。
その見ている前で「あ、あ、あ~!」声を上げ、肛門を突かれ、やがて、肉竿も腸内で噴射し「ダメ、もうダメ!」肛門から体液を漏らしながら女性が崩れた。

 「休憩だ、休憩にする!」監督らしい声で、縛ったあった手が解かれていく。
それを見て「啓治君、行こうよ」2人はまた車に乗って走りだした。
車を走らせると「おばさんも、やってみようか?」啓治の興奮が収まっておらず「イヤよ、お尻でするのはイヤ!」当然拒むが、ただでは済みそうもない気配がする。

 それから1時間後に別荘に着くと「お待ちしておりました」管理人が出迎えた。
管理人は2人に細々と説明すると帰り2人だけになっている。
「おばさん、運ぶね」啓治は早速、荷物を運び入れ、亮子がキッチンを覗いて調べ、また車に乗って町に買い物に出かけた。

 スーパーで食料や、日用品を買ったが、夕暮れまでにはかなりの時間がある。
「おばさん、少しドライブしようよ」啓治は回り道をしながら車を走らせていくと教会や、牧場が目に付く。
それに、広いコートでテニスする男女もいた。
「いいわね。明日はあそこへ行こうよ」
「そうだね、たまにはいいかもね」話しながら走りまわり、夕方前に戻ってきた。

 戻るとすぐに亮子は家事をし、夜になると2人は生まれたままになっていく。
「おばさん。昼間みたく、やるからね」両手を押さえて縛りだし「やめて。やるなら普通でして。縛ってするのは嫌いなの」嫌がるが、両手は後ろ手にされ縛られた。

 更に、俯せにされ、尻が持ち上げられると「ここでやるから我慢してよ」密かに買い込んだ浣腸を肛門から押し込んだ。
「イヤ、お尻はイヤ。お願いだからしないで!」叫んでも液剤が逆流し「あ、あ!」声を上げる。
「わかっているよね、何だかが?」全てを押し込むと、肛門から抜いたが、効果はすぐに現れた。

 「と、トイレ!」不自由なまま、トイレに駆け込み排出していく。
「ふ~!」間にあった安堵感で溜息をつきながら、腸内に溜まった排出物が音と共に一掃された。
トイレは洗浄機が付いているから何の事もないが「おばさん、してあげる!」啓治がティッシュで尻を拭いていく。
「やめて。そんな事しなくていいのよ!」慌てるが丁寧に拭かれて、リビングに戻された。

 リビングに戻ると、また俯せにされ、腰を持ち上げられた。
「痛くないようにやるから」ゼリーを肛門から押し込まれ、冷たい感触が腸内にも広がり「うっ!」一瞬、呻き声を上げ、入れ終わると肉竿にコンドームを付けて上から塗った。

 「準備はできたよ!」肉竿を肛門に押し当てた。
「入れないで、啓治君。お尻からはイヤ~!」声を上げても肉竿が入り込み「うっ、う~!」今まで味わった事のない感触に呻き声が上がている。

 「おばさん、チンポが凄く絞められるよ」ゆっくりと動かし出すと「だめ…動かないで!」息の詰まる思いに目を見開き、呼吸も荒くなっていく。
「でも、凄く気持ちいいし…」啓治は肉竿を動かし続けると「あ、あ、あ~!」全身を震わせ、それに肛門もピクピク締め付けていく。

 それには「チンポが絞められる…」喘ぎながらもピストンして登り詰めた。
亮子はコンドームを付けていたから体内への噴射はないが、啓治は「おばさん凄く良かったよ」肉竿を抜くとドット崩れ「ハア、ハア、ハア!」荒い呼吸をしている。

 2人は暫くそのままでいたが、コンドームを外し亮子を解くと浴室に向かう。
「お尻はもうしないで。膣でしてあげるから…」汚れを落として浴槽に浸っていく。
「痛いからイヤなんだ。仕方ないな。その変わり、明日は付き合ってもらうよ」
「お尻にしないならいいわよ」安請け合いをしたが、後で後悔する事になる。

 その言葉通り、翌日には一緒に車で別荘を出たが、5分もすると建物も点在して、寂しさを漂わせている。
そんな中で、白い建物が目に入り、啓治はそこを目指してハンドルを切る。
「啓治君、あそこは何なの?」
「行けば分かるよ」素っ気なく返事をしながら、敷地の中に乗り入れ車を停めた。

 「おばさん、着いたよ」亮子と一緒に建物に入ると数人の男性がいて2人に気づくと「どちら様ですか?」強ばった顔で声を掛けてきた。
「啓治ですが…」啓治と名乗ると態度が一変し、笑顔で「お待ちしていました。こちらへどうぞ」と案内していく。

 2人は言われるまま後を付いて行くと、妖しげな機器が置かれた部屋に連れて行かれた。
それには亮子も不安になったのか「啓治君、帰ろうよ」と言い出す。
「そうは行かないよ。ここで教調されてからならいいけど…」
「教調って、何なの?」
「おばさんを、言うがままにする教調さ!」笑いながら啓治が言うと、亮子の顔が強ばった。

 「そんなのイヤよ。1人で帰る!」
「そうは行かないよ、請け負ったからには責任を果たさないとね」男達が亮子を取り囲む。
「退いて。退かないなら、警察を呼ぶわよ!」
「呼びたかったら、呼んでもいいよ。その前に、やるべき事をやらせて貰うからね」そう言うと一斉に亮子に襲いかかった。

 「やめて、何するのよ。やめて~!」叫ぶが、誰1人として手を止めずに亮子の服を脱がしていく。
「いや、いや~!」叫んでも次々と脱がされて下着だけの姿にされ、それを啓治が見ている。
「啓治君、助けて~!」手を伸ばしたが「そうは行かないよ。何でもすると約束したじゃないか」言い放つ。

 「それとこれは別よ。レ○プされちゃうのよ!」
「そんな事はしないぞ。あんたがやって欲しいなら別だがな」男達は笑顔でパンティを掴んで引き下げた。
「やめて、それはイヤ~!」それでも股間を覆う布が下げられ、女性の大事な部分が露わになると「見ろよ、パイパンだぞ!」無毛の淫裂に歓声を上げ(性器を見られてしまった…)それには「う、う、う!」嗚咽をあげだした。

 「何も泣く事はないぞ。どうせパイパンにするつもりだったんだから」パンティが足首から抜かれ、下半身が剥き出しにされた。
それが済むと、ブラジャーのホックも外され、生まれたままの姿にされる。

 「お願い、服を着させて!」亮子は乳房と淫裂を押さえながら頼んだが「素っ裸でいるんだから服は必要ない!」相手にされない。
(ヌードでいるなんて…)項垂れていると「もう準備もいいだろうから、そろそろ行こうか!」亮子は腕を掴まれた。

 「行くってどこへよ。私は裸なのよ!」
「裸でいいんだ。おばさんの調教なんだから」
「そんな、調教だなんて…」啓治を見つめる目が怯えている。
「そう言う事だ。行こう!」
「イヤ、ヌードなのよ。服を着させて~!」叫んでも相手にされず腕を抱えられて連れ出された。

 亮子は暴れたが、男の力に叶うわけなく、建物の外に連れ出された。
「イヤ、外はイヤ~!」全裸を人目に晒すわけには行かず、声を上げたが助けなど来るわけがなく、引きずられるように歩かされた。

 すると亮子の目に多数の人影が見えてきた。
「イヤ、放して~!」抵抗を試みたが抑えられ歩かされていく。
(性器も、オッパイも全てが見られてしまう…)顔を上げる事が出来ず、下を向いたまま歩かされると「パイパンか。これは楽しみだ!」男の声が聞こえ、寒くもないのに震えだす。

 「おや、震えているのかい。まだ何もしてないよ」男は笑いながら乳房を掴んだ。
「触らないで。乱暴はイヤです…」
「まだ、話す元気があるんだ」男は笑いながら亮子を見守る男達の前に引き出すと「結構良い体してるじゃないか。楽しめそうだな」笑顔で話し出す。

 「それより、始めていいかな?」
「始めて下さい。準備は出来ていますから」その言葉で一斉にカメラを構えたが、亮子は「イヤ、写真はイヤ~!」全裸を撮られるわけにはいかず、うずくまった。

 「イヤでも、モデルをしてもらわないと…」
「絶対にイヤ。ヌードモデルじゃないのよ!」
「あんたがやらないなら、力ずくでもやる!」亮子は手を押さえられ、ロープで木立に縛られた。

 「やめて。こん恥ずかしい姿を撮らないで~!」足も縛られてピンクの淫裂が覗いている。
「誰にも見せないから安心しろ。これを見ながら抜くだけだから!」カメラのスイッチが押され(性器もオッパイも撮られている…)恥ずかしさに乳首も硬く膨らみ、淫裂からはみ出た肉襞も震えている。

 「良いですね、その初々しさが。次はもっと刺激的にして下さい」
「分かっているよ。まずは痛い思いからだな」ロープが亮子の体に巻き付けられて「やめて、痛いからイヤです!」逃れたくれも、乳房が絞り上げられた。
「痛い~。解いて~!」顔を歪めながら頼み込んでもカメラのスイッチが押される。

 それが済むと、股間にもロープが巻き付けられ、淫裂に食い込むから「ヒ~!」敏感なクリトリスがロープで押し潰された。
「感想はどうかな?」男がロープを揺すると、クリトリスが擦られ「やめて…そこは敏感ですから…」顔を歪め、途切れ途切れに言う。

 「そうは行かなくてね。ここにもしようか?」膨らみきった乳首にクリップが取り付けられると「ギャ~!」悲鳴が上がり、体を痙攣させている。
「おや、痛かったのかな。痛いのがイヤなら言う事を聞いて貰えるかな?」
「聞きます。ですから痛いのは無しで…」痛みから逃れるために言うと「本当に言う事を聞くのか?」念を押す。

 「はい。言われた通りにします…」
「それなら、まずはここでションベンしてもらおうか!」
「そんな、人前でオ○ッコだなんて…」
「やらないなら、痛い思いをするだけだ!」尻にムチが当てられ、叩かれていく。

 「打たないで。オ○ッコするから打たないで~!」痛みに負けて承知した。
「始めからそう言えば良かったんだ」承知すると乳首のクリップと股間のロープが外されたが、淫裂と乳首が赤く染まっている。

 「出せ、出すんだ!」亮子は足を開ききったまま、下腹部に力を入れると「ジャー!」音と共に黄色い液体が噴き出した。
「立ちションだぞ!」一斉にカメラのスイッチが押され(撮らないで。こんな破廉恥な姿は…)項垂れて顔を上げようとはしない。

 亮子への辱めは、それだけでは済まなかった。
「犬になるんだ。雌犬にな!」縛ってあるロープが解かれ、変わりに首輪と紐が付けられた。
「バカにしないで、そんな事できるわけないわよ!」言い終わった瞬間「ギャ~!」悲鳴を上げた。
「やらないなら、やるまでこうだぞ」ムチが亮子の体を叩いていく。

 「ヒ~!」悲鳴を上げるが容赦なく叩き、赤い筋が背中や胸にでき「打たないで。やるから打たないで…」痛みには勝てず、自ら四つん這いになった。
「最初からやれば、痛い思いはしなくて済んだぞ!」そう言うと首輪を引き「う~!」息が詰まり、四つん這いで前に出る。

 「そうだ、もっと歩け」また引かれ、犬のように歩き出したが(悔しいわ。一体なんだと思っているのよ!)悔しさをかみしめて歩き続けた。
 
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
323位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター